Orange line

サッカー系ブログ。海外旅行記など、よろずネタ系でよろしく!

サイゼリアのキッズメニュー間違い探し

たまに訪れるサイゼリア。
ついつい見てしまうのが、キッズメニューの間違い探し。

今回のは、食事バランス編。

いつもなかなか難しいんだけど、今回は比較的分かりやすい方だったかな。

間違いの作り方の癖に慣れたのかも知れないけどw

答えは→

サントリー天然水ウォーターサーバー

1378018694704
衝撃を受けて2年ぶりにブログを書くことにした(笑)

サントリーのウォーターサーバーを使い始めて半年。
デザインもいいし、身元の分かる水だしとコレにしたのだ。

使い始めて色々使い勝手の悪さを感じ始めた。


熱湯はともかく冷水を出すのにもロック解除が必要で、解除ボタンを長押ししなければならない。
スイッチのひとつでもつけてくれればいいのに、と日々感じてた。


普通のウォーターサーバーはむき出しのタンクが付いているが、サントリーのやつは真空で使っていくうちにペシャっとつぶれていくタイプ。
最後まで使いきれなくて、結局交換の際に水がこぼれることに。
しかも水受けがあるのに、デザイン設計上、その外にこぼれるのだ。


エコを謳い文句にしてるんだけど、こぼれる水に加え、ペシャっとつぶれる天然水ボックスは段ボールで包まれている。
段ボールごとウォーターサーバーにセットするスタイル。
そう。段ボールとタンクのプラスチックと、二重にごみが出る。
共にリサイクル可能だけど、そういう問題じゃないよね。


オートクリーンなる機能があって、それが深夜に稼働する。
地味にうるさい。。。
オートクリーン中の1時間くらいはサーバーが使えなくて、週末に夜更かしした時など利用できなくなる。


先週末にサントリーから封書が届いた。
「エラーの問い合わせが多いので解消方法」が同封されていた。
エラーなんて起きたことないな、なんて他人事のように見ていた。

もう1枚に「オートクリーン時刻を変更できます」とある。
なんだ、これで自由に設定できるじゃん!
と早速、日中の不在時間に設定変更した。

これが運のつき。

24時間以上オートクリーン機能が動かないとエラー表示されて、止まってしまうのだ。
設定時刻を深夜から日中にして24時間以上となってしまったのだ。
帰宅するとサーバーは止まり、エラー表示が点滅している。

「届いた封書を見よう!」
エラー解除をして、その日は使えた。

が、昨日、帰宅すると別のエラー表示が出て止まってる。
封書に書かれていた「このエラーが出た場合はお客様センターに連絡を」ってやつだ。

お客様センターは18時で終了。
夜間対応はしていないので、説明文のままにメールで連絡した。

今日、その返事が来ていた。
「サーバー交換になります」

ズルッ。。。

1度、設定変更しただけなのに。

ウォーターサーバーを使うようになってから、家にペットボトルを置いておくことはなくなってたんで、買いに出かける羽目にもなった。

普通のウォーターサーバーにしとけば良かったと今更ながら深く後悔。

これが冒頭の「衝撃」だったのだ

日食メガネ

来週の金環日食に向けて、日食メガネをゲット!
売れたのか返本が始まったのか、2、3日前とは比べ物にならない位に種類は限られてしまっていたけど(^^;

ま、他の物でいくらDSC_0006
でも代用は出来るけど、せっかくのチャンスだし(謎w

ゴミの分別

いきなり所帯染みたタイトルだけどw

ゴミの分別と言えば、ペットボトルや雑誌等の紙類の分別をしてるのは普通だと思う。

こないだ実家に帰った時に、今まで気にも留めてなかったゴミの分別の細かさに驚いた。

東京23区は割とざっくりしてるけど、実家の方は20種類位に分別してたのだ(^^;

ちょっと変な刺激を受けて、先月からプラスチックゴミを本気で分別してみることにした。

リサイクルされる訳だし良いことではあるが、弁当のパックなんかを水洗いするとか、結構面倒。

だけど、それもそのうち慣れてくる(笑)

で、改めて気づいたんだけどプラスチック系のリサイクル可能なゴミの多いこと多いこと。

紙ゴミも出来るだけリサイクルに回すと、普通の燃えるゴミなんてほとんど無いのだ(^^;

今さらながら断捨離を進めてるんだけど、それでもほとんど燃えるゴミとして出る量は明らかに少ない。

これ、皆が本気で分別したら、スゴいことになるんじゃないかと思う。
東京の場合は埋め立て地も遠くない将来には満杯になってしまう訳で、昨今の分別とリサイクルが進んで延命されつつあると聞いたことがある。

暫く、続けてみようと思う(^_^)/

巨大竜巻「スーパーセル」

竜巻が起きて1日半も経って、
ようやく「竜巻と認定します」



震災もあり、原発の事故もあり、
それでもこの国の危機管理意識って…

詳細調査結果の取り込みなんて後でいいのに。

浦和レッズ×横浜Fマリノス@2012J第9節

直前の状況で(昼間の試合結果を含め)3位と好調のレッズと、未だ1勝しか出来ずに16位に沈むマリノスの戦いは意外にもマリノスの圧倒から始まった。

とにかく出足が早く、小気味よくパスも回る。
ミスもそこそこ起こすのだが、それ以上の運動量がかき消していく。

レッズはこの順位であることが信じられない位に後手に回る試合運びで運動量も少なく、単調な攻撃に終始する。

前半12分にオリンピック代表で活躍するマリノスの斉藤がセットプレーから先制すると、マリノスの勢いは更に続いていく。

後半になってレッズの攻撃も形を成していくのだが、ペースはやはりマリノスだ。
それでも後半33分、槙野の踏ん張りでレッズが追いつくと、徐々にレッズの攻撃も形が出来てくるのだが、
マリノスに後半から投入されたマルキーニョスに43分、セットプレーからどんぴしゃヘッドを決め、マリノスが逃げ切った。

どうやらこのカード、レッズはホームで5シーズンもマリノスに勝利していないらしい。
そんな相性なんていつかは消し去られるものではあるが、この順位差があるチーム同士での戦いで、これだけの内容差があるのを見ると、ほんと不思議な気持ちにさせられる。

ヨーロッパリーグなんかでも何十年も勝っていないカードがある、なんて話を聞くにつけ、Jリーグはまだまだ歴史を刻んでいる段階なんだなぁとか。

マドンナのコンプリートベスト

DSC_0025-1

今日アマゾンから、注文してあったMADONNAのCOMPLETE STUDIO ALBUMS(1983-2008)が届いた!

これ、限定販売で、デビューからの全11枚のアルバムが入ったコンプリートベストボックス。

しかも3324円の衝撃価格(w

詳しくはココをクリック。

何枚か持ってないものがあるんだけど・・・的な人が買うとしても損はないよね。

日本のレコード会社も「CDが売れない」とかこぼすだけじゃなくて、こうしたトライを勉強すべきだと思う。

そもそも本気のファンじゃなきゃジャケットが何種類が出たところで興味ないし、
何種類かの初回限定盤を出して、内容が少しずつ違うとか、どれを買うべきかも分かりにくいし。

しかも1枚1枚は当時の紙ジャケットを再現してる。

しばらくはタイムスリップしてます(w

Bluetoothヘッドフォン

DSC_0014
Bluetoothヘッドフォンのイヤーパッドがヘタって来た。

そろそろ買い換えようと思って家電量販店へ。

以前は店頭に並んでたが見つからない。

聞くと「取り寄せ」だと。

別の店にも行ったが、無い。

聞くと「タイの洪水の影響でメーカー欠品です」と。

「じゃ、出てくるのを待ちます」と答えたら、

一応メーカーに問い合わせしてくれると。

すると、このパッドは既に生産完了品で、修理対応としてパッドを出すことが可能だということだった。

価格は2枚だと730円。

聞き直してしまった(^^;

以前は2枚入りで210円位だったからだ。

結局、購入は断念。

Bluetoothへのこだわりさえ無くせば、ヘッドフォンを買い換えた方が、ゆくゆくは安上がりだし(^^;

スマホのパケット代節約のためにイーモバイルを契約してみた!

スマートフォンを使いはじめて1年半。

高いと思いながらも、そのままドコモのパケ放題フラットを使ってた。
段階制のものより500円安いし「なんとなくお得な気分」で。

イーモバイルを始め、モバイルWi−Fiルーダーを持ってる人も多いのを横目で見ながらも現実感がちょっとなかった。

それでも重い腰をあげてみたのです(w

パケ放題が約5500円。(パケ放題フラットだったので)
イーモバイルが3880円。
単純計算だと1600円が毎月浮くことになる。

さて、契約をしてみると・・・

購入したのはヨドバシカメラ。
端末となるモバイルWi−Fiルーターを0円で購入するために入る必要がある各オプション。
これは1ケ月は契約しておく必要があるとかで、当初のトータル通信コストは大して安くならないということに。

ドコモの契約もパケ放題フラットから段階制の370円から始まるパケ放題プランに変更。
同じくスマートフォン購入時に付いてきた月々割なる端末価格へのサポート割引も解消されることになり、
トータルでは「イーモバイルのオプションを外す月まで」は通信コストは結局変わらない(w

そう。
気を付けなければいけないのは、
イーモバイル購入時に付加したオプションを、きちんと外すこと。
スマートフォン側の設定で、「データ通信を行わない」設定に変更すること。
これが必須です。

最初、データ通信を行わない設定にした場合、spモードメールが来なくなると思い、設定変更してなかったんだけど、スマートフォンはWi−Fi接続を休んでしまうことがあり、復帰までに若干時間がかかる。
その間にうっかりネット接続してしまったりして、あっと言う間にパケ放題のMAX料金になってしまうのです。
一瞬の積み重ねなんだけど3日とかからずパケット上限金額に振り切れます(w

ちなみに「データ通信を行わない」という設定は、あくまで3G回線を使わないって言うことで、
spモードメールは届くし、電話も使えます。
ここで3つ目の注意は、spモードメール設定で「Wi−Fi環境でもメールを受け取る」って設定に変更しておくこと。
これをしておかないと、spモードメールはWi−Fi環境で使えません。

おまけに4つ目の注意。
イーモバイルのWi−Fiルーターの設定が10分通信しないと一旦接続が切れるって設定になっていること。
これを常時接続にしておかないと、さっとスマホが使えません。
逆にこれを常時接続にしておくとバッテリーが4、5時間しか持ちません(w

ちょこちょこ電源を切っておくか、充電できる環境にあること。
自分の場合はサンヨーのエネループで充電ができるバッテリーってものがあって、購入時にもらったんだけど、それを一緒に持ち歩いてます。

余分に持ち歩くものが増えるし、あれこれ設定変更しなくちゃいけないし、面倒なこと多し(w

実は、イーモバイルの端末購入は1月の終わりだったんだけど、
2月はあっという間にMAXまでいってしまったパケ放題料金のために節約にならず、
ようやく3月になって恩恵にあずかることが出来た(出来そう)のです。

携帯が小さく薄く便利になっていったのに、
スマートフォンに変えて大きく重くなり、いまや予備バッテリーも持ち歩くことで、軽薄短小になっていたころと比べて時代に逆行してるんじゃないか?とさえ思う今日この頃(笑)

ちなみに部屋のネットも光回線を解約して、このブログもイーモバイル経由で行ってます。
家のマンションは一括契約で、光回線も2000円で済んでたから、トータルで考えると本当に得だったのか?って疑念を抱きつつ、イーモバイルの契約2年を過ごすことになりそうです(w

クラブW杯準々決勝

柏すげー!

勝った(笑)

東京電力・東北電力エリアでの節電

東北関東大震災が発生してから10日が過ぎ、被災地では復興に向けた活動に光が射してきました。

そして、多くの人達が支援をしている姿をニュースでみるたび、

福島原発で、なかば命を懸けて現場作業をしている人達のニュースをみるたび、

頭が下がる思いでいっぱいになります。


自分達が出来ることは小さいかも知れないけど、出来ることはたくさんあります。


義援金を送ることや物資を送ることもそうだけど、

買占めをしない。

節電をする。

風評被害に便乗しない。

もちろん友人から来る(結果としてそうなる)チェーンメールはスルーです。


先日、ヤフー地図を見たら計画停電エリアが色別で示されていて「すげー!」って思いました。

分かりづらい情報を分かりやすく提供する手段のひとつだよね。

今日、同じくヤフーのトップページを見たら東京電力の電力使用量が棒グラフ化されて表示されてました。

これも分かりやすい情報で、素晴らしいなって思います。

「東京電力・東北電力エリアの節電」


節電については原発の復旧が無理なこと、

数箇所の火力発電所も被災しているので復旧に時間が掛かること、

休眠している火力発電所の再稼動なども出来るが小規模であること、

色々な条件があり、節電は今年の夏も冬も、下手をすると来年にまでも及ぶようです。

東京で遠距離通勤している人達に取っては、運行本数が減って更に辛くなった通勤もしばらく我慢が必要になりそうです。

それでも出来ることを出来るだけやっていかなくてはなりません。


みんなで乗り切って行きましょう!

大地震

今日の地震で被害に合われた方、謹んで御見舞い申し上げます。

東京では勤務先から自宅までがかなり遠い人が多いので、余震などもまだ続くことも考えると無理に帰宅しない方が良いとのことです。

とは言え、都バスが動いているのを除けば、電車はJR、私鉄とも全面ストップ状態で帰宅が難しい人も多いと思うのですが。

さて、家は・・・

家具が動いていたり、本が散乱してたり。

冷蔵庫さえ動いていたので、かなりの揺れだったと思うのですが、それ以上の面倒くさい被害は

お土産でもらった砂丘の砂?がこぼれて散乱してたことと

掛け時計が落ちて、ガラスが割れていたこと。

何よりも、トイレの水が揺れで、あふれてしまってトイレが水浸しだったこと。


途中のマンションの上層階で水が大量にあふれてたのを見たのですが、水の被害は意外な被害でした。

北海道や宮城の津波が凄いことになっていて、内陸2キロくらいまで家や車が押し流されているのを映像で見たのですが、かなり甚大な被害だと考えられます。

重ねがさねとなりますが、被害に合われた方には心より御見舞い申し上げます。

日本×韓国@サッカーアジアカップ準決勝

あっぱれ!川島!

いやぁ、凄い試合だった(w

「これがPK?」って言う、今野がペナルティエリアでのファウルを取られて韓国にPKを決められ先制された前半23分。

そもそもこれがPKだったら、この試合を通して5、6点はPKだったかと。

ま、それでも今の日本は先制されても追いつく力があり、逆転する力もある。

「それだけ出来るなら最初からやれ」って話(笑)

で、それをやったのが今日の試合。
前半から「どうしたんだ?」って思えるくらいに日本のパスワークが冴え、韓国をズタズタにした前半。

唯一の失態がPKだったって感じだった。

前半36分には「これぞ日本のサッカーだ」って言う得点が決まった。

本田のスルーパスを受けた長友が左サイドを深く切り込み、前田がドンピシャで決めた。

だが、前半の日本の猛攻は突っ走り過ぎたのかも知れない。

逆に言えば試合巧者の韓国が前半を様子見にしてたとも思える。


後半になって運動量が落ちた日本は、前線から最終ラインまでが間延びして、韓国に面白いようにスペースを使われ、圧倒された。

それでも韓国の攻撃をしのぎきり、1-1のまま延長戦へ。


延長前半8分、岡崎がペナルティエリアぎりぎりの所で韓国DFに倒されPKをゲット!

ぶっちゃけ、これもPKじゃないと思う(汗

決定的チャンスを阻止したと見られたんだと思うけど、岡崎はボールに出遅れてたし。

ま、審判のポジショニングが悪くてPKに見えただけのラッキーチャンス(w

本田がPKを蹴ったがGK真正面で、韓国GKに弾かれる。

が、そこに猛烈な勢いで走りこんできていた細貝が押し込んで逆転!

細貝のこのプレーは絶賛モノだと思う。

逆転した日本だが、運動量が落ち、ぐだぐだ状態で、その後は防戦一方。

ザッケローニ監督は悪くない監督だけど、いい監督だとも思わない。

その典型がこの後半の采配で、長谷部の交代も遅れ、韓国相手に守りきる戦術。

スカウティングがなってないんじゃ・・・と思って見てた後半のロスタイムギリギリで、韓国に同点ゴールを決められた・・・。

運動量ががた落ちだった本田を早いタイミングで交代させるべきだったとも思えるし。


結局、延長戦で2-2となりPK戦へ。

そのPK、GK川島が2本のPKを止め、川口を彷彿とさせる神がかりプレー(w

韓国は2人がPKを止められ、1人がPKを外した。

対する日本は長友がPKを外したが、本田、岡崎、今野がきっちり決めてPK戦を3-0で終え、日本が勝利し決勝進出となった!

なんと韓国はPKを誰も決められないまま、だ(w

結果オーライではあったが、PK戦にまでもつれたのは日本の自滅でもある。

決勝は苦しい試合内容となろうとも快心の試合を見せて欲しいと思う。

もちろん「優勝」という結果もつけて(w

日本×カタール@アジアカップ準々決勝

いやぁ、凄い試合だった(w

日本が苦手とする中東の中でも最も苦手なカタール。

しかも開催国で超アウェイ。

終始、口や鼻に砂が入ってくる環境的な問題も含めたら、かなり大変な大会である。

しかも先制されて、動き出しの固かった日本は万事休すかと思ったのは俺だけじゃあるまい(w

しかし、ここんとこの日本の急成長っぷりには目を見張らされるものがある。

日本代表の成長以上に成長著しい岡崎の裏へ抜け出す上手さから生まれた「最近おなじみの」GKの上をあざ笑うようにふわっと跳び越すボールを押し込んだ香川のゴールで日本が追いつく。

訳の分からないファウルでDF吉田が、この日2枚目のイエローで退場。

ま、個人的に言うと俺は吉田が苦手。

常に相手選手に手を出すプレーをしているからだ。

内田あたりが手を出すのと違ってセンターバックがそれをすると怖くてたまらない。

ファウルを取られやすいから、こうした状況も簡単に想定しちゃうのだ。


話がそれた(笑)


1人少ない上に、再びカタールに追加点を決められた時には「あきらめの境地」が心の大半を占め始める。

予選リーグのシリア戦も1人少ない状況で勝った日本だが、あの時は同点からの勝ち越し。

この試合は1点ビハインドで、最低2点を決めなければ勝てない状況。

誰もが「さすがに今日は・・・」って思っただろう。


だが、それ以上に日本代表のメンタルは固く強いものになっていた。

この大会で今までの香川のイメージを吹き飛ばすようなシュートで同点。

後半ロスタイムギリギリで長谷部の強烈スルーパスを受けた香川がGKと1対1。

それを交わすが相手DFに挟み撃ちにされる。

「うわっ!やった!PKだ!」って思った瞬間、すぐ横に詰めていた伊野波が押し込んでゴール!

劇的過ぎてちびりそうだった(笑)

※日本3-2カタール

今日のMVP。

ゴールを決めた香川でも伊野波でもなく、岡崎にあげちゃいます(w

1点目はほぼ岡崎のゴールでもあったし、1人少ない状況で誰もが運動量が落ちたゲーム終盤でも前線から最終ラインまで動き回る運動量でチームを鼓舞した功績は外せないから。

次の準決勝の相手は韓国かイラン(今夜の試合で決定)。

松井が離脱し、次は吉田がいない。

常に満身創痍な日本だけど、その方が勝ちあがれる気がしてきた(w

PSP (Play-Station Portable)

98034cfa.jpgPSP、プレイステーションポータブルである。

友達が今さらなんだけどモンハンをやりたいからってPSPを買いに行くのに付いて来てと言われた。

俺はゲームはやらないけどPSPを持ってる(笑)

単にソニーが好きだから(笑)

だが友達は俺の初期型じゃなくて新しいやつが欲しいんだそうだ。

確かに(w


探しに行くと新宿も池袋もどこにも無い。

途中のちっちゃな店も全滅だ。

恐るべしモンハン人気(w


友達は俺の古いPSPを使うかは考えるとのことだった。

そんな矢先、ブックオフでPSP買取1万4千円って看板を見た。

この買取価格は新型だろうし、俺の分厚くて機能もしょぼい初期型は安いだろうけど、興味が湧いた(w

友達に話してみたら「もうモンハンは諦めた」と。

早速ブックオフに持ち込むと8000円。

家にあっても押入れの奥深くに眠り続けてるだけだった訳で、なかなかの金額だ。


調子に乗って、同じように眠ってるPCやスキャナーなんかの買取価格を別サイトでチェックしてみた。

どれも「0円」か、「買取できません」

眠らせ過ぎちゃダメみたいです(笑)

元旦の天皇杯決勝から昨夜のアジアカップ日本×シリア戦まで

年が明けてしばらくたちましたが、今年初めてのブログです。

元旦の天皇杯、カードは我らが清水エスパルス×鹿島アントラーズだった訳です。

2011-01-07-02


(長谷川)健太監督が解任され、それにともなって監督の申し子のような選手達が軒並みチームを離れることになり、今のエスパルス最後を有終の美で飾るとばかり思っていたサポーター達。

試合終了のホイッスルと同時に訪れた深い沈黙が、思いの深さを物語っていた。

ジャッジが微妙かとも個人的には思えたけど、なんだかビデオを見直す勇気が出ずにここまで来てます(w

ま、ようやく立ち直ってのブログかな?(w

エスパルスはスタメンの2/3が移籍するほどのしっちゃかめっちゃか状態。

バックアップメンバーも軒並み移籍や解雇となってることを考えると、今シーズンのエスパルスは今までのチームとは別物です。

しかもチームづくりはいちから。

「また」しばらくはチーム作りの最初から・・・。

去年のシーズンの半分は首位独走だったチームだったのに、上乗せじゃなく作り変えって、日本代表がその都度、いちからチームを作りなおして来たのと似てる。

その日本代表さえ監督がいい監督で、前の代表を引き継いでくれる状態にはなってるんだけど、ブラジル流になったり、フランス行ったり、スクラップアンドビルドの日本の文化そのものだ(w


さて、その代表がアジアカップを戦っている。

ヨーロッパで言えばEUROに当たるカップ戦な訳だけど、やっぱアジアの大会でしかないってのは昨夜のシリア戦でのジャッジの酷さからも垣間見える。

あの川島のレッドカードはなんなんだ。

普通にオフサイドだろ。

と、ふつふつとして終わるのが今までだったけど、昨夜の日本代表はチームの成長をものすごーく感じた。


1人少ない日本だったが運動量を落とさずシンプルにして猛攻も見せた。

岡崎の踏ん張りでPKまでゲットして、シリアを突き放して試合を終えた。

いやぁ、ドラマチック過ぎて永久保存版にしてもいいくらいのスゴイ試合だった(w


ニューストピックを見てたら、深夜だったのに10%を越える視聴率だったそうだ。

俺みたいにBSを見てた人もそれなりにいただろうから、合計したら凄いだろうな。

ワールドカップでもないのに。

もちろん、途中で目を離せない展開になったってことも大きいんだろうけど。

ちょっと長くなったので写真でも(笑)

2011-01-07-01


年末の表参道はイルミネーションにプラスして、中央分離帯にちょうちんが(笑)

和洋折衷って言うのか(w

明治神宮の鎮座90周年ってことからだそうだ。

もう時期が遅くて使えないネタを披露するとすれば、この90周年にあやかって表参道のイルミネーションはLEDを90万個使ってたってこと(笑)

あ、10年後には100万個になるかも知れないから、10年後に使えるかも(笑)

清水エスパルス快勝で、天皇杯決勝へ!

本気で何も言うことが無い試合だった!

今年一度も勝てなかったガンバ相手に3-0の完勝、いや圧勝。

ガンバに遠藤がいなかったってこともあったけど、それを完全に上回る圧倒っぷり、攻撃っぷりだった。

「健太監督を胴上げしたい」

その気持ちが見てるだけでも痛いほど伝わってくる試合内容。

エスパルスフロントには山ほど言いたいこともある。
けれど、それは来シーズン前まで封印(w

俺も元旦の国立では選手達と一緒に健太を胴上げできるように戦ってきます!

東京メトロ大型路線図

4c0c42ac.jpg男は大抵、電車が好き。

男は大抵、地図が好き。

その2つを兼ね揃えたツワモノが「東京メトロ路線図」だ!(笑)

このポスター路線図は超大型のB0版。

3年越しでようやく買うことが出来た人気?商品。

いつも思い出して買いに行くと「売り切れました」

「もしかすると秋に発売されるかも・・・」とか。

東京メトロの定期券発売所に立ち寄った。

大型路線図ポスターが受付の奥に貼ってある。

例年なら値段が貼ってあったと思われる場所に「売り切れました」の紙が上から貼られているのを見慣れていたんだけど、今年はそこに値段が貼ってあるのみ。

そう、まだ販売されてたのだ!

なんか七夕の彦星になった気分。(←意味不明だけどw)

これとは別に、通常のポスターサイズの路線図カレンダーってのがあって、それを去年は買ったんだけど、地図の範囲もインパクトも当然違う。

ただ、通常の路線図カレンダーは350円。

その倍のサイズとなる大型路線図は1500円。

大量に印刷するかどうかなんだろうけど、腑に落ちない価格設定(笑)

液晶保護フィルム

89c77738.jpg携帯の液晶画面に貼るフィルム。

あれ、もはや必需品と化してるよね。

そもそもホントに必要なのか?とも思うんだけど、つい(w

大体、単なるフィルムなのに500円も600円もしたりするし。

下手すると千円近いものもある。

2台持ちで特に無駄を感じるんだけど、そんなフィルムがポケットの中でペロンとはがれた時ほどガッカリすることは無い(笑)

剥がれたのはサブとして持ってるauのサイバーショット携帯のフィルム。

ばかばかしいから100円ローソンで買ったフィルムを貼って見た。

機種別に分かれてる訳じゃなくて「iphone用」とか「DSI用」とか「3インチ用」とか。

サイバーショット携帯には3.5インチ用がピッタリだった。

ピッタリっつっても機種別のフィルムのように枠いっぱいに貼れるサイズじゃなくて、あくまで携帯画面周辺までのサイズ。

貼ってから既に1週間。

決して悪くない。

100円ならポケットの中でペロンって剥がれても惜しくないし(笑)

でも剥がれたのって、長いフィルム人生でも初めてだったんだけど。

Tポイントカード

11bb38ad.gif今さら?って感じでTポイントカードを作ってみた。

最近はTポイント加盟店で「Tカードはお持ちですか?」ってやたら言われるのに引っ掛かってた。

これ、利用者アップ等のために必ず言うようにしてるらしい。


そもそもレンタルとかしないからTSUTAYAは関係ないし、

セブンやローソンを利用することが多くてファミマは利用しないし、

変にクレジットカードを作りたくないし、

Tポイントカードの提携チェーンの利用をほとんどしなかったこともある。

でも「Tカードをお持ちですか?」って言葉を聞いているってことは、意識しないまま利用しているのかも知れないなぁなんて漠然と思ってた。

そんな矢先に「ドトールだとクレジット機能なしの単なるTポイントカードを加入料なしで、さっと作れる」って聞いた。

ドトールはたまに利用する。

そこで「Tポイントカードを作りたいんですが」と聞くと

「サイトで情報登録してもらえればTポイントを利用できるようになります」と、さっとカードを渡してくれた。

100円で1ポイント、単に1%の還元率だけど、1年に1ポイントでも利用があれば有効期間が更新されるようだし、悪くないかな。

ポイントカードを増やすことは個人的には好きじゃないし避けて来たんだけど、提携チェーンも多いしって言い訳しながら(w

ラグビーとJリーグ降格争い

今日は午前中の用事を済ませて秩父宮ラグビー場に大学ラグビー対抗戦を観戦に。

対戦カードは2試合で、①日体大と筑波大、②帝京と慶応

①は圧倒的な筑波の勝利で29-0

②は慶応の勝利。

いずれもワンサイドに近い力の差があったんだけど、なかなか面白かった。


それ以上に面白かったのはJリーグ最終節となる今日の降格争い。

下位3チームが降格する訳で、既に17位の京都パープルサンガと18位の湘南ベルマーレの降格は決定済。

残り1チームを争うのが
14位 ベガルタ仙台
15位 FC東京
16位 ヴィッセル神戸

仙台は得失点差から見てもとんでもないスコアで下位チームが勝利することでもない限り安泰で、もっぱらFC東京とヴィッセル神戸の一騎打ちだった。

FC東京は勝利すれば自力で降格からまぬがれる上に対戦相手は既に降格が決まっている京都。
完全に有利かとも思われていたが、降格のプレッシャーはそんな簡単なものではないことが過去の降格争いが物語っている。


見たのは浦和レッズ×ヴィッセル神戸。

実は神戸のここんとこのサッカーはなかなか面白くて、しかもここ6試合負け知らず。

我らが清水エスパルスも前節で神戸に負けてるし

ヴィッセルは序盤から気持ちがこもりまくった凄い試合を展開する。

とにかくボールへの寄せも早いし、運動量が多い。

ライブ観戦でなくてテレビ観戦なのにこれだけ気持ちが伝わってくるのは余程のことだ。

対するレッズは今シーズンの中途半端さを象徴するような戦いで、おまけに神戸の気迫にも負けてる感じだった。

横浜フリューゲルスの消滅を知っている、ヴィッセル神戸の吉田孝行が前半31分に先制ゴール!

この吉田、フリューゲルスがチーム最後の試合となった天皇杯決勝でゴールも決めてる選手で、大分の降格争いも経験してる。

ちなみにその時の決勝カードは横浜フリューゲルス×清水エスパルス(笑)

俺達は吉田にやられた側(笑)


まあ、いわば、こうしたプレッシャーがかかる試合にはもってこいの選手だ(w

そして後半早々の7分にはPKで再び吉田が追加点。

その後も神戸の勢いは凄いものがあって、見てるだけで涙が出そうになるほど感情移入してしまった(笑)

後半14分にはパクカンジョがレッズを更に突き放す3点目。

この選手も気持ちが出る選手で、ゲーム終盤には既に涙目(w

駄目押しは後半ロスタイムでのヴィッセルユース上がりの若手、小川が4点目。

神戸が浦和に4-0の圧勝で完勝。


対するFC東京は前半に京都に先制され、とどめに後半ロスタイムに失点して0-2での敗戦。

結局、神戸がJ1残留、J2降格はFC東京となった。


それにしても神戸はこれだけの試合が出来るのに、なぜに残留争いをしてるんだ?って思わせられる。

ま、リーグ後半までは勝ちきれない試合が続いたってのが原因ではあるんだけど。


試合後のインタビューでヴィッセル神戸の吉田がサポーターへの感謝とともに「残留決定で涙を流すのは情けないんすが、いつの日か優勝の涙になるよう・・・」ってコメントしてた。

もはや吉田はベテラン選手で、いつの日かを自分で体験できる年齢ではないってところがまた泣かせてくれたのだ。

2022ワールドカップ開催国決定

カタールに決定。

日本は残念・・・

前評判の高かったアメリカとカタールだったけど、オイルマネーと初開催ってことも強かったんだろうな。

それにしてもどの国もバックアップが凄くて、日本のしょぼさったら無かった(w

2018ワールドカップ開催国決定

ロシアに決定。

悪くないかな(w

日本は厳しそうだなぁ。

日本×UAE@広州アジア大会サッカー男子決勝

女子に続き男子も金メダル!

いやぁ素晴らしい!

前半は一見互角。

だが日本は中盤が間延びしてて、自陣から相手陣内までパスを繋いでいく途中でパスミスとなりボールをカットされることが多い。

相手のUAE(アラブ首長国連邦)はシンプルな攻撃パターンだからコンパクトな布陣を敷いていれば対応できるはずなのに・・・

セカンドボールは拾われ、ボール支配は大差ないのにチャンスは圧倒的にUAEのものだった。

不安な空気が漂う。

後半開始早々、UAEにゴール目前まで迫られ打たれた強烈なシュートは、バーに当たり跳ね返ったボールがGKに当たり、それが跳ね返って再びバーに。

相当強烈なシュートだった。

やはり不安な空気が漂う(w

だが、日本はスペースだらけだった中盤が修正されてコンパクトになっていた(w

徐々にパスが繋がりペースを掴みはじめる。

そして後半29分、左CKからの流れでゴール右に開いていたサネトウが角度の無いところからのシュートが決まり先制!

あ、サネトウってカタカナで書いたけど日本人です(笑)

変換が面倒だった(w

終盤にUAEの猛攻を受けるが何とか守りきって、アジア大会初の金メダルをもたらした。

終わってみれば男女ともにサッカーは金メダル。

男子の場合は韓国と対戦せずに済んだって運も大きいんだけど(w

それでも、ロンドンオリンピックはこのメンバーが基礎となる訳で、ちょっと頼もしい

日本×イラン@広州アジア大会サッカー男子準決勝

アジア大会では銀メダルが最高の日本。

この大会に日本はU21代表が出場している。

U21は来年になるとU22、再来年はU23。

そう、ロンドンオリンピック代表となる基礎メンバーの代表だ。

ただ今回はドイツで活躍しまくってる香川なんかのA代表メンバーは外れ、Jリーグでもスタメンクラスのメンバーは外れ、それ以外のJリーグメンバーや大学生で戦っている。

話が脱線した(w

イランは全員がA代表を経験している強豪。

ゲーム開始早々のバタバタしている時間をきっちり狙ってきたイラン。

ハーフラインあたりからのロングボール1本が右サイドを駆け上がった選手に渡り、ダイレクトにゴール前に飛び込んだ選手にパス。

これをダイレクトにゴールに押し込んでイランが先制した。

ただ、その後は日本が徐々にボールを支配する。

この日本代表、実にまとまりがあって、連携が良く取れている。

そして前半38分、永井が左サイドを突破し中央にクロスを送る。

これをゴール前中央に走りこんだ東がスルーし、右サイドに詰めた水沼の息子wがフリーでゴール!

ビューティフル!(w

その後も日本がボールを支配する。

その攻撃が実ったのは後半15分。

ペナルティエリアの中央ちょい外でボールを受けた永井が、3人に囲まれながらもドリブル突破しシュート!

これが決まり2−1で日本が逆転。

その後は一進一退の日本とイラン。
お互いにチャンスも作りながら得点は決まらない。

後半28分に抜け出したゴールもオフサイドの判定で助かる(w

終盤に近づくにつれ、両チームとも運動量が一気に落ち、ノーガードの打ち合いの様相となっていく。

そしてイランの猛攻。
ポストを叩くシュートもあった。

日本は追加点こそならなかったが、イランの猛攻も凌ぎ切り逆転勝ちでイランを下し決勝進出となった。

イランを破ったのは大きいし、チームの自信にもなったんじゃないかと思う。

ここまで来たら、女子代表に続けて金メダルを狙って欲しい!

鹿島アントラーズ×ジュビロ磐田@Jリーグ第32節

前節で名古屋グランパスエイトの優勝が決まり、鹿島の足は重かった。

そんなチームでは決して無いと思える鹿島だが、ゲーム序盤に畳み掛けるような攻撃を見せたジュビロにカウンターを決められる。

前半3分には前田、12分にはジウシーニョのゴール。

その昔だったらこのカードは面白いゲームを見せるカードで、締まった好ゲームを見せてくれていたものだ。

ま、10年前くらいだけど(笑)

徹底的なカウンター攻撃に絞ったジュビロ。

目を覚ましたアントラーズは前半43分に岩政が「魂の力だけで押し込んだ!」と言わんばかりの渾身のヘッドでゴールを叩き込む。

後半はもはや圧倒的にアントラーズが支配する。

2−1のスコアで、まだまだ危険な点差ではあるが、後半30分過ぎに、ジュビロがジウシーニョを金沢と交代させる。

まだまだ時間があるのに守備的な交代を見せたのだ。

え?金沢っていつの間にかジュビロに復帰してたの?って俺のかすかな疑問をくつがえすほどのやり方だ(w

もう、この後はアントラーズの猛攻。

いや、超猛攻(w

シュートの雨あられ(w

それも決定的シーンが何度も何度も。

その決定的シーンをジュビロGK川口がファインセーブの連続で防ぐ防ぐ。

あげくにはゴールを割ってるんじゃねーの?って言う、こぼれ球まで防いでしまう。

ぶっちゃけゴールラインをギリギリ割ってると俺的には思ったんだけど、ファインセーブの連続が凄すぎて、審判も防いだように見えてしまったんじゃないかと思う(w

それぐらい今日の川口は神がかっていた。

結局、ジュビロはアントラーズの猛攻を防ぎきり2−1で勝利。

久しぶりにこんなスゴイ試合を見せてもらった(w

なでしこジャパンが金メダル!@アジア大会

なでしこジャパン!金メダルおめでとう!

いやぁ、ハラハラし通しの90分だった(w

女子サッカーでは強豪となる北朝鮮との決勝。

前半から北朝鮮ペースの試合で、後半に入ってからは圧倒的に攻め込まれる展開。

そんな日本が数少ないチャンスをものにした後半29分。

CKをゲットし、そのクロスに反応したDF岩清水がどんぴしゃヘッド!

攻めに攻めていた北朝鮮をあざ笑うかのようにボールがネットに吸い込まれた。

あの北京オリンピックの最終予選での北朝鮮戦並の興奮だ(笑)

※それまで1度も勝ったことが無かった北朝鮮相手に勝利しなければオリンピックに出られないって試合を日本でやった試合。
国立競技場に5万人を集め(女子サッカー史上初)、その中で日本は北朝鮮に勝利した。

興奮して話が脱線した(笑)

日本のゴール後、もちろん北朝鮮の猛攻を受ける。

日本は落ち着いてはいたが、

取りあえず蹴っとけパスとか、コーナー付近でボールを持ち続ける図とか、

今のサッカーではあまり見ない感じの時間稼ぎが古臭く、そして怖かった(w

パスを回して時間を稼ぐってことは考えられねーのかよ!と叫びだしそうな感じっつうか(笑)

なおさら手に汗握る(笑)

そして4分ものロスタイムも日本は耐え、見事、日本が勝利!

女子サッカー史上初の金メダルとなったのだ。


そして明日は男子サッカーが準決勝を戦う。

男子サッカーも日本は今まで銀メダル止まり。

女子の勢いをもらって男子も金メダルと行きたいところだ。

最後にもう1度。

なでしこジャパン、おめでとう!

秋の気配

3c654020.jpg都心の街路樹が色づくのは毎年12月くらい。

温暖化とヒートアイランドの影響だね。

だけど、街の公園や川沿いは紅葉真っ盛り。

神田川の桜並木もすっかり秋の衣装を着てる。

神田川


中野の公園もすっかり秋の色が濃い。

神田川


今年は秋がなくて、夏から一気に冬が来たような気候だけど、街の緑はそれでも秋を叫んでる声が聞こえてくる。

Jリーグ第31節

Jリーグも残すところ、あと4試合。

そんな中で早くも優勝を決めたのが名古屋グランパス。

Jリーグ創成期数年は、浦和レッズと共に最下位を争い、お荷物とまで言われていた名古屋グランパスがリーグ初優勝である。

対する湘南ベルマーレは今年、久しぶりに昇格したばかりだっつうのに、ぶっちぎりの最下位で、早くも降格が決まったチーム(w

それでも名古屋は優勝の重圧なのか固い、重い、らしくない。

そんな名古屋が息を吹き返したのは後半、杉本が交代出場してきてからだ。

その杉本が右サイドを駆け上がり放ったセンタリングに玉田が合わせたゴールが決勝点となり、そのまま逃げ切った。

今日の優勝条件には鹿島が引き分け以下となることも条件のひとつだった。

その鹿島も降格を争う?神戸との戦い。

例年の鹿島と違い、今年の鹿島はふてぶてしさを感じない。

いや、もちろん2位だし、失点は少ないんだけど、ここぞって言う時の得点イメージが無いのだ。

そんな今年を象徴するような試合でもあった。

勢いは圧倒的に神戸。

結局、試合はスコアレスドロー。

この引き分けにより名古屋グランパスの優勝が決まったのだ。

我らがエスパルスが、リーグ戦折り返しまで首位を突っ走っていた今年。

そういう意味では何とも言えない気分になる、他チームの優勝。

天皇杯はエスパルスがいただきます(w

横浜Fマリノス×清水エスパルス@天皇杯4回戦

817b253d.jpgまずは

清水エスパルス 天皇杯ベスト8進出!

このクソ寒い中、しかも雨の中、行って良かった(笑)

今日は夕方から雨は上がるって言ってた天気予報。

スーツのサラリーマンも結構たくさんいたんだけど(w

さて、前半は完全にマリノスペース。

小野(マリノスの方のねw)を始め、若手が気持ちいいくらいにエスパルス陣内に攻め込んでくる。

対するエスパルスは雨でスリッピーになった芝でボールが足元につかず、滑る選手もいる。

久しぶりとは言え、三ツ沢はマリノスの元ホームスタジアムだけあってマリノスの選手には見られない傾向だった。

久しぶりの先発のせいなのか、他に問題があるのか、実力なのか、辻尾のパスの9割が相手に渡ったり、読まれて取られたり、パスミスだったり・・・

気が変になりそうだった前半(w

圧倒的にマリノスペースではあったが、30分を過ぎたあたりにエスパルスの猛攻シーン。

得点は決まらない。

そう、マリノスが飛ばしすぎてて後半に運動量が落ちることが何だか見え見えになってきたのだ。

その後半開始早々の3分、カウンター攻撃で藤本が先制ゴール!

あっと言う間の出来事だった。

得点が決まる時はこんなもの。

後半20分頃だろうか、マリノスにFKを与えてしまう。

ペナルティエリアのすぐ外、しかもゴール正面。

もちろんキッカーは中村俊輔。

ボールは枠に行っていたが、これをGK西部が超ファインセーブで防ぐと再びエスパルスの時間に。

後半27分、小野の(気の抜けるような緩いw)CKからのボールにあわせた岡崎が追加点!

後半36分には再び岡崎がゴール!

試合はこのまま3−0でエスパルスの快勝!

マリノスは前半の勢いは全くなくなり、後半はいいとこなし。

雨でスリッピーな状態なのに、やることが細かすぎたのと、前半飛ばしすぎたか。


なにはともあれ、これでエスパルスはベスト8進出。

天皇杯は謎なスケジュールで、また1ヶ月以上も空けて12/25に準々決勝。

次はモンテディオ山形だ。

天皇杯に強いエスパルスではあるが、健太の胴上げのためにぜひとも元旦の決勝へ!
ホワイトデー用にまとめてみました!w ↓
お得なポイント貯まる!ECナビ
月別に見ちゃったり。
最新のコメント
最新のトラックバック
銅の力でキレイな水に! (ネット専用商社 特選館)
浄水器
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ