岡山の司法書士オレンジ法務事務所のブログ

相続・遺言・贈与等お気軽にお問い合わせください。岡山市南区彦崎2917 ☎086‐362‐7751

s_image1

昨日、環太平洋大が徳山大との最終戦を制し、優勝を決めました。

前日の試合は見に行っていましたが、徳山大の吹本に抑え込まれて優勝シーンは見れませんでした。昨日はエース西山が1安打無四球の完封勝ち。

去年秋の神宮大会準優勝メンバーがほとんど残っていますので、6月の大学選手権でも上位進出を期待します。

環太平洋大には、去年の夏の甲子園で逆転満塁サヨナラホームランを打った済美の矢野が入学していて、すでにショートのレギュラーを掴んでいます。創成館のキャッチャーだった平松も試合に出ています。

同大は高校時代は無名な選手が多いのですが、いい選手が集まるようになってきているのかな。やはり地方の大学は全国大会で勝ち上がって知名度を上げるのが一番の強化策なのでしょうね。 

地銀波乱 (日経プレミアシリーズ)
日本経済新聞出版社
2019-04-09


地銀の3月期決算が発表されましたが、7割が赤字か減益となっていて、純利益も3年連続で減少しています。

人口減少、企業数の減少などの影響で資金需要が減ったうえ、低金利の長期化で利ザヤが稼げない。国債はマイナス金利で運用益が出ない。リーマンショック後のモラトリアム法の特例で棚上げしていた不良債権の融資先の破綻も増え始めた。

もう銀行は完全に構造不況業種となっています。

金融庁はこれまで地方経済の安定のため、「都銀には厳しく、地銀には甘く」という方針をとってきましたが、いよいよ地銀の再建、再編に切り込まなければならなくなりました。今後は、支店の統廃合や地銀の合併が増えていくことになりそうです。

利用者の立場からすれば、ネット銀行の便利さに慣れてきているため、リアル店舗の窓口が減っても特に問題はないですね。

むしろ銀行間の競争と経営合理化が進むことで顧客サービスの向上につながるんじゃないかと思います。

司法書士にとっては、銀行は安定した登記業務の供給先です。私のような特定の銀行と仕事上の取引のない(する気もない)事務所には関係のない話ですが、司法書士業界では銀行をめぐる仕事の取り合いが激化することでしょう。「お付き合い力」の勝負ですね。

時代は確実に、大きく変わってきています。

以前は当事務所にも住宅ローンが払えないという相談は多かったのですが、最近はすっかり減っています。

そのため世間でも住宅ローン破綻は減っているものと思っていましたが、
昨日のNHK「クローズアップ現代+」で「密着 住宅ローン破綻」というのを放送していました。

転職や残業カットにより手取り収入が減少したケース、高収入であったため月々の返済の目処を考えずに高額な融資を受けたケース、住宅ローン以外に不動産投資(ワンルームマンション購入)をして赤字が膨らんだケースが取り上げられていました。

低金利の時代とはいえ、毎月のキャッシュフローが狂えばあっという間に住宅ローンが払えない状況に陥ります。

労働者を守るための働き方改革による残業規制が、残業代を含めた収入で返済計画を立てていた世帯を破綻に追い込むというのも皮肉な話です。

番組内でも触れられていましたが、サラリーマンの手取り収入は減少し続けているようです。

例えば、額面年収700万円なら手取り年収は15年前と比べて約50万円減少しているそうです。配偶者控除一部廃止、定率減税廃止、扶養控除の廃止・縮小などの制度改正により、所得税、住民税、社会保険料などがアップし続けています。

また、中年サラリーマンのリストラも増えていますので、これから住宅ローンの支払いに困る世帯が増えてくることが予想されます。

住宅ローンを抱え、子供に教育費がかかる時期にリストラや収入減に見舞われる苦しみは並大抵ではないでしょう。支払いに困ったら早めに融資先の金融機関や専門家に相談してください。何事も早めの対応が肝心です。

最近私はネット系銀行のデビットカードで支払いをすることが多く、現金はあまり持ち歩いていません。

デビットカードはクレジットカードと違って、口座にある預金残高から即時に引き落とされるので、預金残高以上に利用することはできません。利用後の預金残高はスマホのアプリですぐに確認できるので、現金払いと変わらない金銭感覚を保てます。

個人的にはキャッシュレス決済の利便性を実感しています。現金を下ろすのにATMに並んだり、小銭で財布がパンパンに膨らむこともなく、支払い時はカードを渡すだけ。さらにポイントも貯まります。

もっと利用できる場所が増えて欲しいと思います。特に仕事でよく利用する郵便局や市役所の窓口でカード決済ができれば、手持ち現金が不足してATMに走るようなムダがなくなってありがたいのですが。

そんなキャッシュレス派の私ですが、普段利用している近所のスーパーでは現金払いが中心です。我が家の食事はほぼ私が作っているので、毎日買い物に行っていますが、現金払いに限り割引クーポンが利用できます。全品5%割引の日もあるのでこればっかりは仕方がない。完全キャッシュレス化は難しい。

政府もキャッシュレス決済を推進する方針ですので、今後は確実にキャッシュレス化が進んで行くでしょう。そのうち司法書士事務所もカード決済を導入する時代になるんでしょうかね。

いよいよ平成もあと数日となりました。

世間では「平成最後の〇〇」というフレーズが流行っているようですが、当ブログも平成最後の更新です(おそらく)。

明日から10連休となりますが、基本的に連休中も相談は随時受け付けています。ただ、ずっと休まずに営業するわけではなく、かといって休業日を決めているわけではありません。気が向いたときに仕事をしたり休んだりという、のんびりとしたスタイルでやる予定です。

新規のご相談のお電話も受け付けていますが、すぐに出られないこともありますので、つながらない場合は、時間をおいておかけ直しください。

タイミングが合えば「これからうかがってもよろしいですか?」という即時面談にも対応できるかもしれません(あくまでタイミングによります)。

連休中に観光地へ行くと渋滞や人混みで疲れるだけなので、なるべくのんびりと過ごしたいと思っています。

仕事以外で連休中にやりたいこと
①積ん読状態になっている本を読み漁りたい
②妻の実家でバーベキュー
③子供と外で遊ぶ(釣り、サッカー、野球など)
④勉強 
←これな

みなさん、よい連休を!


このページのトップヘ