空を見上げて
トップページ » 本当に専門家なのだろうか?

本当に専門家なのだろうか?

 今回の問題で原告支援者となっているカルト問題専門家と称する、A教団K教会のM牧師について、私たちは多くの疑問を持ちます。彼が関わったことにより、原告Uさん、Yさんは、誤った論理、方法論に陥り、教会のカルト化を大義名分に行過ぎた行為に走っているとしか思えないところがあります。
 このM牧師は、キリスト教界に別の問題を生み出している気がしてなりません。すなわち、キリストの体として霊的にも組織的にも多様性のある教会について、自身の論理と経験だけでカルト化を判断し活動を進めているなら、かなり問題ではないかということです。明らかに犯罪性が確認されるケースは別として、とても慎重に扱わなければならない事柄のはずです。

 素朴な疑問・・・

・教会カルト化の判断基準がおかしくないか?
・広くキリスト教界のコンセンサスを得た判断基準なのか?
・本当のカルト被害者と自称カルト被害者を識別することをしているのか?そもそもその気はあるのか?
・相談があれば教会カルト化を前提に対応しているのではないか?
・自身の思想信条、教会観、牧会観を核とした偏ったものの見方をしているのではないか?
・専門家というには、情報収集の偏り、思い込みや決めつけが強いのではないか?
・問題解決手法がかなり粗雑ではないか?
・聖書的手順を踏んでいると言っているようだが、裁判権やマスコミ活用の強調等から、聖書的解決よりも裁判による解決に性急になっているのではないか?
・M牧師自身のもとに集まってくる相談者を、牧師として本当に信仰的に正しく導いているのか?
・原告や原告支援者と思われる者たちのネット上での低俗な書き込み、一部ORC教会員への嫌がらせ行為や 営業 妨害を黙認しているのはなぜか?(まさか知らないとは言わないでしょう?)
・A教団の牧師を名乗って相談センター等の活動をしているが、A教団も彼の活動を支持あるいは容認しているのか?
・A教団本部には、地域牧師会の声明文通知も含めて、M牧師の活動、手法について問題提起をしているが、何か対応をしてくれたのか?

等など、あげればきりがありません。

 いわゆる破壊的カルト団体は実在し、真の被害者の方々もいらっしゃいます。それに対して、反カルト活動を行い、被害者救済を行うことは大切なことだと思います。

 しかし、もしその活動が暴走し、「相談者」をよく識別もせずに「カルト被害者」として受け入れ、「偏った基準」で次々とキリストの教会に「カルト化のレッテル貼り」をして、裁判を起こしていくとすれば・・・牧師先生方、信徒の方々は、どう思われますか?





にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星