2013年 1月20日(晴) 早朝-5℃  鹿川エリア ダキ山・<eルンゼ> アルパインアイス


前日は鳥居ボルダーの後、入庵~皆さんと歓談。いつものように美味しい料理に舌鼓を打つ。
そこで鹿川エリアの氷の状況を確認してみると・・・
・宇土内大滝、フェニックス氷瀑共に氷結不可 ・三段滝と隣接の第1ルンゼはアイス可能

・・・と、あまり良い状況ではないようだ。しかも今夜は満天の星空の割には放射冷却が甘い
と感じられる。この状況を冷静に判断すると明日は、「絶好のクライミング日和」・・と言う事
になりゃせんだろうか・^^;  が、しかし! これまで何度となく奇跡の氷結を見せてきた
ダキ山北面☆ 一縷の望みを繋いで偵察に行ってみましょう。

当日の早朝の気温-5℃なんだけど、何となく暖かくさえ感じる。今回の目的地は昨年、
目をつけていた「オメガ滝(仮称)」。 デルタルンゼのF2付近の右岸からドォーンと落ちてた
ボリューム満点のアイスフォール☆ 王子の記憶にも「落ち口の氷が盛りあがってた」と。
鹿川キャンプ場からいつものアプローチ道を拾って辿り着いたデルタのF1は・・微妙^^;
一応凍ってはいるものの両端には水流があるし、氷の下にも水が流れている様子。
こりゃダメだ・・と諦めてすぐ隣に見えてるeルンゼの様子を見に行ってみる。

フリーで登れる小滝F1 ~F2 をチャチャっと登ると・・・ やっぱありました☆ 
ダキ山恐るべし!



■F/No.を区切るのは難しいけど一応、F3とした氷瀑。1段目35m+2段目≒15m
の2段構成。 下部は登り頃の傾斜なるも上部の方が傾斜が増す。50mいっぱい
延ばした立木でピッチを切る。
01dakiyama201301



■2段目登攀中のisoさん。
02dakiyama201301

※F3上部に出るとびっくり仰天! 目の前にボリュームのある氷床が見えたと思うと、
右手に滝が落ちている! そうこの場所(ビレイ点)は、オメガ滝の落ち口だった!



■これをF4とするか。この下部から谷が二股に分かれオメガ滝と、eルンゼ大滝が
落ちていた。
05dakiyamaf22013




■F3から上部は、ほぼフリーで登れる小滝が続く。
06dakiyama201301




■クラックボルダーの第一人者@王子、アイスも巧い!
07dakiyama201301



■この氷床が暫く続いて谷は平流となり遡行打ち切り。懸垂にて下降。
08dakiyama201301



●今年一発目のダキ山アイス、何とか氷に巡り合えました。 この天気で氷が
できるなんて・・しかも九州南部で! やはりダキ山北面は奥が深い、楽しみな
エリアですね☆ 

それではまた、氷瀑探検にて会いましょうー☆