洋服屋、街を生きる。オーダーサロンタナカ店主blog

名古屋、錦3丁目のオーダースーツ、オーダージャケット、オーダーシャツのお店の店主です。名古屋のまんなかに生まれ、ずっとここで生活し六十年。オーダーメイドのこと、街の暮らしのなかで感じたことをつづっていきます。

秋冬のパンツ特集(2018/9/24)

ソールドアウトのおしらせ 
LORO PIANA WINTER TASMANIAN ダークネイビー無地 オーダースーツ価格88000円(税込)完売9/24

ロロピアーナ ウール100%ベロア ネイビー オーダーコート価格79800円(税込) 完売9/24

秋冬のパンツ特集
災害級の猛暑や度重なる台風が来襲したこの夏。でも暑さ寒さも彼岸まで、今日は爽やかな秋の風がそよぐお彼岸となりました。当店ではスーツ、コートも人気ですがジャケットのオーダーにご来店も多い今年の秋。そんなジャケットにコーディネートするパンツを集めました。
お店でパンツを買うとサイズが決まっていてラインも好みのものを探すのは一苦労。オーダーならウェスト、ヒップ、ひざ巾、すそ巾を自由に設定できるのでお客様のお体にフィットしながらラインの美しいパンツが簡単に実現します。
DSC04632
カノニコ社ウールンフランネル マローネアズーロガンクラブ
オーダーパンツ価格27000円(税込)
DSC04626
カノニコ社ウールンフランネル ダークキャメル無地
オーダーパンツ価格27000円(税込)
DSC04625
カノニコ社ウールンフランネル ミディアムライトグレー無地
オーダーパンツ価格27000円(税込)
DSC04629
カノニコ社ウールンフランネル ブラウニーチェックブラウンオーバープレイド
オーダーパンツ価格27000円(税込)
DSC04636
カノニコ社ウールンフランネル ミディアムグレーウィンドペン
オーダーパンツ価格27000円(税込)
DSC04638
葛利毛織 ドミンクス ナチュラル無地
オーダーパンツ価格22000円(税込)
DSC04645
葛利毛織 ドミンクス グレーブルー無地
オーダーパンツ価格22000円(税込)
DSC04659
葛利毛織 ドミンクス ブラウン無地
オーダーパンツ価格22000円(税込)
DSC04651
葛利毛織 ドミンクス ライトグレー無地
オーダーパンツ価格22000円(税込)
DSC04656
葛利毛織 ドミンクス ネイビー無地
オーダーパンツ価格22000円(税込)

オーダーパンツにつきましてウェスト98cm以上の方はサイズオプションがかかります。サイドアジャスターをつけたノーベルト仕様はプラス1000円で可能です。

スペシャルプライス素材の在庫お知らせ(2018/9/22)

秋冬オーダーが始まって一月が経過しようとしています。すばらしい素材を選び反単位で買い付け、お求めやすい価格に設定したスペシャルプライス素材。9/22現在の在庫状況をお伝えいたします。

カノニコ110PERENNIAL ブラック無地 オーダースーツ価格59800円(税込)完売後、追加反入荷。現在は余裕があります。

カノニコ110PERENNIAL ネイビー無地 オーダースーツ価格59800円(税込) 完売後、追加反入荷。現在は余裕があります。

ドーメルアマデウス アイアンブルー無地 オーダースーツ価格76000円(税込)あと5着

ドーメルアマデウス チャコールグレー無地 オーダースーツ価格76000円(税込) あと2着

LORO PIANA WINTER TASMANIAN ダークネイビー無地 オーダースーツ価格88000円(税込)完売9/24

LORO PIANA WINTER TASMANIAN ネイビー12mmチョークストライプ オーダースーツ価格88000円(税込) 残りあと2着 

LORO PIANA WINTER TASMANIAN ミディアムブルー12mmストライプ オーダースーツ価格88000円(税込) 残りあと2着

LORO PIANA WINTER TASMANIAN ネイビーヘリンボン
 オーダースーツ価格88000円(税込) 残りあと3着

LORO PIANA WINTER TASMANIAN チャコールグレーパープルオルタネート オーダースーツ価格88000円(税込) まだ余裕がございます。

LORO PIANA DREAM TWEED ブルームリネーチェック オーダースーツ価格79800円(税込) 9/22ジャケット一着分のみ再入荷しました。

LORO PIANA  ペコラネラ チェック オーダージャケット価格68000円(税込) 残りあと5着

エルメネジルド・ゼニア エレクタ133 ブラウンチェック オーダースーツ価格79000円(税込) 残りあと4着 

エルメネジルド・ゼニア エレクタ133 ネイビー無地 オーダースーツ価格83000円(税込)まだ余裕がございます。

エルメネジルド・ゼニア エレクタ133 チャコールグレー無地 オーダースーツ価格83000円(税込)まだ余裕がございます。

ロロピアーナ ウール100%ベロア ネイビー
 オーダーコート価格79800円(税込) 完売9/24

ロロピアーナ ペコラネラダブルフェイス オーダーコート価格99000円(税込) 残りあと5着

DSC04609
8月秋冬素材のオーダーが始まってすぐにご来店いただいたお客様の洋服がどんどん仕立て上がってきています。この夏から当店のオーダースーツはさらに前肩になりました。ハンガーに吊るした状態をみても力強く肩のラインが前に向かってカーブしているのがわかります。

あるこーる街道(2018/9/21)

お休みの木曜日、北の杜ゴルフクラブでのゴルフの後、クルマで20分くらいの「道の駅はくしゅう」で野菜でも買おうと向う。途中に日本酒「七賢」の醸造元があった。いいなとおもいながらもスルーして国道を走ると「ワイン醸造所シャルマン」の看板をみつける。そしてすぐむこうにサントリー白州蒸溜所。まさにあるこーる街道ではないか。この小淵沢に近い白州は南アルプスからの湧水が湧いてそしてコメや野菜、果物が実る、酒作りには好適な場所なのだろう。ワインの味にはうるさくないがワインが大好きな我々夫婦はたまらず「ワイン醸造所シャルマン」へ。小さな民家の如き直売所の近くに大きくもない醸造所の建物がある。そしてその向こうにはぶどう畑が広がっていた。赤ワインをこよなく愛する妻がはじめてワイン用の葡萄が木に実っているのを見て、ちょっと興奮気味にこの葡萄を使っているのか聞いたところ、すべてその畑で取れた葡萄か地元の契約栽培の葡萄でワインを造っているとのこと。その地ではカベルネ・フランが一番あっているそうでその葡萄で造った赤ワインを2本、シャルドネの白ワインと白ワインをもう一本、そして20年貯蔵の一本を購入。ワインは動かすと味が落ちると妻が言うので車の柔らかいシートにそっと置いてゆっくり自宅に運んだ。その晩飲んだワインの美味しかったことったら。
IMG_8722
霧かかる南アルプスの麓にぶどう酒のための葡萄実る。

IMG_8725
カベルネ・フラン
IMG_8719
ステンレス樽
IMG_8724
新樽
IMG_8721
地下に瓶熟成で眠る赤ワイン
IMG_8728
定温管理のためのセラーも完備。
IMG_8730
自宅で飲んだカベルネ・フラン白須、芳醇で旨し。ワイン動かすべからず。
IMG_8732
シメはおぎのや峠の釜めし、私と同じ60周年。

秋の休日は遠出のゴルフ(2018/9/20)

秋のいい季節、おやすみは楽しみたい。小渕沢インターまで名古屋から二時間半。着いたのは北の杜カントリークラブ。名古屋の名門がいかに背伸びしても叶わない景観を持つこのコースは甲府に住むお客様薄井さんのご紹介いただいて以来コースの美しさに惹かれ時々来ています。美味しい空気の中、都会を忘れ一球入魂。
IMG_8697
甲斐駒ケ岳が一望できるコース。雲もまた良し。
IMG_8702
富士山には我々弱い。つい感動。
IMG_8706
アフターゴルフは
IMG_8708
ほうとう

エレガントVSデニム。エルメネジルド・ゼニアカシミアデニム(2018/9/18)

モード界でデニム・ジーンズは無くてはならない存在。デザイナーたちもこぞってデニムをとりあげます。若者はもとより若者の心を持った高齢者までもこぞって世界中の人がデニムを履きます。でもゴルフの世界は別。ゴルフ場は紳士のスポーツだからゴルフコースのドレスコートでデニム・ジーンズ禁止となっています。何故かと言うとデニムは労働者の服だからだそうな。私はゴルフを愛し、或るゴルフ場のエチケット委員も任されていますが、労働者なくしてゴルフ場やクラブハウス建築はできないわけで、正直、どうしてもそんなドレスコードは腑に落ちません。
今年はエルメネジルド・ゼニア社プレミアム・カシミア100%のデニムがジャケット素材としてリリースされました。ちょっとした反骨精神を胸に隠してこんなエレガント極まるカシミア100%デニムで仕立てたジャケットを着てゴルフ場のクラブハウスに入ってみたい。そんな気分になりました。

エルメネジルド・ゼニア社 イタリア製
プレミアム・カシミア100%デニム
オーダージャケット価格128000円
税込)

IMG_3161
カシミアの白度ゆえの深いインディゴブルー。

秋の夜長は自分ワールド(2018/9/17)

感謝して感謝しきれないほどですが秋冬素材のオーダーで多くのお客さまがご来店いただき、営業時間中、忙しい時間を過ごしています。
そして仕事が完了し、家族との食事が済むと私だけの時間。自室でなにを楽しもうかワクワク。今年見つけて、むさぼるように読んだ「サピエンス全史 上下2巻」。読み終わったら「サピエンス・ロス」になったほどでしたが著者ユヴァル・ノア・ハラリの新書「ホモ・デウス、上下2巻」が出ました。もちろん買い今読んでいます。人類を長い間苦しめた、「飢餓」「疫病」「戦争」を21世紀になりほぼ制圧した今、人類の進む未来を予測しています。人類の飽くなき欲望のままに一体どこに行くのでしょうか?人類が不死になるのでしょうか?と、まだ読み始めたところですがいまのところ面白いような、怖いような展開です。
IMG_8683
老眼鏡いやリーディンググラスは必須。

人様に聞かせる音楽をライブ演奏するのはそれは大変な苦労と努力が必要ですが、自室でひとりぼっちで楽しむだけなら、聞かせる人のいない寂しさはあるものの、適当に弾いてもそれなりに面白いもんです。最近CとGのブルースハープ(ハーモニカ)を買いました。ボブ・ディランよろしく首からホルダーを下げてハーモニカを吹きながらギターをかき鳴らして歌うはニール・ヤング。「アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ」「ハーヴェスト」などの名盤から適当にニール・ヤングになりきって。英語の歌詞を覚えるのはつくづく大変だから適当にごまかしながらインチキ歌詞を歌うも秋の夜長には愉し。いつかストリートで演れるか?!
IMG_8686
ちょっとめずらしいサンバーストの愛用1978年製D-18とホーナー社「BLUES HARP」

洋服のトレーサビリティ(2018/9/16)

高級品とは何かを考えることがあります。高級品とはブランド物のことである、シンプルにそう考える人も多いでしょう。また高級品とは値段の高いものであると考える人もいます。数あるブランドでもエルメス、ボッテガ・ヴェネタ、ブルネロ・クチネリなどとびきりお値段の高いブランドに羨望の眼差しが集まるのもそのあかしかもしれません。しかし、洋服屋の私は洋服についての「高級」はイコール「ブランド」「値段」とは考えていません。では洋服にとっての高級とはなんでしょう。わたしは「トレーサビリティ」が「高級」の重要な要素と考えています。つまりどこで採れた原料を使いどういう意図で誰がどこでどうやって作られたか「出自」が明示されているものに「高級」の名前を冠するべき。たとえばロロピアーナウインタータスマニアン150を使い当店で仕立てたスーツは
オーストラリアで採れた16ミクロン平均のメリノウールを1mあたり340g使い、4ハーネスという織り方でイタリア、クアローナロロピアーナ本社工場で織り上げてあります。それを正規代理店を通して輸入。日本国内、九州にある三ツ星グレードの縫製工場で柴山登光先生が作成したパターンを使い、本バス毛芯を縫い付けて、ボタンは天然ボタン、裏地はキュプラ100%で仕立てられています。
このように言うことができます。
巷にはアジア製造、ウール100%というだけしか説明していないオーダースーツも溢れています。広大なアジアのどこで誰が、どんなウールで作られているかは謎。そんな風潮に背を向けて当店の行くべき道は説明できないブラックボックスの部分をひとつづつ減らしていくこと、それがモノから「高級品」への道だと信じています。こころざしのある製品をこれからも作り続けていきます。
DSC04590
この秋、スペシャルプライスでとりあげたエルメネジルド・ゼニアエレクタ133で仕立てたスーツ。オーストラリア産エキストラファインウールタテ・ヨコ3プライにして、1mあたり370gで平織りにしてあります。三ツ星グレードの日本国内縫製工場で柴山登光先生が作成したパターンを使い、本バス毛芯を縫い付けて、ボタンは天然ボタン、裏地はキュプラ100%で仕立てられています。サイジングは行き過ぎ感に気をつけなるべくマイルドにいたしました。
エルメネジルド・ゼニア エレクタ133ブラウンチェック オーダースーツ価格79000円(税込)

エルメネジルド・ゼニアジャケットコレクション(2018/9/15)

当店はロロピアーナ、エルメネジルド・ゼニア、ドーメル、御幸毛織、ヴィターレ・バルベリス・カノニコという世界、日本の高品質の毛織物メーカーのみを取り扱っています。
そのなかでイタリア、ビエラの世界のモードに影響を与える人気メーカーエルメネジルド・ゼニアのこの2018/2019秋冬ジャケットコレクションをご紹介いたします。下記のコレクションは一点ずつの数量限定となっています。
DSC04442
9427-111 グレーブラウンチェック wool84%silk12%cashmere4%
オーダージャケット価格69800円(税込)
DSC04446
9425-32 ブルーチェック wool86%silk10%cashmere4%ヘリテージ
オーダージャケット価格69800円(税込)
DSC04450
9427-33 サックスソフトホップサック wool84%silk12%cashmere4%
オーダージャケット価格69800円(税込)
DSC04453
9316-2206 ネイビーソフトドット wool95%cashmere5%
オーダージャケット価格69800円(税込)
DSC04456
9316-2203 グレーソフトドット wool95%cashmere5%
オーダージャケット価格69800円(税込)
DSC04460
9425-0023 ブルーウインドペンwool86%silk10%cashmere4% ヘリテージ
オーダージャケット価格69800円(税込)
DSC04467
9426-0026 ブラウンウインドペンwool86%silk10%cashmere4% ヘリテージ
オーダージャケット価格69800円(税込)
DSC04470
9425-0064 ブルームリネーチェック wool84%silk12%cashmere4%
オーダージャケット価格69800円(税込)完売9/22
DSC04474
9425-0035 グレーブラウンチェックwool86%silk10%cashmere4%ヘリテージ
オーダージャケット価格69800円(税込)
DSC04478
872-1161チャコールグレーブルーグラデーションチェックwool100%ヘリテージ
オーダージャケット価格69800円(税込)完売9/22
DSC04482
862-1167 ブラウングラデーションチェック w100%ヘリテージ
オーダージャケット価格69800円(税込)
DSC04489
872-1114 マローネアズーロウインドペンホップサックwool100%
オーダージャケット価格69800円(税込)
DSC04494
872-1120ダークワインウインドペンホップサックwool100%
オーダージャケット価格69800円(税込)完売9/22
DSC04498
3890-1261 グレーベースチェックwool95% cashmere5%
オーダージャケット価格69800円(税込)

秋冬オーダーシャツフェア開催(2018/9/14)

猛暑、そして台風が過ぎ、朝晩だけではなく昼間も秋の気候になってきました。秋冬の装いのご準備もイメージしやすい季節となってきました。

秋冬のオーダースーツ、オーダージャケットに合わせてシャツのオーダーはいかかでしょうか?
本日より10月14日(日)までオーダーシャツフェアを開催いたします。
滑らかな手触りでひときわエレガントなロイヤルカリビアンコットンとトーマスメイソン、アルビーニ、リバティなどインポート素材シャツをオーダーシャツフェア期間中、定価より3000円引きでオーダーいただけます。
たとえば一番人気のある100番双糸のロイヤルカリビアンコットンの場合14700円のところ11880円(税込)になります。
本物の素材をおすすめすることをモットーとしているオーダーサロンタナカとしましては、本来追加料金のかかる高瀬貝のシェルボタンをすべてのオーダーいただいたお客様に無料でおつけしています。現在オーダーシャツの納期は約三週間となっております。

今回新しく入荷した素材の一部をご紹介します。
DSC04562
ロイヤルカリビアン 16000円(税別) フェア期間中13000円(税別)
DSC04563
ロイヤルカリビアン 16000円(税別) フェア期間中13000円(税別)
DSC04567
ロイヤルカリビアン 14000円(税別) フェア期間中11000円(税別)
DSC04570
ロイヤルカリビアン 14000円(税別) フェア期間中11000円(税別)
DSC04538
リバティ新柄 クルマシリーズ 17000円(税別)フェア期間中14000円(税別)
DSC04540
リバティ新柄 クルマシリーズ 17000円(税別)フェア期間中14000円(税別)
DSC04535
リバティ新柄 17000円(税別)フェア期間中14000円(税別)
DSC04542
トーマスメイソン 19000円(税別) フェア期間中16000円(税別)
DSC04544
トーマスメイソン 19000円(税別) フェア期間中16000円(税別)
DSC04529
ちかごろ店主お好みのカラースタイル「チャールズワイド」

コートのゲージ追加いたしました。(2018/9/13)

ウール素材のオーダーコートはこの秋冬シーズンとても人気があり、毎日のようにお客様がご来店そしてオーダーをいただいています。当店で扱っているロロピアーナのコート素材はすてきなコートになりますが、いいコートに仕立てるため素材はもとより縫製そしてサイジングが重要。当店の提案として、身体とコートの間に空気が入り保温性を高めるため、コートはあまりスリムにし過ぎないのがおすすめです。イタリア、ピッティウォモ会場でバイヤーたちの着こなしを見てもスーツ・ジャケットはスリムにしますが、コートはある程度余裕のあるものを着ているようです。正確なサイジングをするため当店はすべてのサイズのコートのサンプルを仕立て、ゲージサンプルとして使用しています。またゲージであっても着たくなるようなコートにするべきだと考え、高級素材を惜しげもなく使っています。昨年大きいサイズを追加しましたが、今年はまたコートのゲージを2体新調しました。

10月になるとオーダーが集中し、納期が長くなると予想されています。コートのオーダーにつきまして、早めのオーダーをおすすめしています。

DSC04502
今回追加したステンカラーのコート。ドーメル社の英国素材、アマデウスジャケッティングで仕立てました。
DSC04525
今回追加したチェスターフィールドのコーイタリア製カノニコ社フランネルを仕立てました。
プロフィール

ordersalon

記事検索
月別アーカイブ