洋服屋、街を生きる。オーダーサロンタナカ店主blog

名古屋、錦3丁目のオーダースーツ、オーダージャケット、オーダーシャツのお店の店主です。名古屋のまんなかに生まれてずっとここ錦3丁目でくらしているオールドシティボーイです。オーダーメイドのこと、街の暮らしのなかで感じたことをつづっていきます。

蜂蜜完売しましたが再入荷しました。(5/29)

先週金曜日にことし初めて入荷した伊藤さんの蜂蜜でしたがこの土日ですべて完売となりました。
さっそく今朝伊藤さんに追加の蜂蜜を持ってきていただきました。今回再入荷いたしましたのは下記の3種となります。

アカシヤ蜂蜜 500g 2200円(税込)
 淡白かつ上品な味わいでどんな食べ方にでも合う一番人気の蜂蜜。
ヤマフジ蜂蜜 500g 2200円(税込)
アカシアと同じ系統のクセのない蜂蜜です。色合いもアカシア同等の淡色系です。
サクラ/ヤマザクラ蜂蜜 500g 1800円(税込)
ヤマザクラとソメイヨシノの蜂蜜。いただいたときにサクラの花の香りがほのかに匂うみやびな味わいの蜂蜜。
 
DSC03535
左右は淡色系のアカシア、ヤマフジ。中央は琥珀色のサクラ/ヤマザクラ 

良い素材は歴史が紡ぐ。エルメネジルド・ゼニア50周年パーティ(5/27)

昨日はエルメネジルド・ゼニア社が日本市場に参入して50周年のパーティが東京三田のイタリア大使館でありゼニア社との正規取引のある日本国内のテーラー、アパレル関係者が一同に会した。

 ラニフィーチョ、エルメネジルド・ゼニア。アルプスにほど近いイタリアの風光明媚なトリベロの高台で毛織物会社を設立したのが約110年前。日本には1967年に服地商社鷹岡(株)有本(株)により紹介された。私の父が勤めていたこともあった鷹岡(株)を通じて当店の前身の田中羅紗店もほどなくエルメネジルド・ゼニアを扱うようになった。1980年代からは有本(株)からアンテプリマを供給されて買い付けたこともあった。25年前日本の現地法人ゼニアジャパン(株)を設立。当店はすぐに直接取り引きを開始した。そうやって、日本の目の肥えたテーラーや顧客を満足させて50年

人に感動をあたえる優秀な素材は歴史ある工場からしか生まれない。 毛織物会社というのは基本的に大規模な設備と原毛の買い付けから生産、仕上げまで様々なノウハウが必要。厳しい経済状況下では減ることがあっても増えることがない新規参入の難しい業種である。
日本市場に参入してからのこの50年間にエルメネジルド・ゼニア社と関わりを我が国のファッション業界の人々が集まった夕べはそれは意義深い時間だった。私もゼニア社を通して知り合った方々と再会を喜びあった。
  DSC03477
エルメネジルド・ゼニア服地部門フランコCEO
DSC03480
有本(株)に保存の50年前のイタリア、トリヴェロ、エルメネジルド・ゼニア工場画像。
DSC03475
18年近く当店の担当をしているエルメネジルド・ゼニア社近藤さん
DSC03476
エルメネジルド・ゼニア社、渋澤さん
DSC03483
テーラー仲間、呉、尾州屋羅紗店の沼田さん
DSC03487
名古屋の有名店、テーラー神谷の神谷会長親子と
DSC03488
東京、新宿のフィーロ、千葉さん
DSC03492
 ごぞんじ女性テーラー、銀座ジョン・フォードのきーちゃん
DSC03512
ジョルジョ駐日イタリア大使、鷹岡社長、ゼニア、フランコCEO
DSC03516
テーラー界一のナイスガイ、ブルーオーシャン高山さん
DSC03525
右は親愛なる神戸小林洋服店社長といつもフィレンツェで会うエルメネジルド・ゼニア社マウロ部長。
DSC03526
銀座マリオペコラの佐藤さん
DSC03531
ジョルジョ駐日イタリア大使と。ちなみに私はエルメネジルド・ゼニア、クールエフェクト、ブラウンをアンコン仕立てにしたスーツを着用しました。

ヤマザクラの蜂蜜到着しました。(2/26)

本日2度目のブログ更新です。蜂蜜はまだかとお待ちいただいている方が多いので緊急アップロードいたしました。

当店のお客さまでもある蜂蜜農家、伊藤さんの蜂蜜は蜂蜜はまだ入荷しませんかとお客さまからのおたずねは本当におおくとても人気があります。4月の下旬から蜂蜜の採取の時期が始まり、なかなか名古屋にもどってこれなかったので今年はすこし遅れましたが本日、伊藤さんご来店いただいてヤマザクラの蜂蜜をもってきていただきました。みやびな桜の香りただようおいしい蜂蜜です。作り手がわかっているので添加物ゼロ100%ピュアである伊藤さんのはちみつは本当に安心していただけます。近日中に、アカシア、ヤマフジの蜂蜜も入荷予定です。

ヤマザクラはちみつ  一瓶(500g) 1800円(税込)
5/29再入荷いたしました。
アカシア入荷しました。一本2200円(税込)ヤマフジ一本2200円(税込)


DSC03470
黄金色に輝いた採れたてのヤマザクラ蜂蜜
DSC03465
採蜜がつづき伊藤さんもすこしスリムに。

オーダーシャツ素材でワンピースはいかが?(5/26)

コットン100%オーダーシャツの素材で女性のワンピースがオーダーいただけます。ベーシックの価格はレディースオーダーシャツの代金プラス12000円(税別)となります。素材を選び、カラー(衿)のフォルムを12種類から選び、そしてワンピース丈。袖丈、ウエストの位置等がお選びいただけます。サッシュベルトが付属します。
DSC03449
オーダーシャツ地で仕立てたワンピースを始めました。
DSC03461
ワンピースにはサッシュベルトが付きます。
DSC03462
このカンクリーニのシャツ素材で仕立てました。こちらはレディースシャツは20000円(税別)でワンピース追加が12000円(税別)税込みで34560円となります。

ブログは2日に一日(5/26)

ブログを開始して早や6年、オーダーサロンタナカのオーダースーツやその素材のトピックに加え街に住む洋服屋の暮らしを書いていこうとひっそりとはじめたのが2011月の初夏。始めてすこしで一日200人ほどの方が読んでいることが判りなんだか嬉しくなった。1年を過ぎる頃から一日のアクセス数が1000人を超えて、今では一日2000人から多い時で3000人となってきた。お客さんをはじめ、友人にも読んでいますよと声をかけられることが多くなった。

最近ロロ・ピアーナのスタッフから教えられたのだが、取引先テーラーから田中さんのブログ○月○日分に掲載の生地ない?と問い合わせがあるくらい田中さんのブログは多くの同業他社の方が読んでいますとのこと。ありがたいやら恥ずかしいやら。

書くことがよくありますねと言われるが実はネタには困ったことはない。10くらいトピックが脳裏に浮かぶうち7つはボツにしているほどで仕事でも日常でもトピックはありすぎるくらいある。ただ文章にするにはそれなりに時間はかかるが、お客さまに長文物は読みにくいといわれ短めをこころがけているので作成時間は短縮傾向。

最低でも1月に15日つまり2日に一日は書くとみずから課している。こんごともご愛読のほどよろしくおねがいいたします。

DSC03445
この季節はミユキシャリックスーパーライトが一番人気。

タウンアンドカントリー(5/24)

お休みの日は気分転換が必要ですね。
今日はホームコースのセントクリークゴルフクラブが貸切のため、姉妹コースのパインズゴルフクラブに。初めて周りましたが手入れの行き届いたいいコースで妻とそして気の置けない友達と楽しいゴルフができました。
パインズの美しいフェアウェイ
バシッとフェアウェイに。
クラブハウスからコースを望む。
家に帰って夕食の仕込みをしてから、名古屋駅にできたゲートタワーに行きお買い物。ビームスさんでフェリージのベルトと高島屋のキャロウェイで夏のゴルフシャツを購入。フォションでクラシックバケットを買ってさあ夕食、メニューはアクアパッツア。
 
ビームスさんの窓から見る名古屋駅の景色
買い物してグビり。

ロロ・ピアーナ秋冬のリファレンス届く。その2(5/23)

先週ロロ・ピアーナ社から反で買い付けた秋冬スーツ素材「ウインタータスマニアン150」 のリファレンスサンプルをご紹介いたしました。今日はウインタータスマニアン150以外の反で買い付けたロロ・ピアーナ素材をご紹介いたします。これらはすべてリーズナブルな価格「スペシャルプライス」に設定いたします。お楽しみに。

スーツ素材
ウール100%スーパー130「ソフトタッチ」

250g/mのライトウェイトのスーパー130ウール100%のツイル素材の表面を起毛しました。ライトウェイトだから秋も着られるし、起毛しているので冬でも快適です。柄をご覧いただけばご理解いただける方もあると思いますがロロ・ピアーナのテキスタイルデザインチームは世界最高のデザインを生み出しています。
P1220062


ジャケット素材
スーパー170ウール93%&カシミア7%「ウィッシュ」280g/m
超高級素材の「ウィッシュ」を反買いしました。きわめてコンサバティブなネイビーブルー無地。一番使いやすい色のジャケットを高級素材にするということは賢明な選択だと考えています。
P1220067


コート素材
ウール100%ビーバー 580g/m ネイビーブルー無地 
昨年早く完売になった素材。ロロ・ピアーナのウール100%がとても上質なので触ってみるとカシミアにも思えます。この素材のチェスターフィールドコートは7万円台でオーダーいただけます。販売開始時期は7月を予定しています。
P1220076


ウール100% 530g/m  ペコラネラ ダブルフェイス 
羊毛を産出するヒツジはもともとナチュラルカラーの茶色系でした。それを人間の叡智でながい時間をかけて白色のヒツジに品種改良しました。しかし昔のDNAを記憶しているのか突然、茶色のヒツジが生まれます。それを勝手な人類は殺して肉用にしてしまいましたが、ロロ・ピアーナのバイヤーは自然なその茶色を活かそうと「ペコラネラ」(黒い羊}として商品化いたしました。ことしはこのペコラネラコート素材の素晴らしさに感激し反で買い付けましたダブルフェイスで明るいナチュラルカラーと裏はブラウンとどちらをオモテにでもお選びいただけます。この素材のチェスターフィールドコートは9万円台でオーダーいただけます。7月からオーダー開始予定。
 P1220086
オモテがナチュラルカラー、裏がブラウンのダブルフェイス。
P1220077
こんな具合の色合いです。 

不調和の調和。ポケットチーフ考(5/21)

ジャケットやスーツの胸ポケットにチーフを入れるとぐっとおしゃれになる。ールビズ時期、ネクタイ無しのジャケットコーデでもポケットチーフだけは入れておくとすごく良くなる。慣れていない人にとってはキザと感じるかもしれないがオシャレ初心者にはぜひ試してみたいアイテムだ。どんな入れ方でそしてどんな色のチーフにしたらいいか迷う方も多い。
チーフの入れ方
ポケットの口に合わせて長方形に折ってまっすぐに入れるTVフォールドが今の主流だが、ほんとうは基本にどうやってもいい。ぐしゃっと入れればそれで十分。それはパフドという名前になる。
チーフの色
おしゃれの達人であるアパレル関係者やイタリア人とこの件について話すことがあった。彼らの結論は基本チーフの色とネクタイの色とは変えるべきだとこと。それにより挿し色を加える効果で全体の色合いにやさしいふくらみが生じる。チーフに迷っている方は一度試してみてください。
DSC03434
この春夏のスペシャルプライスでとりあげたロロ・ピアーナ社トリロジーのソラーロで仕立てたジャケットにイタリア・アレッツォのROSI製のナチュラルカラーのウールタイと、これもROSIのデニムカラーのポケットチーフを合わせてみた。シャツはカンクリーニの残念ながら廃番となった ラベンダーロンドンストライプ。マルタ島で買ったバッジをあしらいました。

ロロ・ピアーナ秋冬のリファレンス届く。その1(5/20)

今日名古屋は摂氏30度越えの陽気、ついに夏がやって来ました。

そんな今日、ロロ・ピアーナ社からのリファレンスサンプルが届きました。リファレンスサンプルとは、反単位でオーダーした素材と出来上がる素材が間違いないかを参照するサンプル。秋冬のロロ・ピアーナのスーツ素材といえばウインタータスマニアン150。 スーパー150`sのオーストラリア産超細番手羊毛を1mあたり340gとたっぷりと使い、4ハーネスでがっちり織り上げてあるため、手触り滑らかで、ツヤも美しい上、耐久性もある。だから日常使えるスーツ素材では世界一と言われます。まず今年、反で買い付けたウインタータスマニアンのリファレンスサンプルをご紹介いたします。反で買い付けた素材はスペシャルプライスとなりますが価格は昨年と据え置きの予定で8/22頃からオーダーを承る予定です。 毎年必ずソールドアウトになるためお早めのオーダーをお考えくださいませ。リファレンスサンプルをご覧になりたい方は店頭でお申し付けくださいませ。

ロロ・ピアーナウインタータスマニアン150リファレンスサンプル。画像を拡大してご覧くださいませ。リファレンスサンプルはツヤは表現されていませんが実際はもっとエレガントなツヤがあります。

P1220055
ブルーオルタネート 
今年はウインタータスマニアンの新柄が出ました。そのなかの一つです。
P1220044
ネイビー&ブルーピンストライプ
これも新柄です。
P1220041
チャコールグレー チョークストライプ
これも新柄です。
P1220049
ネイビーブルー&ブラックオルタネートストライプ
これも新柄です。
P1220034
上ダークグレーシャークスキン
下ダークネイビー無地

イタリア大使館からの招待状はゼニアのパーティ(5/19)

今日ポストに届いたのは私宛の一通の手紙、イタリア大使館からのエルメネジルド・ゼニア社が日本市場に進出して50周年のパーティ招待状だった。エルメネジルド・ゼニア社と当店はまだ日本に現地法人、ゼニアジャパンが出来る前、有本(株)がエージェントだった1985年頃からのおつきあいだから30年を超えた取引となっている。その頃すでに名古屋の松坂屋ではエルメネジルド・ゼニアの小さなコーナーがあり、コアな洋服好きな方は知っていた。
それからゼニアジャパンを設立し、日本の著名テーラーはこぞってエルメネジルド・ゼニアの服地を扱いまた日本の大都市にはスーツ、ジャケット、シャツなどがすべて揃う直営ショップ展開してイタリアを代表するメンズのメーカーとして最も有名なブランドのひとつとなっている。いまから新たに取引を開始するのはなかなか難しいと言われるが、末永い取引をご評価いただき今回この佳き日のパーティーにご招待をいただいた。ジョルジョ・スタラーチェイタリア大使とエルメネジルド・ゼニア毛織物会社(ラニフィーチョ)の連盟による招待で、ドレスコードもビジネスアティチュードと決まっている。エレガントな時間になりそうでとても楽しみにしている。
DSC03428



 
livedoor プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ