今年も1月12日から15日まで4日間フィレンツェサンタ・マリア・ノヴェッラ駅南歩いて5分ほどにあるメディチ家の要塞跡フォルテッツァ・バッソで行われた世界でピッティ・イマージネ・ウォモに参加した。パリコレクションが一般人には縁の遠いオートクチュール、メゾンで顧客のためにだけ作られるオーダーメイドのプレゼンテーションだとすればピッティ・イマージネ・ウォモは現実世界で着るための洋服の展示会である。これに通いだしてからもう18年になるがますますこのイベントの重要性は増し、ますますイタリアからヨーロッパ、アメリカ、アジア、アフリカと参加者が増え続けている。イタリアはユーロ危機やテロへの懸念があり、ピッティへの参加者が減るのではないかと思っている方も多かったが実際のデータを見たわけではないが、いつものようなピッティで全く変わらなかったということは長年参加しているわたしはよく分かる。

会場で見かけるコレクションや人々の装いを見て、その年の色柄のトレンドを解析しようということばかり以前の私は考えていた。
たしかにチェック柄は圧倒的に増えたしロイヤルブルーの流行、細身の短い丈のパンツなどピッティ発のトレンドは間違いなくあるが、みんながおんなじ傾向の服を着るというのは絶対違う。グレーもあればブルーもそしてブラウンもある。細いラペルもあればボールドなラペルもある。プリーツ付きのパンツもあればノープリーツもたくさんある。現実の人々が生きる世界のいわゆる縮図だから同じスタイルではなくそれぞれの服への思いを表現するための服がそこにはある気がする。

ピッティ・イマージネ・ウォモ報告第一弾としてまず会場で見かけたスーツスタイルの人々の姿をご紹介いたします。着こなしの参考になれば幸いです。クリックして画像を拡大してご覧くださいませ。

IMG_6178
メディチ家要塞フォルテッツァ・バッソに向かうスーツ姿の男たち。
IMG_6740
メイン会場の前は、どうだ見たか言わんばかりのスーツ姿の男たちでいっぱい。でも楽しいから好きなんです。
IMG_6742
でもこの方はシックなリアルクローズを着ていて好感持てます。革のブレスレットにいいね!をあげたい。
IMG_6691
左の凝ったグリーンのコートがいいね。右は3ピースとチェック柄で派手になるところを紺ソリッドタイでぐっと締めています。
IMG_6693
ボールドなストライプのライトグレーフランネルダブルブレスト。冬のライトグレーってぼくは好きです。チーフを無造作にいれただけで華やかになる魔術。
IMG_6749
おおきなグレンチェックのコート。ポケットから手袋をちょい見せするのがポイント。マローネ無地のタイ。
IMG_6750
端正なホームスパンコートの着こなしが我が友人の若旦那を思い出させる。
IMG_6752
ロングコートとウールのソリッドタイ。右はビッグチェックのロングジャケット。
IMG_6756
スモーキーブルー無地の上品なスーツのすてきなおひげのジェントルマン。
IMG_6797
ピークラペルのスリーピース。ダークグレーに鮮やかなネクタイが映える。
IMG_6806
なんの変哲もないスーツですが真っ赤なタイに合わせた確信犯のゆるゆる靴下がキュート。
IMG_6812
男性は紺のストライプスーツにネクタイはマローネ。女性はその逆の合わせ。いいね!
IMG_6838
お父様とちびっこダンディが会場で大人気。毛皮のカラーのコートとロイヤルブルーのスリーピース。ネクタイのディンプルが美しい。
IMG_6846
レポーターもまたかっこ良くなきゃね。ライトグレーで衿幅110ミリオーバーのライトグレーダブルブレスト。
IMG_6847
ボルドーのウィンドペンに濃紺ソリッドタイがソークール。
IMG_6852
ライトベージュのコートももちろん素敵ですがウールタイとチーフの合わせがまた素敵。
IMG_6863
フィレンツェのナイスガイ、シモーネさんはツイードのスーツで自転車に乗る。
IMG_6878
ピッティ最大のアイコン、リーノさん二日目のスーツ姿。コーディユロイのジャケットにグレージュのウールタイ。チェックのダブルブレスト、そしてダブルモンクストラップの靴。まわりの方々のまたカラフルなことったら。
IMG_6887
最高にかっこいいお三方がすべてソリッドタイというところがチェックポイント。ソリッドタイはスーツを引き立たせる効果があります。
IMG_6894
ツイードのアースカラーのスリーピース。幅広のラペルがビスポークらしさを出しています。
IMG_6896
チェックのスリムなスーツ姿のダンディがぬいぐるみを持っているの図。
IMG_6084
ペイズリーのショートコートですか。笑顔が嬉しい。見ていて楽しくなります。
IMG_6736
うわー。たぶんモデルさんですね。でもネクタイの軽やかな巻き方はチェックしてくださいませ。
IMG_6875
イタリア人はスマホが好き、そして日本人もスマホが好きな世界は平和。