スーツ素材にストレッチ性能のある服地をご要望のお客さまもいらっしゃいます。もともとウールで織ってある紳士服地は7%〜10%ほどの横方向への自然な伸縮性が備わっています。さらにストレッチ性能と称するには倍近くの伸縮性が備わる必要があるではと考えています。
ウールを主原料としてストレッチ素材を織るためにライクラ(ポリウレタンの商品名)を1%程度混ぜてゴムのようなストレッチ性を出す場合と、ライクラ(ポリウレタンの商品名)を混ぜずウール100%でフィニッシングで加工する場合があります。本日ご紹介するイタリア製トラバルド・トーニャ社の「エストラート」は後者の製法を採用して、ライクラを使用せず、スーパー120`sウール100%だけでストレッチ性を出しています。1mあたり230gの平織り素材です。

イタリア製トラバルド・トーニャ社「エストラート」
オーダースーツ価格72000円
(税込)

P1250754
トーニャ エストラート ソラーロ
P1250762
トーニャ エストラート グリーン・ブラウンソラーロ
P1250745
トーニャ エストラートはバンチサンプルからお選びいただけます。

トーニャ エストラート ストレッチ性能テスト
P1250728
横方向20cmを横にテンションをかけて引っ張ります。
P1250726
20cmが25cmになり約25%のストレッチ性を認めました。