イタリアで産出してイタリアで織られたジャケット生地「SOPRAVISSO」
ロロ・ピアーナが使っているウールはほとんどオーストラリアもしくはニュージーランドのエキストラファインウールメリノです。でもイタリア国内の山岳地帯で少量ですが地元種の羊が育てられています。ロロ・ピアーナ社はイタリア・マルケ州のヴィッソ(VISSO)で育てている「ソプラヴィザーナ」という羊毛を発見。そんなオーガニックな羊毛でクラシックなジャケットコレクションをリリースしました。メリノウールと違い、ざっくりしていてシェットランドウールを使ったハリスツイードにも近い味わいで、1mあたり310g(ハリスツイードは480g/m)と軽くしたような感じ。2013年に当店で扱った手織りのスコットランドツイード「ブレニッシュ」にも似ています。さすがロロ・ピアーナならではのデザインセンスで魅力的な柄ばかり。

実はマルケ州のイタリア・マルケ州のヴィッソ(VISSO)は2016年のイタリア中部地震の震源地で、この地震によりこの地方の産業は壊滅的な打撃を受けました。ロロ・ピアーナ社のシンボル、ピエール・ルイージ・ロロ・ピアーナはこの地方の復興にならないかとこの素材を推進し、得られた利益のほとんどをその地方に還元しています。当店はその精神に共鳴し、スペシャルプライスを期間限定でご提案いたします。

イタリア現地のウェブサイトより
2016年に起きた強い地震により被害を受けたイタリア南部の町、VISSO復興の為にピエールルイジ・ロロ・ピアーナ氏が個人として立ち上げた地域の地産品を販売する施設のオープニングセレモニーに彼自身が参加しました。投資家や起業家たちとともに2.5MIL EURO /3億3750万を集め現地の地産物を継続して販売するための施設を作りました。そしてロロ・ピアーナ社のSOPRAVISSO はそのひとつです。SOPRAVISSOはVISSO 地域で生息している羊から作られたファブリックです。紡績と織りはロロ・ピアーナ社でされておりMADE IN ITALY BORN IN ITALY の服地です。
Visso-Compagnia-Maestri-Artigiani-6-650x366
オープニングセレモニーでのピエールルイジロロ・ピアーナ氏

ソプラヴィッソ(SOPRAVISSO)
ロロ・ピアーナ社製 born in Italy made in Italy
スペシャルプライス ジャケットオーダー価格 69800円(税込)
11月18日まで期間限定価格(通常価格79800円)
高価な服地なので、大見返しで服地の長さが必要なアンコン仕立てはプラス3000円になります。

全36種掲載のバンチサンプルからお選びいただきます。イタリアから航空便で取り寄せますので通常納期より約一週間程度余分にかかります。

DSC04967
N689001
DSC04969
N689002
DSC04970
N689003
DSC04971
N689004
DSC04972
N689005
DSC04973
N689007
DSC04974
N689008
DSC04975
N689010
DSC04976
N689013
DSC04977
N689014
DSC04978
ガンクラブ上からN689017,N689018、N689019
DSC04980
ヘリンボン N689020 N689021 N689022 N689023
DSC04984
無地上からN689030,N689031,N689032,N689033,N689034