今週はじめ、ロロ・ピアーナの担当者に来店いただき、2019春夏のための一着ずつカットしてある通称着分(カットレングスともいう)を買い付けいたしました。
ロロ・ピアーナの正規輸入元、ロロ・ピアーナジャパンとは25年前から取引が始まりました。(当時の呼称はロロピアナジャパン)そのころは今と違いロロ・ピアーナ社を知る人はほとんどいませんでしたが、ご来店のお客様にロロ・ピアーナ素材の素晴らしさを伝える日が続いて、何年かするとお客様の方からロロ・ピアーナ素材とご指名になりオーダーしていただくことが増えてきました。ずっと当店はロロ・ピアーナというブランドの「威光」を紹介するのではなく、のロロ・ピアーナ社が織り上げる素材の品質説明や意味についてお伝え続けたつもりです。
ロロ・ピアーナ社は優秀な原料が優秀な製品を産むという信念の元、ウールやカシミアの原毛買い付けに特に力を入れている会社です。買い付けた世界最高ランクの原毛を一貫生産し、世界に現地法人を設立し配給しています。現在LVMHグループのメンバーとなり財務内容も充実して世界のトップクラスのテキスタイルメーカーとして君臨しています。
当店におきましても25年間毎年すこしずつロロ・ピアーナ素材のシェアが増えてきた結果、いま日本のテーラーとしてはロロ・ピアーナの買い付け量最大の店のひとつとして評価をうけるようになりました。
今回も2019春夏素材としてスリーシーズンスーツ素材としてタスマニアン150、エレガンツァ。春から夏のジャケットではリネン混のサマータイム、シルク&カシミアのサンセット。コットンウール&シルクのトリロジーのソラーロも買い付けました。super130ウールのホップサック紺ジャケ素材も反で追加いたしました。昨年以上の量を買い付けましたがこれらはすべて2月上旬に入荷いたします。お楽しみにお待ちくださいませ。
DSC05424
まずスーツ用の素材を担当者と選ぶ。
DSC05408
そしてロロ・ピアーナお得意の春夏のジャッカ。
DSC05392
めぼしいジャケットはほとんど買い付ける。
DSC05393
ライトカラーも
DSC05396
ことし初めてリリースの「リネンドリーム」
DSC05399
夏のエレガンス、シルク&カシミアの「サンセット」