ご紹介していますピッティ・イマージネ・ウォモはファッション業界関係者だけのためのイベント。そのため一般入場者は想定していせん。そしてピッティ・イマージネ・ウォモに来場するには、必ず「オシャレをする。」という不文律があります。もちろんバイヤー、出展者だけでなく、撮影などプレス関係者、会場設営担当者、警備など、すべて、きっちりそれなりに自分の服装に気をくばっています。そうじゃないと入れてもらえないということではなく、どうにも居心地が悪いのです。裏返して考えるとオシャレでありさえすればこの場に仲間入りできるというリベラルさはあるかもしれません。
夏、6月に行われるピッティ・イマージネ・ウォモではジャケット&パンツスタイルが一番メジャー。「クラシック」をリスペクトしつつ、涼しさ、快適さも確保し、そして自分なりのスタイルも演出できるとしたらそれはジャケット&パンツスタイルなのでしょう。
今回ピッティ・イマージネ・ウォモ会場内で見かけたジャケット&パンツスタイルです。着こなしのご参考にしてみてください。

DSC08669
なんだろ、問答無用のかっこよさ。
DSC08616
ブラウン無地ジャケットよく見ました。
DSC07867
おしゃれ者達の休息
DSC08696
ボタニカルを着こなす。
DSC07903
イエロージェケットに差し色レッド。
DSC07907
ピンクが決め手のカップル。
DSC07919
白パンツは基本、何色のジャケットにも合うオールマイティ。
DSC07920
サックスのシャツでバランスをとっています。
DSC07938
胸はだけてますねえ。意識的ですね。
DSC07946
おそろの二人
DSC07949
ジャケットにハーフパンツ、軽快です。
DSC07951
ウィンドペンの淡色ジャケットをネイビーパンツで
DSC07968
トレンド色、ブラウンのサファリです。
DSC07970
この方も白パン、ベージュのダブルジャケット
DSC07973
デニムにベージュジャケットでもここまで端正になります。
DSC07975
美しいサンドベージュダブルジャケットに白パンツ
DSC07980
くー、これは流行らないで欲しい、袖なしジャケット。
DSC07983
お二人ともパンツはノーベルト仕様
DSC07985
ダブルジャケットの模範的着こなし
DSC07989
ジャケットの色を靴と合わせて
DSC08035
ネイビーソリッドタイならコーデがまとまる。
DSC08050
イケメンを狙うカメラマン
DSC08089
ダブルにデニムの人は?
DSC08092
グレー系ジャケットコーデ
DSC08141
スリムパンツでフォーエバー・ヤング。
DSC08480
迫力あります。
DSC08563
袖丈あわせるとスッキリします。
DSC08580
デニムジャケット
DSC08593
ショート丈ネイビージャケットとボーダーシャツ
DSC08595
ダークカラーシャツもコーデに使えます。
DSC08596
カフスを出す確信犯。
DSC08597
グリーンダブルジャケット
DSC08601
お、ジロさん?
DSC08604
白デニムジャケットをタイドアップでちゃんと着る。
DSC08608
チェックダブルジャケはちょっと味付け濃いめ。
DSC08618
プリントシャツと白ジャケのコーデは達人と見た。
DSC08671
こんなボールドなストライプジャケもわるくない。
DSC08718
リネンのウィンドペン。各人各様のヘアスタイル。
DSC08739
奇をてらわないおしゃれ。聖なる方にも似て。
DSC08749
御幸マエストロ軍団も負けていません。
DSC08773
ブラウンのジャケットは今年の色かも。
DSC08776
巻物二人。左はリネンサファリ。
DSC08778
熟練のカラシ色サファリ。
DSC08780
プリントシャツがキモでしょう。
DSC08781
シャツの丈とジャケット丈を合わせていますね。
DSC08785
ノーベルトのルーズなパンツがコーデの鍵。
DSC08791
プリントタイのお二人
DSC08797
こんな定番コーデからはじめてみては?
DSC08800
チーフを入れただけでもピッティピーポー
DSC08801
グリーンのコーデュロイジャケット
DSC08802
ホワイトリネン、サファリの夏。
DSC08808
当店推奨ロンドンストライプシャツです。