洋服屋、街を生きる。オーダーサロンタナカ店主blog

名古屋、錦3丁目のオーダースーツ、オーダージャケット、オーダーシャツのお店の店主です。名古屋のまんなかに生まれ、ずっとここで生活し六十年。オーダーメイドのこと、街の暮らしのなかで感じたことをつづっていきます。

スーツ、ジャケットの着こなし

「ポケットチーフ議員連盟」を応援しています。(2018/6/7}

今朝ネットで見つけたちょっと微笑ましい記事をひとつ。我が国の党派を超えた国会議員の有志が「ポケットチーフ議員連盟」を作ったそう。スーツを着るのが仕事の国会議員さんなれば、クールビズのこの時期でもべつに業界のためなど大上段に構えずにどうか日本国民の代表としてオシャレになってほしい。このブログではローコストでオシャレ度アップの効果の高いポケットチーフ差しをなんどもお話してきました。ポケットチーフ一枚を胸にあしらえば人はきっとおしゃれになれますとも。きっと。

タイはございません。

ポケットチーフで魅力アップ=超党派議連が普及後押し

IMG_7658
わたしはといえば洋服屋としてチーフをしない日はございません。

ひとさし指でディンプルをきれいに(2016/6/2)

いまはクールビズのシーズンでネクタイ姿を見ることは少なくなりました。ただスーツ、ジャケットがすきなオシャレな方はこの時期ニットタイをこと方も多いようです。ニットタイはジャケットと異なるふわりとした表面感があるためオシャレに味付けをするのにいいアイテム。ただその柔らかさと巾の細さからディンプルを作るのがやや難しいかもしれません。ネクタイにきれいなディンプルを作るには人によっていろいろなコツがあると思いますが今日は私が日常やっているその中の一つをお教えしましょう。

ニットタイなのでシンプルに一番基本のプレーンノット(フォアインハンド)にします。人差し指を使うのが最大のコツ。シルクのタイで薄い素材ならダブルにしましょう。俵(タワラ)のような美しい結び目が目標です。このやり方をマスターすればシルクなど他のネクタイにも当然応用がききます。

IMG_7455
1.始めます。プレーンノットです。
IMG_7473
2.ぐるっと一回巻き。ネクタイの小剣はだいたい仕上りの寸法くらいに垂らしておきます。
IMG_7484
3.巻いて上から入れるときに
IMG_7491
4.このように人差し指をよこに差し入れます。
IMG_7646
5.ここで大剣の真ん中に深くディンプル(窪み)をつけます。
IMG_7542
6.大剣を引っ張りながらじわじわと(ここ大事!)結び目を締めていきます。こうすればとれにくい結び目になります。
IMG_7581
5.仕上げで鏡を見ながら形を整えれば深くキレイなディンプルができます。ニットタイは一番ディンプルがつきにくいのでこれをマスターすればシルクのネクタイは簡単にできるようになるはずです。
IMG_7630
こんな着こなしとなりました。

夏、ネイビー系/ロイヤルブルー系ジャケットはいかが?(2018/5/20)

在庫状況(2018/5/20)
夏の紺ジャケット素材、ロロピアーナツイスター、ホップサックネイビー無地はおかげさまで今年も完売いたしました。

夏にはネイビー系/ロイヤルブルー系のジャケットのオーダーがおおくなります。清潔感のあるさわやかな色合いとコーディネートしやすさ、ビジネスとカジュアルどちらも使える汎用性が高いのが人気の秘密。ロロピアーナツイスターは完売となりましたが、当店にはまだまだネイビー系/ロイヤルブルー系ジャケット素材のバリエーションはございます。スペシャルプライスに設定いたしましたのでこの機会にご利用くださいませ。画像の横には合いそうな天然ボタン&メタルボタンを添えておきました。

P1250855
エルメネジルド・ゼニア クールエフェクト ロイヤルブルー無地
平織り イタリア製
スペシャルプライス オーダージャケット価格53000円(税込)
P1250865
タリア・デルフィーノネイビーブルー無地
スーパー130ホップサック イタリア製
スペシャルプライス オーダージャケット価格 53000円(税込)
P1250858
トラバルド・トーニャ ウール100%ストレッチ ESTRATO
ネイビーブルー無地 イタリア製
スペシャルプライス オーダージャケット価格53000円(税込)

フォーマルウェア準備は楽し(2018/4/14)

明日4/15は甥の結婚式・披露宴。お客さまには申し訳ないのですがオーダーサロンタナカを臨時休業いたします。ただひさしぶりの華燭の典はちょっとわくわく。どんなフォーマルウェアを着るかじっくり愉しんで決めました。
IMG_7078
まずスーツ。午前の式ならばジャケットが黒でパンツは縞コールパンツのディレクターズスーツとも考えましたがまわりの人は略礼服で自分だけディレクターズスーツではコスプレ的かもと考え、多くの人が略礼服として着る黒のスーツを選びました。フォーマルは目立てばいいのではなく周りの人と同じものを着るというのが基本。ユニフォームにも近い考え方です。スリーシーズンのブラックフォーマルはロロピアーナタスマニアン150で持っているので、持っていない夏のブラックフォーマルをカノニコ120平織りで10cmのピークラペル、ワンボタン、ノーベントのシングルで誂えました。
IMG_7072
そしてドーメル社「luxuary natural fibers」コレクションから選んだウールシルクのグレージャガードでジレを誂えました。ボタンは黒蝶貝。
IMG_7069
ネクタイはステファノビジのブラック&シルバー、裏地のないスフォデラートでシルクをたっぷりつかったセッテピエゲ。
IMG_7070

IMG_7071

腕時計、ふだんは丈夫で気を使わないスポーツウォッチをしていますが明日はフォーマル専用にしている過去機械式しか作ったことのない時計メーカー「ブランパン」のウルトラスリムに。シンプルな2針でプラチナケースです。
IMG_7067
ドレスシャツはロイヤルカリビアンの120双綿ツイル。ウイングカラー、ボタンの隠れるフライフロントで華やかな雰囲気を出してみました。ウイングカラーは蝶ネクタイだけでなく普通のネクタイにもできるのです。
IMG_7074
ポケットチーフは何年か前、伊勢丹新宿店で見つけたシルク100%のホップサック素材の白。ふくらみ感がありお気に入りです。いつもパフドでふわりと胸ポケットに入れているので今回改めてアイロンをぴしっとかけました。
IMG_7079
靴はチャーチの誇るストレートチップ「コンスル」。世界有数の靴クリームメーカー、コロンブスさんご自慢「ブーツブラック」の黒と東急ハンズオリジナルの「SHUE POLISH」でハイシャインを施しました。靴下はハリソンのスーピマコットン黒です。

横浜のハンカチーフをポケットチーフに(2018/4/7)

オシャレが好きだから街を歩いてオシャレに使えるアイテムはないかなと探す習性が若い頃からありました。これはラペルのためのピンバッチによさそうとかこの小物なにかに使えないかなとか考えるのは楽しい時間です。

横浜、赤煉瓦倉庫、ランドマークタワーで「横濱伝統スカーフ」のショップを持ちスカーフ/ハンカチーフメーカー「MARKA」(マルカ)さんでポケットチーフに使えるファインなコットン100%のハンカチーフを見つけました。フチに色をあしらい、港町横浜らしいワンポイント「錨」「カモメ」「競馬」「ナポリタン」をあしらっています。ポケットチーフはスーツ、ジャケットの着こなしにとても重要なマストアイテムであることはこのブログでよく書きます。こんな小粋なハンカチを胸にあしらうのも季節のオシャレの楽しみかも。

横浜「MARKA」ハンカチーフ  4種とも 一枚1700円(税込)

P1250599
ふわりと胸ポケットに入れても
P1250594
こんな感じに胸ポケットに挿しても。

P1250559

ネイビーでふちどり刺繍は港町横浜らしくカモメ。
P1250564
ネイビーでふちどり、刺繍は横浜港のシンボル、いかり。
P1250577
レッドで縁取り、刺繍は競馬。江戸時代末期、横浜の外国人居留地で行われたのが日本の競馬の発祥だそうです。
P1250586
レッドで縁取り、スパゲッティナポリタンの刺繍。ナポリタンスパゲッティは横浜「ホテルニューグランド」で進駐軍に出したのが始まりだそうです。
プロフィール

ordersalon

記事検索
月別アーカイブ