洋服屋、街を生きる。オーダーサロンタナカ店主blog

名古屋、錦3丁目のオーダースーツ、オーダージャケット、オーダーシャツのお店の店主です。名古屋のまんなかに生まれ、ずっとここで生活し六十年。オーダーメイドのこと、街の暮らしのなかで感じたことをつづっていきます。

おでかけ 国内

記憶の中の風景(2019/5/17)

この水木のお休みは気のおけない友二人との熊本旅行。ありがたいことに2日とも晴れ。初夏の心地いい風を受けながら熊本の雄大なゴルフ場でプレーを楽しめた。そのゴルフ場からは阿蘇の外輪山が望める。それでどうしても行きたくなり阿蘇山までドライブ。3人共、同じ高校の修学旅行で来ただけでその後は訪れたことがなく43年ぶり。途中の山には崩れた跡があり2016年の熊本地震は激しかったことを物語る。ワインディングロードをすすむ車窓から見える美しい緑の雄大な山の景色に心躍る。しばらく走るとみどりのかわいい小さな山が見え目的地である草千里に着いたと思ったらここは草千里ではなく「米塚」というそうで小さいながら火山のひとつ。この緑の小さい山の印象がこころに深く残っている。43年も前で阿蘇山の火山口を見たような気もするしそうで無い気もするしすべては記憶のかなたである。阿蘇の山々は熊本地震で崩れているところもあるがこれもすべて地球の大きな自然の動きの一環とも言える。大自然の営みにくらべ人の命はあまりに短い。
IMG_0936
噴煙をあげる阿蘇中岳そして草千里 噴火警戒レベル2です。
IMG_0969
草千里に馬一匹
IMG_0967
草千里 山と水辺
IMG_0957
昨年廃止になったロープウェイが悲哀を誘う。
IMG_0972
阿蘇の湧水、白川水源
IMG_0933
熊本グランドチャンピオンゴルフクラブ
IMG_0913
熊本といえば馬刺し 五郎八
IMG_0912
烏賊活造り 五郎八

お休みでこころを健康に。(2019/2/14)

正月以来、ピッティウォモから帰ってきたあとは、休みの日もお店のシャッターを閉めながら、春素材オーダーの準備と静かなときしか集中できない仕事などをしていました。だからこの水木は久しぶりの自分にとってのお休み。
昨日はHさんがメンバーの守山区の緑が丘カントリークラブに弟と行きました。2019年はじめてのラウンドです。
インの一番からパー、パー、バーディとなんだか夢のようなスタート。おお今年はボギーを打たないのかと思ったらそれからはいつもの私に戻り上がったスコアは凡庸な93でした。ともあれぽかぽか暖かい日に名古屋市内が遠くに見える丘の上での今年最初のラウンドができて最高にハッピー。
IMG_0203
緑が丘カントリークラブから名古屋市内が眺めます。
以前から母に韮崎の大村美術館に連れて行ってくれと言われていたので今日は8時に名古屋をでて韮崎に向いました。韮崎、ここは八ヶ岳と茅ヶ岳、南アルプス、そして富士山が眺める素晴らしい地です。ここにたたずむだけでも幸せになる場所。私は大村美術館には行ったことがあるので、母を大村美術館に置いて、近くの武田八幡宮、そしてマルスワイナリーに行きました。マルスワイナリーさんはもともと韮崎の穂坂で収穫された葡萄でワインを作っていた縁で昨年、韮崎市から招聘を受けここにワイナリーを作ったそうです。穂坂の高台に昨年新しく出来たモダンなショップと清潔なワイナリーでした。韮崎の穂坂でとれた葡萄で出来たワインを何本か買ってみましたがどんな味がするんでしょう、楽しみです。その後、ボサノヴァシンガーのバーブさんのFacebookで知った、現代の日本三大名湯と称される旭温泉に行きました。エメラルドグリーンのお湯に入ると泡が全身をつつみます。温泉の温度も熱くないためじっくり長く入れていい感じ。妻も母も大喜びでした。その後、白州の道の駅に立ち寄りそして帰ってきました。いい空気を吸って、山の姿を眺めて心が健康な状態にもどった気がします。明日からまた仕事がんばります。
IMG_0215
韮崎の国道を走ると雲に霞んだ富士の勇姿が。

IMG_0216
武田八幡宮の鳥居
IMG_7089
武田八幡宮本殿
IMG_4209
山が望める丘に立つマルスワイナリー

IMG_7641
女性ソムリエに解説していただきました。マルスワイナリー
IMG_6945
買った中の一本はこれ。エチケットに本数が記載されています。どんな味がするんでしょう。
IMG_1537
大村美術館前のおそばやさんの天麩羅そばは豪華でした。
IMG_9148
旭温泉の泉質はさすがでした。
IMG_5298
こんな景色が普通に見えるのが韮崎のいちばんのごちそうです。

やさしい先輩に会いに神戸。(2018/12/26)

二日前のブログに書きました取引先のAさんがなくなったことにとてもこたえています。iphoneの「よく使う項目」の一番上にある人でした。亡くなると思っていませんでしたからお見舞いも一回しかいけませんでした。そして退院してくると思っていましたので病院でもあまりお話できませんでした。まぶたを閉じるとAさんの姿が浮かび、残念な気持ちをずっと反芻しています。

今日の水曜休みは誰かに会いたくなって、新幹線に乗り、神戸小林洋服店の店主ご夫婦に会いに行きました。洋服屋としての先輩であり、ご夫婦ともにステキなセンスの持ち主。旅も一緒にしたこともあります。ヨーロッパの旅のヒントやステキなお店「中国酒家」「ビゴの店」を教えていただきました。小林さんの飄々とした生き方にホント癒やされた年末の一日でした。

オーダーサロンタナカは明日から12月29日(土)の午後7時までずっと営業いたします。お客様のご来店を心からお待ち申し上げております。

IMG_9311
小林洋服店店内で。
IMG_9315
中国酒家 昼の前菜
IMG_9317
中国酒家 しめの麺
IMG_9323
生田神社にはもう来年の干支が。
IMG_9331
教えていただきましたパン屋さんフィリップ・ビゴさんのお店。

小さな旅、長浜(2018/12/20)

月に二度、第二第三木曜日はお休みをいただいております。したがってその週は連休で、仕事を忘れホッとする48時間。昨日の水曜は弟とゴルフ、今日は昼からドライブに出かけました。季節はもう冬景色の中でどこへ行こうか迷いましたが優しいお昼ご飯が食べたくなり、琵琶湖のほとりの小京都、長浜に。何度も行ったところですがクルマで一時間たらずでいける好きな街です。名古屋とあまり離れていませんが文化圏が違い新鮮な感じ。お目当ての鯖そうめんをいただいて腹ごなしの散歩。

IMG_9257
好き。鯖そうめん
IMG_9265
長浜旧市街
観光資源も充実して、古い町並みや神社仏閣がのこるこの街いつもは人気の観光地でお客さんも多いですが、今日は人も少なくリラックスした時間が流れていました。以前行ったことのある石窯パンの店に立ち寄り、クルミパンを買いました。ワインに合わせて楽しめそうです。
IMG_9259
薪でパンを焼く店、いしがまIMG_9260
ここで買ったクルミパン

帰り道には地元のスーパー、フタバヤに立ち寄り夕食のおかずを探しました。でっかいイオンもありましたが、全国均質の品揃えでは面白くもなんともありません。その地元のスーパーにはおせちを手作りするための材料が豊富に並んでいました。湖の国の食文化の豊かさに触れた気がしました。

ついに丸山ダム(2018/11/14)

40年以上前当店の前身は田中羅紗店と言ってテーラーさんに紳士服地を卸す従業員さんが15人ほど働く問屋だった。秋の行楽の季節には福利厚生の一環で社員旅行があり、当時は父母も店で働いていたので小学生低学年の子どもを残していくわけにも行かずそういう社員旅行に子供がついていくことも多かった。あるとき鬼岩公園でバーベキューその後は丸山ダムまで歩くという企画があった。大人について子供の私が歩いていくのだが何時間歩いても到着しない。そのうち日が暮れてきてもう丸山ダムにいくのはやめようということになった。足の疲労と見たかったダムが見られなかったこころの重さをいまでも忘れることはできない。今グーグルで調べると鬼岩公園と丸山ダムは山道10キロ以上の道のりで2時間半以上かかり計画自体どだい無理だったと思える。

今日友人のモリカワと八百津町のむらさき野カントリークラブにゴルフに行くことになり、その道すがら丸山ダムの看板を見てその残念な気持ちが蘇ってきた。ゴルフをプレーしたあとどうしても丸山ダムに行ってみたくなり、遠回りになるが丸山ダムに行くことに。クルマは細い山道を登ったり下ったりして到着した眼の前には岩の上に立つ暗いコンクリート造りの威容がひろがった。丸山ダムは98mの高さを誇る重力式コンクリートダムで戦後すぐ作りはじめ昭和31年に完成。戦後の巨大ダム建設のさきがけであり完成当時はまだ佐久間ダム、黒部ダムが出来ていなかったため国内最大級を誇った。じつはこの巨大建造物を還暦にならんとするわたしがはじめて目にしても感動したが、わたしが小学生だった昭和40年頃できて日の浅い丸山ダムを見たらそれはそれは大きな衝撃を受けたことは想像に難くない。将来20年後にはさらに24.5m高い巨大な新丸山ダムを約50m下流に建設して丸山ダムは使命を終える予定だそうだ。ダム萌え。

IMG_9121
ついに丸山ダムに着く。
IMG_9118
丸山ダムは硬い岩盤の上に建つ。
IMG_9116
岩もなんだか凄い
IMG_9115
ここから水がほとばしり出る圧巻の図も見てみたい気が。
IMG_9120
ダムの下流は蘇水峡
IMG_9112
ダムの上面
IMG_9111
ダム湖
プロフィール

ordersalon

記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ