洋服屋、街を生きる。オーダーサロンタナカ店主blog

名古屋、錦3丁目のオーダースーツ、オーダージャケット、オーダーシャツのお店の店主です。名古屋のまんなかに生まれ、ずっとここで生活し六十年。オーダーメイドのこと、街の暮らしのなかで感じたことをつづっていきます。

2013春素材コレクション

ロロピアーナタスマニアン150`s黒無地が再入荷いたしました。(3/30)

2月の初めにイタリアから入荷してすぐスペシャルプライスとしてご紹介したロロピアーナ社タスマニアン150`sが3月の半ばに反で仕入れた4種類すべて完売しました。ただそれ以降もこの素材でオーダーを希望されるお客様が多いため、ブラック無地を、もういちどロロピアーナ社にオーダーをかけてこのたび再入荷いたしました。スーパー150`sの細番手羊毛100%で98番手の糸を引き1mあたり250gの綾織りで織り上げた美しいエレガントなツヤをもつ素材です。10マンススーツとも言われ秋冬春と長いシーズン快適に着用できるフォーマル&ビジネスに最適な素材です。きちんと「Loro Piana Tasmanian 150`s」とウーベンセルビッチといわれる織り耳が入り、テーラーマーケット用のグリーンの織りマークが付属するロロピアーナの日本国内法人から入荷した正規商品です。

前回同様スペシャルプライス オーダースーツ価格75000円(税込)でオーダーいただけます。15着の数量限定です。(バンチサンプルからオーダーいただくと98000円の素材です。)

P1090153

一反単位で入荷したイタリア製ロロピアーナ タスマニアン150`s ブラック無地

P1090159

オーダーマーケット用のグリーンタグと織り耳の付いた正規素材です。

春はロールアップパンツでおでかけ。(3/19)

今朝、散歩がてら柳橋市場に行った。いつもはシモちゃんと土曜日のゴルフ朝練の後に行くが今日は春の食材を探しに一人出かけた。やはり冬の魚種とはちがってきて春の雰囲気で市場が満ちていた。買ったのはだんだん春になって旨味が増してきたアサリと本マグロ。アサリは味噌汁、ボンゴレスパゲッティ、酒蒸し、八宝菜と考えたが今回はボンゴレにすることする。ボンゴレならまぐろもカルパッチョ。ボンゴレに限って言えばイタリア・ローマでボンゴレを喰うよりここ日本の方がアサリは清浄で旨味が強く旨いことはまちがいない。ローマだとなぜかアサリがドブ臭いのだ。ことに春の三河湾のアサリは旨さひとしお。ダイエットをしてからパスタはあまり量をたべなくなったがパスタはバリラのスパゲッティーニ。今日は娘が出かけて不在でおとなだけなので鷹の爪をたっぷり入れる。本マグロは薄く切って塩こしょうと細かく刻んだニンニクで数分マリネしたあとパッションフルーツでつくったヴィネガーと軽くあえる。春の食卓でワインはチリのシャルドネ。

ひとつ新しい試みを紹介します。コットンで裏と表の色の差がある素材を見つけたのでパンツを仕立ててみた。素材はコットン65%クールマックス35%、裏と表の色の差があるためパンツのスソはまつらずロールアップにしてみた。このシーズンに登場した股上が浅めのローライズのパタンをつかってときれいなラインのカジュアルパンツになった。

コットン65%クールマックス35% オーダーパンツ価格16800円(税込)

P1040333

ブルーのほうを着てあしたはひとりでゴルフにでかけます。

タスマニアン150で仕立てたスプリングコートが完成(3/12)

先日来おしらせしたスプリングコートが仕立て上がってきました。やはりロロピアーナタスマニアン150で仕立てただけあってツヤが本当に美しくエレガント、そしてとても着心地が軽い。色もナチュラル無地ならスーツでもカジュアルでも合わせやすい。ノッチラペルのチェスターで腰は斜めハコポケットで軽やかさを出しました。天気のいい日に出かけるのが楽しみな春のコートになりました。お花見なんかにはぴったりのおしゃれです。タスマニアン150`sのナチュラル無地は人気があって数に限りがあります。ご興味がある方はお早めにご来店いただき現物のコートをお確かめください。

ロロピアーナ社 タスマニアン150`s  スプリングコート仕立て上がり75000円(税込)

P1040025 

まだ桜の時期に間に合います。スプリングコート(2/27)

桜の時期には会社の異動、学校の卒業式、入学式、そして楽しいお花見があり、出かける機会も多くなります。そんな時期カシミアのオーバーではなくベージュやグレーなど薄い色のスプリングコートを着て歩くとなんだか楽しくなります。スプリングコートは春と秋の比較的短い期間しか使えないのでもったいない気がしますがやはり一枚あるととてもお洒落な気分になってぼくはスプリングコートが大好きです。
ことしはロロピアーナ社のタスマニアン150`sの新色ナチュラル無地が入荷したので、私もスプリングコートを誂えてみました。選んだデザインはノッチラペル、フロントはフライフロントではなくボタンがぶち抜きで見えるチェスターフィールドでコート丈87cm、脇ポケットはフラップではなくステンカラーコートに使う斜め箱にして軽快な雰囲気を出してみました。3月中頃にはできる予定です。芯とパットは極力少なくして軽くしましたので250g/1mのタスマニアン150`sならさらに軽やかに春の風にたなびくスプリングコートになるはずで、仕立て上がったらまたこのブログでご披露いたします。
現在店頭には春のスーツ素材が豊富に入っていてその素材を使ってスプリングコートを仕立てるならスーツと同じ価格でオーダーいただけます。たとえばこのタスマニアン150`sならスペシャルプライスなのでオーダーコート75000円(税込)でできるというわけです。納期はスーツと同じ20日間です。今回わたしはチェスターフィールドであつらえましたがスプリングコートならステンカラーコートを選ぶ方が多いようです。
今オーダーいただきましたらまだこの春の桜の開花には間に合います。

P1030537

ロロピアーナ社タスマニアン150`s ナチュラル無地

P1030930

8、9年前だったか長島のアウトレットにロロピアーナの店が開店した日にご祝儀のつもりで奮発したポリエステル素材のスプリングコート。愛用していたが、今年のタスマニアン150の新色ナチュラル無地を見ていたら上質なスプリングコートが欲しくなった。

「ローライズパンツ」本日よりオーダー開始(2/26)

2月10日のブログでお知らせしていましたローライズモデルのパンツのオーダーを本日から開始します。スリムな細身パンツはきちんと採寸する必要があるため、出来上がりサンプル(ゲージ)を各サイズ用意しました。さきの土曜日に完成して数人のお客様にモニターとしてご着用をお願いしましたが、やはり通常モデルと比べるとすっきりしてて美しいラインだとご評価いただきました。股上が約1.5cm浅くなり渡りからヒザのラインのカーブと腰のラインを浅い股上にあわせて新たに設計した、という微妙なチューニングですが間違いなくスリムに見える効果はあります。

いままで通常のスマートパンツでも股上を浅く指定することもできましたがやはり日本最高のモデリスト柴山登光氏がローライズ専用に設計したものとはラインのスッキリさでかなり違っています。私自身も試着してみましたが浅くなっても履きにくさはまったくなくむしろ動きやすい。

やはりピッティウォモでもパンツはどんどんスリムになっています。その流れに当店が対応すべく開発したパンツです。ちいさなイノベーションですがスーツスタイルにとってパンツはジャケットの美しさをささえるものですし、夏になりクールビズがはじまるとさらにパンツの重要度は増します。わたしはクラシックスタイルを標榜するテーラーなのでスーツにカジュアルの世界で人気のあるカムフラージュ(迷彩)、スカル(どくろ)などのモチーフを加えるなどの「安易な流行」には乗っかりたくありませんが美しいラインを求める努力は惜しみなく続けて行きたいと思っています。
この春夏はジャケットスタイルにあわせてパンツの種類ウール、コットンと多く揃えます。 スーツのオーダー、そしてパンツのオーダーの際、このローライズパンツを選択肢の一つに加えてみてください。
P1030922

ローライズパンツ48のゲージサンプルを着用の店主。48で想定のヒップサイズよりお尻がやや大きいがお尻からヒザのラインがすっきりしていることが分る。

P1030926

比較画像。従来のスマートパンツ48のゲージサンプルを履いた店主。

いままでより平均1.5cm股上を浅くしました。イタリア製パンツのように後ろ身むかってカーブがついています。渡りの部分にはテーラーの技術である「くせとり」を一本、一本、手で施しています。

P1030891

後ろ身はウェストにパンツが沿うようにV字に切り込みをいれて、ループは一本のフラシループとなっています。内側にはお腹をスッキリ見せるパンチェリーナ効果のある2つボタンです。

P1030892

フロントにはバックルループを標準装備しています。

プロフィール

ordersalon

記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ