洋服屋、街を生きる。オーダーサロンタナカ店主blog

名古屋、錦3丁目のオーダースーツ、オーダージャケット、オーダーシャツのお店の店主です。名古屋のまんなかに生まれてずっとここ錦3丁目でくらしているオールドシティボーイです。オーダーメイドのこと、街の暮らしのなかで感じたことをつづっていきます。

2017春夏コレクション

オーダーシャツ素材でワンピースはいかが?(5/26)

コットン100%オーダーシャツの素材で女性のワンピースがオーダーいただけます。ベーシックの価格はレディースオーダーシャツの代金プラス12000円(税別)となります。素材を選び、カラー(衿)のフォルムを12種類から選び、そしてワンピース丈。袖丈、ウエストの位置等がお選びいただけます。サッシュベルトが付属します。
DSC03449
オーダーシャツ地で仕立てたワンピースを始めました。
DSC03461
ワンピースにはサッシュベルトが付きます。
DSC03462
このカンクリーニのシャツ素材で仕立てました。こちらはレディースシャツは20000円(税別)でワンピース追加が12000円(税別)税込みで34560円となります。

春の素材のためのフィレンツェのキュプラ裏地入荷。(1/30)

昼間歩くと冬の寒さがぬるみ、春の気配を感じます。春物はいつ入荷するのですかというお客さまからのお問い合わせが多くなってきました。2月に入り節分を過ぎた2月10日頃、当店にもイタリア・英国から春の素材が入ってくる予定です。春素材が入る正確な日にちはまたこのブログ・ウェブでお知らせいたします。

さきごろのフレンツェ出張の際、フィレンツェ中心街トルナブオーニ通近くの裏地専門店「MARIK」で買い付けた裏地が到着しました。芸術家を庇護した街フレンツェの歴史を感じるキュプラ100%裏地ばかりです。春のスーツ、ジャケットにこんなキュプラ100%裏地をあしらうとぐっとエレガントになることまちがいありません。無地は4000円(税込)、ペイズリー・ストライプは6000円(税込)でおつけいたします。(当店のオーダーメイドはマリック裏地を選ばなくても追加料金無しでキュプラ100%裏地となります。)

なぜキュプラなのでしょう?
イタリア製の衣料品はパルプから作られるビスコースレーヨンを使うことが多いのですが、綿花を採取した後の綿実の表面に密生している2~6mmのコットンリンターを原料として銅アンモニア法によって製造されるキュプラはビスコースレーヨンより繊維が細く、レーヨン同様にシルクに似た光沢があります。また、しなやかで肌触りも良く、吸湿性、静電気が発生しにくい事から裏地だけでなく肌着にも使用されています。湿気を帯びると弱くなるビスコースレーヨンよりも湿潤状態でも強度の低下が少なく、寸法安定に優れています。つまりビスコースより高級な素材がキュプラなのです。ちなみにキュプラはベンベルグの名前で日本の旭化成で作られています。
安物のスーツに使われるポリエステル裏地は吸湿性が無く、熱がこもって暑いうえ、静電気を帯びてまとわりつくため、ポリエステル裏地のついた衣服は着心地が悪いのです。オーダーサロンタナカのジャケット、スーツには決して使われることはありません。すべてキュプラ100%裏地をおつけいたします。

P1200420
ゴールドミニペイズリー
P1200416
レジメンタル
P1200418
パープルマルチストライプ
P1200429
ソラーロ
P1200434
ラベンダーペイズリー
P1200440
ローズペイズリー
P1200444
ワインレッドペイズリー
P1200451
シルバーグレーペイズリー
DSC00882
無地裏地
DSC00887
マリック店主アンドレア・アルファーノさんと 

ロロ・ピアーナ、カットコレクション買い付けしました。 (12/3)

ロロ・ピアーナ、次の春夏のカットコレクション買い付けしました。 
昨日ロロ・ピアーナ社のスタッフが来店して次の春夏の一着づつカットしてあるコレクションを買い付けました。服地は織り上げられて通常50m〜75m単位のロールとなります。それをスーツ、ジャケットを作る分をカットして通常テーラーに販売されます。お客さまがバンチをみて発注すると、倉庫コスト、輸送コスト、販売コストに加え在庫コストが価格に反映されて倍以上の価格となります。数百メートルシーズンの前に買い付けると素晴らしい素材がお求めやすく買い付けられるのです。オーダーサロンタナカではずっとこのやりかたをつづけています。今年のロロ・ピアーナはエレガントなジャケット素材がそろっています。そんなプレミアムな素材を納得できる価格で販売できるよう頭をしぼって選びました。買い付けが完了したのは夜でした。2月の10日頃に入荷の予定です。お楽しみにお待ちくださいませ。

DSC00150
今年の春はどんな春になるんでしょう?
DSC00169
リネン混のスーツ
DSC00151

DSC00150


DSC00161
 すべてのジャケットをならべてみました。

ロロ・ピアーナリファレンスサンプル届きました。(11/16)

オーダースーツ素材は1反単位(50m〜75m)、通常は4反程度まとめて生産、出荷基地に置かれテーラーからのオーダーをまちます。1m単位の発注ができますが、生産コストに加え倉庫費用、在庫コスト、発送コストが掛かりじっさいの生産コストの数倍のプライスとなってはねかえってきます。当店では合理的な価格を実現するため、その年のトレンドに沿ったいい柄、いい品質の素材が見つかると反で買い付けいたします。ロロ・ピアーナは当店でも最も人気のある素材なので次の春夏に向けて8反買い付けの契約をいたしました。この素材は発注から5ヶ月かけて織り上げ、当店に届くのは2月の初旬から中頃となります。買い付けた分がまちがいなく届くまでリファレンスサンプルというのがメーカーから発行されます。本日ロロ・ピアーナ社からリファレンスサンプルが届きました。もし次の春夏にむけてオーダーをお考えの方、当店でお尋ねいただけばご覧いただけます。

P1200310
ロロ・ピアーナ タスマニアン150`s ネイビーブルーストライプ
P1200320
ロロ・ピアーナ タスマニアン150`s ネイビーブルー無地
P1200316
ロロ・ピアーナ タスマニアン150`s ブラック無地
P1200261
ロロ・ピアーナ ムービング 春夏のスーツ、パンツ (wool,silk&lycra) 
P1200272
ロロ・ピアーナ トリロジー(cotton wool&silk) ソラーロ
P1200278
ロロ・ピアーナ トラベルブロ春夏のジャケット、セットアップスーツに
P1200279
ロロ・ピアーナ トラベルプロ 春夏の紺ジャケ、セットアップスーツに
livedoor プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ