洋服屋、街を生きる。オーダーサロンタナカ店主blog

名古屋、錦3丁目のオーダースーツ、オーダージャケット、オーダーシャツのお店の店主です。名古屋のまんなかに生まれ、ずっとここで生活し六十年。オーダーメイドのこと、街の暮らしのなかで感じたことをつづっていきます。

2019夏コレクション

ストレッチスーツ素材トレーニョ3Dウール(2019/5/21)

5月に入るとクールビズ。スーツラヴァーのみなさまは陽光強くなる季節でもスーツをお楽しみになります。ただ夏のスーツは秋冬スーツに比べ薄いため、耐久性もやや劣り、ともすればパンツが破れることもあります。
そんなお悩みをすこしでも解消するためメーカーは様々な素材をリリースしています。その中の一つイタリア・トレーニョ社で織った「3Dウール」をご紹介いたしましょう。ウール98%にポリウレタン2%を入れてしっかりストレッチ性能を出し、身体の動きに沿うスーツとなります。最近のトレンドの表面にメランジェ感、カスリ感のある素材もコレクションに加わっています。トレーニョ 3Dウールバンチサンプルでお選びいただいてもスペシャルプライス65000円(税込)でオーダーいただけます。2パンツスーツも25000円(税込)追加で可能です。

トレーニョ 3Dウール イタリア製 
1.平織りウール98%ポリウレタン2%270g 2.平織りウール99%ポリウレタン1%250g
スペシャルプライス オーダースーツ価格65000円(税込)

3Dウールのネーミングの由来は、ストレッチ性表面の立体感でしょう。メーカーが言っているのはDYNAMIC(動的)DAILY(日常使い)DIFFERENT(他との違い)ということのようです。
1209
1209 表面に凹凸があるのでサクッとした手触りです。
1207
1207
1208
1208
DSC08329
バイアス方向にかなり伸縮性があります。
DSC08316
バンチサンプル 表面に凹凸感のある無地&柄14種
ウール98%ポリウレタン2%270g
DSC08317
バンチサンプル カスリのようなグログラン織り11種
ウール99%ポリウレタン1%250g
DSC08320
バンチサンプル ニット5色。パンツにもいいかも。ウール99%ポリウレタン1%270g
DSC08323
このシャークスキン3色のみ綾織、ウール99%ポリウレタン1%270g
この3色のみオーダースーツ価格69000円(税込)

ショーウインドウは店の顔(2019/5/19)

入店するとお目当ての品物がない場合をのぞいて買うのが不文律のイタリア人にとってはショーウインドウはベットリーナと言ってとっても大事な存在です。まずガラスの外からじっと品定めして、狙いを定めてお店に入るのがイタリア流。ここは日本、ONLY LOOKINGで全く問題ないオーダーサロンタナカではありますが、ショーウインドウはどんなお店かを外部にお見せする大事なステージでもあります。今日は初夏のショーウインドウに衣替えしました。左にロロ・ピアーナ「リネンツイード」ウィンドペンのジャケット、右はヴィターレ・バルベリス・カノニコ社「ウールリネン」のブラウン無地で仕立てたジャケットで仕立てジャケットをあしらいました。
夏のおしゃれの雰囲気を感じていただければ幸いです。
IMG_0992
夏の帽子パナマハットをあしらって。

ソルビアティのリネンミックスをバンチで選ぶ(2019/4/25)

ロロ・ピアーナ社の子会社、ソルビアティ社は高級リネン素材の世界的トップメーカーです。ソルビアティからリネン、ウール&シルクのコレクション「TIME OFF」のバンチサンプルがとどきました。リネン55%ウール37%シルク8%、250g/mの平織り織物。夏のリネン混紡素材なのでリネン100%よりシワにはなりません。ロロ・ピアーナのサマータイムと比べ、リネンの得意なソルビアティ社製品なのでリネンの比率が多くなっています。ソルビアティ社はテキスタイルデザインが秀逸なロロ・ピアーナ社のDNAを持っています。だからすてきな色そして柄ばかり41種の中からバンチサンプルでお選びいただけます。在庫情報をウェブ経由で確認してから、1週間程度で空輸で当店に届きます。(ゴールデンウイークは除く)
縫製仕様は夏軽やかに着ていただきたいので肩パットがなく裏地、毛芯の極力すくないアンコン仕立てがおすすめです。

ソルビアティ「TIME OFF」
made in ITALY
リネン55%ウール37%シルク8%、250g/m 平織り
オーダージャケット価格 63000円(税込)
オーダースーツ価格 84000円(税込)

DSC08041
チェック、上から2001 12002 12003 12004 12005
DSC08046
ウィンドペン 上から 12006 12007 12008 12009
DSC08050
ストライプ 上から 12010 12011 12012
DSC08048
ストライプ 上から 12013 12014 12015
DSC08063
ダブルウィンドペン 上から 12016 12017 12018 12019
DSC08067
チェック 上から12020 12021 12022 12023
DSC08071
無地 上から12024 12025 12026
DSC08074
無地 上から12027 1202(ネイビー) 12029(黒)
DSC08079
無地上から 12030 12031 12032
DSC08094
無地 上から 12033 12034 12035
DSC08095
無地 上から12036 12037 12038
DSC08101
無地 上から12039 12040 12041

ロロ・ピアーナ、トリロジーのソラーロでジャケットを。(2019/4/23)

ロロ・ピアーナ社は服地の世界にさらなるエレガントを追求するメーカーとして有名です。単にいいコットンでは満足せず、ウールとシルクをミックスして柔らかさとつやを与えた素材が「トリロジー」。65%コットン29%ウール6%シルク 230g/mの綾織です。三部作を意味するこの夏のコットン系素材、「トリロジー」の美しいソラーロを当店はまとめて買い付けてスペシャルプライスに設定いたしました。

ロロ・ピアーナ トリロジー
MADE IN ITALY
ソラーロ(裏がレンガ色)
スペシャルプライス オーダージャケット価格 65000
(税込)

ロロ・ピアーナ、トリロジージャケットのお仕立ては毛芯、パット、裏地など構造材を極力少なくした「アンコン」がおすすめです。ちなみにこちらの色は一昨年スペシャルプライスで公開したものと同じです。
DSC08036
トリロジー ソラーロ(裏がレンガ色)
DSC08024
一昨年、自分用にジャケット仕立てました。

チクチクしない夏のモヘアスーツ(2019/4/15)

モヘアはトルコや南アフリカで育てられたアンゴラ山羊のヘアー(ウール以外の獣毛をヘアーといいます。)でウールと異なり直線性があるため、ドライなタッチで夏に向いていると言われています。だから日本のテーラーの間では夏のスーツの定番といえばモヘアウールでした。ただ店主は一般グレードのモヘアのスーツ素材は硬いチクチク感がありどうしても好きになれずお客様にあまりおすすめしていなかったことは事実。でもチクチクしていない手触りのモヘアウール素材があるとマエストロ西村からおしえてもらいました。この素材は御幸毛織製品で、ウール100%のタテ糸を使い、ヨコ糸には80%ウール20%キッドモヘア。通気性のいい平織り素材で1mあたり240g、トータル90%ウール、10%モヘアとなります。軽いストレッチ性もあり、ツヤもあり、モヘアのメリットのさらりとした味わいは夏のビジネススーツとしておすすめできます。お仕立ては立体感のある本バスフル毛芯を使用した背抜き仕立てがおすすめです。

御幸毛織 キッドモヘアブレンドストレッチ 日本製
90%ウール、10%モヘア 240g/m
スペシャルプライス オーダースーツ価格 68000円(税込)
DSC07981
ネイビー無地
DSC07971
チャコールグレー無地
DSC07990
合計14種のコレクションがあります。バンチサンプルの中から同価格でオーダーいただけます。
プロフィール

ordersalon

記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ