この間からお話しています

娘が関わっている基金活動

続きです。



目標は10人のチームで

ほんの1ヶ月足らずで$1500!

近所を廻ったり家族や知人に

「寄付お願いしまーす」 で到達するには

なかなかハードルが高い。



そこで閃いたのが

「ビジネスから広告費を集め

チラシを作って配る」


flyers



だって、どうせ近所を足で廻るなら

「寄付お願いしまーす」ってやるより

チラシ1枚置いてくるだけのほうが

簡単ですよね。



個人宅訪問の寄付のお願いは

終わるまで報酬が未確定だけど、

「チラシを配る」 のにお金がもらえるなら

報酬は労働の前に確定です。



それに、ビジネスをやっていれば

ある程度の広告費は当然の出費。



同じお金を出すなら

地元の子供たちをサポートできて

しかもダイレクトマーケティングができる

出資者側にもお得なプランです。



個人に 「お金ください~」 とやって

一件につき10ドル20ドルもらうより、

ビジネスに 「働きますよ~」 とやって

一回で100ドル200ドルもらうほうが

お金を集める効率もいいでしょう。



このように双方ハッピー

Win-Winのアイデアではないですか!



この作戦、勝算はまずここの土地柄。

もともとが地元サポート意識の強い地域、

子供たちの活動には概ね好意的です。



見返りがなくても、

ただお金を寄付してくれるひとは

けっこうおられるのです。



しかし、やはり何らかのリターンがあれば

お金をもっと払ってもいいとか

払ってよかったという満足感が生まれます。



そして、この広告作戦が上手く行けば

次回はもっと広告主が見つかるでしょう。

基金活動も、さらに成功します。



何と言っても中高生が主体となってやりますから

子供相手に大人も好意的になりますし、

それをきっかけに

多くの小さな地元ビジネスが知名度を上げられる。



全体として地域は活性化し、

子供たちにとっても

クリエイティブにお金を作るよい体験となります。



長期的な展望を持って、今始めることが大切。



で、わたしがこの案を出したとき

一番のサポーターになってくれたのが

うちの旦那でした。



そして、ここからがスゴイ。

長くなりますので、詳細は次回







↓ 参加してます!

にほんブログ村

↓ こちらも挑戦中!

にほんブログ村