ブログネタ
集まれ!中古パーツ・ジャンクパーツ達 に参加中!
こんにちは、623です。

触ってはみたものの・・・中途半端な感じになってしまったモノも、多かったりします。ですので今回は・・・日記、もしくは、チラシの裏的に書いてみたいと思います。

まずは・・・このお方から!
005
この子には、本当に申し訳ない事をしちゃいました。だって詳しくはコチラを、なんて事をやっちゃいましたからΣ('◇'*)エェッ!?。だがしかしっ!、不思議な事にCPUソケット内部にまで、水が浸透しないという、何ともなミラクル技を見せていただけました。なので、簡単に通電チェックをしてみましたよっ!。・・・果たして奇跡の生還を遂げたのでありましょうか。
もう一度確認をしておきますと
006
007
008
あれだけのシャボンランチャーを受けつつも、錆が一切見られないという、驚きの事実!。まぁ・・・肉眼で確認できないだけで、細かな目でチェックしてみますと、何かしらの変化は見られるかと思いますが。

簡易的に各パーツをセット!。そして、いざっ!
009
う~ん、セレロンちゃんのヒートスプレッダは、冷たいままでございます(´・ω・`)。画像には映ってはおりませぬが、もちろんメモリーを挿した状態でも、チェックはしております。根本的に何かが・・・。

お次は、VersaPro VY10M/BW-Xさん。623さんの経験不足から、何をすれば良いのやら・・・。だがしかしっ!、ありがたいアドバイスを頂戴いたしまして、幾つかの案を実行してみましたよっ!
001
まずは「内蔵メモリーの不都合から、別途メモリーを挿せば良いのでは?」作戦でございます
002
これで通電→画面が表示されればよかったのでありますが、やはり無反応でございます。まだだ、まだ終わらんよっ!。お次は、「ACアダプターを一晩繋いでおこう!」作戦でございます
003
運が良ければ、矢印部分にランプが灯るはずでありますが・・・
004
う~ん、こちらも無反応でありますか。内部的にショートしている可能性が高い気がしますね。ショート部分を探し当てましても、他にもトラブルを抱えているのかもしれませんしね。パーツ取り用であれば、これでも無問題でございますが、購入の際には最低限度としまして、電源位は入る固体は欲しいところですね。

お次は、出資者Cさまのお土産品、USBメモリー軍団さん
052
上からUSB3メモリーとturboUSBメモリー。一番下のUSB2メモリーは、623さんが長年愛用しているものですが
053
比較用としましての、ご登場でございます。

今更ではございますが
054
USB3用はコネクタが青なのですよね。

CrystalDiskMarkを使っての、ベンチテストを行ってみましたよっ!
USB2 8GB
これは623さんのUSB2メモリーの数値。ん!、以前から遅い遅いと感じてはおりましたが、こんなにも(゚ロ゚;)エェッ!?。酷使しているからでしょうか、ある程度の劣化が進んでいるのかもしれませんね。

そして今回のUSBメモリー軍団さん
1
これは、USB3ハブ接続でのベンチマークテストでございます。さすがに、USB3本来の性能が発揮されましたのか、上記USB2メモリーの三倍程の速度が、出ている項目が確認できますね。これって、まるで赤い彗星なのかも。・・・ん、否っ!、この場合は青い巨星かも(゚∇゚ ;)エッ!?。Turboメモリーを一気に引き離しています!。

お次はそのまま、USB2ハブで接続での計測
2
Turboメモリーは、それほど変化もありませぬが、USB3メモリーは数値がガクンと下がっております。やはりUSB3対応品には、USB3接続してあげないと、宝の持ち腐れって事ですね(´・ω・`)。

比較対象としまして、こちらはSamsung SSD 840 Series 250.0GBでございますが
samsun
この数値を見ますと、さすがにSSDの貫禄を感じちゃいますよね。CrystalDiskMarkを走らせてみますと、、SSDは短時間でしたが、USBメモリー軍団は結構な時間を要しました。もう・・・待ちきれずに、お風呂入っちゃってましたから(゚ロ゚;)エェッ!?。

それと定期的に報告しております、SSDの消耗度具合
samsumSSD
「耐久性が~」なんて酷評されますSamsung840シリーズですが、実際に使っていましても、気になる部分は見えてこないですね。

正直なところ・・・「USBメモリーなんて容量が大きければ、それで良いや!」なんて思っておりましたが、速度面ではUSB3対応品が若干有利のようですね。値の張りますメモリーは、それなりの速度も出るようですから、自分の用途に合わせて使いたいものですね。

追記 いやぁ、指摘していただくまで、全く気が付いていませんでした。623さん・・・一生の不覚、万死に値する、穴があったら入りたいetc・・・。ご指摘ありがとうございました!。