ブログネタ
集まれ!中古パーツ・ジャンクパーツ達 に参加中!
こんにちは、623です。

前回にも、怪しい中華製互換バッテリーを紹介しましたが、623さん・・・、まだ隠し持っていたりします(゚∇゚ ;)エッ!?。ギャラクシーSⅡ LTE は、メインとしては使ってはおりませぬが、今回のバッテリーはメインで使っておりまする。うーん、ちゃんと使えるのかなぁ・・・。

もう、ネーミングからして、素晴らしいですよね。マックスのパワーですよ。安易につけられただけなんじゃぁないのかな?とも思えますが
SC-06D (1)
って、4500mAhなんて何気に凄いじゃぁないですか!。これって純正の倍以上の能力でありますよ、ホンマに期待してもよいのだろうか・・・。
凄いですよね、「どーん!」と自信有りげに、こんな事明記できませんよ、普通は
SC-06D (2)
SC-06D (3)
見せてもらおうか!、怪しい互換バッテリーの性能とやらを(゚∇゚ ;)エッ!?。

純正の裏ブタは
SC-06D (4)
このように、623さんクラスのスリムさですが
SC-06D (5)
送られてきた裏ブタは
SC-06D (6)
このようにボテっとしています
SC-06D (7)
純正装着の図
SC-06D (8)
コチラは中華さんの装着図
SC-06D (9)
こればかりはしょうがないですよね。容量を稼ぐために、バッテリーの厚みが増すのですから。

コチラは純正バッテリーさん
SC-06D (10)
今となっては2100mAhは、心もとない感じはしますね
SC-06D (11)
奥が純正さん、手前が互換バッテリー
SC-06D (12)
単純に純正バッテリー二枚を、貼り付けたような見た目ですね
SC-06D (13)
ちなみに左は、SⅡLTE互換バッテリーでございます
SC-06D (15)
どうしても、似たような構造になっちゃうみたいですね。あっ、ヤバいもんが(゚ロ゚;)エェッ!?。

ちなみにこれも、以前に紹介しました怪しい互換バッテリーの奥能さん
SC-06D (14)
購入から丸二年が経過しましたが、去年の時点でかなり劣化しておりました。今では、ドライブの際のナビ使用時に使っています。常時、充電しながらでの用途であれば、何とか使えています。ただ、かなりの熱を発するので、ビクビクしながら楽しいドライブを楽しんでおります。頭が頭痛だっ(゚∇゚ ;)エッ!?。

以前に購入しましたギャラクシーSⅡ用のバッテリー&充電器
SC-06D (16)
喜んで購入したものの、SⅡ LTEとは互換性もなくorz
SC-06D (17)
そこで、何とかして使い道を考えてみましたよっ!
SC-06D (18)
手前のUGAと明記されてあるのが、SⅡ純正さんで奥が奥能さんだったりします。サイズが違いますが、何とかして充電させてみたいのでありますよっ!
SC-06D (19)
この角の出っ張りを削っちゃおう!
SC-06D (21)
ついでに、こちらも。さすればっ!
SC-06D (22)
SC-06D (23)
ちゃんと端子と接触するようになります
SC-06D (24)
こちらの方がわかりやすいですね。

では早速お試しタイムっ!
SC-06D (25)
この状態ではブルーのランプが点灯していますが
SC-06D (26)
赤に変りましたよっ!。すなわち、充電されているって事ですね。正確には少し傾けてやらないと、出っ張りを削った分だけ隙間ができて、端子同士が接触しないのですよね。だから、下にSⅢのカバーを敷いているわけです。

このギャラクシーSⅢの互換バッテリーMAX POWERは、これまで紹介した中華製の品質を考えると、まずまずのレベルであると思われます。ただ、厚みが増した分、より発熱するような気がします。元々ギャラクシーSⅢ(α)は、発熱が顕著に現れます。そこに、この分厚いバッテリーですから、放熱性はかなり劣ってしまう結果となります。それと、裏ブタがのっぺりしていて、正直ホールド性は悪いです。ツルっと落としてしまうレベルだと思います。それでも、バッテリーの性能的には、何とか合格レベルには達していますし、値段を考慮すればベターな選択かと思います。

似たような製品もありますし、同じ製品でもロットによっては、まるで違う結果になる場合もあります。1000円と少しで購入しましたから、自己責任の元に使うのであれば、予備としては有りだと思います。互換電池に共通する弱点としては、劣化が早いのと、自己放電にて完全に空にさせちゃうとアウトって事ですね。これからも、怪しい互換バッテリー道を極めとうございます!。って、一番怪しいのは・・・、623さんかもΣ('◇'*)エェッ!?。