俺が読んだSS

読んでおもしろかったSSを紹介していくブログ……だったんですが最近は自分で書くのがメインになってます

記事の下についている拍手ボタンを押していただけると管理人のやる気が上がって更新頻度も上がる気がするのでよければよろしくお願いします(懇願)

洋榎「大好きのハグやろや」 末原「ええですけど」

U-NEXTに入ったんでリズと青い鳥みたんですよ。

大好きのハグとかリズと青い鳥わかんないって人はググってください。

続きを読む

恭子と洋榎の衣替え

 お疲れ様です。まそです。
 実は昨夜、さいきんツイッターでフォローさせていただいたほろ様の素敵イラストを見て衝動的に末洋を書いてしまったので、せっかくなので公開します。
 すてきな絵ですねぇ……(語彙無し)


続きを読む

末原「私たちの3年間」第15話

 末原先輩が出した蒼い炎は、個人的にはこんな感じの解釈です。


 ※プロローグ  第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話  第7話  第8話  

   第9話  第10話  第11話 第12話 第13話 第14話




続きを読む

末原「私たちの3年間」第14話

  ここから先は本編に沿った内容となります。

  試合展開等は本編そのままですので作品内ではほぼ描写はいたしません。

  それ以外の内容はあくまで私の妄想ですのであしからず……。




 ※プロローグ  第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話  第7話  第8話  

   第9話  第10話  第11話
 第12話 第13話





 これまでのあらすじ。

 姫松高校に入学した末原恭子は1年生の秋頃から頭角を表し、姫松の中心的選手となる。
 しかし、同時期に尊敬する善野監督の入院による退任から彼女の歯車は狂い始め、遂には親友である愛宕洋榎と仲違いを起こしてしまう。
 選手を辞退し、まるで善野監督の代わりとなるかのようにチームの指揮をとる恭子だったが、2年生のインターハイで致命的なミスを犯し、チームを初戦で敗退させてしまう。
 責任を感じ絶望する末原だったが、仲違いしていた愛宕洋榎の言葉により立ち直る。
 愛宕洋榎が主将となったチームで今度こそ全国の頂点を目指すことを誓う恭子。
 時は流れ、季節は再び夏。
 恭子たちの最後の挑戦が始まった。

 

 

 

続きを読む

花田「紫陽花の花言葉」

白水哩さんの卒業後、梅雨の花田さんと鶴田さんのお話です。

続きを読む

由暉子「ヒーローになりたかったライオン」

インターハイへ出発するすこし前くらいのお話ということにしましょう。
ちなみに私は自分でまともにやったFFは9くらいです。

続きを読む

穏乃「憧のすきな人を調査してやる!」 灼「ええ……」

すみません途中の件が書きたかっただけなんです…… 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文