image


プロローグ  第1話  第2話  第3話  第4話  第5話


『牌に愛された子』

 






私だって宮永照を知らなかったわけじゃない。

むしろ今日本の麻雀界でもっとも有名な選手といっても過言ではないだろう。

戒能良子を擁する大生院、藤白七実を擁する千里山。

今大会の優勝候補であるふたりを退けて白糸台を優勝に導いた1年生。

姫松は別ブロックで直接対戦することこそなかったが、後から映像をみるだけでもその強さを感じることは十分できた。

にも関わらず私は軽くみていた。

それはどちらかというと宮永照を侮っていたというわけではない。

洋榎が負けるわけがないと。

洋榎以上の雀士などいてたまるかと。

そんな過信が私の中にあったのだ。

しかし……。


連荘。

連荘。

連荘。


終わらない親番。

積み重なる点棒。


理屈はわからない。
少なくとも私には宮永が特別な打ち方をしているようにはみえなかったが、宮永はやたらと連荘をする。

しかも和了る度に点数が高くなっていくという強烈なおまけ付き。


現在試合は後半戦の南二局。親は宮永。

1位と2位の点差は実に約4万点開いていた。

1位は宮永。

そして2位は洋榎だった。

会場のモニターには時折選手の表情が映し出される。


宮永照はまったく表情を崩さない。

黙々と、淡々と、まるで作業のように和了し続ける。

対する洋榎は、こちらもまた無表情だった。

他の対戦相手は顔を青ざめさせていたり、目に涙を浮かべているものもいる。
にも関わらず洋榎の顔は普段とはうってかわってピクリとも動かなかった。

その顔は放心しているようにも、いまだ諦めず策を練っているかのようにもみえる。


洋榎「チー」


洋榎「ポン」


立て続けに洋榎が鳴いた。


洋榎「ツモ」


末原「よしっ……」

安手。だが、これでひとまず宮永の連荘は止まった。

しかも次は洋榎のラス親。攻めに転じるならばここしかない。



末原(……!?)

末原(洋榎の配牌はメンタンピン一盃口ドラ4……倍満の二向聴!?)

末原(宮永に直撃で逆転! ツモ上がりでも一気に差が縮まる!)


ここにきてこの絶好すぎる配牌。

対する宮永は五向聴。



いつだったか読んだ本で当時のトッププロのひとりがこんなことを言っていたのを私は思い出した。


『強い雀士は牌に愛されている』


聞いた当初は馬鹿馬鹿しいと笑ったが、今ならばそれも信じられる。

牌はまだ洋榎を見捨ててはいない。

洋榎は牌に愛されている。

洋榎は負けない。

洋榎は勝つ。




洋榎がツモる。

有効牌ではない。ツモ切り。

宮永がツモる。

有効牌だ。四向聴。



洋榎がツモる。

有効牌だ。これで一向聴。

宮永がツモる。

またも有効牌。三向聴。



もどかしい。

だが幸いなことに宮永が鳴けるような牌が他家から河に出る様子はない。

まだ洋榎が有利なことに変わりはない。




洋榎がツモる。

違うこの牌じゃない。

宮永がツモる。

有効牌。二向聴。



末原(……くそっ!)

思わず私は悪態をついた。



洋榎がツモる。

これも違う。依然一向聴。

宮永がツモる。

……一向聴。



末原(嘘やろ……)

私は背筋が寒くなるのを感じた。

有効牌を立て続けに引けるときなんて誰にでもある。

だがよりによってこんなときに……。



末原(た、たのむ……!)

私は両手を合わせて祈った。



洋榎がツモる。

私の願いが通じたのか。洋榎は有効牌をひいた。

洋榎「リーチ!」

間髪入れずにリーチをかける洋榎。



宮永がツモる。

テンパイ……。

宮永は五向聴からムダヅモ一切なしでテンパイまで持ってきた。

宮永の捨て牌も洋榎の当たり牌ではなかった。


しかし、次に洋榎が和了ってしまえば関係ない。

点数を縮めて連荘すればまだチャンスはある。



末原「ひけ、 洋榎! 勝て! 勝つんや!」


私は柄にもなく叫んでしまっていた。

洋榎はこんなところで負けない。

負けてほしくない。

願いにも似た想いを吐き出した。


 末原「負けるんやない! 洋榎!」



洋榎が手を伸ばす。

末原「……っ」

当たり牌ではない。


しかも。

しかもそれは……。



照「ロン」



小さな声。

だが私には、その悪魔の囁きにも似た声が会場のスピーカー越しでもはっきりと聞こえた。



照「2000」



安手。

しかし、洋榎にとどめをさすには十分な和了りだった。






ラス親を流された洋榎はその後満足な反撃の機会もなく、試合が終了した。


末原「…………っ!」

由子「恭子? どこいくのよー!?」


試合が終わり、呆けていた私は走りだした。

なぜだかはわからない。

だが一刻も早く洋榎に傍にいかなければならない。そんな気がした。



末原「……洋榎!」

私が試合会場の入り口にたどり着いたとき、ちょうど洋榎がでてきた。

洋榎「恭子……?」

洋榎の表情は試合中と同じく無表情だった。悲しんでいるようにも悔しんでいるようにもみえない。

洋榎「どないしたんや、そんなにあわてて」

末原「い、いや……その……」

あわてて駆けつけたはいいものの、大敗を喫したばかりの洋榎になんと言葉をかけていいかわからなかった。


洋榎「……ん?」

もだもだしている私をみてなにかに気がついたのか、不意に洋榎が顔を近づけてきた。

洋榎「恭子……泣いとるんか?」

末原「え……?」

言われて自分の顔に手を当てる。

濡れている。

確かにこれは私の涙だ。

洋榎「はは、どないしたんや。なに泣いとんねん」

そこでようやく表情を崩した洋榎はハンカチを取り出して私の涙を拭いた。

よかった。ちゃんと笑う。いつもの洋榎だ。

末原「いや……なんでやろ」

なぜだろうか、自分でも気づかないうちに泣いてしまっていたらしい。

洋榎「ははは、やっぱ恭子はおもろいなー」

笑いながら私の顔をゴシゴシとこする洋榎。

末原「な、なにがやねん……! こらっやめ……あ……」


そこで私は洋榎の後ろから人が出てくるのに気づいた。

洋榎も私のその視線に気づいて振り返る。

そこにはいた。

先程まで卓を蹂躙していた、赤い悪魔が。


照「……」


宮永照は私たちに気づくと立ち止まり、じっと私たちを見据えてくる。


洋榎「おう宮永。今日はおおきにな。また打とうや」


意外にも洋榎は気さくに宮永に声をかけた。


照「うん」


宮永も表情こそ動かないが素直にこくりと頷いた。
それにしても本当に無表情だ。
出てきた時の洋榎も無表情だったが、宮永はそれ以上に凍りついたようなような顔をしている。

洋榎を見つめていた宮永は、今度は視線を私と私の顔を拭いていた洋榎のハンカチに交互に移し、言った。


照「なかよしだね」


え?


洋榎「せやろ」


いや、なにがやねん。

洋榎がニヤッと笑うと、宮永も少しだけ笑い返したようにみえた。私の気のせいかもしれないが。


照「また」

そう短くつげて宮永は背を向けて行ってしまった。



末原「なあ、洋榎……」

宮永の後ろ姿を見送りながら、私は洋榎に言った。

洋榎「んー?」

末原「世の中強いやつはいっぱいおるんやな……」

洋榎「せやな」

末原「うちな……正直、洋榎より強いやつなんておらん思ってた」

洋榎「……そうか」

末原「でも洋榎よりも強いやつはおった……」

洋榎「……そやな」



洋榎「……でもな」

末原「え?」

洋榎「このまま負けっぱなしにするつもりはないで」

末原「洋榎……」

洋榎「恭子もやで」

末原「うちも?」

洋榎「そや。恭子もこれから試合に出るんやからな」

末原「……」

洋榎「うちらが、姫松がてっぺんに立つにはあいつらは避けて通れん。うちらが倒すべき相手や」

末原「倒すべき相手……」


私は今日の対局を思い出していた。

洋榎のラス親、宮永は五向聴からムダヅモ一切なしで和了った。

特別驚くことでもないかもしれない。長く麻雀をしてればそういうこともあるだろう。

しかし私には、まるで牌自身が宮永を勝たせようとしたように見えた。

私は先程、洋榎は「牌に愛されている」と感じた。

しかし牌は最後には洋榎ではなく宮永を選んだ。

本当に「牌に愛されていた」のは洋榎ではなく宮永のほうだった。


宮永のような人間が、全国にはまだいるんだろうか。

私がこれから試合に出るようになれば、彼女のような相手と戦わなければならないときがくるのか。

そのとき私になにができるだろうか。

私に立ち向かえるだろうか。


教えを請うように私は傍の洋榎をみる。

洋榎はまだ宮永をみていた。

その眼はどこか嬉しそうだった。

これから自分が目指すべき場所をみつけたとばかりの迷いのない眼。

その眼は私や由子と一緒にいるときにはみせない眼だった。

洋榎にそんな眼でみつめられる宮永に、私は少し嫉妬した。



第7話