image

遊ぶんだ! 和と!の数日後くらいです。
穏はともかくまさか憧が帰ってきてくれるとは
玄ちゃんも思ってなかったんじゃないかなって話



憧「やっほー」ガラ

玄「あ、いらっしゃい憧ちゃん」

憧「あれ? 玄だけ?」

玄「うん。しずちゃん、先生に呼ばれたから遅れてくるって」

憧「あ、そなの」

玄「うん」

憧「……」

玄「……」

憧(……そういえば麻雀部復活させてから玄とふたりきりになるのって初めて……)

憧(玄とは仲良かったけど、阿太中に行ってから疎遠になってたし、ちょっと気まずいかも……)

玄「憧ちゃん」

憧「ひゃい!? な、なに?」

玄「憧ちゃん、すっごくおとなっぽくなったね」

憧「え、そ、そう?」

玄「うん。びっくりしちゃった」

憧「あはは、ありがと。玄はあんま変わってないね」

玄「そうかな?」

憧「うん。昔のまんまって感じ」

玄「そっかなあ〜」エヘヘ

憧「……」

憧「……ほんと、時間が止まってたみたい」

玄「……? 憧ちゃん?」

憧「ふふ、ごめん。玄があんまり昔のまんまだから」

玄「……」

憧「玄は、あたしたちがこの部室に来なくなってからもずっと掃除して待ってたの……?」

玄「うん」

憧「……寂しくなかった?」

玄「寂しかったけど、私がいつも通りなら、誰かがまた来てくれるかもって思って」

憧「そっか……」

玄「でも、ホントはちょっぴり憧ちゃんだけは戻ってきてくれないんじゃないかな思ってた」

憧「 な、なんで?」

玄「ちょっと前にね」

憧「え?」

玄「ここに桜子ちゃんたちが来たことがあるんだ」

憧「そうなの?」

玄「うん」

玄「そのあと、和ちゃんのところにいって、しずちゃんのとこにもいったけどいなくて、そのあと憧ちゃんのとこにもいったんだよ」

憧「え? でも……」

玄「うん。憧ちゃん、お友達と楽しそうにしてたから、出ていきづらくて」

憧「あー……そうなんだ」

玄「憧ちゃんは昔から自分のやりたいことをしっかり考えてて、ちゃんとその夢にまっすぐ向かっていってたから、私たちのところには戻ってこれないんじゃないかって」

憧「……」

玄「だから」

憧「……?」

玄「だから憧ちゃんが帰ってきてくれて、またみんなではしゃごうって言ってくれて、私ホントにうれしいんだぁ」ニコ

憧「……」ドキ

玄「憧ちゃんは、まだしずちゃんのことが好きなの?」

憧「え!? な、なんで?」

玄「だって、憧ちゃんは穏乃ちゃんのために戻ってきたんでしょう?」

憧「……」

憧「ま、あいつは私がついてないとなんにもできないからね」

憧「晩成にいくのもいいけど、またここでみんなでやるのも楽しいかなって思ってさ」

玄「ふふ、そうだね」

憧「玄の笑顔も見られるしね……」

玄「え?」

憧「なんでもなーい」


穏「すみませーん! 遅くなりましたー!」バーン

玄「あ、しずちゃん」

憧「もう、遅いわよ」

穏「あ、憧ももう来てたんだ!」

憧「とっくにね」

穏「ふたりでなんの話してたの?」

憧「穏は相変わらず考えなしだよねって話」

穏「えー! なんだよそれー!」プンスコ

憧「さ、そんなことより。今日は玄がみつけた4人目の部員のとこにいくんでしょ?」

穏「え! そうなの?」

玄「そうなのです! 今から会いにいっちゃいましょう!」

ウワー!タノシミダナー!

デモソノヒトドコニイルノ?

ソレハヒミツナノデス!

……