image

お疲れ様です。まそです。

いきなりけったいなタイトルですみません。 
 
今回ワタクシことまそは、あの末原恭子さんが男の子にホの字という情報を入手し、内心タイトルのような想いを胸にSSを読みにいった次第であります。
というわけで読んできたのがこちら↓

 愛縁航路 

TTP先生の長編ですね。

TTPさんといえばC91で文庫化されたSummer/Shrine/Sweetsひとりぼっちの山姫はで、京太郎くんを主人公にした作品で有名ですが、今回も京太郎くんが主人公です。
そしてなんとメインヒロインが末原恭子さんです。マジかよ。


内容としては京太郎くんを中心とした、一言でいえばラブコメなんですが……それにしても京太郎くんがモテまくります。
いやもう、ToL〇VEるもいちご1〇0%もびっくりなモテっぷりです。
次から次へと現れるヒロインたちが片っ端から京ちゃんにゾッコンになります。
すげえよ京ちゃん……。

それでもキャラがないがしろにされるようなことは決してないので安心してください。


そんなハーレム状態でもストーリーはいたって真面目に進行していきます。
末原恭子部長率いる大学麻雀部で次々と巻き起こるイベント。

そして迫りくる謎の人物「麻雀仮面

いやあ~いったい誰なんでしょうね。
その正体はぜひともご自身の目で確かめてください。


そして極めつけはクライマックス。

走れ京ちゃん。
セリヌンティウ末原が待ってるぞ。


正直こういう展開は好きです。
こういったキャラクターを一度にいっぱい使う展開でも、チープにならず最後まで安定して盛り上がっていくのはやっぱりすごいと思いました。

 
本編の最後のページにはおらんだ先生による挿絵が載せられています。
作品の雰囲気にぴったりあった挿絵になっており、ひとりひとりの顔を見ていくと思わず涙腺が緩んでしまいますね。


数あるTTPさんの作品の中でも本作は特に小さくまとまらない勢いが感じられる作品だったのではないでしょうか。
正直言うと読む前は末原さんが京太郎くんと恋愛するのは若干抵抗を感じていたのですが、それを乗り越えて読んでよかった作品だと感じました。