image

爽くんと末原さんがSkypeするだけのお話です。





末原「……」カリカリ……

PC<ピヨ

末原「……! あ、また獅子原からスカイプや……」




sawaya: やっほ

kyoko: なんか用か

sawaya: 用がないと連絡しちゃダメなの?

kyoko: んなこたあらへんけど

sawaya: だったらいいじゃん

kyoko: ほかにやることないんか

sawaya: 末原さんと話すこと以上に大事なことなんてないよ(キリッ

kyoko: あそ。悪いけどうちは明日までの課題あるから失礼するで

sawaya: ちょまてよ




末原「ふう……ん?」カチカチ


ブルルルル、ビッポン……ビッポン……(Skypeの着信)


末原「うっざ……」カチ


プワイン


末原『なんや』(通話)

爽『かまってよー』

末原『忙しいんやて』

爽『いいじゃん』

末原『いくないわ』

爽『課題くらい末原さんなら朝までには終わるって』

末原『なんでお前のために徹夜せなアカンねんアホか』

爽『マジで困ってるんだって』

末原『うちも困っとるわ、お前に絡まれて』

爽『今日チカと喧嘩しちゃってさー』

末原『話進めんなや。また悪いことして叱られたんか』

爽『いやちがうくて。今日は叱られたんじゃなくて喧嘩』

末原『似たようなもんやろ』

爽『ちがうって。今回こそはチカも悪いんだって』

末原『も、ってことはやっぱりお前も悪いんやん』

爽『いやそーなんだけどさー。今回ばかりはさー』

末原『なにがあったんや』

爽『成香にコスプレさせてたら成香が泣いた。そこにチカがやってきた』

末原『やっぱりお前が悪いやんけ』

爽『えー、だってさー』

末原『どうしてそうなった』

爽『今日ユキが休みでさー。しゃーないから成香にユキ用の衣装でコスプレさせたわけよ』

末原『嫌がらんかったんか?』

爽『イヤよイヤよも好きのうちって言うじゃん?』

末原『やっぱりお前が100%悪いわ』

爽『えー、だってさー』

末原『だってやあらへんやろ。岩館はおらんかったんか?』

爽『揺杏も今日は休みだった』

末原『やろうな。本内相手なら岩館がおったらとめるやろし』

爽『末原さんうちの部の人間関係に詳しすぎでしょ』

末原『聞いてもないのにお前がいつも聞かせとるんやろが』

爽『えー、そうだっけ?』

末原『にしても本内泣かすとか、ないわー』

爽『末原さんホント成香みたいなの好きだよねー』

末原『いやべつに好きやないけど』

爽『ああいう大人しくて素直そうな娘がタイプなんでしょ?』

末原『いやいやいやいや』

爽『清澄の宮永さんとかー。永水の神代さんとかー。保護したいんでしょ?』

末原『いやいやいやいやいやいや』

爽『ほんとムッツリだよねー、末原さん』

末原『なんでそうなんねん』

爽『愛宕の洋榎ちゃんというものがありながらねー』

末原『なんでや洋榎関係ないやろ』

爽『由子ちゃんもいるのにねー』

末原『ゆーこも関係あらへんて』

爽『……まだ善野さんのこと好きなの?』

末原『その話はやめろ』


末原『獅子原こそどうなんや』

爽『どうって?』

末原『いい加減、桧森か岩館か真屋か、選んでやらんとアカンのやないか』

爽『んー、どうかなー』

末原『どうかなーやあらへんやろ。実際気の毒やであのへん』

爽『でもみんないい娘だしねー』

末原『そう思うんやったら尚更はよなんとかせいや』

爽『ふむむ』

末原『ぶっちゃけ誰が好きなんや?』

爽『うーん……それはね』

末原『それは?』

爽『……絹ちゃん、かな』

末原『……は?』

爽『末原さんとこの絹ちゃんと付き合いたい』

末原『なんでやねん』

爽『突き合いたい』

末原『おいこら』

爽『だってホントいい娘じゃない? 絹ちゃん』

末原『そらまあ……』

爽『性格良くてかわいいし脚長いしおもち大きいし。まさに完璧』

末原『まあな』

爽『あー、絹ちゃんと付き合いてー』

末原『……』

爽『姫松に転校しよっかなー』

末原『そんなん言うたら真屋とかだってええ娘やないか』

爽『そう?』

末原『そうやで。見た目かわいいしおもち大きいし背は高くないけど先輩想いのええ娘やないか』

爽『ほほー』

末原『なんや?』

爽『末原さんはうちのユキに興味がおアリですか』

末原『いや、そういうわけやあらへんけど』

爽『今度ダブルデートとかやっちゃう?』

末原『へ?』

爽『ユキ連れて大阪いくからさー、そっちは絹ちゃん連れてきて。どう?』

末原『ええー』

爽『いいじゃん。ユキとふたりっきりにさせたげるよ?』

末原『い、いや』

爽『ユキのおもちはやわらかいぞー』

末原『……』

爽『……想像した?』

末原『……してへん』

爽『うひひ』

末原『冗談もほどほどにしとき』

爽『へーい』


爽『ところで末原さん』

末原『なんや』

爽『けっこう話しちゃったけど、課題はだいじょうぶ?』

末原『え……あ、しもた!』

爽『はっはー! んじゃ、私はもう寝るけど頑張ってねー』

末原『こ、こらまてや!』


プイン(切断)


末原『くっそー! 今夜はホンマに徹夜や……』


ピヨ


末原『ん?』




sawaya: そうそう

kyoko: なんや

sawaya: さっきのダブルデートの件、私と末原さんがペアになるってのもアリだよ?

kyoko: ないわ! 誰が得んすんねん!

sawaya: にゃはは。おやすみー

kyoko: くたばれ。おやすみ