Screenshot_20171108-223130

お疲れ様です。まそです。


例の企画、六人目となります。

今回はさきみっくすそのに! などに参戦されていた四季さんの作品です。
さきみっくす勢の続々参戦いいゾ~。








よかったと思うところ。


・本編とリンクさせる内容
・丁寧な描写からくる臨場感



私が二次創作を読むうえでのツボ(好きな要素)っていうのは多々あるんですけど、その中のひとつが「本編の過去や未来を想像して描く」っていうことなんですね。
この作品はもろにそれに当てはまってるので個人的にはすごくお気に入りです。

夏休みウダウダしながらとりあえず高校野球(このSSの中では麻雀ですが)中継を観る。
所持金や時間表としくはく格闘しながら上京し目的地に着いた時には疲労困憊。(東京ややこしすぎ)
誰もが体験したことあるようなシーンが丁寧に描写されていて、過去の自分と重ね合わせて思わず苦笑いしてしまうほどの臨場感でよかったと思います。




ちょっと気になったところ

・絡みが少し物足りないか
・こーこちゃんがちょっと大人しすぎたかも


前半の東京に行くまでの描写が丁寧で楽しかった分、すこやんに出会ってからの展開が少しだけあっさりとしていた印象を受けました。
将来のこーこちゃんって結構すこやんにフランクで失礼なこともグイグイ言ってますよね?
もちろんふたりとも初対面ですし憧れた人にいきなりそんな失礼な態度はとれないと思いますが、例えばすこやんがちょっとポンコツなところを見せてしまい、こーこちゃんが思わずそれをからかうような将来のふくすこのやりとりを連想させるようなシーンがあったりするとより本編との繋がりが感じられますし、こーこちゃんがすこやんの人間性を身近に感じられて一緒にお仕事がしたいという気持ちにもより説得力を出すことができたんじゃないかなと感じました。