1437372432906

お疲れ様です。まそです。

例の企画、七人目でーす。ラッキーセブンですね。


今回は即興二次等で活躍中のよくと氏さんの作品です。
咲-saki-即興二次勢はレベルが高いので楽しみですね。





サプライズバレンタイン 




よかったと思うところ

・余計なことを考える末原先輩が末原先輩ぽい
・咲さんがちょっと妖艶で魅力的。


バレンタインにサプライズプレゼントを企画する。
あえて節分に会うことによってバレンタインに会わないようにする。
等々、いちいち格好をつけてしょうもない考えを巡らすところが末原先輩ぽくておもしろかったです。
最終的には咲さんにあっさりバレてるところもいいですね。
この咲さんは常に末原先輩の考えはお見通しな感じで、大人っぽいというか人間的に色気があって素敵だと思いました。
この末原先輩が童貞くさいのでいいコンビですよね。こんな感じのふたりの話をまた読みたいですね。




ちょっと気になったところ

・宮守女子は宮城ではなく岩手です。
・口調がちょっと気になる。
・キャラをもうちょっと活かして。



胡桃ちゃんのいる宮守女子高校は宮城ではなく岩手です。

末原先輩の口調がたまに標準語になるのが少し気になりました。
二次創作ですので絶対間違っているとは言い切れないですし、関西人が常に~やな、~やろ、みたいな口調でしゃべっているわけではないことは私も理解してますが、読んでいてちょっと違和感があったので出来れば避けたほうがいいかもしれません。
あと咲さんの口調が前半敬語、後半タメ口気味なのもちょっと気になりました。
もちろん咲さんだって敬語で話したいときもあればタメ口ききたい時もあるでしょう。
しかし絶対とはいいませんがある程度統一させたほうが読者も読みやすいのではないかと感じました。

わざわざ遠いところやってきてまで登場した春、胡桃ちゃん、姉帯さん、霞さんの四人がほとんどセリフなくただ出てきただけで出番終了なのが不憫です。
せっかく登場させるのでしたら、出てくる意味や活躍の場をもう少し与えてあげてはいかがでしょうか。