image


前回

前々回

前々々回



爽「獅子原爽と~?」

 

末原「末原恭子のー」

 

末爽「ハラハラジオー」


 

 

爽「はい! というわけで始まりました! ハラハラジオ末原さん誕生日回!」

 

末原「……なあ獅子原。このラジオ、うちと清水谷がパーソナリティの回とかないんかな?」

 

爽「いきなりなに!? 開幕から私が相棒じゃイヤみたいなこと言うのやめてくんない!?」

 

末原「だってやで? こないだ鶴田とうちがパーソナリティやったやん? やったらうちと清水谷の回があってもええやろ?」

 

爽「まあそう……かな? でも清水谷さん怜-toki-の撮影で忙しいみたいだしさ」

 

末原「撮影てなんやねん。あれ小学校時代の話やろ。どうやって撮ってんねん」

 

爽「細かいこと気にしちゃダメだよ。はい、というわけで! 今日もハラハラジオ、スタートです!」

 

 

モーイッポフーミダセルーワターシマッテタヨー

ゼッタイユーズレーナーイコノトキヲマーッテタヨー♪……

 

 

末原「……なあ、獅子原」

 

爽「今度はなにさ」

 

末原「清水谷の話して思い出したんやけど……今日うちの誕生日やん?」

 

爽「そうだね?」

 

末原「鶴田と清水谷は来とらんの?」

 

爽「……

 

末原「おい、なんとか言えや」

 

爽「えー……鶴田さんも清水谷さんも今日は忙しくて来られないそうで……

 

末原「う、うそやろ……。獅子原の誕生日には駆けつけたのにうちの誕生日には来てくれへんのか……?」

 

爽「ホントにゴメンて言ってたよ……ふたりとも」

 

末原「あ! そうや! こないだみたくサプライズで後からケーキ持って登場するとか!?」

 

爽「……期待させると悪いから先に言っておくけど、ふたりともホントに来てません」

 

末原「……

 

爽「……

 

末原「帰る」ガタッ

 

爽「ちょちょちょちょちょまってまって! 末原さん待って!」ガタガタ

 

末原「ええんや……どうせうちなんか鶴田と清水谷からしたら友達やなかったんや……」ボロボロ

 

爽「やめてー! 悲しくなること言うのやめて! たまたま! たまたま来られなかっただけだから!」

 

末原「ええんやええんや……うちの誕生日なんかどうせ獅子原にお情けで祝われるしかないんや……」メソメソ

 

爽「そんなことないっつのに! ……ん? ああ!? 末原さん朗報だよ!」

 

末原「なんや……?」グスッ

 

爽「末原さんの誕生日を祝うために急遽ゲストが来てくれたって!」

 

末原「ほ、ホンマか!? いったい誰や!?」

 

爽「ではご登場いただきましょう! 本日のゲストは千里山のー……

 

末原「清水谷!? やっぱり来てくれたんやな!」

 

爽「園城寺怜さんでーす!」パチパチパチー

 

怜「いやー、どうもどうも」ズイズイ

 

末原「……
 

爽「あ、あれ? 末原さんどうしたの? ほら、美少女だよ美少女。うれしくないの?」

末原「いや、うれしいんやけど……なして園城寺がわざわざ……?」

怜「なんやー、末原さん水臭いやないか。末原さんの誕生日やで? 私がこんわけにはいかんやろー」ムフー

末原「うちらそんな仲良しな描写あったっけ……?」
 

爽「まあまあいいじゃないの細かいことは。ほら、せっかく園城寺さんも来たことだし、今日は末原さんの誕生日ということでー」

怜「月刊ビッグガンガンで絶賛連載中の怜-toki-の話でもしよかー」

末原「なんでや! うち関係ないやないかい! 怪しいと思ったらやっぱり宣伝に来ただけやなんやな!?」

怜「なに言うてんねん? 今怜-toki-は中学時代の洋榎ちゃんが活躍しとるんやで? 末原さんも無関係ではないやろー?」

末原「え……そ、そうかな……?」

怜「それに知っとるんやで? 末原さんロリ竜華がたいそうお気に入りらしいやないか? 怜-toki-を本編以上に穴が空くほど読んどるんやろ?」

末原「うぐっ……

爽「ちなみに私も読んでます」

怜「最近ではロリ泉もすきなんやろ? 『泉は成長するにつれ袖といっしょにかわいさも失ったんやな……』とか呟いとったらしいやないか」

末原「誰から聞いたんやそないなこと!?」

怜「爽ちゃんから」

末原「おい!」

爽「ごめーん」

怜「まあそんなわけでやな? 末原さんが大好きな怜-toki-の話を主人公である私がわざわざ誕生日にしに来てあげたんやで? 最高のプレゼントやろ?」ドヤァ

末原「くっそー……-toki-のころの園城寺はあない大人しいのになんで今はこんなになってしまったんや……

爽「私は今の園城寺さんもかわいいと思うな」キリッ

怜「ありがとー

爽「ささ、末原さんが丸め込まれたところで怜-toki-の話をしていこうか。じゃあまずゲストで主人公の園城寺さん。どう? 最近の怜-toki-は?」

怜「うちがかわいすぎる」

末原「おい」

爽「わかる」

末原「おい」

怜「ハムムが死んで傷心の竜華の前にあらわれた私まるで天使やん?」

末原「自分をよくそこまで躊躇いなくアゲられるな」

爽「いやー、でも実際園城寺さんは当時の清水谷さんにとっては本当に心の拠り所だったんだろうね」

末原「まあ、最初は健全とは言い難いがな。しかしあの天真爛漫な清水谷にあないな過去があったとはな」

爽「今の清水谷さんがあの頃のこととか、お母さんのこととかどう思ってるのか、読者としては気になるよね」

怜「今の竜華は明るいを通り越してネジが外れたみたいなとこあるしなー」

末原「お前が言うか? 清水谷に出会う前の園城寺鈍臭いにも程があるやろ……

爽「でも末原さんも読みながら『 うちが面倒みたいわー……』とか呟いてたよね」

末原「おいこら! お前また余計なことを……!」

怜「そうなん? ほんなら遠慮なく面倒みてもらうでー」ゴロン

爽「ああ! 園城寺さんがおもむろに末原さんに膝枕の体勢にもちこんだー!」

末原「お、重いんやけど」

爽「とかいいつつ明らかに顔が喜んでおります」

末原「やかましい」

爽「じゃあ話の続きといこうか。末原さんは最近の怜-toki-についてはどうなの? 清水谷さんの話は抜きで」

末原「うちが清水谷の話する前提はやめろ。せやなぁ……やっぱうちの主将かな」

怜「あー、わかる。ヒヨコみたいでかわええよなロリ榎ちゃん」

爽「それとあの正体明かす前にフード被ったまま江口さん達に忠告したりするとこもかっこいいよね」

末原「せやな。ひとつうちが意外に思ったのは、今獅子原が言ったけどけっこう洋榎が抑え役というかお目付け役みたいなポジションになっとることやな」

爽「ほほう?」

怜「あー確かに。今現在のセーラてなんやかんやで落ち着いとるというか実力的にも精神的にもチームの柱みたいな感じやねんな。安定感があるというか」

末原「そうそう、逆に洋榎はもちろん主将として締めるんやけど締めるんやけど、わりと自由に振舞っとるというか、周りをみる役はうちとかに振ってるような印象やねんな」

爽「なるほどー。つまり江口さんと洋榎ちゃんふたりの性格というかポジションが昔と今じゃ逆転してるってことなんだね?」

末原「まあ、ふたりとも成長してるんやから当然かもしれんけどな? あくまでうちの主観やし」

爽「なるほどねー」

怜「そんで? 爽ちゃんは最近の怜-toki-についてはどうなん?」

末原「無極天清水谷がエロいとかそういうのは無しやで」

爽「わかってるよー。でもあの試合の作画はホントにすごいよね」

末原「めきめき先生渾身の一筆て感じやったな」

爽「ねー。でも今回私が話したいのは違うんだ」

怜「どこなんや?」

爽「洋榎ちゃんと江口さん、それと末原さんの話かな」

末原「ん? うち? 怜には-toki-には出てへんけど?」

爽「うん、でもさ、洋榎ちゃんてたぶん自分の成長の為に、本気で向き合える仲間を求めて、あえて江口さんと同じ千里山じゃなくて姫松に行ったんだよね」

怜「うん」

末原「まあ、そのへんはまだ明確に描写されたわけやないけどな。でもたぶん、雅枝さんや江口に守られてるばっかで、このままじゃアカン、とか思ったんちゃうかな」

怜「独り立ち、みたいな感じか」

爽「そう。それで姫松に行くってことを江口さんや雅枝さんに告げたときのことを想像するとね……

末原「……せつないな」

怜「……まあ、セーラはいつまでも一緒にいたかったやろな」

爽「でもさ、その後姫松にいった洋榎ちゃんがさ、末原さんや真瀬さんとか絹ちゃんとか漫ちゃんとか、たくさんの仲間に囲まれて主将として江口さんの前に立つんだよね」

怜「感無量やろうな。洋榎ちゃんが本当の仲間を求めてたことを知ってるセーラからしたら」

末原「……本当の仲間、か」

爽「そう。だからさ、洋榎ちゃんは末原さんが思ってる以上に本当の仲間になってくれた末原さんたちにきっとすっごく感謝してるんだろうなーって怜-toki-を読んで思ったんだよね」

末原「洋榎がうちに、そないなことを……」グスッ

爽「……

怜「……

末原「……

怜「……な? 末原さん?」

末原「……ん? な、なんや」グスッ

怜「うちが怜-toki-の話をしに来たおかげで、末原さんの株が爆上がりしたやろ? 最高のプレゼントになったやろ?」ドヤ

末原「……そういうことを自分で言わなければ素直にお前にも感謝できるんやけどな」ハハ……







爽「ささ、ちょっといい雰囲気になったところで、ハラハラジオお終いの時間となってしまいました〜」

末原「……お前もだいぶパーソナリティとしてこなれてきたな。ちょっと見直したわ」

爽「お! 末原さんが私を褒めてくれるなんてめずらしいねー」ヤッター

怜「よかったなー爽ちゃん。それもこれもうちがゲストに駆けつけたおかげやな」

末原「お前はもうちょっと遠慮せい」

爽「いやいや、園城寺さんのおかげだよ。園城寺さん、最後に告知とかある?」

怜「そやなー、さんざん話したけど、月刊BGでうちが主人公の怜-toki-が絶賛連載中やからよろしゅうなー」

末原「物語は江口や洋榎があの宮永照にも匹敵する強者である藤白七実と出会ったところや。見逃せんで」

爽「私と末原さんはー……まあ特に出番もないので告知とかはありません」

末原「本編でちょろっと出るのを期待するしかないな」

怜「まあ、ふたりとも長いこと本編で出ずっぱりやったんや。今はゆっくりうちの活躍を眺めとったらええわ」

末原「まあ実際そうなんやけどな」

爽「はい! というわけでハラハラジオここまでのお相手は、獅子原爽とー?」

末原「末原恭子とー」

怜「園城寺怜ちゃんやったでー」

末爽怜「まったねー」


トコロデオンジョウジイツマデウチニヒザマクラサレテンネン

イヤー、スエハラサンノフトモモガココチヨクテツイナ?

ソンナニイイノ? オンジョウジサンツギカワッテヨー


……