2012年10月15日

クレームの入れ方

請求 9500円


数字を見てびっくりしました。

飲み屋のレシートではありません。

えきねっとの請求明細です。


先日、えきねっとで予約した切符を受け取ろうとしたら

「お取扱いできません」の表示が出ました。

後々確認してみると、出張の経費をすべてカードで払っていたら

カードの利用枠が上限に達してしまっていたようです。


仕方なく普通に切符を買って新幹線に乗ったのですが

翌日まさかと思って確認してみると切符は受け取れなかったのに

しっかり請求はきている・・・。

さっそく担当窓口に電話します。


オペレーターにつながり苦情を言うと

「支払画面以降はカード会社からのメッセージとなります。

 当社は関与していないので返金には応じられません」


受け取れなかったチケットをどうすればよかったんだと聞くと

「窓口に来ていただいて手続きをして頂かなければいけなかったのです」

の一点張り。まぁオペレーターだからそのように教育されているんだろうけど。


権限がない人間に話をしても仕方ないので上司と話をさせろと伝えると

これもオウムのように同じ話を繰り返します。

予め定められたルールだからJR側が謝る必要もないと。


これもいくら話しても意味がないのでさらに上を出せと伝える。

「上と話しても同じ答えが返ってくるだけです。謝罪すらしません」

いちいちイライラを増幅させる物言いにこちらもイライラして

言葉が多少乱暴になる(人間力不足、今思うと情けない)

上司から電話をさせるというので電話番号を伝えました。


5分後、上司の方から電話がかかってくると開口一番

「お手を煩わせてすみませんでした。状況をお聞かせください」

と、丁寧に話が始まる。さすがボス。

まぁクレーマーとしてこちらが認識されたからだろうけど(苦笑)

あちらの主張は

・カードが取り扱えないと出たのはカード会社とお客様の都合。
 当方は関与していない。チケットの取り消しがなかったので
 請求するしかない。

・カードが取り扱えないと表記が出た際に窓口に来るよう表示が出たはず。
 それに従ってくれれば問題は生じなかった。

こちらの主張は

・えきねっと予約はカードでしか買えない。
 カードで買えなかったのだからキャンセルされたと思った。

・販売はJR、請求処理はカード会社なのはわかるが
 それはそちらの都合。
 JRの券売機で買っているのだから消費者としてはJRとの取引と認識する。
 カード会社の都合が別というのであれば、販売時の案内表記に
 「これ以降はカード会社の管轄となります」
 程度の表記をするべき。

・窓口に来るようにとの表示を見落としたのはこちらのミスだが
 急いでいる中、エラーが出たら買いなおすのは当然だろう。
 販売システムのフローに問題があるのではないか。


話すこと5分。買いなおした領収書をFAXで送信することで
請求取り消しをして頂けることとなりました。

オペレーターの方は勘違いしていましたが
JRの切符だからと言ってJRが一方的にルールを押し付けることはできません。
細かい字で書いてある約款なんて誰も読まないし。
これは保険や不動産でも同様ですし、読まなかった、読み落としたからと言って
一方的にこちら側が不利益を被るとは限らないんです。

今回のケースはこちらにも瑕疵があったので
半額でも戻ってくればと思って交渉してみました。
あちら側は
「うるさいから返金してやれ」
くらいだったかもしれませんけどね。

orenoniigata at 07:51|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年06月21日

原発の止め方

原発の再稼働反対デモに11000人が集まったが、
ほとんど報道されなかったとの話があります。
http://www.youtube.com/watch?v=OLD6u151E-Q

でも報道されたとしても不満が溜まるだけだから
メディアの対応は悪くないと思います。


「1原発反対デモ⇒2議員が動く⇒3官僚が反発⇒4原発再稼働」
この流れが止まらない原因は2⇒3間に武器がない事。
1⇒2は選挙で落とせるけど2⇒3はよほどの事がなければ免職できない。
だから原発反対デモに対して議員が動きたくても動けない。
選挙でその議員を落としても原発は動き続ける。

2⇒3で議員に権限を与えるために
公務員制度改革をしなければとなるが、
立案者が官僚では骨抜きにされるだけ。
かといって議員が自前で改革案を出すのは非常に難しい。
実行力のあるインテリの有名人なんてそうはいない。

まず手を付けるべきは公職選挙法だと思う。
やる気があって優秀な人間でも
Webでこれだけ制限があるとなかなか当選できない。
当選できたとしても票集め組織づくり段階で
しがらみが生じて日本のためにやるべき事を
なかなか実行できないのはよくある話。

なんて事を朝の思った通勤時。
立候補予定者の写真を張ったサンドイッチマンが
交差点で立っていたのは衝撃的だった。
本当に馬鹿馬鹿しい。
信号待ちが1分程度しかない中で本人が演説してても
馬鹿馬鹿しいと思うけど他人にやらせるなんて・・・

県外の人に見られたら恥ずかしいので
秋葉区にお住まいの方、どうにかしてください。
orenoniigata at 12:27|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2012年06月12日

イライラ→食べる→太るの解消法1

「ダイエットしたいのにイライラして過食に走ってしまいます。

 どうしたらいいですか?」

ツイッターでフォロワーさんから質問を頂きました。

これには3つの対処法が挙げられます。


1.ダイエットする

2.イライラしない

3.過食しない




・・・当たり前ですね(笑)

もちろんこんなつまらない話だけを書くつもりはありません。

個別に理由と対策を考えていきましょう。

長くなりそうですがせっかくの機会なので

最後までお付き合いいただければ幸いです。


1.ダイエットする

ダイエットの最大の敵は弱い意志ではなく人間の本能です。

人間に限らずすべての生物は、恒常性(ホメオスタシス)と言って

その内部環境を一定の状態に保つ働きを持っています。


例えばダイエットをしようと晩御飯の量を半分にすると、

数日は体重が順調に減りますが

1週間ぐらいすると急に減りづらくなります。

身体が1週間前の状態に戻そうとするためです。


大抵の人はこのなかなか成果が出ない時期を乗り越えられず

すぐに体重が戻ってしまいます(リバウンド)

もし、この状態をしばらく保つ事が出来た時に

さらなるダイエットが可能になります。



ただ生活習慣を変えるのって難しいですよね。

食事を減らし、間食を我慢して、無理に運動して・・・

どんどんストレスが溜まる事でしょう。



だから考え方を変えてください。

変えるのは生活習慣ではなく自分の性格です。

脳なんて言わばコンピューターですから

今の太りやすい自分のソフトフェアを消して

新しい理想的な自分をインストールしてみるんです。

もちろん精神論ではなくノウハウの話です。



まずは目標体重を定めます。

以下の図から自分がなりたい

体型のBMI値(男性の絵の下にある数字)を選んでください。

BMI別体形


あとはその値に身長(m)を2回掛けてください。

それが目標体重となります。


例えば私がBMI値24の体型になりたいとしたら

身長の190センチを2回掛けるので

24×1.9×1.9=86.6(kg)

となります。


次にこの体型の人(同性)を想像してください。

芸能人がいいでしょう。

そしてgoogleあたりでその人の全身が写っている画像を探し

なるべく大きなサイズの物をプリントアウトして

自分の部屋に貼っておきましょう。

携帯の待ち受け画面でもOKです。




そして毎日最低必ず一回、

その画像を見ながらつぶやいてください。

例えばそれがアンジェリーナ・ジョリーだったら




「私はアンジェリーナ・ジョリーと同じ生活をしていたら
 
彼女と同じ体型になった」





妄想です。しかも過去形です。

人に聞かれたらかなり恥ずかしいです。

恥ずかしいと思うのでこっそりやりましょう。

ただし自分にははっきりと聞こえるようにしてください。

これは潜在意識に働きかけるためです。



人間の潜在意識とは不思議なもので

特に耳から入ってくる情報は善悪の判断が出来ず

全て正しい情報とされてしまうのだそうです。



つまり毎日これを繰り返すことによって

あなたの頭にあなたが想像するアンジェリーナ・ジョリーの

生活習慣がインストールされてしまうんです。

もうお気づきかもしれませんがこれを悪用したものが洗脳です。




冒頭とダイエットすると書きました。

「ダイエットしたい」のままでは願望なので

よほど強い意思がなければ恒常性に負けちゃうんです。



上手く脳を騙す・・・というより自分が理想とする方向に誘導して

新しい自分をインストールしてストレスなく痩せちゃいましょう(^^)

長くなったので続きは次回で。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

2012年06月09日

天皇陛下にお目にかかる方法

この国に生まれて心の底から良かったと思っているけど

その反面、最近はこの国が嫌だと思う事が多くなっているなぁと思い

日本に生まれて良かったと思った瞬間の事を思い出してみました。



・日本の歴史を自分で学びなおした時

・スペイン人から客観的な日本の評価を聞いた時

・落とした財布が返ってきた時、

・LAでみそ汁を飲んだ時(その後ホームシックにw)

・海外旅行をした先の一般市民の生活レベルを知った時、

・ワールドカップ日本初出場時の中山のゴール、

・WBCでイチローのセンター前ヒットの瞬間



・・・・小さいな自分(笑)

考えてみるとどれも他国と比べた時なんですよね。



他国と比べずに思ったのは2回でしょうか。

一つは榛名神社に行ったとき、

そしてもう一つは天皇陛下のお姿を生で見た時。

何かの機会で陛下が新潟にいらした時に、

東大通りを歩いていたら偶然窓から手を振る陛下が見えました。



自分は日教組の偏った教育の呪縛はとけているとは思いますが

皇室には最低限の敬意を払っているつもり程度でした。

しかし、その瞬間は身体が動かなくなりました。

決して嫌な感覚ではなく温かくフリーズした感じです。



「あの瞬間をもう一度経験すればこの嫌な気持ちはリセットされるかもしれない」

Webで調べてみたら意外な方法がありました。

〜皇居を掃除するボランティアになれば天皇陛下に会えるという〜週刊ポスト




15〜60人の集団で予約をして連続する平日の4日間

皇居を掃除するボランティアに参加すればいいのだそうです。

学生のうちにやっておきたかったなぁ。

独立したら絶対に仲間集めて参加する事をここに誓います。

皇居勤労奉仕




もう少し調べてみたらこの皇居勤労奉仕の誕生秘話が熱い。

GHQの占領下の中、決死の覚悟で宮城県の青年団が申し出て実現させたものだとか。

ブログ たまねぎ通信




日本に生まれて良かった。本当に。

こちらのブログでも書かれていますが

今、東北を助けない理由がわからないですね。

近日中に行ってきたいと思います。
orenoniigata at 23:40|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2012年05月29日

長岡ビルボードFC

新潟県に引っ越して17年目を迎えました。

サッカーに興味を持ち始めたのは13年前。

練習の人数が足りないからとアルビレスタに連れて行ってくれたhamaのおかげ。

今さらながらありがとう。今考えても濃いメンツでした。

あれがなかったらアルビサポにはならなかったし、新潟にも就職しなかったはず。


当時のアルビレスタの練習は県スポ。

芝のグランドで無料でボールを蹴れる環境でサッカー歴がスタート出来たのも

本当に幸せな事でした。

ボールが止まるから素人でもある程度楽しめるし何より気持ちがいい。

週末だけでは物足りず、平日も大学サボって端から端までドリブルしていました。

憧れの木の葉ドリブルは未だにマスターできていないけど。


冬になると聖籠へ。三カ所ある多目的運動場は人工芝で快適でした。

当時チームで干されていたマルコが混じってくれた事もあったりして楽しかったなぁ。

その後エフスリーを始め新潟市内にも屋内のフットサルコートが何か所も出来ました。

当時を思い出すと今の新潟市民が羨ましくて仕方ありません。


その後ASジャミネイロが立ち上がったのが8年前。

当初は内野小での練習でしたがグランセナが完成すると毎週人工芝で練習するように。

野球板のできそこないのような人工芝ではなくふかふかのベッドのような人工芝で

殿上人だった元ジロスの皆さん、さらに神的存在だった元アルビの皆さんと

同じピッチに立てたのは幸せでした。


そして今季から長岡ビルボードに移籍しました。

個々の能力の高さは知っていましたが、練習環境に驚きました。

この北信越2部のチームは毎週二回、中学校の体育館で練習をしています。

新潟のサッカーを取り巻く環境は著しく好転したとはいえそれは主に新潟市内。

今年になってようやくニュータウン公園に人工芝のグランドができたので

そちらでも練習することが出来るようになりましたが

冬になればまた中学校の体育館に戻る事でしょう。


地域には地域の事情があります。

長岡にもっとサッカー施設を!なんて声高に叫ぶつもりもありません。

市民でもありませんし。(もちろん出来れば嬉しいですが)

ただそのハンデを乗り越えて頑張っているチームがある事だけを知っていただき

応援して頂ければ嬉しく思いますm(_ _)m
orenoniigata at 11:44|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2011年10月14日

11月19日シンガポールカップ決勝に行こう

暫定とはいえ2位になり、三冠が見えてきたアルビレックス新潟シンガポール。みんなでに応援に行きませんか?
上を見てひたすら走り続ける姿を生で見たくて飛行機のチケットとっちゃいました。私は17日木曜の20:50発、21日月曜の7:35着の便で行きます。
それぞれ成田発着です。

チケットは航空券だけで25000円〜100000円くらいです。
新潟発着の便は残席1でした。
ツアー情報があればまた追加していきます。

私はこちらでチケットを予約しました。
http://sq.firsight.jp/
25000円のチケットがあったのはここです。
http://airticket.yazikita.com/

お金も時間も元気があれば後でどうにでもなりますが
元気がなければどちらもすごい勢いで逃げて行きますよね。

我が国全体に閉塞感が漂う中、成長著しいシンガポールを見に行くだけでも
十分な価値があると思いませんか?

海外旅行に詳しい方、情報提供にご協力いただければ幸いです。
orenoniigata at 07:14|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年06月11日

サポーターズリンク新潟

少し前にようやく活動開始。
自分を含め、賛否はあると思いますが
とりあえず前向きにいきましょう。
http://supporterslink.com/

SNSはmixiと同じ招待制です。
私の知り合いの方で入りたい方がいたら
コメントか直接連絡をください。

orenoniigata at 17:06|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2008年03月25日

アルビレックス新潟の現状を考える

アルビレックス新潟が大変なことになっている、と思います。

開幕から4戦で勝ち星なしはひどいですが、
それよりひどいのが観客動員。
ホーム開幕の東京戦35,083人、ナビスコ大宮戦22,578人
大宮戦のビッグスワンは既に「非日常的な空間」
ではなくなっていました。

これから補強をするにしても予算が無いかと思います。
Jリーグの公開資料によると
http://www.j-league.or.jp/aboutj/jclub/2006-7/pdf/club2007.pdf
2006年の営業利益がー6400万円。
当期純利益が3300万円になっているのは何でしょうか。
これは不確定要素なので省いて考えます。
理由をご存知の方、いたら教えてください。

2007年は観客数が減少し、大型補強で前年より
少なくとも2億程度は使っているでしょうから、
坂本の違約金がいくらかによりますが、
良くて1億、悪いと2,3億程度の赤字かと考えるのが妥当かと。

今年のチームは少数精鋭なんて
かっこいいものではなくて、
質と量を考えて去年並の成績が残せるギリギリの
メンバーを考えたののでしょう。
非常に博打的要素が大きいメンバー構成だと思います。
新外国人が活躍できていない現状では
その賭けには外れたように見えますが。

2008年は観客動員がさらに落ち込んでいる中、
そこらじゅうの掲示板で書かれているような
積極的な補強なんてのは難しいでしょう。
5億円分観客を呼べるスター選手を2億でとってくるような
上手い話でもあれば別でしょうけど、
現状で入場料収入が10億に届かないチームが
やる事ではありません。

フロント、監督、どうにかしろと観客がいくらさけんでも
短期的にどうにかできる状況でない事は確かでしょう。
さぁどうしたものか

あ、昼休みが終わる。
orenoniigata at 12:59|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)

2007年12月05日

スカイラブハリケーンについて真剣に考える

キャプテン翼に出てくる双子、立花兄弟の
必殺技だったスカイラブハリケーン。
5年くらい前にジャミさんと一度練習してみた事がありました。

まず、飛ぶ前に足を乗せるのが非常に難しく
たまたま足が乗って、飛ぼうとしても崩れてしまいました。
今さらながらなぜか考えてみると

1.足をのせる
ジャミさんの体重が60kg弱。
人間が着地する時にかかる力は体重の3倍くらいなので
ただ支える分には、当時200kgの機械でスクワットをしていた
自分では大丈夫だと思いましたが・・・

ただ、200kgを支えるだけでは不十分で
バランスを保ちつつ、彼の足裏からの力に応じて
同じ力を加えていくのは至難の業でした。
それも右足を乗せてから階段を登るように
左足を合わせていたので、私は片足だけで
一瞬、200kg近い力を加えなければいけませんでした。
今考えればジャミさんに飛ぶような感じで両足に
均等に力を加えてもらえばよかったかなぁ。

2.発射

載る側の人は軸をずらさず垂直に
スクワットジャンプをする動きが求められます。
これは練習すれば出来まするでしょうが、
土台側は背中と太ももで作る角が、0〜90度になるので非常に難しい。

解決策としてはスカイラブハリケーンを
低空飛行バージョンにして、垂直ではなく
45度方向に打ち出してやればいいのでしょう。
ただ、この動きも軸をずらさないようにするには
土台側の人が地面側にお尻を突き出すスペースが必要となります。


結論としては、何か大きな段の端から
低空飛行バージョンで発射すれば、
成功の可能性があるといったところ。
でも、成功した時に危ないから海に向かってやるのがいいかな。
さぁジャミさん。週末、何港で練習しよう?

日本海に沈む夕日に向かって飛ぶジャミさん鑑賞会、
参加者募集中です。

orenoniigata at 12:59|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2007年11月08日

地域の会

28557053.jpg「柏崎刈羽原子力発電所の透明性を確保する地域の会 第52回定例会」
を傍聴してきました。
まずは地元の人の生の声も聞かないと始まりません。

東電、原子力安全保安員、地元行政が報告をした後、
地域の会の方々から質問をしていく形式でした。
原子力安全保安員というのは要は経済産業省の原子力監視部門です。

発表者側は真摯に調査し、報告しているように見えましたが
地域の会のメンバーの中には、原発建設反対運動をしていた方もいて
半ば騙し討ちで作られた経緯のある原発に対し
そう簡単には信じないぞとの意思が明確に見えました。

・・・というと聞こえが良すぎるかもしれません。
何があっても認めはしない気すらしました。
一度裏切られていれば仕方ないですよね。

かといってこのまま長期運転中止から廃炉というのは
国益と天秤にかけてしまうと非常に可能性が低いことでしょう。
行政側からの圧力で無理矢理再開なんて事になったら
また地域が壊れてしまいます。

私に何が出来るかわかりませんが、
地域の会の事務局から代表者の方をご紹介して頂いたので
近いうちに直接お話を伺いに行こうと思っています。
orenoniigata at 18:20|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)日記 
Recent Comments