おれさまな海賊船

おくさまは、おれさまだったのです。

これまでのあらすじ

ブログネタ
生き方を考える に参加中!
 
 またしても超御無沙汰してしまいました。

 前回いきなり再開したとき、特に何も説明したり報告したりしなかったため、後で読み返してみて、ものすごく違和感を感じたりしました。
 ――そこで!
 今回、「祝☆結婚2周年」ということもあり、容赦なく割愛していた「いろいろあって」の部分を超簡単におさらいしようと思います。

 2015年11月22日15時15分
 やっと入籍しました!

 2016年06月〜07月
 浮いたり沈んだり。
 嬉しかったり悲しかったり。
 人生最大の幸福と不幸が一挙に押し寄せた日々でした。

 2016年08月下旬
 舅殿、肺炎その他で倒れる。
 認知症の診断を受ける。
 ここから、約1年間の介護生活スタート。――って書くと、壮絶な介護体験みたいな話が飛び出すと思われるでしょうが、そこはそれ、おれさまだもの。舅殿とも姑殿とも一気に距離を縮めて、大変だけど楽しい(語弊があるか?)、充実した時間だったと思うのです。

 2016年11月22日
 それでも結婚1周年は祝うのであった(笑)。
 初デートのダイニングバーでサプライズ演出してダーリンを涙ぐませたので、おれさまの勝ち。

 2016年12月
 舅殿、老健へ移る。

 2017年04月
 ダーリン、単身赴任で三重県へ。
 舅殿、特養へ移る。
 さすがのおれさまでも、心のストレスが身体症状に現れるところまで疲れ果てました。この後、現在に至るまで、自律神経失調症と更年期障害の狭間の微妙な症状に悩まされております(正式な診断を受けたわけじゃないんだけどソレらしい体調不良が続いています)。

 2017年06月
 舅殿、再び肺炎で入院。

 2017年08月
 舅殿、転院先の病院で亡くなる……。

 2017年09月
 諸般の事情により、お仏壇、おれさまなマンションにやってくる(おかしらは長男の嫁だった!)。
 教訓。老親の認知症が1ミリでも疑われたら、クレジットカードを取り上げよう。見て見ぬフリをすると後でエラい目に遭うぞ(そのトバッチリを受けた嫁より魂のアドバイス)。

 2017年10月
 お墓契約(おかしらは分家の長男の嫁だった!)。

 2017年11月
 祝☆結婚2周年!
 喪は明けていないが忌は明けているので、たぶん、この程度なら祝ってOKだと思います。ってか祝わなきゃやってらんないっつうの。
 アラフォーで結婚に踏み切った自己責任もあるけれど、ダーリンが7コ年上だったことと相俟って、新婚早々いきなりすぎる課題に直面したわけですよ。ハタチそこそこで結婚したカップルと比べると、その人達が結婚30年ぐらいで立ち向かう課題に、こちらは湯気の立つような新婚ホヤホヤ期に直面したわけで。そんなときでも、おれさまは持ち前の調査力とクソ度胸を以て「嫁」としての立場を確率させたのでありました……!

 相も変わらずダーリンは世界一カッチョええと思うし、姑殿が若い頃に好きだったというアラン・ドロンもダーリンに似て見える今日この頃(おかしらは老眼が始まった!)。
 ダーリンは概ね月1回は帰省します。
 一方わたしは、概ね隔週で姑殿に呼び出されます。手続き書類がワケワカラン助けて、というのは口実。結局は、それらをチョイチョイッと済ませた後、嫁姑で飲みに出かけるのが目的……なんだと思われます。舅殿やダーリンの昔話の問わず語りを、おたがい延々と、するのが楽しい。

 そんなわけで、わたしの人生は一部を除いて順調です。
 タイミングが、こちらの予測とは違っていて、びっくりすることが多いけど。だいたい誰もが通る道を、変な順序で通っているだけだと思いますよ。
 



おもしろかったらポチッとヨロシク

人気ブログランキング

 

ぷち夏バテ

ブログネタ
食事と健康 に参加中!
 
 残暑お見舞い申し上げます。
 皆様お元気でお過ごしでしょうか?

 おかげさまでわたしは元気です。と、言いたいところ、なのですが。
 なんだか最近、地味に体調が優れません……。

 寝覚めが悪い。
 まぁ、これは夏季限定でもなければ、今に始まったことでもないけどね。とにかく朝、つらい。アラームで意識が戻ってから、頭と体が動き出すまでに、軽く30分かかる。しかも、電車通勤1時間半はほぼ夢遊病状態で、ときどき寝ボケて途中下車したりしそうになりながら会社に辿り着く。
 更に、午前中は1時間毎に猛烈な眠気に襲われる。こっそりトイレで意識を失っていることも……。
 昼ごはんの後、少し昼寝をするようにしてみたら、午後は比較的絶好調。おやつタイム移行が、わたしの本領発揮タイムです。
 でも、帰り電車も座れたら最後、あっちゅー間に寝る。で、割と乗り過ごす。最寄駅を2つ3つ過ぎると一瞬で風景が田舎になるので、寝ボケて降りた後「ここ何処!?」とパニックになります。
 そのくせ、寝つきが以上に悪い。帰宅した後、料理して食事して休憩して体操して入浴を終えたあたりから、急に頭が冴えてきて、こんなふうに文章を書きたくなったりするわけです。書けば更に冴えて眠れないし、書かなければ欲求不満がモヤモヤして眠れない。ベッドで横になってから、だらだら本を読んだりケータイをいじったりしているうちに、日付を跨いでしまうのでした。

 ――そんな毎日なので、たぶん、いちばんの原因は睡眠不足なんだろうなぁ。

 とにかく、肌荒れ。この季節は、化粧品が紫外線や汗と反応するからなのか、やたらかぶれる。もともと日焼け止めが肌に合わなくて使えないので、油断すると日焼けして更に荒れる。
 んで、たくさん汗をかくと、頭皮が蒸れてフキデモノができる。下着の締め付けライン(ブラジャーのワイヤーとかパンツのゴムとかさ)にあせもができる。うっかり日に当たりすぎると、手の甲や腕や襟元に湿疹ができる。しかも、それらのカイカイは、無意識に掻き毟り過ぎると化膿してしまう。
 化膿といえば、足の巻き爪。靴の中も蒸れやすい季節だからか、ちょっと巻き爪の指をぶつけただけで、ひょう疽になりかけて腫れる。
 おまけに最近、毎日1〜2粒の口内炎が発生する。喉の奥や歯茎にまでできるなんて知らなかった。痛いし臭いし気になるし、なんかもう憂鬱。
 黒酢やもろみ酢がいいよと勧められ、さっそく試してはみたが、2〜3日もすると食道から胃袋にかけてムカつきが。どうやらお酢の酸が強すぎて粘膜が荒れてしまった模様。薄めて飲んでいるのにな。

 要するに、いつもの睡眠不足に夏バテが加わって、じわじわと免疫力が落ちているのではないかと思うわけです。

 そんなわけで、今日は免疫力を回復するべく、ビタミンたっぷりメニューにしてみました。

 ゴーヤー半分
 パプリカ2個
 たまねぎ半分
 にんじん半分
 いわしつみれ1パック
 しょうが&にんにく少々
 ――を適当に切り刻んで炒めて、酢豚のタレで味つけ。

 納豆ごはん(ごま油少々)
 わかめとねぎととうもろこしとごまの鶏がらスープ煮
 サラダ(キャベツとブロッコリーとトマト)

 舌の調子までおかしいみたいで、なんだか今日は素材や調味料の味がバラバラに分解して感じられ……。酢豚風味が、お酢とケチャップと砂糖と醤油としょうがとにんにくだなー、みたいな? 味覚はしっかりしているから、亜鉛不足とかじゃないと思うんだけど。
 そしてそして、おそらくいわしつみれに当たったんだろうけど、食後に蕁麻疹が……。

 んもう! なんなのよぅ!!

 ……ダーリンの作った中華あんかけ焼きそばが食べたい(泣)。
 



おもしろかったらポチッとヨロシク

人気ブログランキング


 

眠れぬ夜の姑殿

ブログネタ
お気楽日記 に参加中!
 
 そうそう、こないだ姑殿に、こんな相談も持ちかけられたのでした。

「わたし最近なかなか寝られなくてね。夜中の2時とか3時とかまで起きてるの」

 なんて深刻な表情で言われたら、入院療養中の舅殿のことが心配でとか、単身赴任中の息子のことが心配でとか、メンタル的な事情によるものだと思うじゃない。舅殿が最初に倒れたときには、暗闇が怖いだの静寂が怖いだの言って、部屋の明かりとテレビをつけっぱなしにして寝ていたとか言う姑殿だから、ここのところの状況の悪化で不安が揺り戻されてきたのかなぁと、わたしも心配したんだけどさ。

「だってさ、水泳やら何やら、見始めたら最後まで見届けなきゃ気になるような試合ばっかり夜中にやるんだもの!」

 二言目に、これですよ……。
 心配して損した(笑)。

 わたしが0時に寝て4時半に起きるので慢性睡眠だと騒いでいるときに、姑殿は2時に寝て6時半に起きているそうです。おんなじじゃん。姑殿すげーバイタリティ。勝てる気がしません。
 



おもしろかったらポチッとヨロシク

人気ブログランキング


 

謎理論と説得力

ブログネタ
お気楽日記 に参加中!
 
 クソ暑い毎日です。
 さすがのわたしも食欲が失せ(おなかは空いているのに何も食べたくない状態)、ヘロヘロのプーで過ごしています。
 そんな折、姑殿と実家のアレやコレを片づけた打ち上げと称して飲みに行ったわけですが……。

「おかあさんは夏バテなんてしてませんか?」
 わたしが尋ねたら、
「全然。毎日コレ(ビール)やってるから、大丈夫よ」
 ジョッキを掲げてワハハと笑う姑殿。
「それはそれは……お元気そうで何よりです」
 わたしも笑って応えて、この話は終わったのです。

 でも、家に帰る途中で、ふと思いました。
 毎日ビールを飲んでいることと、夏バテしないで元気でいることに、実は何の関係もないような……?
 あのとき、姑殿の朗らか過ぎる笑い声で催眠術にかかったかのように「ああ大丈夫なんだな」と妙に納得してしまい、用意していた夏バテ予防法の知識をひけらかす間もなかったのですが。
 っつうか、あの後「主な水分補給はビール」とか言ってなかったか、おかあさん。すげーダメなやつじゃん、それ!
 あの説得力は、ちょっと羨ましい……(笑)。
 



おもしろかったらポチッとヨロシク

人気ブログランキング


 

奥様は発熱中?

ブログネタ
おしごと日記 に参加中!
 
 上司が風邪をひいています。

「なかなか熱が下がりきらなくてさー。朝は平熱だから出勤してくるんだけど、家に帰ると、また微妙な微熱が出てるんだよねー。で、明日もこの調子だったら病院に行こうって思うのに、また朝になったら下がってる。この繰り返し」
 なんて話をしているときに、
「あー、でも大岡さんも熱ずっと下がってないよねー」
 上司が突然わけのわからんことを言い出しました。
「え? わたしですか? わたしはべつに風邪なんか――」
 と言いかけたところへ、
「ほら、旦那さんに対する“オネツ”、ぜんっぜん下がってないよねー」
 上司がニヤリ。
 そう言われて納得して、
「ああ、そっち。そっちはもう慢性疾患ですからねぇ……」
 とテキトーに相槌を打ちました。ら、
「うわ、フツーに流された! 俺が期待したの、そーゆー返しじゃない! もっと、『セクハラですよっ!』とかツッコまれたかったのに」
「え? セクハラなんですか?」
「セクハラじゃないけど!」

 わたしのダーリン好き好き病は、職場でも定番のネタなのだ(笑)。
 



おもしろかったらポチッとヨロシク

人気ブログランキング


 

土用の丑の日

ブログネタ
日々の話題 に参加中!
 
 先週、同じ部署の人達が夏バテと夏風邪でバタバタ倒れていったときに、わたしを含む生き残りメンバーは、
「我々だけでも生き延びねば……!」
 と無駄に奮発して、地元の老舗の“うなぎ弁当”を食べて、既に精をつけていたのでした。財布は痩せましたが身体は肥えました。そんなことはどうでもいい(笑)。

 そんなわけで本日、土用の丑の日(第1回)本番を迎えて、今更うなぎを食べる気にもならないという状況。
 このテのイベントで縁起を担ぐのは大好きなので、まったく食べないというのも気持ち悪いし、かといって、こないだ食べたばかりなのに、また大枚はたいてまで食べたくないし。
 ちなみに職場の皆様は、丑=牛で牛肉だとか、うどん、梅干し、うまい棒と、無理やり「う」の字にこじつけて、言葉遊びを楽しんでいました。余談ですが。

 さて、わたし。どうしようどうしようと悩みながら帰ってきて、時刻は19時に少し前。とうとう夕食の食材を調達するスーパーに到着してしまいました。
 うなぎパイでも売ってないかな。なければいわしかはんぺんで蒲焼きもどきでも作ろうか。なんて思いつつ、土用の丑の日の特設コーナーを通りがかったときのこと。
「はいはい、もうこれで最後だから食べてって!」
 いきなり、試食係のおばさんに小皿を押し付けられました。びっくりして見ると、うなぎの蒲焼き、の切れっ端。
「もう片づけちゃうから。勿体ないから食べてって!」
 爪楊枝と小皿を捨てるゴミ箱までスタンバイして、おばさんは言います。
 わたしは戸惑いながらも素直に美味しくいただき、
「ごちそうさまです。思わぬ贅沢しちゃった」
 ゴミをそっと収めると、両手を合わせて感謝しました。

 あのおばさん、たぶん、19時で仕事上がりだったんですね。ものすごいバタバタして、まわりのものを引っ掴んでバックヤードに戻って行ったから。
 まさに「ひょんなことから」1枚1,500円ぐらいするうなぎの一切れをいただいてしまいました。
 実は今日、乗るべき電車が事故で運転見合わせ→遅延して、スーパーへの到着時刻が狂っていたのです。運転見合わせしたままならば、振替輸送を利用してバスで帰ってきていたため、別のスーパーに寄るところでした。このタイミングでこのスーパーに到着したからこそ、うなぎの試食に出食わせたのだと思ったら、やっぱりわたしには何か超庶民的な神様が憑いているのではないかと、改めて思うのでした。

 ちなみに。
 家に帰ったら、胸元に一筋、うなぎのたれのシミがついてたよ。
 



おもしろかったらポチッとヨロシク

人気ブログランキング


 

恐怖の虫三昧

 
 月曜日のこと。
 さわやかな朝、ベランダ窓のカーテンを開けたら、窓の外に羽蟻が何匹も貼りついていた。昼には1匹もいなくなってたからいいんだけど、レースカーテンに点々と映る羽蟻のシルエットを眺めながらの朝食は、とってもゲンナリだった。
 出かけようと、玄関ドアを開けると、共用廊下の壁に巨大な蛾。しばらく動けなかった(←蛾が一番苦手)。
 帰ってくれば、マンションのエントランスのところに、手のひら大のゴマダラカミキリが……。危うく踏みそうになって、タップダンスみたいな変なステップを疲労してしまった。

 火曜日のこと。
 会社の倉庫で、何かの機械のパーツのようなものが落ちていたので、拾い上げようとして動きが止まる。光沢のある茶色いプラスチック片……の割に産毛が生えていたりして、ゾッとしたのだ。まさか、と思いつつ周囲を見回してみると、少し離れたところに、既に踏み潰され分解されたゴの字だったものが。よく見れば、羽どころか足や触覚に卵まで、ペチャンコになったものがあちこちに散らばっているではないか。わたしは声にならない悲鳴(超音波)を上げた。このときばかりはなけなしの女子力を振り絞って騒ぎまくり、男性人に全部おかたづけしてもらった。しかし、踏んだの誰だよ。
 この日はもう、1日中、床のシミや壁のシミがゴの字やガの字に見えて、ほぼノイローゼ状態。ちょっとみんなに心配された。

 水曜日(今日)のこと。
 早朝、ベランダ窓でコツンッという音がしたので、カーテンを開けてみると、なんらかの甲虫がベランダに裏返ってジタバタしていた。ゴの字よりは厚みがあり、カナブンよりは表面積がある、黒っぽい地味なやつ。たぶんカブトかクワガタのメスなんだけど、どちらも結局は虫だから嫌い。見なかったことにしてそっとカーテンを閉めた。家に帰るまでにいなくなっていますように。まちがってもそのままご臨終なんてことになりませんように。
 そうして家を出て、駅まで歩く道すがら、やたらと短い自転車の荷台紐みたいなものが落ちていて、それが風もないのに動いたような気がして、近づいて見ると、ヘビ! まさかのヘビ! わたしは思わず横っ飛びに跳んだ。思いきり目が合ってしまった。

 なんなんだよ、このワイルドライフ。
 



おもしろかったらポチッとな
 

 

舅と姑のエトセトラ

ブログネタ
落語 に参加中!
 
 舅殿の入院やら老健入所やら特養入所やら再び入院やら……で、ほんとにもういろいろあって。それは現在進行中なんだけど、まぁおいといて。一連の事件をキッカケに、舅殿&姑殿と一気に仲良くなれました。特に姑殿が、わたしのことを半ば飲み友達のように扱ってくださって、面会だ面談だ諸手続だって用事の後で、必ず飲みに連れて行ってくださる。
 そんな日々を、もう1年も続けているのだけれど、いつだったかな、わたしが雑談のついでに口を滑らせて、元落研部員だったことをカミングアウトしてしまったのです。そうしたら、姑殿の目が急にキラキラしてきてさぁ。
「落語って言えばさ、あんた、おとうさんの話、聞いた?」
 というイントロで始まった、「おとうさんの話」とは――。

    ◆

 おとうさんは、東北地方出身の、職人気質で真面目で頑固で無口な人だったそうです。
 さて、そんなおとうさんが、あるとき友達に寄席のチケットを譲られました。友達は、自分が聴きに行きたくてチケットを取ったのですが、どうしても行けない事情が出来てしまって、勿体ないので「代わりに行ってきてくれ」と言って譲ったのです。
 真面目なおとうさんは、それまで落語に興味なんかなかったけれど、これも何かの縁、とチケットを受け取って、出かけることにしました。
 真面目なおとうさんは、寄席の当日、開場時間の1時間前に会場に到着して、一番乗りで会場に入って、一番前の一番真ん中の席に座りました。
 やがて寄席が始まったのですが、真面目なおとうさんには、落語が理解できない。理解はできても笑えない。いわゆる「冗談が通じない」人でしたので、きっと、それはもう真面目に真顔で真摯に、落語を聴き込んでいたものと想像されます。
 でですね、何席か終わったところで会場の人がやってきて、おとうさんに言いました。
「木戸銭はお返しいたしますので、どうかお引き取り願えませんでしょうか」
 理由を問うと、
「ピクリとも笑わない人が真正面に座っているとどうにも演りにくい、と、演者が申しております」
 とのこと。
 真面目なおとうさんは、相手に迷惑をかけてはいけないと、素直に木戸銭を受け取って帰ってきたそうです。

 今日は遅くなるよ、と言われていた家族。あまりに早くおとうさんが帰ってきたので、驚いて理由を訊くと、上記のエピソードが語られた、というわけです。

    ◆

 ――というエピソードを語る姑殿も、聞いているわたしも、もう腹が捩れるほど、涙が出るほど笑い転げていたんだけど。

 この件を後でダーリンに(笑いながら)話したところ、「おまえは俺の親父を馬鹿にしているのか?」
 とマジギレされてしまいました。

 ええ、もちろん即、姑殿にチクりましたとも。
「やっぱり、あの2人(舅殿とダーリン)は親子だ。冗談が通じないところが、そっくり」
 と女2人で更に笑い転げました。

    ◆

 後日、またしてもお見舞いの後で姑殿と飲んでいたときに、「ねえ、あんた落語やってたって言ってたわよね」
 姑殿が急に深刻な表情で言いました。わたしが頷くと、
「わたしね、死ぬまでに一度でいいから寄席っていうのに行ってみたいと思ってたのよ。あんた案内してくれない?」
 もちろん、二つ返事で引き受けましたとも!

 わたしは、なるべくしてこの家の嫁になったんだなぁ。

 なんかね、実の両親と上手くいっていない分、義理の両親がこうして可愛がってくださるのが、とてもありがたいんです。親孝行のチャンスを神様が恵んでくださっている気がします。ぜーったい、いい番組のときを狙って、いい寄席に連れていって差し上げるぞ。
 



おもしろかったらポチッとヨロシク

人気ブログランキング


 

七夕だから……。

 
 昨日、この土日の予定をボスに訊かれた。何か頼み事があったらしいのだが、わたしは既に週末2泊3日の計画があったので、
「すみませんボーナス出たし七夕なんで彦星に会いに行ってきます」
 と一気に捲し立てたら、
「………………ぷ」
 ボスが吹き出した。
 どうやら七夕な比喩がツボにハマったらしい。
 そのまま話は有耶無耶になって、面倒な用事を言いつけられなくて済んだのだが、それから半日ずっと、
「そこの織姫さん」
「ちょっと、織姫さん」
「教えて織姫さん」
 と呼ばれ続けて恥ずかしかった。
 今日は会社に行くのに気が重い。

 口は災いの元、である……。




おもしろかったらポチッとな
 

 

ヘンなクセ

ブログネタ
英語ペラペラへの道 に参加中!
 
 実は、おかしらにはひとつ、ヘンなクセがあるのです。
 いや、無くて七癖っていうぐらいだから、きっと本気で数えれば「ひとつ」どころじゃなくあるんだろうけど(って話の途中で変なエクスキューズを入れたがるのもクセですね)。

 なんでかわからんのだけど、機械と喋るときだけ、ガイジン化する。主に職場で、コピー機やFAXやPCの操作を誤ったときに、咄嗟に出てくる言葉が何故か英語。
「オゥノゥ!」とか
「ウゥプス!」とか
「ウェイト!」とか
「ヘローゥ?」とか
 英会話教室に通っていたときでさえ、こんなの恥ずかしくて言えなかったのにね。ネイティヴ先生仕込みのネイティヴな発音とネイティヴなジェスチャーつきで、「ヘイカモーン!」とか言っちゃうのです。
 これまで自覚してなかったんだけど、こないだ職場の新入り若手クンに
「前から思ってたんですけど、大岡さんって時々ガイジン入りますよね」
 って恥ずかしいジェスチャー物真似つきで指摘されて、自分も知ったし、他の人にも知られてしまったわけ。

 それ以来、みんなのほうが気にするようになってしまって、わたしが機械のところで独り言を漏らすと、聞き耳を立てているみたいで、
「ほらまた!」
「また言ってる!」
 とツッコまれるようになってしまった……(泣)。

 どうして機械相手のときに限られるのか、わたしとしては、そこが知りたいんだけど。どなたか分析できる方おられませんかねぇ。
 



おもしろかったらポチッとヨロシク

人気ブログランキング


 
自己紹介
ちゅろ@おかしら
 
生物学的には♀。
四捨五入40才。
性格は、ややこしい。

なにもかも中途半端。
そして、両極端。
矛盾だらけの双子座。

兼業主婦で、
旦那様は単身赴任中。
仕事は、地味な事務職員。
趣味は、言葉いじり。
特技は、ヒマつぶし。
音楽が好き。
映画が好き。
料理も好き。

前世は、
海賊の親分の一人娘
……らしい。

★お願い★
ランキング参加中!
人気blogランキング
クリックで清き1票
よろしくです(^^)/
現在の順位は?
コメント欄
記事格納庫
記事検索