2013年05月20日

鳩も食わない豆鉄砲の話

 
 前回の記事が何故か好評だったので、調子に乗って第二弾です。
 アホ話とノロケ話がお好きでない方は御退場ください……。

    ◆

 カフェバーで彼がミックスナッツをオーダーしたとき、わたしは「吹出物が出やすい体質だから遠慮しとくわ」って丁重にお断りしたんだけど。
 しばらく彼の動作を観察していたら、ナッツをゴソゴソやって、ジャイアントコーンだけ爪弾きにしていくのね。
 わたしはジャイアントコーンが大好きなので、そしてジャイアントコーンなら吹出物は出ないので、これには喜んだ。
 彼が爪弾いたジャイアントコーンを、片っ端から摘んで口に放り込んでボリボリ食べていたら、
「なんでジャイアントコーンばっかり食べちゃうの!?」
 いきなり、(半ば笑いながら)怒られたのである。
「なんでって……要らないんでしょ? わたしは大好きだから……」
 わたしは正に、鳩が豆鉄砲を食らったようなポカン顔。
「違うよっ!」思いっきり吹き出す彼。「俺もジャイアントコーン好きなの! だから、どんぐらいあるのか把握して、他のナッツとのバランスを考えながら食べようと思ってたの!」

 忘れてた。ダーリンも結構な天然モノなんだった。

    ◆

 おたがいの思い違いが解けてからはもう可笑しくて可笑しくて……。
 なんだかムキになって、ふたりでナッツをお皿の上に分類して、
「アーモンド1個に対してピーナッツが5個」
「皮つきピーナッツは皮なしピーナッツより偉いから」
「じゃー皮の固いピスタチオはもっと偉いんだな」
「あたしヒヨコ豆あんまり好きじゃなーい!」
「ヒヨコは好きなクセにワガママ言うなよ!」
 客観的に見てナッツで将棋でも指しているかのような光景です。
「あっ、レーズン発見! おまえは豆じゃないから、あっち行け!」
「なんてことすんのよ! かわいそうに……貴重な甘いヤツなのに」
 ほとんどオバカな四捨五入40歳がふたり。

 こうして、この日も無意味な会話で貴重な時間が浪費されていったのでした……。
 いいんだ。楽しいから。ほんと、めちゃくちゃ楽しいんだから。
 


おもしろかったらポチッとな
 

 
oresamagician at 00:00│Comments(0)TrackBack(0)徒然語録 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitterはコチラ(^^)
ランキング参加中!
人気blogランキング
クリックで清き1票
よろしくです(^^)/
現在の順位は?