国家機関ヤタガラスのとある支部のロビーにて、シド・デイビスは資料をめくっていた。
 新人のサマナー、職員用に作られた、自分が所属している機関の広報用の資料だ。
 そこには、主に国家機関ヤタガラスの仕事内容、ヤタガラスの歴史、そして組織の名にもなっている八咫烏についてが書かれている。

 「ミスター・デイビス、何を読んでらっしゃるのですか?」

 シドの部下の男が問いかけた。
 大柄な黒人種である老齢のシドとは違い、この男は小柄な黄色人種の若年の日本人である。

 「いや、たまたまテーブルに広報用の資料があったから目を通していただけだよ。神の遣いである霊鳥・八咫烏。昔は本当にいたんだな」
 「はあ……少なくともこの組織が設立された頃は、時の帝によって目撃されたと文献に残っております」
 「人ではない“何か”を崇める……それは洋の東西を問わず人々の健康的な精神活動である……と誰かが言ってたような気がするがな。この国は特に顕著だね」
 
 部下の男は首を傾げた。シドの言いたいことが何か分からないからだ。
シド・デイビスは何十年も前からヤタガラスで活躍しているベテラン中のベテランのサマナーで、男はつい数ヶ月前にシドの元に配属された新米のサマナーだ。
 数ヶ月共に行動していても、このシドという男はよくわからない。人当りの良い笑顔を浮かべてはいるが、時折ぞっとするような気配を漂わせているときもある。噂ではヤタガラスの暗部にまで関わっていると聞くが、この男の掴みどころのない雰囲気はそれが原因なのかもしれない。

 「で、私に何か用かい?」

 広報用の資料を閉じながら、シドは男に問うた。男は居住まいを正しながら答える。

 「は、例の“監視対象”ですが、先ほどやっと行方がわかりまして……どうやらこの時代にアマラ経絡を繋げた痕跡を見つけました」

 シドは眼鏡を外すと、めがね拭きで面を拭き、ゆっくりとかけ直す。

 「居場所は今、私の仲魔が調べておりますが、見つかるのは時間の問題でしょう。すぐに捕獲して……」
 「いや、その必要はない」

 す、とシドはロビーのソファーから腰を上げる。齢七十過ぎとは思えない長身とがっしりとした体躯は、典型的な日本人体型の部下の男とは比べものにならないほどの威圧感を放っていた。

 「まだ、泳がせておけ」
 「……何故、でしょう?」
 「君が知る必要はない。捕獲の際は私が直接出向く」

 シドは、笑みを浮かべた。微笑んでいるはずなのに、男にはその笑みが酷く冷たいものに見え、背筋が寒くなった。
 ロビーをあとにするシドに頭をさげ見送りながら、男はシドの英語の歌を聞いた。英語に明るくない男にはその歌はあまり聞き取れなかったが、それは、マザー・グースの「There was a little girl」であった。

―――

 ――ここは、どこ?

 重女の頭に浮かんだ単語は、まずそれであった。
 綺麗に舗装された道路には、車が沢山走っている。どれも重女の見たことのない車種で、数も多い。
 ビルもとてもスマートで立派なのが幾つも並んでいる。そこから出てくる人の多さ。今日は暖かいからか、皆薄着だ。下着みたいな服を着た若い女、アタッシュケースを持ったサラリーマンらしき男。麦わら帽子を被った子供と手を繋いで歩く母親。風景だけみれば重女の時代の繁華街を更に立派にしたもののようだが、それよりずっと人が多く色彩豊かで、どこか無機質な感じだ。
 いつもの癖で状況確認をしてみたが、今回はいままでのどれよりも重女のいた時代に近い。だが、ここは私の住んでいた時代ではない。
 日本であることは人々の話している言葉や看板の日本語でわかるが、建物や車や人々の服装や雰囲気が違う。こんなに茶髪の人は多くなかったし、空も輝度が下がっている。空気が妙に清潔すぎるし、匂いも全然違う。尖った音が大音量であちらこちらから聞こえてくる。

 ――恐らく、ここは私のいた時代より未来。黒蝿の言ってた通りだ。

 しかしどれくらい先の時代なんだろう? 車は空を走ってないし、ファッション以外には人々が昔よりすごく違うということはない。アメリカとソ連の第三次世界大戦は起こらなかったのだろうか? それとももう過去に起こってしまったのだろうか? それにしては街の様子は平和だ。宇宙旅行は一般人でも行けるようになったのだろうか。
 疑問は沢山あるが、まずは買い物を済まさないと。
 黒蝿が砂金を貴金属店に持っていき、この時代の貨幣に換金し、まずは日用品と食糧を買ってこいと金を渡した。
 あの換金の手慣れた様子、恐らくあいつはこの時代に来たことがあるな。時空を渡って悪さをしていたところをシドに捕まったと言っていたし、きっとそうだろう。
 ポケットの中の数枚の札を出し金額を確認する。この時代には五百円札がなく、五百円は硬貨に変わったし、千円札も五千円札も一万円札も図柄や大きさが変わっている。ここは日本のはずなのに、まるで知らない国に来たようだ。
 周りの異質な空気に気圧され、くらくらする頭を押さえ、重女は目の前の店らしき建物に足を踏み入れた。

 ―――

 「いらっしゃーせー!」

 自動ドアを開けて中に入ると、いきなり店員らしき男が声を張り上げたので少し驚いた。
 レジカウンターと思わしき壁の向こうで立っている男は、重女を一瞬ちらりと見ただけで、あとは話しかけてこなかった。嫌な顔もされなければ、歓迎されているようでもない。業務を果たすので忙しいらしく、重女に絡んでくることはなかった。
 クーラーが効いているのか、外より涼しい。店には音楽がかかっている。勿論重女の知らない歌だ。声の高い女性グループのアップテンポな曲。歌詞から察するに恋愛の歌らしい。
 店内には重女の他にも何人か客がいた。金に近い茶髪の人はいても、青い目の人はいなかった。
 他の人が通りすがるとき、やはり髪と目の色が珍しいのか、こちらに視線を寄越してくることはあったが、それだけであった。みんな自分の買い物のことで精いっぱいらしい。店員と同じだ。自分の容姿について色々聞いてくることも差別的な視線を受けることもないのは有難いが、みんな自分のことしか見えてないように重女の目には映った。
 しかし、ここは小さな店なのに、随分と品揃えが豊富だ。食料品はもちろん、本や日用品まである。広さは個人商店くらいなのに、重女の知っている近所のお店とは桁外れに品物が多い。その品物も、見たことのないものが多かった。まるで小さなデパートみたいだ。

 特に重女の目をひいたのは、菓子コーナーである。

 駄菓子のようなものから、ケーキまで揃ってる! ケーキなんて大きいお店に行かないと売ってないと思ってたのに! しかも安い! 一個大体三百円くらい。手持ちの所持金からすればかなり買える。重女は嬉々としてかごに幾つも入れた。
 ケーキの次は、あるモノを探す。この時代にもあるだろうか。

 (あった!)

 菓子コーナーの棚にそれはあった。細長い黒い長方形のスティック状のチョコ、スニッカーズだ。

 『良かった、あって……』

 スニッカーズを一本とってしげしげと眺めた。パッケージ自体はそれ程変わってないようにみえる。
 最後に自分で買って食べたのはいつだったか。多分シドと鞍馬山に行くより前だったような気がする。あの頃は母の死や何やらで忙しくてお菓子を食べる余裕なんてなかった。なら、それより前、ちょうど私の言葉が現実になってしまって、殆ど話さなくなった頃だろうか。

 「………」

 ふいに、悲しい思い出が蘇ってきた。私の言葉で起きた沢山の悪いこと、シドに「悪魔がとりついている」と言われ、母に暴言を吐いてしまったこと。そして母の死。アキラとの別れ、鞍馬山の地下で見た悲惨な光景――

 「……!!」

 胸の奥が見えないナイフで抉り取られたかのように痛くなる。ぎゅう、と胸元の十字架を握った。辛い時や苦しい時の癖。目もぎゅっと固く瞑り、心をしめる痛みに耐えた。

 ――私の声に悪魔なんて宿ってない、て黒蝿は言った。じゃあシドが嘘吐いたの? なんで?
 ………わからない。考えても始まらない。やはりシドに会わなくちゃ。会ってしっかり話をしよう。そのために今まで旅をしてきたのだから。
 でも、今は昭和何年なんだろう? 街並みやこの店を見ればわかるが、私が生きていたころよりかなり先の未来だろう。シドは、生きているのだろうか。

 〔……お次は、ニュースと気象情報です。今日トップのニュースは、2020年開催予定の東京オリンピックについて……〕
 「!?」

 店内のラジオが恋愛ソングからニュースに変わり、その第一声を聞いたとき、重女は持っていたスニッカーズを驚きのあまり床に落としてしまった。

 2020年!? 2020年て言った今!? しかも東京オリンピック開催予定って!?
 確か私が小さい時、東京オリンピックが開催されたと母から聞いた。幼かったので記憶に残ってないが、日本中が盛り上がり、母もラジオで大会の模様を聞いていたらしい。あの時は、えーとえーと……1964年! 昭和39年!
 じゃあ今は何年? さっきのニュースでは2020年開催予定と言っていた。じゃあまだこの時代の東京オリンピックは開催されてなく、だとすると今は2020年より前ということだ。まさかもう二十一世紀を迎えたの?

 がんがんする頭を押さえながら、重女は震える手で雑誌コーナーから新聞をとった。そして上に書いてある日時を確認した。
 そこには、平成2X年(20XX年)6月6日(土)と記してあった。

―――

 大量の菓子が入ったビニール袋を持ちながら、青ざめた顔で重女はコンクリートの道を歩いていた。
 道行く人々は、さっきのコンビニの店員のように少しだけ重女に視線を寄越したが、無遠慮にじろじろ眺めてくる者はいなく、皆働きアリみたく規則正しく目的地に向かって歩いている。
 一方重女は、まるで幽鬼のような表情で下をむいてとぼとぼと歩いていた。黒蝿のいる隠れ家に帰ることなど頭から抜けていた。

 (今は20XX年……元号も昭和ではなく「平成」というのに変わっていた……今は二十一世紀……じゃあ私は? 私はもう50過ぎのおばあちゃん!?)

 重女は慌てて顔に手を当てた。長い間の時間移動の旅で多少荒れてはいるが、手のひらに感じるのは弾力のある肌の質感であった。
 近くのショーウインドウのガラスで自分の顔を確認した。そこに映っていたのは、白髪の老婆、ではなく、金髪碧眼の十代の少女――まごうことなき自分の姿だった。
 とりあえず容姿は変わっていなかった。が、重女は酷く落ち込み、無性に泣きたい気持ちになった。

 ――もう14じゃない、本当は50過ぎのお婆さんなんだ……見た目は変わってないけど、物凄く年をとってしまった……どうしよう……いきなり老け込んだら……

 「はい! ではお次は「今日は何の日?」コーナーです! 今日6月6日はロールケーキの日! ロールケーキの「ロ」と、ロールケーキが断面が「6」の字に見えることからつけられたんですよお」

 やけに高いビルの壁面に設置された街頭テレビらしきものから呑気な女性の声が聞こえた。「平成」の時代のテレビはとても薄く、怖くなるほど大きく、色もカラーでびっくりするくらい鮮やかだ。
 6月6日……ロールケーキの日……

 「それと、ホラー映画で有名ですが、新約聖書のヨハネの黙示録に登場する「獣の数字」が666……それにちなんで「悪魔の日」なんて言われたりしますね」
 「やだもう明石さん、そんな怖い事言わないでくださいよ! 今日お誕生日の方、こわがっちゃうじゃないですかあ」

 あ、と重女は頭の中で声をあげた。

 『そうだ、六月六日は、私の誕生日だ……』

 雑踏の中で、重女は立ち止まり梅雨直前の空を見上げた。六月六日は自分の生まれた日……。
 過去から来た声と名を奪われた少女は、今日、十五回目の誕生日を迎えた。

 ―――

 「俺は日用品と食料を買ってこいと言ったんだ。誰がこんなに菓子を買ってこいと言った?」

 繁華街から離れた廃神社。その社に足を踏み入れると、そこはアパートの一部屋であった。
 重女が作った影の結界の様子である。その結界は主の重女の深層意識に刻まれた、自分が生まれ育った六畳一間のアパートの部屋の幻影を造りだしていた。
 そこで重女は黒蝿に怒られていた。言われたとおりのものを買ってこないでお菓子ばっかり買ってきたのだから当然だ。重女は親に叱られる子供のように首をちぢこませていた。

 『ごめんなさい……』

 はあ、と黒蝿が盛大に溜息をつく。黒蝿は自分の生きていた時代から、この時代までに何があったか把握しているのだろうか。それと……

 『ねえ、私、何歳に見える?』
 「はあ?」

 いきなりの質問に黒蝿は素っ頓狂な声をあげた。いきなり何を言い出すかと思ったら……。しかし目の前の少女は真剣な顔でこちらを見ている。

 「……十四、五のガキ」

 見たままを言っただけだが、重女の顔は目に見えて明るくなり、嬉しそうになる。なんでこいつは喜んでるんだ。まともに買い物もできなかったくせに。

 「お前反省してるのか?」
 『う、うん! 勿論!』

 そう念波で送ってきても、重女は嬉しそうな顔を崩さない。それどころかがさごそとビニール袋をあさりロールケーキを取り出した。

 『今日六月六日はロールケーキの日の日なんだって。一緒に食べよ』
 「いらない」

 即答した黒蝿に重女は少しムッとしたが、すぐにケーキのプラスチックのカバーを外し、一緒に袋に入っていたフォークで勝手に食べ始めた。凄く久しぶりに食べたケーキは、濃厚な甘さで舌を痺れさせた。

 「……そういえば、六月六日はお前の誕生日だったか」

 重女は驚きのあまりフォークを動かす手を止めてしまった。

 『なんで知ってるの!?』
 「東のミカド国で、お前の中からアキラのマグネタイトを奪ったときに知った」

 弟のアキラと悪魔合体プログラムにて合体した弊害で、重女は記憶の混濁が酷かった時期があった。その時黒蝿は重女の体内にあったアキラのマグネタイトを吸い取ることで、やっと重女を正気に戻させた。
 マグネタイトには必ず持ち主の感情や記憶が付随する――それなら、アキラの記憶の中から、姉である重女の誕生日を知ったとしてもおかしくはない。

 『……祝ってくれるの?』
 「馬鹿言え。なんで俺がお前の誕生日を祝わなきゃいけないんだ。買い物すらろくにできない小娘に」
 『………だから、ごめんってば』

 なんとなく腹が立った黒蝿は、重女のフォークを奪い、ケーキの欠片を食べた。あ、という抗議の念波を送る間もなく黒蝿はケーキの欠片を食べてしまった。
 人間とは味覚が違う黒蝿は、そのケーキが美味いとはとても思えなかった。なんで人間はこんなもんを食いたがるのか理解に苦しむ。

 『な、なにすんのよ!』

 顔を真っ赤にしながら抗議する重女に黒蝿は不思議そうな顔をした。なんでこいつは赤くなってんだ?

 「そんなに食い意地が張ってるのか」
 『そうじゃなくて!』

 ひったくるように黒蝿からフォークを奪うと、重女はじーと眉間に皺を寄せてフォークを凝視している。

 「? なんで食わないんだ?」
 『いや……その……』

 再び真っ赤になって重女は俯いたまま黙ってしまう。その心理が黒蝿には全く理解できなかった。
 影の結界内には、現代に来てしまった少女とその仲魔が、ケーキと菓子の甘い匂いが漂った空間で、息苦しい誕生会を開いていた。

人気ブログランキングへ