2019年08月22日

年度別種付け情報 - 1985年その2

1985年の続き。前年度に三冠を制したシンボリルドルフがこの年も年度代表馬に輝きますが、さらにその2年後にはサクラショウリ産駒のサクラスターオーが、1991年には息子であるトウカイテイオーが年度代表馬に輝き、さらにはメジロマックイーンやダイタクヘリオスといったGI馬が登場するなど、ここからの数年間が日本におけるヘロド系の最後の輝きだったと言えそうですね。今では年間数頭、数年前には現役種牡馬ゼロだった時期もあり、まさに絶滅の危機に瀕している状況ですが、他国からの輸入に頼らずここまで内国産系統を存続し続けているというだけでもすごいことなのかもしれませんね。

<系統別種付け数 1985年>

父系種牡馬数種付数前年比割合増減
エクリプス系7頭(1頭)156頭▼181.4%▼0.1
ハンプトン系11頭(3頭)495頭▲184.3%▲0.2
ハイペリオン系55頭(4頭)1341頭▼13411.7%▼1.1
ベンドア系12頭(0頭)179頭▼201.6%▼0.1
ファラリス系20頭(3頭)437頭▼1473.8%▼1.3
ナスルーラ系132頭(25頭)3086頭▲5227.0%▲0.7
ターントゥ系21頭(1頭)808頭▼277.1%▼0.1
ノーザンダンサー系48頭(11頭)2237頭▲43019.6%▲3.9
ネイティヴダンサー系13頭(1頭)307頭▼1092.7%▼0.9
フェアウェイ系14頭(1頭)431頭▼393.8%▼0.3
ブランドフォード系16頭(5頭)110頭▼531.0%▼0.4
セントサイモン系38頭(8頭)445頭▼393.9%▼0.3
プリンスローズ系32頭(1頭)629頭▲85.5%▲0.1
ヘロド系32頭(5頭)610頭▼185.3%▼0.1
マッチェム系11頭(1頭)151頭▼91.3%▼0.1


⇒続きを読む

2019年08月20日

年度別種付け情報 - 1985年その1

続いて1985年。この年のクラシック戦線はミホシンザンが無敗のまま皐月賞を5馬身差で制し、3年連続のクラシック三冠馬誕生なるかと期待が高まりましたが、故障のためダービー出走はなりませんでした。かわりにダービーを制したのはシリウスシンボリで、同馬はその後2年に渡る長期海外遠征を敢行し、重賞勝ちこそありませんでしたがGIで幾度も入着を果たしました。翌年にはギャロップダイナも欧州遠征を行うなどにわかに海外への動きが活発になりましたが、総大将・シンボリルドルフの海外遠征が失敗に終わったこともあってしばらくこの動きはなくなることになります。

<種付け基本データ 1985年度>

種牡馬数 462頭新種牡馬 70頭種付数 11422頭生産数 7650頭
外国産 222頭外国産 24頭外国産 7232頭外国産 4914頭
内国産 240頭内国産 46頭内国産 4190頭内国産 2736頭
外国産率 48%外国産率 34%外国産率 63%外国産率 64%


⇒続きを読む

2019年08月18日

週刊種牡馬ニュース 8/12 - 8/18

札幌記念は夏最大のレースに相応しく4頭のGI馬に昨年の覇者が揃う豪華メンバーとなりましたが、池添騎手からの乗り替わりとなったグランプリホース・ブラストワンピースがその有馬記念以来となる勝利をあげました。父はキングジョージを大差勝ちした*ハービンジャーで洋芝が合わないわけがなく、これで凱旋門賞が楽しみになりましたね。一方で一番人気に支持されたフィエールマンは差し届かず3着に終わり、はじめて連対を外す結果となりました。3000m級のGI2勝の実績馬にここはやや距離不足の感はあったものの、最後はさすがの末脚を見せていましたし、ここからの変わり身に期待したいところです。

⇒続きを読む

2019年08月17日

年度別種付け情報 - 1984年その2

1984年の続き。この年最も大きな伸び率を見せたのはターントゥ系で、特に後のリーディングサイアーである*リアルシャダイ擁するロベルト系種牡馬が初めて日本に導入されました。その*リアルシャダイの活躍がのちの*ブライアンズタイムへと繋がり、さらには*シンボリクリスエスを経てスクリーンヒーローへと受け継がれていきます。皮肉にも*リアルシャダイ以降同じターントゥ系のヘイロー系には後塵を拝し続けていますが、一発大物の魅力がある系統として今でも主流血統として日本で繁栄しています。

<系統別種付け数 1984年>

父系種牡馬数種付数前年比割合増減
エクリプス系6頭(2頭)174頭▲591.5%▲0.5
ハンプトン系11頭(0頭)477頭▲314.1%▲0.3
ハイペリオン系60頭(10頭)1475頭▲14112.8%▲1.5
ベンドア系19頭(1頭)199頭▼311.7%▼0.3
ファラリス系24頭(0頭)584頭▼1525.1%▼1.2
ナスルーラ系117頭(14頭)3034頭▼28126.3%▼1.9
ターントゥ系22頭(5頭)835頭▲2417.2%▲2.1
ノーザンダンサー系39頭(9頭)1807頭▲1815.7%▲0.5
ネイティヴダンサー系12頭(1頭)416頭▼693.6%▼0.5
フェアウェイ系15頭(2頭)470頭▼494.1%▼0.3
ブランドフォード系17頭(0頭)163頭▼1011.4%▼0.8
セントサイモン系33頭(2頭)484頭▼1124.2%▼0.9
プリンスローズ系35頭(5頭)621頭▲385.4%▲0.4
ヘロド系29頭(4頭)628頭▲535.4%▲0.5
マッチェム系12頭(1頭)160頭▼191.4%▼0.1


⇒続きを読む

2019年08月15日

年度別種付け情報 - 1984年その1

続いて1984年。日本でもグレード制が導入された記念すべき年ですね。日本中央競馬界発足30周年を記念して顕彰馬制度が作られたのもこの年で、さらにシンボリルドルフが史上初の無敗でのクラシック三冠を達成し、またカツラギエースが日本馬として初めてジャパンCを制しました。またこの年の種付けで第二次競馬ブームの立役者であるオグリキャップ、スーパークリーク、サッカーボーイなどが生まれており、*ノーザンテーストをリーディングの座から引きずり下ろした*リアルシャダイが供用されたのもこの年からであるなど、まさに日本競馬にとってエポックメイキングな一年だったと言えそうですね。

<種付け基本データ 1984年度>

種牡馬数 451頭新種牡馬 567頭種付数 11527頭生産数 7628頭
外国産 228頭外国産 19頭外国産 7602頭外国産 5034頭
内国産 223頭内国産 37頭内国産 3925頭内国産 2594頭
外国産率 51%外国産率 34%外国産率 66%外国産率 66%


⇒続きを読む

2019年08月13日

週刊種牡馬ニュース 8/5 - 8/11

まさかディープインパクトに続いてキングカメハメハも逝くとは…。こちらはすでにロードカナロアという最良後継を得ているほか、ルーラーシップも好調、さらにここにレイデオロやドゥラメンテも控えているとあって父系の存続という意味ではディープインパクトの一歩先を行っていますが、自身ディープインパクトにリーディングの座を奪われ、息子がその座を奪還するところを見届けることなく18歳で生涯を終えました。とはいえ間違いなくディープインパクトとともに日本の生産界を世界レベルにまで引き上げた功労者で、この2頭が残した財産は日本競馬がなくならない限り、いつまでも残っていくことでしょう。

⇒続きを読む

2019年08月05日

追悼ディープインパクト

2019年7月30日、名馬ディープインパクトが永眠しました。これまでも史上最強と呼ばれる競走馬は何頭も出ていますし、お茶の間にも名の知られたアイドルホースも多数存在しましたが、種付だけで年間100億、生涯では計り知れないほどの金額を動かした経済効果に加え、海外からも超一流の牝馬が同馬を種付けに訪れるなど、スケールの大きさで言えばこのディープインパクトが間違いなく日本史上最高のサラブレッドでしょう。ここまで種牡馬として様々な記録を塗り替えてきた同馬ですが、気になるのはやはりその後継で、今のところは父に迫るスケール感のある種牡馬を出すことはできていません。ディープインパクト亡き今後がどうなっていくのか、同馬を偲びつつ占ってみたいと思います。

なお、今日から10日間ほど夏休みをいただきます。次回の更新は週明けになりますのでご了承ください。

⇒続きを読む
Organa at 18:47|Linkコメント(19)血統談義

2019年08月04日

週刊種牡馬ニュース 7/29 - 8/4

今週はディアドラのナッソーS制覇、メールドグラースの重賞3連勝、そしてリンゾウチャネルの道営三冠なども熱かったですが、個人的にはハヤヤッコの白毛牡馬による初重賞制覇ですね。おそらく世界的にみても初めてグレード・グループレースを勝った白毛馬ということになると思われますが、こうなってくると期待されるのが同馬の種牡馬入りでしょう。これまでも何頭か白毛馬が種牡馬入りしたものの需要はほとんどありませんでしたが、父キングカメハメハ、母父*クロフネ、近親にも重賞ウイナーとくれば十分種牡馬として計算できるでしょう。特にシラユキヒメ一族は白毛率が極めて高いことで知られており、いずれ白毛が栃栗毛や青毛よりレアでなくなる日が来るかもしれませんね。

なお、次回はディープインパクト追悼記事を掲載する予定です。

⇒続きを読む

2019年08月03日

年度別種付け情報 - 1983年その2

1983年の続き。この年の年度代表馬はもちろん三冠馬ミスターシービー。その後もトウショウボーイからはシスタートウショウやダイイチルビーなど多数のGIウイナーが出ており、父*テスコボーイの最良後継であったことは間違いないのですが、まさか先に父系として滅亡することになるとは思いませんでした。やはり父系が存続するか否かは多くの活躍馬を輩出するより、1頭飛び切りの後継馬を出せるかどうかにかかっているということでしょうか。そういう意味では先日亡くなったディープインパクトはどちらかというと前者よりの種牡馬だったというのが気になるところですね。

<系統別種付け数 1983年>

父系種牡馬数種付数前年比割合増減
エクリプス系5頭(0頭)115頭▲231.0%▲0.2
ハンプトン系12頭(2頭)446頭▲653.8%▲0.7
ハイペリオン系56頭(7頭)1334頭▲2311.4%▲0.6
ベンドア系20頭(0頭)230頭▼1222.0%▼0.9
ファラリス系32頭(3頭)736頭▼1416.3%▼0.9
ナスルーラ系120頭(13頭)3293頭▼5828.1%▲0.4
ターントゥ系18頭(4頭)594頭▲85.1%▲0.3
ノーザンダンサー系35頭(9頭)1789頭▲36715.2%▲3.5
ネイティヴダンサー系15頭(0頭)485頭▼804.1%▼0.6
フェアウェイ系15頭(0頭)519頭±04.4%▲0.1
ブランドフォード系18頭(0頭)264頭▼592.2%▼0.5
セントサイモン系35頭(3頭)596頭▼1565.1%▼1.1
プリンスローズ系33頭(7頭)583頭▼1075.0%▼0.7
ヘロド系28頭(4頭)575頭▼314.9%▼0.1
マッチェム系13頭(0頭)179頭▼971.5%▼0.8


⇒続きを読む

2019年08月01日

年度別種付け情報 - 1983年その1

続いて1983年。この年は何といってもミスターシービーの三冠達成でしょう。シンザンから数えること約20年、しかも父が内国産馬トウショウボーイということもあり、世の中を熱狂の渦に巻き込みました。ほかにもこのクラシック世代からは有馬記念を制したリードホーユー、名牝系の祖ダイナカール、日本馬として初めてジャパンCを制したカツラギエース、史上最高マイラー・ニホンピロウイナーが出るなどタレントぞろいだったのですが、翌年に出た「皇帝」シンボリルドルフの存在によって尻すぼみな成績に終わってしまったのが残念でした。

<種付け基本データ 1983年度>

種牡馬数 455頭新種牡馬 52頭種付数 11738頭生産数 7695頭
外国産 2438頭外国産 18頭外国産 8178頭外国産 5364頭
内国産 212頭内国産 34頭内国産 3560頭内国産 2331頭
外国産率 53%外国産率 35%外国産率 70%外国産率 70%


⇒続きを読む

2019年07月30日

年度別種付け情報 - 1982年その2

名競走馬にして名種牡馬、まさに日本の至宝ともいえる存在のディープインパクトが亡くなりました。体調が心配されていたので来るべき時が来てしまったかというのが正直なところですが、このことについてはまたどこかできちんと触れることにします。

ということで1982年の続き。ヤマニンスキーやメジロイーグルといった渋い内国産種牡馬がこの年種牡馬として初供用され、それぞれGIホースを送り出すことに成功しました。なお、この年の年度代表馬ヒカリデュールは史上唯一となるサラブレッド系種による戴冠で、地方出身ということでもオンスロート以来20年ぶりでした。そうした雑草血統が活躍しているかと思えば、同年の最優秀3歳牝馬ダイナカールはご存知エアグルーヴの母で、その後アドマイヤグルーヴ、ドゥラメンテと血を繋ぎ、4代連続で世代チャンピオンに選ばれるという超良血の代名詞ともいえる存在になりました。

<系統別種付け数 1982年>

父系種牡馬数種付数前年比割合増減
エクリプス系6頭(0頭)92頭▼630.8%▼0.5
ハンプトン系11頭(0頭)381頭▼113.1%▼0.1
ハイペリオン系55頭(2頭)1311頭▼7810.8%▼0.4
ベンドア系25頭(1頭)352頭▼1322.9%▼1.0
ファラリス系31頭(3頭)877頭▲37.2%▲0.1
ナスルーラ系115頭(15頭)3351頭▼8727.7%▼0.1
ターントゥ系18頭(2頭)586頭▲124.8%▲0.2
ノーザンダンサー系28頭(4頭)1422頭▲19711.7%▲1.8
ネイティヴダンサー系15頭(1頭)565頭▲204.7%▲0.3
フェアウェイ系13頭(3頭)519頭▲584.3%▲0.6
ブランドフォード系21頭(2頭)323頭▼1062.7%▼0.8
セントサイモン系41頭(3頭)752頭▲216.2%▲0.3
プリンスローズ系32頭(3頭)690頭▼545.7%▼0.3
ヘロド系27頭(2頭)606頭▼105.0%±0.0
マッチェム系17頭(1頭)276頭▼282.3%▼0.2


⇒続きを読む

2019年07月28日

週刊種牡馬ニュース 7/22 - 7/28

個人的に夏競馬といえばこのアイビスサマーダッシュなのですが、今年もまた個性派が勝ちましたね。勝ち馬ライオンボスはこれで直線1000m3戦3勝ですが、それ以前はダートで勝ち星があるのみで、芝のレースは1200m戦でシンガリ負け。それがいきなりコース形状が変わればこれだけの強さを発揮するのですから競馬はわからないものです。加えて父*バトルプランは*エンパイアメーカー産駒で産駒は完全にダート向きなのですが、オープン以上の4勝はいずれも芝の勝ち鞍。さらにライオンボスの場合は母父がステイヤー種牡馬として知られるステイゴールドですから、何から何まで規格外といった印象です。今後のレース選択も含めて注目ですね。

⇒続きを読む

2019年07月27日

年度別種付け情報 - 1982年その1

続いて1982年。この年輸入された種牡馬は全体的に低調で、しいて言うならばダイユウサクなどを出した*ノノアルコが成功と呼べるくらいでしょうか。この世代からは*ノーザンテースト産駒のダービー馬・ダイナガリバー、*モガミ産駒の三冠牝馬メジロラモーヌ、*フィディオン産駒の名ステイヤー・メジロデュレン、*リィフォー産駒の名マイラー・ニッポーテイオーなどが出ており、その種牡馬にとっての代表産駒がまとめてこの年に生まれている印象がありますね。

<種付け基本データ 1982年度>

種牡馬数 455頭新種牡馬 42頭種付数 12103頭生産数 7977頭
外国産 252頭外国産 17頭外国産 8549頭外国産 5663頭
内国産 203頭内国産 25頭内国産 3554頭内国産 2314頭
外国産率 55%外国産率 40%外国産率 71%外国産率 71%


⇒続きを読む

2019年07月25日

年度別種付け情報 - 1981年その2

1981年の続き。名種牡馬*モガミがここで登場です。良血馬とはいえ競走馬としての実績がなかったので当初はさほど注目されてはいませんでしたが、後にシリウスシンボリ、メジロラモーヌ、レガシーワールド、そしてブゼンキャンドルと4頭のGIウイナーの父となりました。中山大障害馬を5頭出した障害適性の高さも特徴で、ブゼンキャンドルはもともと中山大障害を勝つために生産されたと聞きます。ほかにもダイナカーペンターを出したフレーミングユース、スプライトパッサーを出したメイワパッサー、ホワイトアローを出したベストブラッド、極めつけはオークス馬コスモドリームを出したブゼンダイオーと、実績がないながらも種牡馬として活躍した新種牡馬が目立ちますね。

<系統別種付け数 1981年>

父系種牡馬数種付数前年比割合増減
エクリプス系7頭(0頭)155頭▲21.3%±0.0
ハンプトン系12頭(2頭)392頭▲1163.2%▲0.9
ハイペリオン系57頭(7頭)1389頭▲13011.2%▲0.8
ベンドア系27頭(2頭)484頭▲443.9%▲0.3
ファラリス系32頭(3頭)874頭▼397.1%▼0.5
ナスルーラ系109頭(16頭)3438頭▲6927.8%▼0.1
ターントゥ系17頭(2頭)574頭▼614.6%▼0.7
ノーザンダンサー系24頭(4頭)1225頭▲1539.9%▲1.0
ネイティヴダンサー系16頭(2頭)545頭▼674.4%▼0.7
フェアウェイ系14頭(2頭)461頭▲583.7%▲0.4
ブランドフォード系23頭(0頭)429頭▼453.5%▼0.4
セントサイモン系42頭(5頭)731頭▼1005.9%▼1.0
プリンスローズ系34頭(4頭)744頭▲536.0%▲0.3
ヘロド系29頭(5頭)616頭▼75.0%▼0.2
マッチェム系16頭(2頭)304頭▼312.5%▼0.3


⇒続きを読む

2019年07月23日

年度別種付け情報 - 1981年その1

続いて1981年。この年からジャパンCが開催され、当時まだパートII国だった日本に国際化の流れを呼び込みました。ちなみに日本ではじめて外国馬として出走したのは前哨戦としてオープン競走(のちの富士S)に出走した「インドのシンザン」ことオウンオピニオンでした(7頭立ての大差シンガリ負け)。第1回のこのレースは米国のGIIクラスに過ぎなかったメアジードーツにいきなりレコード勝ちされ、世界との差をまざまざと見せつけられましたが、そこから今の地位を築き上げた日本のホースマンの努力は並々ならぬものがあったわけですね。なお、この年はマルゼンスキー世代のクラシックホースがこぞって種牡馬デビューとなりましたが、ハードバージは使役馬として斃死、ラッキールーラとプレストウコウは韓国行きと結果を残すことができませんでした。

<種付け基本データ 1981年度>

種牡馬数 459頭新種牡馬 56頭種付数 12361頭生産数 8068頭
外国産 259頭外国産 19頭外国産 8940頭外国産 5890頭
内国産 200頭内国産 37頭内国産 3421頭内国産 2178頭
外国産率 56%外国産率 34%外国産率 72%外国産率 73%


⇒続きを読む
記事検索
サラブレッド血統入門
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一から始める! サラブレッド血統入門 [ 平出 貴昭 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/4/1時点)

当ブログ「父系馬鹿」が
紹介されています。
最新コメント
QRコード
QRコード