2007年11月04日

マイナー種牡馬ニュース 10/29〜11/4

【10/29(月)】
◆盛岡11RのB3クラスのリヴェール競走(D1400)でマイシンザン産駒のシルクセレクション(牡9)が圧倒的人気に応えて勝利。これで通算121戦25勝。今年の8月に岩手に移籍して以来【3.1.2.0】と絶好調。今回の出走で2007年度はシーズン最多となる26走目で、9歳とはいえまだまだ元気。今のところ現役のシンザン系競走馬としては他に同父のマイティシンザン(牡4)が南関東にいるが、こちらは1年以上出走していない状況で、実質的に走っているのはシルクセレクションのみ。もう現役種牡馬も未デビューの産駒もいないので、これらが引退すると同時に父系としてのシンザン系は終焉を迎える。現役馬が種牡馬入りしない限り…。
【10/31(水)】
◆大井9Rの牝馬限定の重賞競走、TCKディスタフ(SIII)(D1800)に*ダンシングパートナ産駒のウエノマルオキャン(牝6)が10番人気で出走。3〜4番手の好位を追走して第4コーナーを回ると、先行勢が総崩れする中しぶとく食い下がって3着に健闘した。今年の初めは絶不調でB2クラスで7戦連続2桁着順という状況だったが、ここにきて安定して走れるようになっており、自身の走破時計が1分55秒台と時計がかかったこともあって今回の激走につながった。

父*ダンシングパートナはCaerleon産駒の○外。伊藤雄二厩舎に所属していたが、結局デビューすることはできずに不出走のまま種牡馬入りした。母の父がNorthern Dancerということで、Northern Dancerの3×2という強烈なクロスがある。半兄にSt. James Palace S-GI(GB)を勝ったBrief Truceがいる血統で、1998年から供用され、ウエノマルオキャンのほか上山の重賞を勝ったジェドエフラーなど50頭以上の産駒を出している。

◆名古屋10Rのオープンクラスのトパーズオープン(D1800)で笠松のライブリマウント産駒ティアマットが勝利。これで23戦13勝。ティアマットはこれが名古屋への初遠征で、オープンのききょうS(芝1400)を勝ちこれが名古屋移籍初戦となるレキシントンブルー、前走A2戦を7馬身勝ちのケイアイフウジン、兵庫で20戦17勝のイブキオトヒメなどメンツはそこそこ揃っていたが、1.0倍の圧倒的支持を受けながらコケた前走の雪辱を果たす快勝となった。

【11/1(木)】
◆名古屋4RのJRA認定競走、フレッシュゴールド競走(D1400)でプレザント産駒のテラノタイユウ(牡2)が勝利。見事デビュー戦を勝利で飾った。プレザント産駒のJRA認定競走勝ち馬は5頭目。またこれまでプレザント産駒は15頭がデビューしており、そのうち13頭が勝ちあがっている。未勝利馬のうち1頭はJRA所属馬で5着が1度あり、もう1頭はまだ1戦しかしておらず、その質の高さはなかなかである。

父プレザントは*リファーズゴースト産駒。*リファーズゴーストはLyphard産駒の不出走馬。1993年の東京ダービー馬で、他にも関東盃や東京湾Cなど重賞を計4勝している。1999年から生まれ故郷のビラトリファームで供用されていたが、2006年に死亡し、現在の1歳馬2頭がラストクロップとなる。代表産駒に平和賞、ブルーバードCでともに2着のブラックドンカルロ、ローレル賞2着、東京2歳優駿牝馬3着のテラノパスポートなどがいる。

【11/2(金)】
◆名古屋7Rの2歳特別戦(D1400)で圧倒的1番人気のカルラネイチャー産駒ケイゾク(牡2)が勝利。これで無傷の3連勝となった。笠松所属のカルラネイチャー産駒といえばこちらも無傷の3連勝で重賞ジュニアクラウンを制したチェイリュイ(牡2)がいるが、デビュー戦で2.6秒差での圧勝はチェイリュイ以上のインパクトを感じる。今後楽しみな1頭。来年の笠松はカルラネイチャー産駒が席捲するか?

【11/3(祝土)】
◆J福島2Rの2歳新馬戦で新種牡馬ユーワファルコン産駒オサナゴコロノキミ(牝2)が梶晃啓鞍上でデビュー。6番人気に支持され、勝ち馬のモンテミウから1秒差の5着だった。ユーワファルコン産駒としてもこれが初出走。オサナゴコロノキミの母モリトオケイは不出走馬だが、祖母モリトオカタは湘南特別(900万下)など中央で5勝をあげている。

父ユーワファルコンは*スターオブコジーン産駒。中日スポーツ賞4歳S(GIII)を13番人気で制した他、オープンの福島民友Cを勝っている。初年度産駒としてオサナゴコロノキミを含め3頭が登録されているが、これらすべてが中央に馬名登録されている。ちなみにこの3頭の生産者・オーナーはみなユーワファルコンを生産したミルファームである。

◆福山3RのJRA認定競走、プライドストーリー競走(D1250)で新種牡馬ダンシングカラー産駒のブレーヴヒーロー(牡2)が勝利。これで通算4戦2勝。ダンシングカラー産駒として3頭目のJRA認定競走勝ち馬となった。ダンシングカラー産駒としては他にデビュー戦を5馬身差で圧勝して鎌倉記念で2着に入ったノースダンデーなどがいる。

【11/4(日)】
◆福島5Rの500万下条件戦(芝2600)にロングニュートリノ産駒のセブンゴールデン(牡4)が出走。好スタートからハナを切るも、2週目3コーナーあたりで急に失速。勝ち馬から6秒以上離されながらもシンガリでゴールしたが、レース後に左前浅屈腱断裂並びに右前繋靭帯断裂と診断され予後不良となった。セブンゴールデンは父ロングニュートリノの8年目の産駒にして中央初勝利をあげた馬で、オープンのすみれS4着などまずまずの活躍をしていた。残念。ラストクロップとなる同期のロングニュートリノ産駒には京浜盃を勝ったサワライチバンがいる。


★マイナー種牡馬1行ニュース★

【10/29(月)】
盛岡9R 1着 A2特(D1600) マクロプランナー(牡5) 【ユウキサンデー】
大井1R 1着 C3(D1200) ハルカシグマ(牝5) 【*ヤシマジャパン】
大井10R 1着 B3特(D1600) クレイアートビュン(牡3) 【トーホウエンペラー】
金沢1R 1着 C47(D1300) アルファスマイル(牝3) 【ダイタクリーヴァ】
金沢8R 1着 B43(D1400) リンガスクインビー(牝4) 【サクラケイザンオー】

【10/30(火)】
大井9R 1着 C2特(D1600) クランペガソス(牡4) 【マイネルマックス】
名古9R 1着 B6特(D1600) ゼンシンハヤト(牡4) 【メジロブライト】
荒尾3R 1着 C28(D1300) カシノウェーブ(牡3) 【ラガーレグルス】

【10/31(水)】
大井10R 8着 JBCスGI(D1200) メイショウバトラー(牝7) 【メイショウホムラ】
大井10R 9着 JBCスGI(D1200) アドミラルサンダー(牡5) 【*グリーンアプローズ】
大井10R 10着 JBCスGI(D1200) ノボトゥルー(牡11) 【Broad Brush】
名古3R 1着 2歳2(D1400) ロードグリン(牡2) 【トーホウエンペラー】
名古8R 1着 B10(D1400) マイネルオリエント(牡6) 【*ヒシアケボノ】
園田12R 1着 C2(D1400) レッドアメリカン(牝3) 【*アメリカンボス】
荒尾2R 1着 C31(D950) サチノオリーブ(牝3) 【ダンディコマンド】
荒尾6R 1着 C23(D1400) リッカテイオー(牡3) 【ダイタクヤマト】

【11/1(木)】
札幌3R 1着 2歳牝(D1000) ナイスランバー(牝2) 【ショウナンカンプ】
名古10R 1着 C8(D1600) ビギン(牝4) 【ビッグサンデー】
園田2R 1着 F2(D1400) ウイニングランサー(牡2) 【スマートボーイ】
園田9R 1着 C3(D1400) スーパーコンドル(牡3) 【リキアイワカタカ】

【11/2(金)】
大井3R 1着 3歳(D1200) サドノメガミ(牝3) 【アブクマポーロ】
名古1R 1着 3歳19(D1400) ブルーフリーウェイ(牡3) 【タイキシャーロック】
名古5R 1着 J認定(D1400) オリオンジャック(牡2) 【ラスカルスズカ】
名古9R 1着 C2(D1400) エムジェイシーザー(牡5) 【ネーハイシーザー】

【11/3(祝土)】
J福島3R 3着 500牝(D1700) ニットウサラン(牝4) 【アグネスカミカゼ】
J福島4R 2着 500牝(D1150) シアトルレイナ(牝3) 【*トーヨーシアトル】
J福島9R 3着 500(D1150) カシノカスケード(牡3) 【ビークァイエット】
J東京1R 3着 2歳未(D1400) ザシークレット(牡2) 【*スピードワールド】
J東京12R 1着 1000(D1400) ダイワエルパソ(牡4) 【ダイワテキサス】
J京都3R 1着 2歳未(芝2000) ドリームキューブ(牡2) 【メジロブライト】
J京都10R 2着 1600特(D1800) イセノイチ(牡9) 【アレアズマ】
佐賀5R 1着 C2(D1400) ダイワハルパー(牡4) 【ダイワテキサス】

【11/4(日)】
J福島7R 3着 500(芝1200) エフテーララーヤ(牝3) 【サンデーウェル】
J東京11R 9着 アル共GII(芝2500) マキハタサイボーグ(セ5) 【メジロブライト】
J京都3R 3着 2歳未牝(芝1200) ヴェーダバイオ(牝2) 【ミレニアムバイオ】
J京都9R 2着 1000特(芝1800) リメインオブザサン(牡4) 【サンプレイス】
水沢6R 1着 B2(D1600) ミルウイニング(牡6) 【ウイニングウエイ】
金沢3R 1着 2歳特(D1500) ミシカ(牡2) 【ミレニアムバイオ】
金沢6R 1着 C22(D1300) トミノプリティー(牝3) 【スエヒロコマンダー】
高知1R 1着 D7(D1300) ビッグフラワー(牝5) 【ビッグサンデー】


この記事へのトラックバック

1. [競馬] 現役のシンザン系競走馬は二頭のみ  [ 昨日の風はどんなのだっけ? ]   2007年11月07日 21:07
マイナー種牡馬ニュース : 父系馬鹿  シンザンいやヒンドスタンの系統もついに絶えてしまうのか……。マイシンザンはもう少し種牡馬生活を続けて、牝馬が集まっても良い競走馬だった。未完の大器といえば、マイシンザン。



この記事にコメントする ※常識的なハンドルネームでお願いします。

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
サラブレッド血統入門
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一から始める! サラブレッド血統入門 [ 平出 貴昭 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/4/1時点)

当ブログ「父系馬鹿」が
紹介されています。
最新コメント
QRコード
QRコード