2009年07月04日

グランアクトゥール

マイナー種牡馬外伝第二弾はメジロマックイーン産駒のグランアクトゥールです。

グランアクトゥール

日本産 1998年生 鹿毛 父系:TourbillonMy Babu
メジロマックイーンメジロティターンメジロアサマ
*シェリル
メジロオーロラ*リマンド
メジロアイリス
スイートルノワールシンボリルドルフ*パーソロン
スイートルナ
スイートソフィア*ロイヤルスキー
スイートシャネル

牝系

  スイートシャネル 1974
   |スイートヘッド 1979 (3着)4歳牝馬特別
   ||シャマードシンボリ 1988 みちのく大賞典(盛岡)、青藍賞(盛岡)、種牡馬
   |サクラガイセン 1980 アメリカJCC(GII)、(2着)天皇賞(春)(GI)、種牡馬
   |スイートソフィア 1981 (3着)4歳牝馬特別(GII)、京成杯3歳S
   ||パブロワスイート 1988
   |||ハートドラゴン 2001 ウイナーC(盛岡)
   ||スイートルイーゼ 1989
   |||ブンブンラリー 1994 スパーキングレディーC(川崎)
   ||スイートルノワール 1990
   |||グランアクトゥール 1998

父メジロマックイーンは曽祖父メジロアサマ・祖父メジロティターンに続き父子3代で天皇賞を制した日本が誇る名馬。しかし現在のところ種牡馬入りした産駒はグランアクトゥールただ1頭で、ラインの存続は厳しい状況にある。ちなみにサラブレッドとしてはTournesol系のクモハタ⇒メイヂヒカリ⇒オーシャチ⇒アイアンハートに続く2頭目の内国産4代目種牡馬ということになる。父・母父ともに*パーソロンの末裔であるだけでなく、5代母*スヰートが曽祖父メジロアサマの母ということで*パーソロンの4×3、*スヰートの4×5というめったにお目にかかることのないクロスが存在する。

競走成績 3戦1勝 主な勝ち鞍:特になし

日付競馬場レース名着順距離タイム
2001/6/16福島3歳未勝利(父)9/13D17001:52.6
6/23福島3歳未勝利(父)6/16T20002:04.3
7/29新潟3歳未勝利1/12T20002:00.5

グランアクトゥールはヒダカブリーダーズユニオンにて総額1300万円で募集された。デビューは3歳の6月と遅れ、初戦はダートを使って勝ち馬から5秒以上離されるなどいいところがなかったが、2戦目の芝2000では単勝100倍超の人気薄ながら後方から最速の上がりを使って6着とまずまずの成績を残すと、3戦目の新潟芝2000では長い直線を活かして差し切り勝ちをおさめた。しかしこのレース中に骨折、競走能力喪失の診断を受け、結局3戦だけでターフを去ることとなった。

引退後は千葉県のオリンピッククラブ富里トレーニングファームにて種牡馬入り。その素質が生産者によって期待され…たわけではなく、その名の通り乗馬クラブでの繋養ということで、主に乗馬用種牡馬として供用されたようだ。2002年と2003年の2年間で述べ9頭の牝馬に種付けされ、そのうち2頭が血統登録されたが、うち1頭は母オールレインボーの双子(の片割れ)で、もう1頭は母がアングロアラブのカゼノアケミである。ちなみにカゼノアケミの父は*パーソロン産駒のアングロアラブ、スーパーソロンなのでカゼノアケミの2003には*パーソロンの5×4×3というクロスがある。

とはいえ、乗馬クラブだけに2頭とも競走馬登録はされておらず、「内国産5代目の競走馬」がターフを走るという父系ファンの夢はアイアンハートの例を除き結局いまだ実現していないということになる。現在内国産3代目の種牡馬といえばショウナンカンプ・サブミーカー・ウインジェネラーレ・ウツミジョーダンなど極わずかしかおらず、しかも4代目種牡馬の出現はかなり厳しいと言わざるを得ない種付け状況にある。現在その可能性が最も高いのはやはりメジロマックイーン産駒のホクトスルタンであろう。ぜひとも父子4代天皇賞制覇の偉業を達成し、内国産5代目の競走馬を世に送り出してもらいたいものである。





この記事へのコメント

1. Posted by 山 2009年07月05日 00:25
メジロマックイーンの父系、バクシンオー、エアジハードの父系、ダイタクヤマトの父系、トウカイテイオーの父系は何とか伸ばしてもらいたいですね。
2. Posted by Organa 2009年07月05日 12:19
ダイタクヤマトもいましたね。
しかし去年は種付けゼロのようです…厳しいですね。
今年の1歳馬に母が小倉2歳S4着のユキノフェアリーの牡馬がいるので、
こいつに期待しましょう。めざすはさざんかS父子4代制覇!(笑)
3. Posted by *優美* 2011年02月05日 21:20
こんにちは(*^_^*)
今、私は乗馬クラブの学生をしています。週に2〜3日グランアクトゥールに乗馬の練習をさせてもらってます。
私は、グランアクトゥールの昔を全く知らなかったので
もしかして…あるかな?と思い検索したら、あったのでビックリしました(笑)
グランアクトゥールは毎日元気にしてますよ☆
仕事に真面目で、走るのが大好きな頑張り屋さんです(^^ゞ
しかも、、、私が手入れの作業をやりやすいように、自分から考えて動いてくれるし、他の馬と比べてかなり賢いんですよね。
アクトゥールの嫌だと思う事をしなければ、
大人しいし肝もすわってて頼もしいです。
その代わり、アクトゥールから人に要求する内容は、他の馬よりも多く内容も細かくて、アクトゥールの求めてる要求に応えないと噛む・蹴る・威嚇が激しいんです。本当、人の様に考えないとダメな馬なので、毎回凄く勉強になりますよ。
左周りがチョット苦手な馬なんですが、動きは軽いので動かしやすくて、スピードがある馬だと感じました。
私が乗っていて、バランスを均等に乗れていない時には、自分の顔の向きを変えて、スピードが落ちずに走れ様バランスをとって、走ってくれるプロ意識のある賢い馬です。しかも、治せる様に教えてくれてる様に思いました。
他の馬では、蛇行したり減速したり…。だったので、原因がわかり今は普通に走れる様になりました。
ぜひ、時間がある時にでも富里トレーニングファームに会いに来て下さいね(^^ゞ
アクトゥールがレースで走らなかった原因は…。読んでいて、扱う人達が原因だったんだ…。と思いました(ノд<。)゜。わずかなハミの動きにも敏感で反応し、速度調節の時も反発しないで素直に従う馬なのに…。気性の問題もどの位置でも平気ですし、脚の瞬発力が問題って事でも無いと思います。
やっぱり、、、扱う人って馬の馬生を左右するから、本当に大事なんですね。
4. Posted by Organa 2011年02月06日 00:15
こんばんは。
あのグランアクトゥールに乗っていらっしゃるとは…。
こちらは乗馬の経験はゼロなので、うらやましい限りです。
なかなか気難しいところも見せているようですが、
まずは元気にやっているようで、なによりです。
そちらの方面に行くときはぜひ顔を見に行きたいと思います。
5. Posted by 笑うホビット 2014年11月08日 01:03
競走馬の知られざる歴史すげえなと思いながら読ませて頂いてます。
初年度産駒が双子であるのは初耳でした。血統表や産駒一覧表だけでは知られにくい情報まで網羅しているのに驚かされます。
併用1年、頭数一桁の希少な産駒、敢えて「潰さない」ことに対する理解は父系存続の観点からでは厳しいでしょう。
某カストル・ボルックス兄弟も大成しませんで、異例だと思いました。
けい養先及びマックイーンに興味を持ったついで、勝手に推測させていただきます。
1.有力出資者の希望
2.一頭の能力以上に、種付け・出産という一度の作業で多く頭数を確保する意味のほうが大きかった
3.思い出作り(多分生産牧場でもほぼ「ツブす」)
記念樹植樹とか、野球部県大会あと1死の場面での代打スコアラー君のように、学校らしい3.がいいかなっと思ってますが(笑)
ずっと川崎所属の9歳馬の引退でライン終了だと思っていましたが、ギャンブルだけではない、いいスポーツだなと思いました。
6. Posted by Organa 2014年11月08日 22:59
おそらく競走馬として走らせるために生産したのではなく、乗馬としての用途が主だったと考えられるため、双子であることのデメリットより、むしろ2頭得られることのメリットが上回ったのではと推測します。それにしても双子のうち片方だけが血統登録されたというのも面白い話です。
7. Posted by nanasi 2017年02月28日 10:09
今さらですが当事者だったのでカキコします。
オールレインボーが双子を産んだのは、単純に種付け後16日目頃のエコーによる妊娠鑑定を行っていなかったからです。通常、双子であればその時点で片方を潰してます。
また双子の妹が登録されていないのは、小さくて虚弱だったため、立つこともままならず何日かで死んでしまったためです。
8. Posted by Organa 2017年03月01日 23:21
情報ありがとうございます。そういう事情だったのですね。やはり最初から競走馬としてデビューさせる予定はなかったのでしょうか。

この記事にコメントする ※常識的なハンドルネームでお願いします。

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
サラBLOOD!

サラBLOOD

サラBLOOD!
価格:1,680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

当ブログ「父系馬鹿」とのコラボ企画が掲載されています。

最新コメント
QRコード
QRコード