2010年02月09日

バランスオブゲーム

新種牡馬辞典、第十五弾はバランスオブゲーム。ご存知「ミスターGII」です。

バランスオブゲーム

日本産 1999年生 鹿毛 父系:NijinskyCaerleon
フサイチコンコルドCaerleon IINijinsky II
Foreseer
*バレークイーンSadler's Wells
Sun Princess
ホールオブフェーム*アレミロードTom Rolfe
Why Me Lord
ベルベットサッシュディクタス
ダイナサッシュ
牝系

 ダイナサッシュ 1979
  |サッカーボーイ 1985 阪神3歳S(GI)、マイルChS(GI)、種牡馬
  |ベルベットサッシュ 1986
  ||ホールオブフェーム 1991
  |||バランスオブゲーム 1999
  |ゴールデンサッシュ 1988
  ||ステイゴールド 1994 香港ヴァーズ(香GI)、種牡馬
  ||グレースランド 1998
  |||ドリームパスポート 2003 神戸新聞杯(GII)、きさらぎ賞(GIII)
  ||レクレドール 2001 ローズS(GII)、クイーンS(GIII)
  |ビークァイエット 1992 (3着)サラブレッドグランプリ(佐賀)、種牡馬

父フサイチコンコルドはわずか3戦のキャリアでダービーを制した名馬で、種牡馬としてもバランスオブゲームのほかにダートGIを7勝しながら種牡馬になれなかったブルーコンコルド、2年連続でエリザベス女王杯2着で涙を飲んだオースミハルカなどを出しており、全体的に苦戦が続くカーリアン系種牡馬の中で唯一健闘している。3代母ダイナサッシュは9戦して未勝利だったが、*ディクタスとの間に快速馬サッカーボーイ、バランスオブゲームの祖母ベルベットサッシュ、ステイゴールドの母ゴールデンサッシュを出しており、後世に与える影響は大きい。

競走成績 29戦8勝 主な戦績:毎日王冠、中山記念などGII6勝

日付競馬場レース名着順距離タイム
2001/8/12新潟2歳新馬1/13T10000:56.3
9/2新潟新潟2歳S(GIII)1/10T14001:21.7
12/9中山朝日杯フューチュリティS(GI)4/16T16001:34.1
2002/3/3中山弥生賞(GII)1/11T20002:02.0
4/14中山皐月賞(GI)8/18T20001:59.3
5/26東京東京優駿(GI)7/18T24002:26.9
9/15新潟セントライト記念(GII)1/17T22002:12.9
10/20京都菊花賞(GI)5/18T30003:06.5
2003/3/2中山中山記念(GII)2/12T18001:47.9
3/29中山日経賞(GII)2/10T25002:31.5
5/31中京金鯱賞(GII)4/14T20001:59.2
6/29阪神宝塚記念(GI)11/17T22002:13.5
10/12東京毎日王冠(GII)1/11T18001:45.7
11/23京都マイルチャンピオンシップ(GI)4/18T16001:33.6
2004/4/4阪神産経大阪杯(GII)4/11T20001:59.9
6/6東京安田記念(GI)3/18T16001:32.8
8/22札幌札幌記念(GII)2/11T20002:00.5
10/31東京天皇賞(秋)(GI)9/17T20002:00.5
11/21京都マイルチャンピオンシップ(GI)8/16T16001:34.0
2005/2/27中山中山記念(GII)1/14T18001:46.5
6/5東京安田記念(GI)7/18T16001:32.8
10/9東京毎日王冠(GII)4/17T18001:47.0
10/30東京天皇賞(秋)(GI)11/18T20002:00.7
11/20京都マイルチャンピオンシップ(GI)5/17T16001:32.4
2006/1/29東京根岸S(GIII)11/16D14001:24.6
2/26中山中山記念(GII)1/12T18001:48.9
6/4東京安田記念(GI)17/18T16001:35.4
6/25京都宝塚記念(GI)3/13T22002:13.8
9/24中山オールカマー(GII)1/15T22002:12.1

「ミスターGII」。これほどこの馬を的確に表現する言葉を他に知らない。特に中山のGIIとの相性は抜群で、弥生賞・中山記念(2回)・オールカマーと4勝しており、連対率も100%を誇っている。ダートの根岸Sを除けばGI以外で掲示板をはずしたことはなく、連対率は7割を超え、きっちりと力通り走る馬として知られていた。一方でGIではさっぱりだったわけではなく、6度の掲示板を経験しており、特にディープインパクトの宝塚記念では重馬場を利してあわや逃げ切りという場面を演出している。ちなみにGI級レース未勝利馬の賞金ランキングではナイスネイチャにわずか150万及ばない2位となっている。

引退後はアロースタッドにて種牡馬入りし、受胎条件20万円、出生条件30万円で供用された。初年度は37頭に種付けし、19頭の産駒が誕生。2年目は半数の19頭に落ち込んだが、3年目はさらにその半分以下の8頭と早くも一桁台になっている。GII6勝は歴代最多記録で、並のGI勝利に勝るとも劣らない実績であるはずだが、血統的にはやや地味であるといわざるを得ず、やはり何か強烈に光るものがないと苦しいのだろう。注目の産駒は以下のとおり。

注目の産駒一覧 (種付:37頭 登録:19頭)

母名備考
グラッドハンド半兄にベンチャーナイン(プリンシパルS)
コウエイカスケード母はしもつけオークス(宇都宮)の勝ち馬
ドラールクラウン母は戸塚記念の勝ち馬
プリンセスプレーンいとこにメイショウサムソン(ダービーなどGI4勝)
*ホークズフォーチュン半姉にトーホウシャイン(マーメイドS)
*マキハタスペシャル半兄・姉にマキハタエルドラド・グルーオン・サイキック

注目は母グラッドハンド。半兄にクラシック三冠皆勤でプリンシパルS勝ち・京成杯2着があるベンチャーナインがおり、そのベンチャーナインのオーナー、本杉芳郎氏によって1000万円を超える値段で落札されている。半姉にマーメイドSの勝ち馬トーホウシャインのいる母ホークズフォーチュンは400万円で購買されている。個人的な注目は母コウエイカスケード。バランスオブゲームに Northern Dancer の3×3というクロスがあることは有名だが、こちらは Sadler's Wells の4×3(ついでに Nijinsky II ≒*ミンスキーの4×5も)というクロスがある。

根幹距離・非根幹距離という考え方がある。つまり1200m、1600m、2000m、2400mをレース体系の軸となる距離(根幹距離)とし、それ以外の距離と区別する考え方だが、バランスオブゲームの場合、根幹距離(1.1.1.12)に対し非根幹距離(7.2.1.3)(ダート除く)とはっきりと差が出ている。GIに根幹距離が多いといえばそれまでだが、GIIでダイワメジャーやカンパニーといった実績馬を破っているのだから一概にそれだけとも言えない。非根幹距離を得意とした名馬には*グラスワンダーがいるが、産駒の重賞勝ちは大半が根幹距離で、ジャパンC勝ち馬も出しており、バランスオブゲームも意外と大物を輩出する素地があるのかもしれない。

バランスオブゲームといえば忘れてはならないのが、オーナーが「ダービースタリオン」の開発者である薗部博之氏であるということだ。1000万円に満たない落札額でありながら6億円以上を稼ぎ出したのだからこの人の引きの強さも相当なものである。産駒名にもデュアルプロセッサ、ランダムシードなどIT関連の用語を多く付けていることでも有名だが、その薗部氏が初めて所有した競走馬が*スタープログラマーである。当時の○外らしくデビュー3連勝を飾ったあとはオープンで1勝をあげるにとどまったが、種牡馬としてアメリカに渡っており、現在でも現役でがんばっているようだ。

ちなみに、かつては「ダービースタリオンステークス」なる競走が存在した。これは「父が日本ダービー1〜5着」あるいは「主要国のダービー勝ち馬」の産駒のみが出走できるレースだったが、頭数が揃わずすぐに廃止されてしまった。しかしこれだけ国内調教馬の層が厚くなってきた今こそ復活させる価値のあるレースではないかと思う。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. [競馬]2010/02/09 競馬〜ラブミーチャンが桜花賞に向けて始動  [ 昨日の風はどんなのだっけ? ]   2010年02月10日 21:09
快速娘ラブミーチャン笠松から桜獲り - 競馬ニュース : nikkansports.com Dr.コパが桜へ調教師に「必勝命令」 - 競馬ニュース : nikkansports.com 【ゴールドジュニア】(12日・笠松)〜ラブミーチャン今年初戦、10頭が出走 | News | 競馬実況web | ラジオNIKKEI ラ

この記事へのコメント

1. Posted by らすかる 2011年08月24日 07:46
おはようございます。
バランスオブゲームが気になって、産駒の成績を調べてみました。

まずは「注目の産駒」から…。
グラッドハンドの仔 マイティージュニア 川崎で初勝利
コウエイカスケードの仔 リアライズブラボー 黒潮盃で2着
ドラールクラウンの仔 馬名未定
プリンセスプレーンの仔 パセリ 佐賀で2着2回
ホークズフォーチュンの仔 スカイホーク 中央未勝利
マキハタスペシャルの仔 マキハタファントム 門別で4勝

その他の産駒
イクシカナイダロウ 門別で1勝
キュートアイ 福山、高知で3勝
クラウンナイト 荒尾で1勝
ゲームオブモレッタ 中央で新馬戦3着
ダイショウドラゴン ベルベットサッシュの3×3 中央未勝利
ネームオブザゲーム 薗部氏の所有馬 デビュー前
ハシレシャミチャン 浦和で2着1回 3着2回
ブルーサンダー 園田で2着2回 3着2回
ブロックコード 中央で1勝
ホリノアルファード 浦和で2着1回 3着1回
オグリモモコの2008 母の父ゼネラリスト 母の母の父プレストウコウ

血統的に面白い馬も何頭かいますが、今のところ中央で勝ち上がったのは1頭。
リアライズブラボーは重賞で2着に入っていますので、この先の活躍が期待されますが、現状はかなり厳しいものがあるようです。
※出典はJBISサーチ
2. Posted by らすかる 2011年08月24日 07:54
追記:
イクシカナイダロウの母は、ダービー卿CTを勝ったヤマノタンポポです。
3. Posted by Organa 2011年08月24日 21:55
種付け料30万円ですから、リアライズブラボーの活躍、それに中央勝ち馬も出れば
今のままでもそれなりに評価は上がっても良いとは思いますが、
やはり種付け数に影響するところまでは行かないですかね。

この記事にコメントする ※常識的なハンドルネームでお願いします。

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
サラBLOOD!

サラBLOOD

サラBLOOD!
価格:1,680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

当ブログ「父系馬鹿」とのコラボ企画が掲載されています。

最新コメント
QRコード
QRコード