2011年12月26日

マイナー種牡馬・新種牡馬ニュース 12/19〜12/25

更新が遅れて申し訳ありません。

★ 今週のニュース ★

★(12/19)ナリタセンチュリー産駒のナリタハピネス、福山で初勝利
★(12/23)ブライアンズロマン産駒のラストロマンス、浦和のC2戦勝利
★(12/23)ダンツサイレンス産駒のセクシーガガ、荒尾で初勝利
★(12/24)*クリストワイニング産駒のクリスタルドア、小倉の500万下勝利
★(12/24)タガノマイバッハ産駒のアスカノバッハ、阪神の障害未勝利戦勝利
☆(12/25)新種牡馬サブミーカー産駒の*ダークマレイン、中山の未勝利戦3着
☆(12/25)新種牡馬ウインクリューガー産駒のエバーローズ、中山で初勝利
★(12/25)レギュラーメンバー産駒のウルトラカイザー、佐賀の重賞・中島記念勝利
【12/19(月)】

◆福山7Rの3歳戦(D1250)でナリタセンチュリー産駒のナリタハピネス(牡3)が勝利。これが9戦目にして初勝利となった。中央3戦未勝利で今年10月に福山に移籍して以来、堅実な成績を残していたが、今回は先手を奪って6馬身差で逃げ切り勝ちを収めた。なお、ナリタハピネスは24日(土)のレースにも出走して勝っており、同一週で2勝をあげている。ナリタセンチュリーは京都記念などの勝ち馬で、種牡馬として無料で供用されているが、初年度に8頭種付けして以降は毎年1頭ずつにとどまっており、かなり厳しい状況にある。ナリタハピネスはその初年度産駒にあたり、これで世代4頭の産駒のうちデビューした3頭すべてが勝ち上がったことになる。

【12/20(火)〜12/22(木)】

特になし。

【12/23(祝金)】

◆浦和4RのC2クラス戦(D1400)でブライアンズロマン産駒のラストロマンス(牡4)が勝利。これで通算18戦2勝。好スタートから叩いてハナを奪うと、第3コーナーあたりから後続との差を広げにかかり、そのまま最後は6馬身の差をつける完勝だった。父ブライアンズロマンは宇都宮が誇る名馬で、62戦43勝、重賞17勝というとてつもない記録を残したが、種牡馬としてはほとんど人気が出ずにわずか数年で廃用。このラストロマンスが唯一のラストクロップとなっている。その血を繋ぐ可能性はほぼゼロに近いが、デビュー当時は300キロ台だった体重も440キロ近くまで成長しており、何とか重賞戦線での活躍を見たいものだ。

◆荒尾3Rの2歳戦、荒尾競馬装蹄師会特選(D1400)でダンツサイレンス産駒のセクシーガガ(牝2)が勝利。これが9戦目にして初勝利となった。ちなみに父ダンツサイレンスにとってもこれが産駒の初勝利となった。ダンツサイレンスは*サンデーサイレンス産駒で中央4勝。2000年より大分で種牡馬入りしており、初年度産駒はすでに10歳となっているが、なぜか産駒の大半が競走馬登録されておらず、3歳以上の産駒計16頭のうちデビューしたのはわずか2頭にすぎない。種牡馬入りから11年目で産駒の初勝利というのはある意味記録的ではないかと思われるが、残念ながら2009年に種牡馬を引退しており、現2歳世代がラストクロップとなっている。

◆荒尾4R C10 1着 グスクプラネット(牡3) 【アグネスプラネット

◇荒尾7R プリンセス賞 1着 ガイヤクイン(牝2) 【*ファスリエフ

【12/24(土)】

◆小倉7Rの500万下条件戦(D1700)で*クリストワイニング産駒のクリスタルドア(牡6)が勝利。これで通算48戦2勝。これが3歳未勝利戦以来の勝利で、実に3年9か月ぶりの勝ち星となった。父*クリストワイニングは*トワイニング産駒の○外で、中央3勝。種付け料無料で供用されており、これまで中央で6頭が勝ち上がっている。さすがに種付け料が無料だけに大物産駒はいないが、中央での勝ち馬率は5割近く、これが3頭目の中央2勝馬となっており、しかも高齢まで走るとあって小銭稼ぎには非常に最適な種牡馬である。ここ数年の種付け数は10頭に満たないが、もっと注目されてもいい種牡馬だと思われる。

◆阪神4Rの障害未勝利戦(D2970)でタガノマイバッハ産駒のアスカノバッハ(セ3)が勝利。これで通算23戦2勝(うち障害5戦1勝)。アスカノバッハは4戦目で未勝利を勝ち上がって以降、500万下で完全に頭打ちになり、今年の8月より障害入りしていたが、5戦目にして初勝利となった。ちなみに鞍上の南井大志Jにとっても今年の初勝利となっている。タガノマイバッハは大阪杯などの勝ち馬で、大半の産駒が「タガノ」の八木良司氏の持ち馬となっているが、唯一の他オーナーであるアスカノバッハのみが今のところ中央で勝ち上がっている。ダンスインザダーク産駒だけに障害適性も今後楽しみだ。

◇阪神2R 2歳未勝利 1着 リュクスメジャー(牝2) 【ダイワメジャー

◇阪神6R 2歳新馬 1着 スペシャルザダイヤ(牡2) 【*シーキングザダイヤ

◇阪神7R 2歳新馬 1着 ヤマニンファラオ(牡2) 【ダイワメジャー

◆福山6R 3歳 1着 ナリタハピネス(牡3) 【ナリタセンチュリー

【12/25(日)】

◇中山2Rの2歳未勝利戦(T1600)に新種牡馬サブミーカー産駒の*ダークマレイン(牝2)が出走。中団待機から直線向いてよく脚を伸ばし、8番人気ながら3着に健闘した。ちなみにこれが父サブミーカーにとって地方中央通じて初の掲示板ということになった。サブミーカーはサクラバクシンオー産駒で、不出走ながらアドマイヤムーンの半弟という血統から種牡馬入り。ところがデビューした産駒はどれもこれも大敗続きで全くいいところがなく、いきなり窮地に立たされていた。なお、*ダークマレインの母*スターマレインはサブミーカーを受胎したまま渡米、現地で同馬を出産しており、米国産馬という扱いになっている。母はサブミーカーの1年前にはディープインパクトが付けられていたほどの期待牝馬だし、ぜひこの馬で初勝利といきたいものだ。

◇中山3Rの2歳新馬戦(D1200)で新種牡馬ウインクリューガー産駒のエバーローズ(牝2)が勝利。見事デビュー戦を勝利で飾った。ちなみに父ウインクリューガーにとってもこれが産駒のJRA初勝利となった。好スタートからハナを切ったエバーローズだったが、道中で他の先行勢が脱落し大きなリードで直線に向くと、最後は多少脚が上がったものの後続に2馬身差をつけて逃げ切った。ウインクリューガーはご存知芝GIの勝ち馬だが、*タイキシャトル産駒だけに初勝利がダートというのは想定内というところ。初年度産駒9頭ということを考えれば新馬戦の勝ち馬を出しただけでも上々と言えそうだが、今回の勝ち方を見れば上のクラスでももう少しやれそうだ。

◆佐賀9Rの重賞競走、第27回中島記念(D2000)でレギュラーメンバー産駒のウルトラカイザー(牡3)が勝利。これで通算11戦9勝。前走はラブミーチャンとの対戦でダート戦初黒星を喫したウルトラカイザーだったが、今回は地元限定戦ということで圧倒的支持を受けると、スピードの違いでハナに立った後は流すだけの競馬で、全く追うところなく4馬身差の圧勝だった。まさに圧巻の一言。前走オッズパークグランプリは相手が強かったのもあるが、やはりD1400は若干忙しかった印象があり、これぐらい距離があったほうがレースがしやすそうだ。年明けの佐賀記念では中央勢相手にどこまで健闘できるか楽しみだ。

◇小倉3R 2歳未勝利 1着 メイショウヒデタダ(牡2) 【メイショウボーラー

◇中山3R 2歳新馬 1着 エバーローズ(牝2) 【ウインクリューガー

◇阪神7R 2歳500万 1着 オリービン(牡2) 【ダイワメジャー

◆水沢6R B2 1着 ヒビキクエスト(牡4) 【デリケートワン

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 魚 2011年12月26日 16:57
5 2011JRAの競馬は終わりました。
今年は大震災があり大変な1年でしたが、
震災直後のスプリングSで勝利したオルフェーヴルが負けずに3冠そして有馬まで勝ち続けました。来年は名前の通りに黄金の国ジパングから来た馬オルフェが世界一になることを期待したいです。
父系ファンとしてはより多くの日本馬が種牡馬になれるような環境になってほしいです
2. Posted by うめにゃんこ 2011年12月27日 01:50
ウルトラカイザー、強かったですね!
向こう正面で既に他馬がついていけなくなってしまうような走りには、目を見張ってしまいました。
成長力もありそうで、今後ますます楽しみです。

エバーローズは、母父もスピードワールドというマイナーさにありながら、2番人気でしたね。調教が良かったのでしょうか?
いい走りだと思いましたので、早熟に終わらないことを願いたいです。

ナリタセンチュリーはトニービン直仔ですし、いい種牡馬になれると思っているのですが…G犠,舛なかったし、やはり厳しいのですね…
3. Posted by Onuu 2011年12月27日 07:32
ついに荒尾競馬が幕を閉じましたね...
アグネスプラネット2頭、ビークァイエット2頭、ダンツサイレンス、イシノナイト、カーム...
ある意味、ものすごい最終日だったかと。
行き先が気になります...
4. Posted by Organa 2011年12月28日 00:38
>魚さん
まさに今年の下半期はオルフェーヴル一色でしたね。
また外国から連れてきた繁殖馬同士の配合ではない点もすばらしい。
こんな馬こそ、世界一の座についてその名を世界中に轟かせて欲しいですね。

>うめにゃんこさん
ウルトラカイザーは公開調教かというくらい強かったですね。
佐賀記念が非常に楽しみになりました。
スピードワールドはこれでデビューした9頭中6頭が中央で勝っているので、
隠れた名ブルードメアサイアーといえるかもしれません。

>Onuuさん
レースを見れば毎日何らかのマイナー種牡馬の産駒が走っている、
なんとも味わい深い競馬場だったのですがね。
荒尾以外では活路を見いだせなさそうな馬も多いだけに、とても残念です。

この記事にコメントする ※常識的なハンドルネームでお願いします。

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
サラBLOOD!

サラBLOOD

サラBLOOD!
価格:1,680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

当ブログ「父系馬鹿」とのコラボ企画が掲載されています。

最新コメント
QRコード
QRコード