2012年01月13日

アドマイヤジュピタ

新種牡馬辞典、第五弾はアドマイヤジュピタです。クラシックを嘱望されたものの骨折でシーズンを棒に振り、その後奇跡の復活を遂げてGI馬となったものの、受胎率の異常によりわずかワンシーズンで種牡馬引退となった悲運の名馬でした。

アドマイヤジュピタ

ノーザンファーム産 2003年生 栗毛 父系:デピュティミニスター系
*フレンチデピュティDeputy MinisterVice Regent
Mint Copy
MitterandHold Your Peace
Laredo Lass
ジェイズジュエリー*リアルシャダイRoberto
Desert Vixen
*アサーションAssert
Yes Please
牝系

Yes Please 1976
 |*アサーション 1987 (3着)愛オークス(IRE-I)
 | |プロモーション 1994 クイーンS(GIII)
 | | |アドマイヤメイン 2003 青葉賞(GII)毎日杯(GIII)、Sire
 | |ジェイズフラワー 1995
 | | |アドマイヤジュピタ 2003

父*フレンチデピュティは米GIIジェロームHの勝ち馬で、○外として*クロフネや*ノボジャックが大活躍したため、2001年に種牡馬として輸入された。種牡馬としてのタイプはダートの怪物*クロフネ、ステイヤーのアドマイヤジュピタ、スプリンターのサンアディユなど、母系によって様々なタイプを出す万能型。今年で20歳、ここ数世代の産駒から重賞ホースが出ていないが、毎年100頭以上の牝馬に種付けを行なっており、まだまだGI馬を出す可能性は大いに残っている。母ジェイズジュエリーは中央2勝。母父*リアルシャダイはライスシャワー、ステージチャンプ、ハギノリアルキングと名だたるステイヤーを多数輩出した長距離砲で、母父としてアドマイヤジュピタを出したのも納得。

競走成績 14戦7勝 (中央:14戦7勝)

日付競馬場レース名着順距離タイム
2005/11/13京都2歳新馬8/15D14001:27.6
2005/12/04阪神2歳未勝利3/16T16001:37.9
2005/12/25阪神2歳未勝利1/16T20002:03.3
2006/01/21京都若駒S(OP)2/6T20002:03.3
2006/02/26阪神すみれS(OP)3/9T22002:19.1
2006/03/11阪神ゆきやなぎ賞(500)1/11T22002:16.0
2007/07/29新潟3歳上500万下1/17T18001:46.8
2007/09/17阪神美作特別(1000)2/15T20002:00.8
2007/10/13京都鳴滝特別(1000)1/9T22002:15.0
2007/11/04東京アルゼンチン共和国杯(GII)1/18T25002:30.9
2008/01/20京都日経新春杯(GII)4/16T24002:27.8
2008/03/23阪神阪神大賞典(GII)1/13T30003:08.7
2008/05/04京都天皇賞(春)(GI)1/14T32003:15.1
2008/10/12京都京都大賞典(GII)9/10T24002:28.0

主な戦績天皇賞(春)(GI)、アルゼンチン共和国杯(GII)、阪神大賞典(GII)

3戦目のT2000mの未勝利戦を4馬身差で勝ち上がり、続くオープンの若駒Sで2着、すみれS3着を経て自己条件のゆきやなぎ賞を制したときは一躍クラシック候補に踊りでたが、直後に骨折が判明し、長期休養を余儀なくされた。1年以上の休養を挟んで復帰したアドマイヤジュピタは500万下条件からの出発となったが、順調に勝ち上がって準オープンの身で出走したアルゼンチン共和国杯で重賞初制覇を飾った。続く日経新春杯は1番人気で4着に敗退したが、阪神大賞典をポップロックら実績馬相手に2馬身半差で完勝すると、天皇賞(春)でメイショウサムソンをアタマ差退け、見事GIウイナーとなった。その後凱旋門賞への追加登録も行ったが、一頓挫あり出走を断念。その影響もあってか秋初戦の京都大賞典は大敗に終わり、その後屈腱炎を発症したためそのまま引退することとなった。

日本での供用実績 社台スタリオンステーション:2009年

引退後はシンジケートが組まれ、社台スタリオンステーションにて種牡馬入り。初年度は種付け料50万円で供用され、94頭に種付けを行ったが、繁殖能力に問題があり、わずか19頭の産駒しか誕生しなかった。このことを受けて即時シンジケートは解散。わずか1シーズンで種牡馬引退を余儀なくされた。種牡馬引退後は去勢され、ノーザンホースパークにて乗馬として余生を送っているようだ。登録された僅かな産駒のうち、注目馬は以下のとおり。

産駒一覧 (種付:94頭 生産:19頭 登録:17頭)

母名備考
アイアイボタンおじにアルアラン(オグリキャップ記念など重賞2勝)
ヴィノクラシコいとこにフェイトフルウォー(セントライト記念、京成杯)
コバノキャンティおじにトーセンオリオン(アイビスサマーダッシュ3着)
シンメイコラージョいとこに Lundy's Liability (UAEダービーなど重賞4勝)
ナスノファインおじにナスノストローク(バレンタインS)
バルミーウインド母の全兄にテイエムダイオー(京都ハイジャンプ)

やはりいくら社台供用とはいえ、種付け料50万円では豪華なラインナップとは言えない。ただ、不受胎だったもののノーザンファーム産のピアチェヴォーレ(エアグルーヴのめい)やヤマニンソリテール(ヤマニンエルブの母)といった牝馬とも交配されており、つくづく受胎率の低さが悔やまれるところ。この中でいえば社台系の牝系でフェイトフルウォーのいとこに当たるヴィノクラシコの2010くらいだろうか。ナスノファインの2010は母父がこれまた天皇賞馬のマンハッタンカフェで、血統だけで見れば相当な長距離砲に思える。

同系種牡馬 (デピュティミニスター系×ロベルト系)

種牡馬名代表産駒
特になし

似たような配合の種牡馬は見当たらないが、*フレンチデピュティ産駒といえばやはり*クロフネ。*クロフネは芝ダート問わず切れ味鋭い産駒を多数輩出しているが、やはり競走実績が違いすぎるので、タイプとしては全く違ったものになるだろう。母父*リアルシャダイはBMSとしてアドマイヤジュピタ以外にも、天皇賞春イングランディーレ、ステイヤーズSのペインテドブラック、菊花賞2着のフローテーションなどを出しており、その影響が非常に強そうだ。イングランディーレはダートでも強かったので、距離が長ければ芝・ダート問わず走りそう。ワンチャンスしかないが、ぜひ菊花賞に駒を進めてもらいたい種牡馬だ。

現代のメジロアサマ

天皇賞の勝ち馬で、受胎率に異常のあった種牡馬といえば、やはりメジロアサマを思い出す。生涯産駒19頭というのは奇しくもメジロアサマと同じである。メジロアサマは牧場の命運をかけたオーナーの尽力もあり、数少ない産駒から天皇賞馬メジロティターンを出し、さらにメジロティターンは天皇賞父子3代制覇となったメジロマックイーンを出した。残念ながらメジロ牧場は閉鎖され、メジロマックイーンの直系もほぼ断絶が確定しているが、母父として現役最強馬オルフェーヴルを出したことにより、現在でもその名は燦然と輝いている。アドマイヤジュピタは血統的な希少性もなかったためわずか1年で廃用となってしまったが、残された僅かな産駒からその血を残すような存在が現れて欲しいものだ。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ゼロウィン 2012年01月14日 22:25
アドマイヤジュピタは5歳の夏の放牧先でアクシデントが無ければ・・。
情報こそ少ないですが、放牧先からボロボロになって帰ってきたらしいです。
活躍しているときよりも治療で我慢している期間の方が長かったような感じがする現役時代ですが、それでもG鞠呂砲覆襪海箸出来ただけでも大成に値すると思います。

当時は東京のレースレコードだったアルゼンチン共和国杯や天皇賞春ですら直線で馬が遊んでいたと騎手が言っているくらいですから、本気で走ったらすごく強い馬だったんじゃ・・(;´∀`)

2. Posted by Organa 2012年01月15日 17:09
なるほど、そこまでひどい状態だったのですね。
輝いた時期が短かったので若干地味な印象になりますが、
無事であれば相当な名馬担っていたかもしれませんね。
3. Posted by らすかる 2012年01月15日 23:39
こんばんは。

「現代のメジロアサマ」になって欲しいと思う気持ちに変わりはありませんが、メジロの場合は、わざわざフランスからシェリルのような優秀な牝馬を買ってきて種付けしていましたので、アドマイヤジュピタにも、このくらいの待遇をして欲しかったものです。
メジロがなくなったことは、オーナーブリーダー時代の終焉の象徴なのかもしれませんね。

同じ馬主のミラクルアドマイヤがカンパニーを出したように、一頭だけ大物を出す可能性に賭けてみたいと思います。
4. Posted by 魚 2012年01月17日 16:04
5 血統でナスノファイン2010が面白いなぁ
馬体とか走り方は分からないけど、天皇賞春勝ち馬の父と母父にリアルシャダイ、ドクターデヴィアス、グリーンダンサー、やっぱり素軽そうではないなぁ…
5. Posted by Organa 2012年01月17日 21:56
>らすかるさん
まあ種牡馬として期待してるならたった1年では切りませんよね…。
社台にとってはその他大勢の1頭、というところだったのでしょう。

>魚さん
何とか菊花賞に間に合えば…というところですかね。
6. Posted by うめにゃんこ 2012年01月20日 03:59
アイアイボタン2010…
母父も早世したアドマイヤベガですか。
ミルジョージも入っていて、スタミナありそうなイメージがします。

この記事にコメントする ※常識的なハンドルネームでお願いします。

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
サラBLOOD!

サラBLOOD

サラBLOOD!
価格:1,680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

当ブログ「父系馬鹿」とのコラボ企画が掲載されています。

最新コメント
QRコード
QRコード