2016年02月27日

新種牡馬辞典 - シャドウゲイト

新種牡馬辞典、二十七弾はシャドウゲイト。コスモバルクとワンツーフィニッシュを決めたシンガポール航空国際C勝ちが光る*ホワイトマズル産駒で、10歳という高齢ながらアイルランドに移籍し、見事現地での種牡馬入りを勝ち取りました。おそらく日本で種牡馬になることはかなり厳しかったでしょうが、アイルランドでは*ダンシングブレーヴの孫であること、さらに母父に*サンデーサイレンスがいることも評価されたのでしょうか。種付け頭数はあまり多くないと思われますが、ぜひ結果を残してほしいです。
シャドウゲイト Shadow Gate

社台ファーム産 2002年生 黒鹿毛 父系:ダンシングブレーヴ系

<血統構成> 5代内クロス :Northern Dancer 4×5

*ホワイトマズル
White Muzzle

GB 鹿毛 1990年
*ダンシングブレーヴLyphard
Najavo Princess
Fair of the FurzeEla-Mana-Mou
Autocratic
ファビラスターン

黒鹿毛 1994年
*サンデーサイレンスHalo
Wishing Well
カッティングエッジ*ファバージ
メルドスポート

*ホワイトマズルは伊ダービーの勝ち馬で、凱旋門賞やキングジョージでも2着の実績がある。種牡馬としての代表産駒はオークス馬スマイルトゥモロー、天皇賞馬イングランディーレ、菊花賞馬アサクサキングスなど。受胎率や勝ち馬率は低かったが、当たれば一発大物の魅力のある種牡馬だった。海外で種牡馬入りする産駒はイングランディーレに続く2頭目となる。

ファビラスターンは通算22戦2勝。重賞実績はなかった。母としては他に川崎マイラーズやアフター5スター賞の勝ち馬で、JBCスプリントでも2着に入ったサトノタイガーなどを出している。なお、*ホワイトマズル×*サンデーサイレンスという配合は他にアサクサキングスやシルポート、シンゲンなどが出ており、実に重賞ウイナーの3分の1がこの配合である。

祖母カッティングエッジは通算11戦6勝。クイーンCや3歳牝馬S(東)などを制した活躍馬で、母としては中央で2〜3勝をあげた馬は多いものの、活躍馬と呼べるレベルの産駒は出していない。ひ孫に神戸新聞杯の勝ち馬イコピコがいる。カッティングエッジの半弟ディヴァインライトは重賞未勝利馬だったが、種牡馬として海外に輸出され、英1000ギニーなど英GI2勝の Natagora の父となった。

<競走成績>

年 (歳)主な実績
2005年 (3歳)821着 グリーンチャンネルC(500) T1800
1着 未勝利戦 T1800
2着 プリンシパルS(OP) T2000
2006年 (4歳)721着 香取特別(1000) T1800
1着 大森浜特別(500) T1800
2007年 (5歳)721着 シンガポール航空国際C(SIN-I) T2000
1着 中山金杯(GIII) T2000
2着 産経大阪杯(GII) T2000
5着 香港C(HK-I) T2000
2008年 (6歳)503着 川崎記念(GI) D2100
2009年 (7歳)702着 金鯱賞(GII) T2000
2010年 (8歳)511着 中京記念(GIII) T2000
2着 アメリカジョッキークラブC(GII) T2200
2011年 (9歳)702着 中京記念(GIII) T2000
2012年 (10歳)211着 一般戦(IRE) AW10F150Y
488

3歳時にはプリンシパルSで2着に入りダービーや菊花賞に出走したが、いずれも大敗している。素質が開花したのは5歳時で、準オープンの身で出走した中山金杯で重賞初勝利をあげると、5月にはシンガポール航空国際Cに遠征し、コスモバルクとのワンツーフィニッシュを決めGI初勝利を飾った。その後はダートなども使われつつたまに重賞で大穴を開けるという競走生活を送ったが、何と10歳にしてアイルランド移籍を表明。受け入れ先はポップロックやキングストレイルも管理した児玉敬調教師で、しかも驚くべきことに移籍初戦の一般戦をレコード勝ちという鮮烈なデビューを飾ったが、その後は1戦しただけで引退した。

<供用実績>

年度種付料種付数生産数登録数供用場所
2013ロングフォードハウススタッド
2014
2015
2016

引退後はアイルランドのロングフォードハウススタッドにて種牡馬入り。種牡馬入りに際しては複数のオファーがあったとのことだが、そもそもが日本では種牡馬入りできないことを見越しての海外遠征だったということで、見事その狙いは的中したようだ。やはり*ダンシングブレーヴの直系で、母系に*サンデーサイレンスを含む血は海外で大いに魅力だったのかというところだが、具体的な種付け状況は不明。掲示板上の情報では高齢の英1000ギニー馬に種付けを行ったとのことだが、真偽のほどはわからない。

<傾向予想> 芝: ダ: 距離:中〜長 ピーク:4歳〜

ある意味*ホワイトマズル産駒らしい馬で、最も適しているのは芝の中距離だが、ダートもこなし、距離延長も全く問題ない。特に自身がレコード勝ちしているように、オールウェザーの中長距離戦にはかなりの適性がありそうだ。仕上がりは遅く、完成するのは古馬になってからだろう。欧州では完全に裏街道である長距離路線なら十分やれそうなイメージで、個人的には同じ*ホワイトマズル産駒のイングランディーレが挑戦し敗れたアスコット金杯まで駒を進める産駒が出てきたら感無量である。

祖父*ダンシングブレーヴは1980年代の欧州最強馬候補の1頭で、本来なら国外に出て行くような存在ではなかったが、マリー病という不治の病にかかったことから日本に輸入されることとなり、産駒数はそれほど多くないものの多数の活躍馬を送り出した。さらにその産駒である*コマンダーインチーフや同馬の父*ホワイトマズルもそれなりの結果を残したが、反面欧州では後継らしい後継がいなくなり、いまや絶滅寸前である。おそらく種付け数はそれほど多くないと思われるが、少しでも還元できたのは良かった。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 即身仏 2016年02月27日 23:30
根こそぎ日本に輸出されたダンシングブレーヴの系統の馬が種牡馬としてヨーロッパに戻ってくるのは確かに感慨が深いものがあります。
こういう事が分かるだけでもこのサイトの有難味をしみじみと噛み締めております。

後は、ホワイトマズルの系統が日本で根付いてくれる事を祈るのみであります。
2. Posted by 成瀬朋 2016年02月28日 08:53
種牡馬入りが決まったのもホワイトマズルの仔だからというのもあるだろうけど近親のディヴァインライトからNatagoraなんかも出てそれなりの成功を収めたというのもあるのかも?

3. Posted by ゼロウィン 2016年02月28日 10:32
ダンシングブレーヴ自身は病畜同然で売られたので日本に来るのは分かりますが、トニービンやフォーティナイナーのように輸入した種牡馬が成功して、買った国に残っていた親や子まで連れて来るのは感心はしませんね。

そんな気がするだけにシャドウゲイトがヨーロッパに行くことは良いことだと思っています。
ハギノハイグレイドとかも持ち腐れしてるくらいなら向こうに輸出しちゃっても良いと思うんですけどね。
イングランディーレは韓国に輸出された後は産駒に韓国ダービー馬が出て種牡馬入りして父系を繋いだわけですし(´・ω・`)
4. Posted by 鈴鹿越え 2016年02月28日 13:48
産駒を根こそぎ持ってきたフォーティーナイナーはともかく、現地での勢いも落ちていて17歳で導入されたカンパラは流石に言いがかりに近いかと。
5. Posted by ゼロウィン 2016年02月28日 15:35
>>鈴鹿超えさん
カンパラの輸入当時は私みたいなことボヤいてた人は結構いましたよ。
国内の種牡馬は簡単に見切って廃用にしてしまうのに、トニービンのような大成功した種牡馬は父から近親まで買って連れて来ることには、購買元の国で血が絶えてしまう恐れがあるから感心しない、といった感じでしたね。
トニービンは凱旋門賞馬ですし、17歳と言えば若くないとは言ってもまだまだ十分やっていける年ですからね。

言いがかりかどうかはお任せしますが、カンパラがもし日本で成功していたら、評価は違ったと思います。
6. Posted by みい 2016年02月28日 23:32
別に売った側が「血>>>>>>>金」だと判断したんだろうし、根こそぎだろうがいいんじゃないですか
提示された金額以上の価値がないって思われたんでしょう
ゼロウィンさんは現役でキングズベストとかも輸入しましたけど、それもよく思わないのでしょうか
7. Posted by ゼロウィン 2016年02月29日 00:52
>>みいさん
そりゃ理念と商売は別の話であり、売った側と買う側が合意して輸入に至ったのですから、ビジネスの上では何の問題もありません。
たとえ根こそぎで輸入して購買元の国で血が絶えようが、商売は成立しているのですから何も関係ない話ですからね。

ココからは私の持論になりますが、確かにキングズベストを輸入するくらいなら、国内で冷遇されている同系統の種牡馬に食指を向けて欲しいと思うところはありますね。
日本にはアメリカンボスが南関東重賞勝ち馬を出しながら開店休業状態ですし、輸入するくらいならアメリカンボスにチャンスを、とは思います。
しかしこれは種牡馬ビジネスの世界では通用しない話であり、その辺は割り切るしかないと思います(´・ω・`)
8. Posted by 774 2016年02月29日 13:56
まあコマンダーインチーフやホワイトマズルも一定の成功を収めたわけですし、ダンシングブレーヴ系の墓場、とはならなかっただけマシ…かな?
9. Posted by 名無し 2016年02月29日 15:29
コマンダーインチーフとホワイトマズルを輸入出来た背景には、前者の馬主が父と同じくサウジの王族、後者がトニービンと同じくあのガウチ氏(後に吉田照哉氏が購入)ということもあったかもしれませんね。

この記事にコメントする ※常識的なハンドルネームでお願いします。

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
サラBLOOD!

サラBLOOD

サラBLOOD!
価格:1,680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

当ブログ「父系馬鹿」とのコラボ企画が掲載されています。

Recent Comments
Archives
QRコード
QRコード

人気ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ