2017年09月10日

週刊種牡馬ニュース 9/4 - 9/10

サトノダイヤモンドとサトノノブレスが出走するフォワ賞についてはまた後日追記をしたいと思いますが、何といっても今週はコリアC・コリアスプリントを日本馬がともに制し、残るクリソライトも2着に入るなど日本にとっては最高の結果となりました。レースレベル的には中央の準オープンといったところでしょうが、賞金額はそれぞれ中央のGII・GIIIに匹敵するものがありますし、今後も日本馬が大きな存在感を示していくことでしょう。オーストラリアに移籍したブレイブスマッシュも勝利をあげたようですし、フランスから朗報を聞かせてもらいたいところです。

(9/11追記)フォワ賞のサトノダイヤモンドは思ったほど伸びず4着。とはいえ2400mで2分35秒台というレースは全くの未経験で戸惑いもあったでしょうし、個人的には仕掛けどころさえ誤らなければ何とかなる範疇の内容に思えました。川田Jもラビットとしての騎乗にさらに磨きをかけ、ぜひ本番で今回の雪辱を果たし、長年の悲願を達成してほしいと思います。
【9/4(月)】

特になし。

【9/5(火)】

イヌワシ賞(重賞) (金沢 3歳上 D2000)
 1. グルームアイランド (牡6) by ヤマニンセラフィム 2:10.0
2番人気グルームアイランドが逃げ切り、昨年のオグリキャップ記念以来となる重賞5勝目をあげた。ここのところ重賞では勝ち切れないレースが続いていたが、かなり激しくなった先行争いを制し、しぶとく粘り込んだ。1番人気に支持された浦和のタマモネイヴィーは3着に終わった。

秋桜賞(重賞) (名古屋 3歳上牝 D1400)
 1. スターインパルス (牝3) by *サウスヴィグラス(USA) 1:29.2
浦和桜花賞など重賞を2勝している浦和のスターインパルスが1番人気に応えて逃げ切った。読売レディス杯でも古馬に交じって2着に入っており、3歳馬ながらグランダムジャパン・古馬シーズン優勝の可能性を残している。

【9/6(水)】

特になし。

【9/7(木)】

戸塚記念(重賞) (川崎 3歳 D2100)
 1. カンムル (牡3) by *サマーバード(USA) 2:17.4
早めに動いた4番人気カンムルが直線向いて後続を突き放し、重賞初勝利を飾った。東京ダービーでも5着に入るなど長い距離に適性を示しており、今後長距離路線で注目の存在だ。1番人気に支持された黒潮盃勝ち馬ブラウンレガートは直線伸びず5着に終わっている。

【9/8(金)】

特になし。

【9/9(土)】

紫苑S(GIII) (中山 3歳牝 T2000)
 1. ディアドラ (牝3) by *ハービンジャー(GB) 1:59.8
 2. カリビアンゴールド (牝3) by ステイゴールド ハナ
 3. ポールヴァンドル (牝3) by ダイワメジャー ハナ
オークス4着馬で、1000万下とはいえ古牡馬に交じって快勝していたディアドラが1番人気に応えて重賞初勝利。桜花賞、オークスではそれぞれ14番人気、9番人気と低評価だったが、これで秋華賞はそれなりの人気馬として迎えることになりそうだ。ハナ差、ハナ差の接戦で勝ち馬の後塵を拝したのは6番人気カリビアンゴールドと4番人気ポールヴァンドル。2着馬はオークス11着、3着馬は今回が重賞初出走だったが、本番で存在感を示すことができるだろうか。

ベンディゴバンクS(AUS-L) (ムーニーヴァレー 2歳上 T1200)
 1. ブレイブスマッシュ (牡4) by トーセンファントム 1:11.50
日本からオーストラリアに移籍していたブレイブスマッシュが圧倒的支持に応え、豪リステッドレースを勝利。移籍初戦だった前走のリステッドレースでは豪GI2勝馬 Vega Magic の2着に敗れていたが、これが自身にとって豪初勝利となった。このまま重賞、GIでも好結果を残し、ぜひ現地でトーセンファントムの血を繋いでもらいたい。

ヴィーナススプリント(重賞) (水沢 3歳上牝 D1300)
 1. アリッサム (牝4) by *グラスワンダー(USA) 1:23.4
中央未勝利から南関東に移籍し、さらに今回が岩手への移籍初戦だったアリッサムが後続に3馬身の差をつけて逃げ切り、重賞初勝利をあげた。前走岩手への移籍初戦のオープン戦でいきなり勝利をあげた1番人気コウユーココロザシは道中失速し、大差のシンガリ負けを喫している。

エニフS(OP) (阪神 3歳上 D1400)
 1. ウインムート (牡4) by *ロージズインメイ(USA) 1:23.4
初ダートの準オープンを快勝、続くサマーチャンピオンでも3着に入っていたウインムートが1番人気に応えてオープン初勝利をあげた。芝のスプリント戦でも逃げ切れるスピードの持ち主で、スタート地点の芝コースを活かして押し切った。今後短距離路線で楽しみ。

2歳未勝利戦 (中山 2歳 T1600)
 1. ハクサンフエロ (牡2) by シルポート 1:34.4
シルポート産駒のハクサンフエロが父を彷彿とさせる逃げで快勝。シルポート産駒としてJRA初勝利をあげた。シルポート自身はGI勝ちはなかったものの、類まれなテンのスピードに恵まれた馬で、それがこうして産駒にも伝わっているというのが実に面白い。

【9/10(日)】

コリアC(KOR-I) (ソウル 3歳上 D1800)
 1. ロンドンタウン (牡4) by カネヒキリ R1:50.7
 2. クリソライト (牡7) by ゴールドアリュール 4
 3. Papa shot (USA) (セ5) by Distorted Humor (USA) 17
大外からハナを奪ったロンドンタウンがそのまま後続に影すら踏まさぬ好走でレコードタイムで逃げ切り、海外重賞初勝利を飾った。レースレベル的には決して高くはないが、これでカネヒキリの血が繋がる可能性が出てきたか。クリソライトは昨年に続く連覇を狙ったが、ロンドンタウンから4馬身離された2着。それでも去年より1秒近く時計を詰めているし、何より3着以下に17馬身もの大差をつけており、同馬なりにはベストを出し切ったと言えるだろう。

コリアスプリント(KOR-I) (ソウル 3歳上 D1200)
 1. グレイスフルリープ (牡7) by ゴールドアリュール 1:10.7
 2. Power Blade (KOR) (牡4) by Menifee (USA) 1 3/4
 3. Doraonpogyeongseon (USA) (牡4) by Kantharos (USA) 2
昨年のサマーチャンピオン以来勝ち星のなかったグレイスフルリープが3歳時以来の出走となった1200m戦にもかかわらず力を発揮し、見事同レース日本馬初勝利をあげた。それでも日本では種牡馬として需要があるかは微妙なところだが、韓国で種牡馬入りの道が開ければ。2着にはここまで韓国で14戦9勝、この春にはドバイ遠征も果たしGIIアルマクトゥームチャレンジR2でも3着に入った現役最強馬 Power Blade が入り、地元馬としての意地を見せた。

セントウルS(GII) (阪神 3歳上 T1200)
 1. ファインニードル (牡4) by アドマイヤムーン 1:07.5
 2. ラインミーティア (牡7) by メイショウボーラー 1 1/4
 3. ダンスディレクター (牡7) by *アルデバランII(USA) クビ
前走の北九州記念では1番人気に支持されながら5着に敗れていたファインニードルだが、今回は3番手追走から早目に先頭に立つと、そのまま押し切って重賞初制覇を達成した。同父のセイウンコウセイとともにスプリンターズSの中心的存在となれるだろうか。アイビスサマーダッシュの勝ち馬ラインミーティアは今回も6番人気とあまり評価は高くなかったが、しぶとく脚を伸ばして2着。鞍上の「直線男」西田Jは1996年のサクラエイコウオー以来となる1000m以外の重賞勝利なるか。

京成杯オータムH(GIII) (中山 3歳上 T1600)
 1. グランシルク (牡5) by ステイゴールド 1:31.6
 2. ガリバルディ (牡6) by ディープインパクト 1 3/4
 3. ダノンリバティ (牡5) by キングカメハメハ クビ
今年に入って5戦して2着3回3着2回と今一つ勝ち切れなかったグランシルクだったが、それまでの詰めの甘さは何だったのかと言わんばかりの末脚を発揮し、重賞初勝利。テン乗りの田辺Jの見事な手綱さばきが光ったレースだった。2着にはダービー卿チャレンジT9着以来の競馬だったガリバルディが入線。11番人気と低評価だったが、こちらもテン乗りの北村Jがうまく末脚を引き出した。2番人気マルターズアポジーは粘れず4着だった。

フォワ賞(FR-II) (シャンティイ 4歳上牡牝 T2400)
 1. Dschingis Secret (GER) (牡4) by Soldier Hollow (GB) 2:35.86
 4. サトノダイヤモンド (牡4) by ディープインパクト
 6. サトノノブレス (牡7) by ディープインパクト
悲願の凱旋門賞制覇に向けて日本馬2頭が出走。ラビットとしてサトノノブレスが逃げ、2番手からサトノダイヤモンドが進む形となったが、直線向いてもそれほど反応が良くなく、後続に次々と交わされて4着。勝ち馬、2着馬はいずれもGI馬で格下に手も足も出なかったというわけではないが、期待度が高かっただけに残念な結果に終わった。ただ、それまでの日本とは全く違った馬場・展開での競馬だっただろうし、ここから1か月でしっかり立て直し、ぜひとも歴史的快挙を成し遂げてほしい。

青藍賞(重賞) (水沢 3歳上 D1600)
 1. チェリーピッカー (牡4) by *カフェオリンポス(USA) 1:43.6
中央未勝利で岩手に移籍してから連戦連勝が続いていたチェリーピッカーが差し切って重賞初勝利。父*カフェオリンポスにとってもこれが産駒の重賞初勝利となった。重賞とは言え今回は相手に恵まれたが、これで岩手での成績を16戦15勝2着1回としており、このまま一線級との対決でも突き抜けてほしい。

サラブレッド大賞典(重賞) (金沢 3歳 D2000)
 1. ヤマミダンス (牝3) by ハーツクライ 2:11.7
ここのところ連敗が続いていたヤマミダンスが加賀友禅賞から連闘で臨み、見事後続に1馬身の差をつけて逃げ切った。これで重賞は6勝目で、やはりすんなり先手を取れれば強い。最後はやや脚が上がっていたが、ハーツクライ産駒らしいスタミナで粘り込んだ。


     

この記事へのコメント

1. Posted by だらぶち 2017年09月11日 08:56
韓国馬の Doraonpogyeongseon はBMSがスマーティージョーンズなんですね。
スマーティージョーンズはアメリカでは種牡馬としてすっかり見放されているみたいなので、韓国に輸出されるかもしれませんね。
しかし Doraonpogyeongseon は相変わらず何て読むのかさっぱり分かりません。将来、韓国馬がチャンピオンズカップなどに出てくる日が来たら、実況のアナウンサー泣かせになりそうですね。
2. Posted by 稲妻二郎 2017年09月11日 10:02
読み方はトラオンポギョンソン。意味はおそらく「帰ってきた(トラオン)捕鯨船(ポギョンソン)」と思われます。
3. Posted by だらぶち 2017年09月11日 11:36
ありがとうございます。
いずれにしてもアナウンサーが舌をかみそうな名前ですね。
4. Posted by 名無しのプログラマー 2017年09月11日 21:06
クリソライトのところ、4馬身離された「4着」になってますね!
間違いではないでしょうかヽ(´ー`)ノ
5. Posted by Organa 2017年09月11日 22:26
ご指摘ありがとうございます。記事を訂正しました。

トラオンポギョンソンはパーティードレスやキモンアヴァロンらが出走した韓日交流競走で優勝した馬ですね。ここで意地を見せたというところでしょうか。
6. Posted by けい 2017年09月12日 16:21
ここにはありませんがナショナルS(愛G1)を勝利したVerbal Dexterityの父はVindication産駒のVocalisedなんですね。
ヴィンディケイションの孫の活躍に驚きました。
7. Posted by Organa 2017年09月12日 23:21
Vindication の孫ですか。ナショナルS勝ちなら種牡馬入りは安泰のはずで、シアトルスルーもエーピーインディ以外に繋がる可能性が出てきましたね。
8. Posted by 魚 2017年09月13日 00:17
シアトルスルー直系の馬が欧州の平地G気鮠〕できるなんて
初めてなのかなぁ・・・過去にありましたか?思い出せない
9. Posted by 倫敦納豆 2017年09月13日 02:51
 >魚さん

 例えばシアトルスルーの直仔だと、Seattle Songがサラマンドル賞を、Septieme Cielがフォレ賞を勝っているようです。
10. Posted by ノエルザブレイヴ 2017年09月16日 16:34
こちらでは触れられてないですけどラインミーティアはセントウルS2着でポイントを稼いだことでサマースプリント王者に輝きましたね。オグリキャップの血を引く馬がとにかく何らかの形でJRAチャンピオンになったことは特にベテランのファンには朗報でしょうし、現状かなり厳しいことに変わりはないとはいえ種牡馬入りにもごくかすかながら光明が差したのではないでしょうか。

この記事にコメントする ※常識的なハンドルネームでお願いします。

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
サラBLOOD!

サラBLOOD

サラBLOOD!
価格:1,680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

当ブログ「父系馬鹿」とのコラボ企画が掲載されています。

最新コメント
QRコード
QRコード