2018年01月08日

週刊種牡馬ニュース 1/1 - 1/8

いよいよ2018年も中央開催がスタートしましたが、やはり印象に残ったのはシンザン記念のアーモンドアイでしょうか。湿った馬場での出遅れはかなりのロスに思えましたが、まるで何事もなかったかのように先頭でゴールを駆け抜けました。勝ち馬を量産して重賞勝ちも時間の問題と思われていたロードカナロアでしたが、いきなりこれだけのパフォーマンスを見せつけられては脱帽というしかなく、3〜4年後には確実にリーディングサイアー争いをしていることでしょう。対するオルフェーヴルは1か月勝ち馬なし。いくら晩成とはいえ、そろそろエンジンをかけてほしいところですね。
【1/1(祝月)】

湾岸ニュースターC(重賞) (名古屋 3歳 D1600)
 1. サムライドライブ (牝3) by *シニスターミニスター(USA) 1:45.5
重賞・ゴールドウィング賞を含めここまで4戦無敗のサムライドライブが難なく先頭に立つと、そのまま追うところなくリードを広げ、最後は完全に流しながら6馬身差の圧勝。見事単勝1.1倍の圧倒的支持に応えた。同馬の母はエーデルワイス賞で3着に入ったユニティで、今後交流重賞で母以上の成績を期待できる1頭だ。

【1/2(火)】

金杯(重賞) (水沢 3歳 D1600)
 1. チャイヤプーン (牡3) by フェデラリスト 1:42.7
重賞・寒菊賞勝ち馬チャイヤプーンが直線しぶとく伸びて重賞連勝。単勝1.3倍の圧倒的支持に応えた。同馬の母はビューチフル・ドリーマー賞など岩手の重賞戦線で活躍し、GIダービーグランプリでも3着に入ったサイレントエクセルで、これまで4頭の産駒が競走年齢に達しているが、勝ち星をあげたのはこのチャイヤプーンが初めてである。

新春盃(重賞) (名古屋 3歳上 D1800)
 1. アスタークライ (牡4) by ハーツクライ 2:00.4
中央未勝利から名古屋に移籍し、ここまで6戦5勝2着1回というアスタークライが重賞初挑戦で重賞勝ちを収めた。2着には重賞・秋の鞍勝ち馬ポルタディソーニが入り、同じく中央からの移籍馬でやはり名古屋7戦6勝2着1回という1番人気ダイゴマサムネは7着に終わった。

【1/3(水)】

報知オールスターC(重賞) (川崎 4歳上 D2100)
 1. ディアドムス (牡6) by ジャングルポケット 2:17.4
圧倒的支持を受けたディアドムスが中団追走から直線向いて一気の差し切りを決め、勝島王冠に続く重賞連勝。これで川崎は全日本2歳優駿も含め2戦2勝で、一時は大スランプに陥ったが、南関移籍で完全復活といえそう。2番人気に支持されたダービーグランプリ勝ち馬スーパーステションは最初のコーナーを曲がれず逸走、その後流れに戻ったもののシンガリ負けを喫した。

新春賞(重賞) (園田 4歳上 D1870)
 1. マイタイザン (牡5) by *ファスリエフ(USA) 2:03.6
ここまで西日本ダービーや摂津盃など重賞3勝の3番人気マイタイザンが逃げ切って快勝。これで2歳時から4年連続の重賞勝利となった。前走の園田金盃で2着に入り、1番人気に支持されたミッレミリアは直線入り口で外に膨れる不利もあり、9着に終わった。

名古屋記念(重賞) (名古屋 3歳上 D1400)
 1. サンデンバロン (牡6) by *モルフェデスペクタ(USA) 1:29.2
ここまでオープンクラスで堅実に走っていたサンデンバロンがカツゲキキトキトの回避もあって圧倒的支持を受けたが、3番手追走からしぶとく伸びて快勝。節目の20勝目を重賞初勝利で飾った。*モルフェデスペクタ産駒としては2010年の黒潮ダービーを勝ったモルフェキープオフ以来の重賞勝利となった。

【1/4(木)〜1/5(金)】

特になし。

【1/6(土)】

京都金杯(GIII) (京都 4歳上 T1600)
 1. ブラックムーン (牡6) by アドマイヤムーン 1:34.3
 2. クルーガー (牡6) by キングカメハメハ 3/4
 3. レッドアンシェル (牡4) by マンハッタンカフェ クビ
最後方からレースを進めたブラックムーンが直線一気の追い込みで抜け出し、重賞初勝利。マイルChSでも超人気薄ながら最後方からの追い込みで0.3秒差の6着に入った末脚がうまくはまった形となった。2着に一昨年のマイラーズC勝ち馬クルーガーが入り、復調を印象付けた。1番人気レッドアンシェルもしぶとく脚を伸ばしたものの、後続勢に交わされて3着。今後のローテーションを考えると、ここで賞金を加算できなかったのは痛い。

中山金杯(GIII) (中山 4歳上 T2000)
 1. セダブリランテス (牡4) by ディープブリランテ 1:59.8
 2. ウインブライト (牡4) by ステイゴールド クビ
 3. ストレンジクォーク (牡6) by メイショウサムソン クビ
1番人気に支持されたセダブリランテスが好位追走からじわじわと前との差を縮め、ゴール前計ったように差し切って勝利。ラジオNIKKEI賞に続く重賞2勝目となった。切れ味勝負では分が悪そうだが、距離が伸びてさらに粘りが増しそうで、菊花賞回避は非常に残念だった。2着に2番人気ウインブライト。同じウイン冠で完全な夏馬のウインガニオンに対し、こちらは気温が低いほうが好走するようだ。

ジュニアC(OP) (中山 3歳 T1600)
 1. テンクウ (牡3) by *ヨハネスブルグ(USA) 1:38.2
新潟2歳S3着、サウジアラビアロイヤルC4着の実績のあるテンクウが圧倒的支持に応えて快勝。*ヨハネスブルグ産駒の3歳世代は過去最高の150頭オーバーの牝馬に種付けを行った世代で、オープン勝ち馬はタイセイプライドに続く2頭目。大ブレイクを起こした2011年産駒を超えるような活躍を期待したい。

【1/7(日)】

フェアリーS(GIII) (中山 3歳牝 T1600)
 1. プリモシーン (牝3) by ディープインパクト 1:34.6
 2. スカーレットカラー (牝3) by ヴィクトワールピサ 1 1/4
 3. レッドベルローズ (牝3) by ディープインパクト クビ
母にVRCオークスなど豪GI4勝の名牝*モシーンを持つ良血馬プリモシーンが未勝利戦からの連勝で重賞初勝利。2010年の勝ち馬コスモネモシン以降、このレースが最後の重賞勝ちとなるケースが続いているフェアリーS勝ち馬だが、プリモシーンはどこまでやれるだろうか。2着にスカーレットカラーが入り、ヴィクトワールピサ産駒はスプリングSのアウトライアーズ以来10か月ぶりの重賞連対。ジュエラーの引退以降、あまりいい話を聞かないが、今年こそはやってくれるだろうか。

ポルックスS(OP) (中山 4歳上 D1800)
 1. アルタイル (牡6) by カネヒキリ 1:52.4
5番人気アルタイルが差し切って快勝。昨年のオアシスSに続くオープン2勝目となった。次走は昨年3着に入っているマーチSで重賞初勝利を狙う。後続からレースを進めた1番人気センチュリオンは差し届かず、3着に終わった。

万葉S(OP) (京都 4歳上 T3000)
 1. トミケンスラーヴァ (牡8) by *タイキシャトル(USA) 3:07.0
2番手からレースを進めた*タイキシャトル産駒トミケンスラーヴァが早め先頭から押し切ってオープン初勝利。2着に*スウェプトオーヴァーボード産駒のリッジマンが入り、父だけ見れば短距離戦かと間違うようなワンツーとなった。1番人気に支持されたタマモベストプレイは伸びず6着に終わった。

3歳未勝利戦 (中山 3歳 D1800)
 1. キングスキャット (牡3) by スマートロビン 1:58.0
これが初ダートの人気薄キングスキャットが2馬身差で快勝し、スマートロビン産駒としてJRA初勝利をあげた。地方では平和賞を勝ったリンノストーンが出ており、イメージに反してダート向きの産駒が多く出ているようだ。

【1/8(祝月)】

シンザン記念(GIII) (京都 3歳 T1600)
 1. アーモンドアイ (牝3) by ロードカナロア 1:37.1
 2. ツヅミモン (牝3) by ストロングリターン 1 3/4
 3. カシアス (牡3) by *キンシャサノキセキ(AUS) クビ
1番人気アーモンドアイが最後方から目の覚めるような末脚で追い込み、重賞初勝利。なお、父ロードカナロアにとってもこれが産駒の重賞初勝利となった。牝馬の同レース勝ち馬といえば何といってもジェンティルドンナだが、それに匹敵するようなパフォーマンスであった。2着には新馬戦を勝ったばかりのツヅミモンが粘り込み。桜花賞で3着に入った母カタマチボタンのようにクラシックでも期待したい。ストロングリターン産駒も重賞初連対で、これでまた一つ株をあげた。

トウケイニセイ記念(重賞) (水沢 4歳上 D1600)
 1. タイセイファントム (牡10) by *ファンタスティックライト(USA) 1:41.0
4年前のOP千葉Sの勝ち馬で、昨年末に岩手に移籍していた明け10歳馬タイセイファントムが快勝。これで絆Cに続く重賞2勝目で、岩手移籍後は3戦2勝3着1回となった。同じように昨年末に中央から岩手に移籍し、圧勝続きで2連勝を飾っていた1番人気ヒドゥンブレイドは直線伸びず4着に終わった。

カーバンクルS(OP) (中山 4歳上 T1200)
 1. ナックビーナス (牝5) by ダイワメジャー 1:08.3
昨年の覇者ナックビーナスが単勝1倍台の圧倒的支持に応えて逃げ切った。これでオープン特別は4勝目。重賞はオーシャンSの2着が最高だが、今年こそは重賞タイトルを手に入れたいものだ。2着に2番人気ペイシャフェリシタが入る堅い決着となった。

中山新春ジャンプS(OP) (中山 4歳上 D3200)
 1. ゼンノトライブ (牡5) by ステイゴールド 3:37.5
1番人気ゼンノトライブが5着までが0.3秒差にひしめく接戦を制し、オープン特別初勝利をあげた。ステイゴールド産駒といえばオジュウチョウサンだが、同馬も障害入りしてしばらくは並の馬のレベルであったが、5歳時に覚醒して歴史的名馬となった。同馬も今後の成長に期待。

3歳500万下 (中山 3歳 T2000)
 1. オウケンムーン (牡3) by オウケンブルースリ 2:03.4
オウケンブルースリ産駒が1番人気に応え、未勝利・500万下と連勝。見事オープン入りを果たした。同馬は父唯一のノーザンファーム生産馬で、母はフローラSで3着に入ったムーンフェイズ。このままクラシック戦線でも期待したい1頭だ。

3歳未勝利戦 (中山 3歳 D1200)
 1. キモンプリンス (牡3) by キモンノカシワ 1:14.0
キモンノカシワ産駒がJRA初勝利。キモンノカシワはディープインパクト産駒の不出走馬で、Dr.コパ氏のバックアップで種牡馬入り。キモンプリンスの母コパノチカチャンはほかにコパノフウジンでも中央勝ち馬を出しており、隠れた名繁殖牝馬である。

A1戦 (佐賀 3歳上 D1400)
 1. ウルトラカイザー (牡10) by レギュラーメンバー 1:28.2
明け10歳となったウルトラカイザーがアウヤンテプイなどを下して勝利。これで2歳時から9年年連続勝利となった。全盛期を故障で棒に振ったのが残念だったが、まだまだ元気いっぱいだ。


     

この記事へのコメント

1. Posted by だらぶち 2018年01月08日 19:07
サンデンバロンももう6歳ですか。
すいません、以前にサンデンバロンが引退するというガセネタをコメント欄に書き込んだのは私です。
(ちなみにこのガセネタの元は2ちゃんねるです)
サンデンバロンは引退どころか絶好調ですね。
すいませんでした。
2. Posted by あの頃が懐かしい 2018年01月08日 19:13
万葉Sはホント唖然でした、
皆さん買えたのでしょうか?
スーパーステションの左回りの
コーナリングといい。
ニューイヤーCの記事内で
見事が、水戸語になってますね^^
3. Posted by Unnamed. 2018年01月08日 19:35
牝馬でシンザン記念を勝つってだけでも相当なものなのに内容も文句なしだから期待が膨らむ一方だね。カナロアにとっては、本格的な繁殖シーズンを控えた今の重賞勝利で、さらなるアピールになったはず。それに引き換え、オルフェってラッキーライラック以降勝ち馬なし? こっちはまずいねえ……。
4. Posted by 即身仏 2018年01月08日 19:45
ルーラーシップといいロードカナロアといい、キングカメハメハの後継馬は何でこうも走る仔を量産するんでしょうか。この調子だとサンデーサイレンスに続く一大父系を築く可能性もありますね。
5. Posted by Tonka 2018年01月08日 20:55
薔薇一族の一粒種に期待してるんですが
母父サンデーがいかんのでしょうかねえ
6. Posted by DEEPBLUE 2018年01月08日 21:17
多様性という部分ではキングカメハメハはディープインパクト以上ですよねえ。今年は種付け出来るくらいには回復してくれているとよいのですが
7. Posted by Organa 2018年01月08日 22:56
ご指摘ありがとうございます。記事を訂正しておきました。

ルーラーシップもロードカナロアもサンデーフリーですね。やはりサンデー牝馬との配合に支障がないというのは想像以上にアドバンテージがあるのでしょう。サンデークロスも今のところ大物が出る気配はないですし。
8. Posted by りきお 2018年01月08日 23:41
万葉Sの決着には、種牡馬的には納得しました。
芝中距離に実績はありながら、どちらも確か京都や平坦でのものでしたからね。
その意味では、シンザン記念のカシアスが3着に突っ込んできたのも頷けるものがありましたね。キンシャサノキセキ産駒で、東京の芝1400で連対できるくらいなら、京都マイルは守備範囲だろうなあと。
ゼンノトライブがOP勝ったのは大きいですね。グッドスカイと言い、ステイゴールド産駒の障害での活躍馬は次々と出てきていることからしても、障害レースに適性がありすぎる種牡馬なんでしょうねえ。
9. Posted by 頑張れオルフェーヴル産駒 2018年01月09日 01:00
オルフェーヴル産駒はダートで複勝圏に入る馬もチラホラ出てきてますし、そろそろ爆発してほしい。
デビューから5戦連続2着のムーンレイカーを排出したりと
力はあるけど気性が足引っ張ってるのかなぁ
10. Posted by 成瀬朋 2018年01月09日 01:31
コパノチカチャンの2017はラブイズブーシェだけど、いずれコパノリッキーとつけてほしいところ。
血統的に合いそうだし。

牝馬のシンザン記念勝ち馬というとシーキングザパールを真っ先に思い出すけど、牝馬ワンツーはその時以来だとか。

アーモンドアイは距離はもう少し持ちそうだからクラシックでも期待してる。
11. Posted by ミラクル 2018年01月09日 21:43
オルフェ産駒は晩成というよりそもそも能力が足りない
12. Posted by なおきち 2018年01月14日 17:08
今日やっとオルフェーヴル産駒の連敗が止まりました
13. Posted by なおきち 2018年01月17日 11:26
>>4
量産はしてないでしょう
両方とも与えられた繁殖の質と数を考えれば
重賞勝数、連対率が少なすぎます
費用対効果が悪い
これなら両方に与えられていた牝馬を別の種牡馬に
与えた方がよかったと思います。

この記事にコメントする ※常識的なハンドルネームでお願いします。

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
サラBLOOD!

サラBLOOD

サラBLOOD!
価格:1,680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

当ブログ「父系馬鹿」とのコラボ企画が掲載されています。

最新コメント
QRコード
QRコード