2019年09月10日

年度別種付け情報 - 1989年その1

いよいよ時代は平成へ。前年度の年度代表馬タマモクロスこそ引退しましたが、そのライバルであったオグリキャップに加え、昨年の菊花賞馬スーパークリーク、そして大井から中央に殴り込みをかけたイナリワンの3頭が「平成三強」として古馬GI戦線を大いに盛り上げました。さらに生産界では後に「御三家」と呼ばれる1頭、*トニービンが輸入され、初年度産駒からいきなりダービー馬ウイニングチケット、二冠牝馬ベガ、天皇賞馬サクラチトセオー、そしてマイルGI2勝ノースフライトと4頭のGI馬を輩出、AEI6.89と格の違いを見せつけました。

<種付け基本データ 1989年度>

種牡馬数 556頭新種牡馬 98頭種付数 13623頭生産数 9319頭
外国産 237頭外国産 33頭外国産 7444頭外国産 5063頭
内国産 319頭内国産 65頭内国産 6179頭内国産 4256頭
外国産率 43%外国産率 34%外国産率 55%外国産率 54%
<種付け数一覧 1989年度 その1>

順位種牡馬名種付増減産駒賞金AEI
1サクラロータリー104▲477851775万0.79
1984年生 by トウショウボーイ トウショウボーイ系
2*ミルジョージ(USA)98▼16958894万0.86
1975年生 by Mill Reef(USA) ミルリーフ系
3*リアルシャダイ(USA)90▼770203785万3.03
1979年生 by Roberto(USA) ロベルト系
4*スイフトスワロー(USA)87▼326436816万0.63
1977年生 by Northern Dancer(CAN) ノーザンダンサー系
5*ペルセポリスII(FR)855018382万0.39
1979年生 by Kalamoun(GB) ゼダーン系
6ホスピタリティ82▲187061389万0.85
1979年生 by *テュデナム(IRE) テューダーミンストレル系
6*ラシアンルーブル(USA)82▲156570199万1.03
1980年生 by Nijinsky(CAN) ニジンスキー系
8*ロングリート(USA)75▼204730700万0.69
1979年生 by The Minstrel(CAN) ノーザンダンサー系
9*パークリージェント(CAN)74▲105362768万1.22
1981年生 by Vice Regent(CAN) ノーザンダンサー系
9リードワンダー74▼305942853万0.78
1978年生 by アローエクスプレス ソヴリンパス系
11サクラトウコウ72▲155089237万1.82
1981年生 by マルゼンスキー(JPN) マルゼンスキー系
11テュデナムキング72▼144348339万1.15
1980年生 by *テュデナム(IRE) テューダーミンストレル系
11ニチドウアラシ72▲535950780万0.83
1976年生 by *ボールドアンドエイブル(USA) ボールドルーラー系
14*メンデス(FR)71▼24748072万1.00
1981年生 by *ベリファ(IRE) リファール系
15ギャロップダイナ70▼34925047万0.55
1980年生 by *ノーザンテースト(CAN) ノーザンテースト系
16アンバーシャダイ69▲25359649万1.16
1977年生 by *ノーザンテースト(CAN) ノーザンテースト系
17ダイナガリバー68▲45248435万0.94
1983年生 by *ノーザンテースト(CAN) ノーザンテースト系
17*ミルフォード(GB)68▼373735637万0.85
1976年生 by Mill Reef(USA) ミルリーフ系
19*スリルショー(USA)67▲65267656万1.52
1983年生 by Northern Baby(CAN) ノーザンダンサー系
20アサヒエンペラー664616981万0.39
1983年生 by *コインドシルバー(USA) エルバジェ系
20アスワン66▲15967642万1.18
1979年生 by *ノーザンテースト(CAN) ノーザンテースト系
20サクラシンゲキ66▼54854544万1.11
1977年生 by *ドン(ITY) グレイソヴリン系
20モンテプリンス66▼84216320万0.39
1977年生 by *シーホーク(FR) エルバジェ系
24カツラギエース65▼35138174万0.72
1980年生 by *ボイズィーボーイ(GB) プリンスリーギフト系
24*コインドシルバー(USA)65▲84259022万1.64
1974年生 by Herbager(FR) エルバジェ系
24トウショウボーイ65▲15577560万1.44
1973年生 by *テスコボーイ(GB) テスコボーイ系
24*ノーパスノーセール(IRE)65▲154146570万1.25
1982年生 by Northfields(USA) ノーザンダンサー系
24*パーフライト(USA)65▲14859279万1.37
1981年生 by In Reality(USA) マンノウォー系
24*ブレイヴェストローマン(USA)65±05367963万1.32
1972年生 by Never Bend(USA) ネヴァーベンド系
24ミスターシービー65▲15869629万1.19
1980年生 by トウショウボーイ トウショウボーイ系
24*ラッキーソブリン(USA)65±04479461万1.74
1974年生 by Nijinsky(CAN) ニジンスキー系
24*ロイヤルスキー(USA)65±05042585万0.93
1974年生 by Raja Baba(USA) ボールドルーラー系
33*ゲイメセン(USA)64▼15044321万0.95
1975年生 by Vaguely Noble(GB) オリオール系
33*ジャッジアンジェルーチ(USA)644942003万0.83
1983年生 by Honest Pleasure(USA) ボールドルーラー系
33*ターナボス(GB)64±04417194万0.46
1977年生 by Blakeney(GB) トウルビヨン系
33*フォティテン(USA)64▲84547664万0.95
1984年生 by Nureyev(USA) ヌレイエフ系
33ホリスキー64▼14578698万1.77
1979年生 by マルゼンスキー(JPN) マルゼンスキー系
38ウインザーノット63▲25031026万0.74
1980年生 by *パーソロン(IRE) パーソロン系
38*クリスタルパレス(FR)63▼25032666万0.68
1974年生 by Caro(IRE) フォルティノ系
38ニシノスキー63▲374313327万0.32
1980年生 by マルゼンスキー(JPN) マルゼンスキー系
38*ノーアテンション(FR)63▼105862272万1.15
1978年生 by Green Dancer(USA) ニジンスキー系
42*イルドブルボン(USA)62▼14137388万1.04
1975年生 by Nijinsky(CAN) ニジンスキー系
42*スティールハート(IRE)62▼34142502万0.98
1972年生 by Habitat(USA) ハビタット系
42*ノーザンテースト(CAN)62▲240128693万3.07
1971年生 by Northern Dancer(CAN) ノーザンダンサー系
45*インデェアンキング(USA)613938870万1.12
1978年生 by Raja Baba(USA) ボールドルーラー系
45カツラノハイセイコ61▲53910795万0.28
1976年生 by ハイセイコー チャイナロック系
45スズカコバン61▲35354461万1.03
1980年生 by マルゼンスキー(JPN) マルゼンスキー系
45*パドスール(GB)61▼64123187万0.57
1979年生 by Mill Reef(USA) ミルリーフ系
45*ベルマン(FR)61▼44320657万0.57
1978年生 by Riverman(USA) ネヴァーベンド系
45マッチレススピード(JPN)61▼44026571万0.65
1981年生 by Arts and Letters(USA) リボー系
45マルゼンスキー(JPN)61▼75088845万2.12
1974年生 by Nijinsky(CAN) ニジンスキー系
45*ムクター(IRE)61▲114018721万0.60
1982年生 by Nishapour(FR) ゼダーン系
45ヤマニンスキー(JPN)61▲650100821万2.00
1975年生 by Nijinsky(CAN) ニジンスキー系
54シリウスシンボリ605032803万0.67
1982年生 by *モガミ(FR) リファール系
54シンボリルドルフ60±04894961万2.03
1981年生 by *パーソロン(IRE) パーソロン系
54シービークロス60▼14624449万0.54
1975年生 by *フォルティノ(FR) フォルティノ系
54ニホンピロウイナー60±04187694万2.09
1980年生 by *スティールハート(IRE) ハビタット系
54*ノーリュート(FR)60▼104968545万1.59
1978年生 by Luthier(FR) リュティエ系
54*リヴリア(USA)6048209387万4.99
1982年生 by Riverman(USA) ネヴァーベンド系
60サクラユタカオー59▼54893657万1.91
1982年生 by *テスコボーイ(GB) テスコボーイ系
60サンシャインボーイ59▼43730373万0.94
1974年生 by *テスコボーイ(GB) テスコボーイ系
60*ストラダビンスキー(IRE)59▼44527872万0.68
1975年生 by Nijinsky(CAN) ニジンスキー系
60*ビショップボブ(CAN)59▼14133781万1.13
1983年生 by Clever Trick(USA) ニアークティック系
60ミュゲロワイヤル594430649万0.80
1985年生 by *リアルシャダイ(USA) ロベルト系
60*モガミ(FR)59▼14594290万2.18
1976年生 by Lyphard(USA) リファール系
60*モーニングフローリック(USA)59▲23327531万0.74
1975年生 by Grey Dawn(FR) エルバジェ系
67*サイドチャペル(USA)58▼44119143万0.47
1982年生 by Raja Baba(USA) ボールドルーラー系
67スクラムダイナ58▼33820490万0.63
1982年生 by *ディクタス(FR) ファイントップ系
67*スルーザドラゴン(USA)58▲14132212万0.81
1982年生 by Seattle Slew(USA) シアトルスルー系
67バンブーアトラス58▼14450041万1.30
1979年生 by *ジムフレンチ(USA) グロースターク系
67ミホシンザン58▲14468387万1.50
1982年生 by シンザン ヒンドスタン系
67*リファーズスペシャル(USA)58▼24528335万0.70
1980年生 by Lyphard(USA) リファール系
73グリーングラス57▼13428255万0.87
1973年生 by *インターメゾ(GB) ハイペリオン系
73*ゴライタス(USA)574838505万0.82
1980年生 by Nijinsky(CAN) ニジンスキー系
73トウショウルチェー57▼44228470万0.70
1977年生 by *ダンディルート(FR) リュティエ系
73*トニービン(IRE)5745321999万6.89
1983年生 by *カンパラ(GB) ゼダーン系
73*ナグルスキー(CAN)57±041144223万3.54
1981年生 by Nijinsky(CAN) ニジンスキー系
73*リーファーマッドネス(GB)57▼134233591万0.90
1980年生 by Mill Reef(USA) ミルリーフ系
73*レシテイション(USA)57▲24418035万0.40
1978年生 by Elocutionist(USA) ボワルセル系
80*コリムスキー(USA)56▼43429110万0.84
1975年生 by Northern Dancer(CAN) ノーザンダンサー系
80サクラサニーオー56▲124130808万0.86
1982年生 by *パーソロン(IRE) パーソロン系
80スダホーク564014924万0.43
1982年生 by *シーホーク(FR) エルバジェ系
80*ノーザンディクテイター(USA)56▼54343199万1.00
1974年生 by Northern Dancer(CAN) ノーザンダンサー系
80ビゼンニシキ56▲14227448万0.72
1981年生 by *ダンディルート(FR) リュティエ系
80メリーナイス564435238万0.82
1984年生 by *コリムスキー(USA) ノーザンダンサー系
80リキアイオー56▲143021657万0.82
1976年生 by *タンディ(GB) マイバブー系
87*アンフィールド(IRE)55▲13922276万0.71
1979年生 by Be My Guest(USA) ノーザンダンサー系
87サクラショウリ55▼64715594万0.35
1975年生 by *パーソロン(IRE) パーソロン系
87*サンキリコ(USA)554560506万1.40
1985年生 by *リィフォー(GB) リファール系
87ダイナコスモス55▼14119406万0.46
1983年生 by *ハンターコム(GB) ネアルコ系
87*ピュウターグレイ(USA)55▼103818258万0.48
1979年生 by Grey Dawn(FR) エルバジェ系
87*プルラリズム(USA)55▼113827677万0.72
1980年生 by The Minstrel(CAN) ノーザンダンサー系
87*ルイヴィルサミット(USA)55▲123327048万0.78
1980年生 by Raja Baba(USA) ボールドルーラー系
94*プライマリーII(CAN)54▲6347996万0.26
1983年生 by Green Dancer(USA) ニジンスキー系
94*プリンスオブバーズ(USA)544237441万0.84
1985年生 by Storm Bird(CAN) ノーザンダンサー系
94メジロモンスニー54▲7327848万0.25
1980年生 by *リマンド(GB) ブレニム系
97*アーテイアス(USA)53▼93212477万0.40
1974年生 by Round Table(USA) プリンスキロ系
97*タップオンウッド(IRE)53▲34118530万0.50
1976年生 by Sallust(GB) フェアトライアル系
97タマモクロス5347108570万2.21
1984年生 by シービークロス フォルティノ系
97*テンパレートシル(USA)534350017万1.23
1984年生 by Temperence Hill(USA) ターントゥ系
97*トレボロ(USA)53▼63122220万0.88
1979年生 by Roberto(USA) ロベルト系
97*ノーザンボーイ(USA)53155110万0.33
1984年生 by Northern Dancer(CAN) ノーザンダンサー系
97ブラックスキー53▲213923837万0.57
1982年生 by マルゼンスキー(JPN) マルゼンスキー系
104*カッティングブレード(IRE)52▲53930411万1.01
1984年生 by Sharpo(GB) ネイティヴダンサー系
104カネミノブ52▼13429354万0.79
1974年生 by *バーバー(GB) プリンスリーギフト系
104グランパズドリーム52▲222910126万0.37
1983年生 by カブラヤオー シカンブル系
104*グリーンマウント(USA)52▼64153706万1.54
1983年生 by Lyphard(USA) リファール系
104*ワイズカウンセラー(USA)52▲34021869万0.55
1983年生 by Alleged(USA) リボー系
109*アレミロード(USA)51▼94365822万1.37
1983年生 by Tom Rolfe(USA) トムフール系
109グレートローマン51▼73618077万0.49
1981年生 by *ブレイヴェストローマン(USA) ネヴァーベンド系
111*クリスタルグリッターズ(USA)5040122904万2.77
1980年生 by Blushing Groom(FR) ブラッシンググルーム系
111*コウストンズクラウン(GB)50▲102912972万0.49
1974年生 by Comedy Star(USA) トムフール系
111*ジュニアス(USA)50±02628848万1.15
1976年生 by Raja Baba(USA) ボールドルーラー系
111*テュデナム(IRE)50▲2182833万0.16
1970年生 by Tudor Melody(GB) テューダーミンストレル系
111*ムーンマッドネス(GB)50319703万0.58
1983年生 by *ヴィティージ(FR) シカンブル系
111*ロングミック(FR)50▼103017831万0.57
1981年生 by *ゲイメセン(USA) オリオール系
111*ロードザキャノンズ(USA)50▼33819435万0.56
1980年生 by Cannonade(USA) ボールドルーラー系
111*ワッスルタッチ(USA)50▼54195612万2.42
1983年生 by Northern Dancer(CAN) ノーザンダンサー系
119*アンティーカ(USA)493319466万0.65
1985年生 by *リィフォー(GB) リファール系
119*グランディ(IRE)49▼15356844万0.21
1972年生 by Great Nephew(GB) フェアウェイ系
119*サンテステフ(FR)49349478万0.42
1982年生 by Top Ville(IRE) ネアルコ系
119*ディカードレム(USA)49▼123616443万0.43
1979年生 by What a Pleasure(USA) ボールドルーラー系
119ハワイアンイメージ49▼73313917万0.41
1977年生 by *ファーザーズイメージ(USA) カーレッド系
124*アンシェントタイム(USA)483017709万0.62
1984年生 by Nijinsky(CAN) ニジンスキー系
124*ストームオンザルース(CAN)483942871万1.05
1983年生 by Lyphard(USA) リファール系
124セントシーザー482424913万1.30
1982年生 by *モバリッズ(IRE) テューダーミンストレル系
124*ナトルーン(FR)482841600万1.58
1984年生 by Akarad(FR) ブレニム系
124*ホープフリーオン(USA)48▲113310699万0.33
1972年生 by Raise a Native(USA) レイズアネイティヴ系
129サクライットー47▲102719565万0.86
1982年生 by *サンシー(FR) ファイントップ系
129ニシノライデン47▲273712478万0.35
1981年生 by ダイコーター ヒンドスタン系
129*ベリファ(IRE)473943247万1.09
1976年生 by Lyphard(USA) リファール系
129*ランズダーン(USA)47▼23347832万1.53
1980年生 by Lyphard(USA) リファール系
129*リーチ(IRE)473654603万1.69
1982年生 by Kris(GB) ネイティヴダンサー系
129*ロイヤルトルーン(USA)473024963万0.80
1982年生 by Foolish Pleasure(USA) ボールドルーラー系
135ラグビーボール463260386万1.87
1983年生 by *ナイスダンサー(CAN) ノーザンダンサー系
135*リーフグレイド(IRE)46▼3154797万0.31
1979年生 by Mill Reef(USA) ミルリーフ系
137*サウスアトランティック(IRE)45▼164057789万1.42
1980年生 by Mill Reef(USA) ミルリーフ系
137ダイゼンシルバー45▼13214040万0.51
1981年生 by *コインドシルバー(USA) エルバジェ系
137*ナイスダンサー(CAN)45▼63346519万1.39
1969年生 by Northern Dancer(CAN) ノーザンダンサー系
137*ハードツービート(IRE)45▼33229432万1.17
1969年生 by *ハーディカヌート(GB) ハードソース系
141*シャカプール(IRE)44▼15197755万0.46
1977年生 by Kalamoun(GB) ゼダーン系
142シンウルフ43▼31911038万0.61
1979年生 by *ラッキーソブリン(USA) ニジンスキー系
142*スプレンディドモーメント(IRE)43▼53422466万0.69
1983年生 by Storm Bird(CAN) ノーザンダンサー系
142*ダンサーズイメージ(USA)43▲23119526万0.74
1965年生 by Native Dancer(USA) ネイティヴダンサー系
142*ターゴワイス(USA)43▲32812633万0.46
1970年生 by Round Table(USA) プリンスキロ系
142ニッポーテイオー4337101614万2.82
1983年生 by *リィフォー(GB) リファール系
142ヤマニンスペキュラ(JPN)43▲14224258万0.22
1980年生 by Secretariat(USA) ボールドルーラー系
142*ヤワ(IRE)43▼113215238万0.45
1980年生 by Luthier(FR) リュティエ系
149*キャタオラ(USA)42▲92118235万0.80
1974年生 by Never Bend(USA) ネヴァーベンド系
149*キングオブダービー(USA)42▼273238384万1.14
1975年生 by Nijinsky(CAN) ニジンスキー系
149サンエイソロン42▼223210669万0.39
1978年生 by *パーソロン(IRE) パーソロン系
149*フェートメーカー(USA)42▼5247391万0.32
1972年生 by Swaps(USA) カーレッド系

種付数トップは意外にも重賞未勝利馬サクラロータリーで、初年度の57頭から種付け数を倍増させた。内国産馬が種付数トップに立つのは1973年のシンザン以来で、父内国産馬としては少なくとも1953年以降では初となる。ただこの世代の産駒はきさらぎ賞3着のサンエイキッドが目立つ程度だった。

*ペルセポリスIIはリュパン賞の勝ち馬で、フランスで供用された後、直前にトウショウボーイ産駒の同名馬が種牡馬入りしたため "II" をつけてCBスタッドで種牡馬入り。いきなり種付け数トップ5に入る人気を見せたが、産駒は全くと言っていいほど走らなかった。一応今でも牝系に残っているが、海外では Camelot の3代母の父となっており、後世まで残りそうだ。

アサヒエンペラーは重賞未勝利ながら天皇賞(春)2着、ダービー3着などの実績が買われ西幌別種馬センターにて種牡馬入り。しかし活躍馬と呼べるレベルの産駒を出すことはできなかった。今では牝系からも姿を消している。

*ジャッジアンジェルーチは米GI3勝の活躍馬で、ここのところ大当たりを引き当て続けていた社台が満を持して導入したが、最優秀障害馬ゴーカイを除き重賞馬ゼロという結果に終わった。しかし元が優秀だったのか、あるいは良血牝馬に種付けされていたからなのかはわからないが、母父としては3頭のGI馬を出すことに成功、さらにキタサンブラックの母母父となったことで歴史に名を残した。

*インデェアンキングは英スプリント重賞を4勝した快速馬で、アイルランドを経て日高農協・浦河にて種牡馬入り。3年目の繁殖シーズン開始直後に死亡したためほぼ2世代の産駒しか残せなかったが、1億円を稼いだ900万条件馬ケイエスカプリースなどを送り出した。今でも牝系に残っている。

シリウスシンボリはダービー馬で、長きに渡る海外遠征でGIロワイヤルオーク勝3着などの実績を残した。引退後はブリーダーズスタリオンステーションにて種牡馬入りし、当初は60頭ほどの牝馬を集めていたが、京都4歳特別2着のオーシャンカレントなどが目立つ程度に終わった。すでに牝系からも姿を消している。

*リヴリアはハリウッド招待Hなど米芝GIを3勝した活躍馬で、CBスタッドにて種牡馬入り。すると初年度から皐月賞馬ナリタタイシン、重賞4勝のワコーチカコなど5頭の重賞馬を輩出、*トニービンらを抑えて新種牡馬リーディングに輝いた。早世がなければ今でも直系が残っていたかもしれない。母系でもテイエムオーシャンなどを送り出している。

ミュゲロワイヤルは共同通信杯4歳Sの勝ち馬で、底を見せないまま引退した。引退後はブリーダーズスタリオンステーションにて供用されたが、何頭かの地方重賞の勝ち馬を送り出した程度に終わっている。一応牝系には今でも名を残している。

*ゴライタスは英GIIの勝ち馬で、アイルランドで複数の重賞馬を出しており、9歳時より新冠町農協畜産センターにて種牡馬入り。しかし目立った産駒を出すことはできなかった。日本では牝系からも姿を消したが、海外で残した産駒からGIナンソープS勝ち馬*ラクカラチャが出ており、これが繁殖牝馬として輸入されている。

*トニービンは凱旋門賞などGI6勝をあげたイタリアの名馬で、種牡馬として5頭のダービー・オークス馬を含め9頭のGIウイナーを送り出しており、1994年にはリーディングサイアーにも輝いた。直後に*サンデーサイレンスが輸入されたためリーディング獲得はこの一度だけだったが、母系で送り出したGI馬は数知れず、もはや日本競馬がなくならない限りその血が途絶えることはないだろう。後はどこまで直系を残せるか。

スダホークは阪神大賞典など重賞4勝の活躍馬で、ダービーや菊花賞でも2着に入った。レコード勝ちもあり、ステイヤータイプの割にはそこそこの牝馬を集めたが、生涯AEI0.33という大失敗に終わっている。すでに牝系からも姿を消している。

メリーナイスはダービー・朝日杯3歳Sを含む重賞3勝をあげた活躍馬で、種牡馬として共同通信杯4歳Sのマイネルリマーク、京都4歳特別のイイデライナーと複数の重賞馬を出している。今でも辛うじて牝系にその名を残している。

*サンキリコは*リィフォーの再輸出後の産駒で、英GIIロイヤルロッジSなど短距離重賞3勝をあげた。種牡馬としては南関の名牝ケーエフネプチュン、オープン馬キオイスマートなど地味ながらそこそこ走る馬を複数送り出した。ダンツフレームやアローキャリーの母父でもあり、今でも牝系で残っている。

プリンスオブバーズは愛2000ギニーの勝ち馬で、日高農協・荻伏にて種牡馬入りし、スプリングSのマルチマックス、障害重賞2勝のギフテッドクラウン、ダートオープン馬ロバノパンヤなどを出した。7年目のシーズン後にオーストラリアに輸出されたが、今でも牝系に名を残している。

タマモクロスは天皇賞春秋制覇などGI3勝を含む重賞5勝の名馬で、種牡馬としてもGI馬こそ出せなかったもののマイソールサウンドやカネツクロスなど多数の重賞馬を輩出、当時の内国産種牡馬を牽引する大活躍を見せた。今でもその血を引く馬は多いが、牝系で目立った産駒を出しているわけでもなく、今後牝系に残り続けるかは微妙なところ。

*テンパレートシルはサンタアニタダービーなど米GI3勝の活躍馬で、レックススタッドにて種牡馬入りしたが、京成杯を制したマイティフォースが目立つ程度と今一つ振るわなかった。今でも牝系には残っている。

*ノーザンボーイは仏リステッド勝ち馬で、藤田牧場にて種牡馬入りしたが、ほとんど活躍馬らしい産駒を送り出すことはできなかった。今では牝系からも姿を消している。

*クリスタルグリッターズはイスパーン賞を連覇した馬で、フランス時代にはアーリントンミリオンの Dear Doctor を出しており、輸入後もマチカネフクキタルやアブクマポーロをはじめ多数の重賞馬を送り出すことに成功した。今でもその血を引く馬は多いが、海外でも英ダービー馬 Wings of Eagles を出すなどまだまだ健在である。

*ムーンマッドネスは英セントレジャーなど重賞5勝の活躍馬で、主に12ハロン以上のレースを得意とした。父*ヴィティージに引き続いて輸入されたが、OPカシオペアSでダービー馬フサイチコンコルドを破ったメジロスズマルが目立つ程度に終わっている。ただ母父としてはスプリンターのケイティラブを出しており、まだその血は残っている。

*アンティーカは米GIローレルフューチュリティの勝ち馬で、やはり*リィフォーの輸出後の産駒として日高農協・静内にて種牡馬入り。しかし目立った産駒を送り出すことはできず、わずか5年で廃用となっている。今では牝系にも残っていない。

*サンテステフは英GIコロネーションCの勝ち馬で、フランス時代には複数のGI馬を輩出しており、7歳時より協会・静内にて種牡馬入り。しかし日本ではオープン勝ち馬さえ出せない大失敗に終わっている。今では牝系からも姿を消している。

*アンシェントタイムは愛GII2着が目立つ程度の競走馬で、インターナショナル牧場にて種牡馬入りしたが、オープン特別を2勝したキーゴールドが目立つ程度であった。母父としては中日新聞杯を制したグランリーオなどを出しており、今でも牝系には残っている。

*ストームオンザルースは米GIII勝ち馬で、カナダの芝牡馬チャンピオンにも選ばれている。谷川牧場にて供用され、BSNオープン勝ち馬ティーエムビガー、障害戦で5連勝を達成したキャニオンストームなどを出した。今でも牝系には残っている。

セントシーザーはCBC賞など重賞2勝をあげた短距離界の名脇役で、太平洋ナショナルスタッドにて種牡馬入りし、初年度からクリスタルCを制したセントミサイルを出したが、その後が続かなかった。今でも牝系に名を残している。

*ナトルーンは仏ダービー勝ち馬で、英国を経て協会・胆振にて種牡馬入り。重賞馬は出せなかったが、クイーンC2着のグレイスナッキー、中山金杯3着のエスジーフラット、朝日杯3歳S3着のトラストカンカンなどを出した。今では牝系でも途絶えてしまったようだ。

*ベリファは仏GIII勝ち馬で、フランス時代に多数のGI馬を送り出しており、その1頭*メンデスより2年遅れて日本で種牡馬入り。南関の名牝マキバサイレント、京成杯のオースミポイントなどを送り出した。*メンデスが Linamix を出したことで父系を存続させているが、日本の牝系でもそこそこ残っている。

*リーチは英GII勝ち馬で、英国時代に足利記念の*リーチシンボリを出しており、シンボリ牧場にて供用後も東京大賞典や平安Sを勝ったアドマイヤボサツを送り出した。今でも牝系に名を残している。

*ロイヤルトルーンは重賞未勝利馬だが、名種牡馬 Fappiano の半弟という良血馬で、米国を経て西山牧場にて種牡馬入り。しかし準オープン馬ユウシャが稼ぎ頭と結果を残すことはできなかった。今では牝系にも残っていない。

ラグビーボールは高松宮杯など重賞2勝の活躍馬で、下河辺牧場にて種牡馬入り目黒記念など重賞3勝のユウセンショウ、カブトヤマ記念のタフネススターなどを送り出した。母父としてカゼノコやモンドクラッセを出すなど今でも母父として産駒が活躍中である。

ニッポーテイオーは天皇賞(秋)や安田記念などGI3勝を含む重賞7勝をあげた名馬で、種牡馬としても大阪杯のインターマイウェイ、毎日杯のダイタクテイオーを出すなど一定の成績は残した。ただ母系では今では辛うじて残っている程度である。




この記事へのコメント

1. Posted by yutaro 2019年09月10日 23:41
今回から平成に入りますが、トニービンの種牡馬入りもそうだが海外でサンデーサイレンスが大活躍をした年として記憶に残る年といえます。
この辺りから「現代」に入ってきました。
2. Posted by Mtoto 2019年09月11日 06:50
トニービンのオーナーは同馬を売ったお金でペルージャを買収してるんですよね。そう、中田英寿が最初に所属したチーム。
オーナーの邸宅にトニービンの銅像が飾ってあって何か不思議な感慨に襲われました。
3. Posted by トゥール 2019年09月11日 07:07
同じ年に種牡馬デビューしたトニービンとジャッジアンジェルーチは、共にダイナカールと配合されて、片やエアグルーヴ、片やカーリーエンジェルからエガオヲミセテとオレハマッテルゼを出したのを見ると、不思議な縁を感じます。
4. Posted by なろなまし 2019年09月11日 07:48
「社台の失敗種牡馬」で必ず名前の出るジャッジアンジェルーチが出てきましたね
父としてはともかく母父としてはそこそこ成功しましたが

さてチチカステナンゴが
何かしらの形で後年再評価される日は来るのかどうか…
5. Posted by yutaro 2019年09月11日 17:40
トニービンは最高傑作エアグルーヴからルーラーシップ・ドゥラメンテに繋がったのは非常に大きく、こちらは暫く安泰でしょう。
ただ直系となると・・・
ジャングルポケットは種牡馬として老境に入っているし、後継種牡馬トーセンジョーダンは活躍馬が出せていない。
地味ながらミラクルG技唆陲隆待が掛かっていたカンパニーは昨年末亡くなりました。

スダホークは以前書いたクシロキングの春天で候補に上げられた馬でした(同じく挙げられたサクラユタカオーと種牡馬成績が正反対である事だよ)。
種牡馬が駄目だったので乗馬となりましたが、無事に余生は送れた模様。
なお「さんまのダービー」でポニーのナリタブラリアンなどと競走という、今だったら有り得ない経験をしています。
6. Posted by ウィザード・T 2019年09月11日 21:07
以前登場したスプレンディドモーメントに続きプリンスオブバーズが揃って一発屋レベルの成績に終わった事から、日本にストームバード系は合わないと言う風潮がこの頃あったように思えます。もしダート路線が現代並みに整備されてたらどうなったかはわかりませんけど。
7. Posted by ノエルザブレイヴ 2019年09月11日 21:16
こうして見るとこの年は競走・生産ともに大きな盛り上がりを見せていてまさに平成の競馬ブームが熱く燃え上がっていたことが伝わってきますね。

サクラロータリーは2歳時3戦無敗という成績に加えて負かした相手が複数クラシックで中心的な活躍を見せたことが評価されての人気だったようですが、当時の競馬の本でサクラロータリーの種牡馬としての人気について「『底を見せていない魅力』ばかりが種牡馬としてもてはやされるのは競馬の発展のためにならないのではないか?」というような主張がなされていた記憶があります。
しかし結局トウショウボーイ系の灯を最後まで守っていたのはサクラロータリーの直系だった、というのは興味深いです。

しかし、この企画もいよいよ平成に突入したわけですが、これまで見させていただいて「この年最も人気のあった種牡馬」のラインナップに今思うとかなり意外な馬が多く名を連ねてきているのが面白いなと思います。
8. Posted by シュタイン 2019年09月11日 22:57
サクラロータリーは母父がシンザンでしたね
後継が残って欲しかった
9. Posted by TRATS 2019年09月12日 00:52
サクラロータリーやアサヒエンペラーの人気を見ると今も昔も未完の大器に人気があるのはかわりないなぁと思います。

ジャッジアンジェルーチは吉田晴哉氏がスピードは充分にあったはずだが、産駒は何故か総じて体が固く、能力を活かすことができなかったと語っていたことを考えると、そのスピードが血統で生きているのかもしれません。
10. Posted by 梨 2019年09月12日 01:04
ラグビーボールの母父としての活躍馬は両者ともにアグネスデジタル産駒ですね
サンプルは少ないながら相性の良さを感じます
11. Posted by Organa 2019年09月12日 23:45
米国で年間の種付け頭数の上限を140頭に設定する方向で進んでいるというニュースを見ましたが、まさに今の日本にこそ必要な制度に思えますね。そうすればこの当時のような多様性が取り戻せるでしょうか。
12. Posted by 伏見一条 2019年09月13日 00:55
>>11
サラブレッドである以上血統の淘汰は避けられませんが、血脈の多様性は極端なインブリードを避けるためにも保たれて欲しいと思います。
種付け数の制限は大賛成。シャトルに出す場合は相応の基準を設けて欲しい。馬の上で成り立つ競馬界だからこそ、引退馬のケアも含めてもっと馬に寄り添った施策を願ってます。

この記事にコメントする ※常識的なハンドルネームでお願いします。

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
サラブレッド血統入門
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一から始める! サラブレッド血統入門 [ 平出 貴昭 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/4/1時点)

当ブログ「父系馬鹿」が
紹介されています。
最新コメント
QRコード
QRコード