2022年01月14日

シャンハイボビー - 新種牡馬辞典'22

新種牡馬辞典、第十一弾は*シャンハイボビー。今を時めく北米リーディングサイアーの Into Mischief と同じ Harlan's Holiday 産駒で、ブリーダーズCジュヴェナイルなど米2歳GIを2勝した早熟快速馬でした。種牡馬としては北米ではさほど目立たなかったことから導入に成功しましたが、導入の前後でシャトル先のブラジルやチリで多数のGIウイナーを送り出しており、もう少し遅ければ輸入できなかったか、もっと値段を吹っ掛けられた可能性もあったかもしれませんね。南米での活躍馬も2歳戦から3歳戦でのGI勝ちが多く、2歳Sから桜花賞、NHKマイルCあたりまでで存在感を示しそうな予感がします。
*シャンハイボビー Shanghai Bobby

米国産 2010年生 青鹿毛 父系:ストームキャット系

<血統構成> Raise a Native 5×5 Blushing Groom 4×5

Harlan's Holiday

USA 鹿毛 1999
HarlanStorm Cat
Country Romance
Christmas in AikenAffirmed
Dowager
Steelin'

USA 黒鹿毛 2004
OrientateMt. Livermore
Dream Team
Steel BandCarson City
*ウェディングバンド

Harlan's Holiday はフロリダダービーなどGI3勝をあげた活躍馬で、種牡馬としては同馬を含め何頭かのGI馬を送り出した程度だったが、2歳GIキャッシュコールフューチュリティを制しただけの Into Mischief が今や北米を代表する大種牡馬となったことで現在の主流血統として君臨している。日本ではスワンSやフラワーCを制した*アルビアーノ、関東オークスや韓国のトゥクソムCを制した*エスメラルディーナなどを出している。

Steelin' は米国5勝。D6.5Fのステークスを勝っている。母としてはほかに目立った産駒は出していない。母父 Orientate はブリーダーズCスプリントなど短距離GI2勝をあげた馬で、種牡馬としてサンタモニカHなど米GI3勝をあげた Intangaroo などを出している。

祖母 Steel Band は米国産馬で、米国未勝利。特に目立った産駒は出しておらず、晩年はサウジアラビアで繁殖生活を送った模様。その全姉に米GIオークリーフSを制した City Band がおり、それぞれの母*ウェディングバンドは後に日本に輸入された。

<競走成績>

年 (歳)主な実績
2012年 (2歳)551着 BCジュヴェナイル(USA-I) D8.5F
1着 シャンペンS(USA-I) D8F
1着 ホープフルS(USA-II) D7F
1着 トラックバロンS(USA-L) D5.5F
1着 未勝利 D4.5F
2013年 (3歳)311着 アルジャミンS(USA) D6.5F
2着 ホーリーブルS(USA-III) D8.5F
862012 エクリプス賞2歳牡馬チャンピオン

2歳4月に早くもデビューすると、未勝利戦、リステッド、そしてGII時代のホープフルSと連勝。初GI挑戦となったシャンペンSでものちのブリーダーズC勝ち馬 Goldencents に5馬身もの差をつけて圧勝した。さらに続くブリーダーズCジュヴェナイルでも早め先頭から後続の追撃をアタマ差凌ぎ、文句なしでこの年の2歳牡馬チャンピオンに選ばれている。休む間もなく1月のGIIIに出走、単勝元返しの圧倒的支持を受けたが2着に完敗。続くフロリダダービーも5着に敗れたため、クラシックには向かわず秋に備えて休養したが、その後は故障もあってステークスを1勝するにとどまった。

<海外での供用実績>

馬名生国生年備考
Aero TremBRZ20151着 2018ジョッキークラブ大賞(URU-I) D2000
1着 2020ペドロ・ピニェイルーア大賞(URU-LI) D1600
1着 2021ラティーノアメリカーノ大賞(URU-I) T2000
1着 2021ペドロ・ピニェイルーア大賞(URU-LI) D1600
Doppio ShanghaiBRZ20151着 2018 ヂアナ大賞(BRZ-I) T2000 ※後に失格
Habile BobbyBRZ20151着 2018 スッコー少佐大賞(BRZ-I) T1000 ※後に失格
InforcerBRZ20151着 2018 ジョッキークラブ・ブラジレイロ大賞(BRZ-I) T1600
LamartineBRZ20151着 2018 J.アデマール・ヂ・アルメイダ・プラド大賞(BRZ-I) T1600
1着 2018 リネオ・ヂ・パウラ・マシャド大賞(BRZ-I) T2000
Coconut BobbyCHI20161着 2019 タンテオ・デ・ポトリロス(CHI-I) D1500
1着 2019 チリセントレジャー(CHI-I) D2200
KeltoiCHI20161着 2019 チリグランクリテリウム(CHI-I) D1900
*マリアズハートUSA20161着 2021 ルミエールオータムダッシュ(L) T1000

引退後は米国で種牡馬入り。初年度の種付け料は2万ドルだった。その秋にはブラジルに、さらにその翌年にはチリにもシャトル供用されている。米国での産駒はGII止まりだったが、南米各国持ち回りで開催される大一番のラティーノアメリカーノ大賞を制した Aero Trem をはじめ南米ではたった計2年間の供用ながら多数のGIウイナーを送り出すことに成功している。産駒は芝ダート距離問わず活躍しているが、やはり2〜3歳での活躍が目立つようだ。日本ではマル外の*マリアズハートがスプリント戦でオープン勝ちを収めている。

<供用実績>

年度種付料種付数生産数登録数供用場所
2019200万円1086866アロースタッド
2020200万円9763
2021200万円100
2022200万円

2019年よりアロースタッドにて種牡馬入り。米国での産駒はそれほどだったとはいえ、タイミング的には同父の Into Mischief が大種牡馬として認知されだしたころであり、その翌年から3年連続の北米リーディングに輝いているから、もしかするともう少し遅ければ導入できたかどうかわからない。南米での産駒の活躍がどれほど生産者に影響を与えたかはわからないが、初年度から3年連続100頭前後の牝馬を集めるなど十分人気種牡馬といえる数はキープしている。今年度よりJBBAで Into Mischief 産駒の*ミスチヴィアスアレックスが120万円で供用されるから、そのあたりとの競合になるだろうか。

<産駒一覧>

母名母父生産者馬主価格
アルティマヒートステイゴールド畠山牧場中西浩一
アルテシアサンデーサイレンス武田牧場
アンスタンフィールスタチューオブリバティ藤原牧場田頭勇貴410
ウインマリアベールクロフネ村上欽哉
オリエンタルダンスキングカメハメハ白老ファームシルクレーシング1600
カワカミマゴコロパイロ三石川上牧場
キークッキーフサイチコンコルド中本牧場
ギガンティアFusaichi Pegasus斉藤スタッドウイン1700
キセキノショウリフジキセキ村上牧場野村茂雄1250
キモンプライドダイワメジャーヤナガワ牧場
キャニオンバレーシンボリクリスエス浦河小林牧場
クールホタルビマツリダゴッホ久井牧場
コイヲダキシメヨウワークフォース酒井牧場三木正浩950
ゴールドヴァレーブライアンズタイム飛野牧場田中成奉1200
サクラフーガサクラローレル谷岡牧場
サクラフルーレマンハッタンカフェ谷岡牧場
シンクスマイルキングカメハメハリコーファーム
スイートマトルーフスペシャルウィークシンボリ牧場笹部和子720
ステラーホープグラスワンダー日進牧場吉冨朝美1500
ストロベリーパフェブライアンズタイム静内フジカワ牧場
スマートブローラスマートファルコン静内山田牧場
ゼットフーリワークフォースフジワラファーム
セラミックアートフジキセキ本間牧場吉岡實2500
タガノトリオンフワイルドラッシュ新冠タガノファーム
タキオンレディークロフネ宮内牧場前田晋二1210
タッソーニーテンビー川島牧場
チャームドリームフレンチデピュティ守矢牧場
チャプレットゼンノロブロイヒダカファーム由井健太郎
ツクバクイーンBernardini賀張中川牧場
ティアップブロンドゴールドアリュール高昭牧場
ディキシーランドジェムDixieland Bandキヨタケ牧場ユニオンオーナーズ1500
デイジーフローラキングカメハメハヤナガワ牧場
デコルテタニノギムレット西村牧場今中俊平370
トウカイメリーマンハッタンカフェ二風谷ファーム竹園正継1050
トレノトマトデヒア藤原牧場
ナイトオブドバイLord of England松本牧場程田真司940
ナムラナデシコフジキセキ平野牧場新井浩明1000
ハイリマイリアドマイヤムーン笠松牧場
ハイレイヤーシンボリクリスエス新井昭二
ハタノルミエールハーツクライ大道牧場八木良司200
フィアマロッサアイルハヴアナザーフクオカファーム
フライングバルーンデュランダル社台ファーム社台オーナーズ1000
フラワーシップステイゴールド出口牧場小林英一HD
ブランシェールディープインパクト門別牧場岡村善行900
ブルーモントレーヘニーヒューズ那須野牧場小林和義300
フレンチトーストフレンチデピュティ笠松牧場
ペイシャフェリススペシャルウィーク友田牧場
ペイシャマリヤタイキシャトル友田牧場
ペイストリーオルフェーヴル藤川ファーム
ホールドミータイトコマンズグランド牧場小松芳子900
ポッドクヒオキングカメハメハ下屋敷牧場
ポッドジゼルゴールドアリュール下屋敷牧場
ボロブドゥールハイアーゲーム浜口牧場仲辻正貴300
マニエリスムゼンノロブロイ社台ファーム社台オーナーズ800
ミュゼミランダダイワメジャー元道牧場
ミンナノプリンセスコマンズ三石川上牧場小田吉男
ライブザドリームシニスターミニスター高昭牧場
ラッポルティジャングルポケットクラウン日高牧場徳増栄治
ラベダンスインザダーク土居牧場ノースヒルズ
ルーナデラセーラーハーツクライ前田ファーム古賀禎彦440
レイナグラシアヘニーヒューズ北洋牧場KRジャパン440
レースオブスターズアグネスタキオン槇本牧場(有)コスモヴューF360
レディーファーストダンスインザダーク日高大洋牧場吉岡泰治700
レディセラヴィアグネスタキオン服部牧場小林祥晃
ロイヤルムーンアドマイヤムーン稲原牧場組)SRT900
ワンダーラストキングカメハメハ下河辺牧場

日高の生産者が中心だが、社台グループの生産馬もちらほらおり、オリエンタルダンスはシルクにて募集されている。母父はキングカメハメハが若干目立つ程度で大きな偏りはないが、やはり米国系の血が多く混ざっている馬が多い印象を受ける。セールでは2500万円での落札が最高で、売れ行きはそこそこといったところ。注目馬は相性のいい南米牝系出身馬から選びたいところで、ポッドクヒオは3代母*ドメーヌがチリGIを制した活躍馬であり、そこにアグネスタキオン、キングカメハメハと配合された筋の通った血統となっている。

<傾向予想>

ダート距離2歳3歳古馬
短〜中

産駒の傾向や Harlan's Holiday の日本での成績を見る限り、芝ダート兼用のタイプとみて間違いないだろう。GI勝ちの範囲も1000mから2200mまでまんべんなく広がっているように、基本的には2000m以下ならどの距離でもこなせるのではないだろうか。仕上がりは早く、2歳時からバリバリ走れそうだ。ただしピークは3歳時で、それ以降の成長力にはあまり期待できないだろう。UAEダービーやサウジダービーあたりに遠征する産駒がいれば面白そうだ。

北米の主流血統たるストームキャット系だが、その有力分岐は主に4系統に分かれており、*ヘネシーは*ヘニーヒューズが、Tale of the Cat は*ドレフォンが、Giant's Causeway は*エスケンデレヤ(のち*ブリックスアンドモルタル)が、そして今回 Harlan はこの*シャンハイボビーが供用されるということで、これで日本でも全系統そろい踏みということになった。すでに*ヘニーヒューズは一定の地位を確立しており、*ドレフォンもそれに続きそうだが、果たして同馬はどんな結果を残せるだろうか。




この記事へのコメント

1. Posted by ウマ 2022年01月15日 00:02
日高相手中心で値段も落ちずに種付け数も安定している、血統的にも信頼の嵐猫使いやすい付けやすい
繁殖牝馬的にはダート馬がやっぱり多くなりそう
2. Posted by あ 2022年01月15日 00:37
父の現役時代から非常に予測しやすい適性で生産者サイドもはっきり絞り込んだ配合が出来るという意味ではタリスマニックとは対照的というかw
ヘニーヒューズが高級品になったのもあってミズチヴィアスアレックス共々数はある程度取れそうですが、初年度のスタートが思わしくないと…ちょっと危なくはなりそうですね
ミズチヴィアスアレックスは今をときめくイントゥミスチーフの子なので半々が一気に3:7くらいになっても不思議はありません
3. Posted by vx 2022年01月15日 21:42
オリオンザサンクス的な産駒がたくさん出そう(シャンハイ違い)
4. Posted by 成瀬朋 2022年01月15日 22:04
大昔はストームバード系種牡馬をあれこれ輸入してどれもイマイチだった記憶があるけど、ヘニーヒューズやドレフォンなどはそのイメージを十分払拭してきたし、イントゥミスチーフも現時点でそこそこ出来てるけど、ジャイアンツコーズウェイ系はジャイアンツコーズウェイ以外あまりパッとしない印象があるんよなぁ。エスケンデレヤもイマイチな結果だったし。
イントゥミスチーフが代を経てどうなるのか気になるところ。
5. Posted by Organa 2022年01月15日 22:18
マリアズハートが今日のオープンで健闘しましたが、古馬になってもオープンで戦える馬もいるというのはアピールポイントになりそうです。

この記事にコメントする ※常識的なハンドルネームでお願いします。

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
サラブレッド血統入門
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一から始める! サラブレッド血統入門 [ 平出 貴昭 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/4/1時点)

当ブログ「父系馬鹿」が
紹介されています。
最新コメント
QRコード
QRコード