2022年06月29日

サイアーラインで辿る世界ダービー史 - 1998年

サイアーラインで辿る世界ダービー史」シリーズ第二十四弾は1998年。この年の英ダービー馬は*ハイライズで、ダービー後はさっぱりで日本で種牡馬入りしましたが、日本でも英ダービー馬というだけで牝馬を集められる時代は終わっており、3年間の供用で20頭ほどの産駒しか残すことができませんでした。さらに愛ダービー・仏ダービーを制したのは*ドリームウェルで、こちらは社台スタリオンステーションにて供用され年間100頭の牝馬を集めたこともありましたが、年々種付け数は減り続け、わずか4年で再輸出されました。日本ダービーを制したのはスペシャルウィークで、ほかに春秋天皇賞やジャパンCを制覇し、当時の賞金王にも輝きましたが、時代のめぐりあわせで年度代表馬どころか世代チャンピオンに選ばれることすらなく、顕彰馬の投票にも惜敗し続け不選出が確定した悲運の名馬でした。
<1998年度 世界ダービー馬一覧>

国名勝ち馬
アイルランドDream Well (FR)Sadler's Wells
アメリカReal Quiet (USA)Quiet American
アルゼンチンPotrizaris (ARG)Potrillazo
イギリスHigh-Rise (IRE)High Estate
イタリアCentral Park (IRE)In the Wings
インドStar Supreme (IND)Razeen
ウルグアイRace Not Run
オーストラリアArena (AUS)Danehill
オーストリアKyelid (IRE)Darshaan
カナダArchers Bay (CAN)Silver Deputy
カリブEvaristo (PAN)Tupido
韓国Useung Yegam (KOR)Happy Jazz Band
ジャマイカTerremoto (JAM)Domino Jack
ジンバブエRace Not Run
スイスCopeland (GB)Generous
スウェーデンExaltation (USA)Exbourne
スペインRace Not Run
スロヴァキアTemirkanov (GB)In the Wings
チェコTemirkanov (GB)In the Wings
チリMash One (CHI)Mashkour
デンマークBrown Ale (IRE)Shernazar
ドイツRobertico (GB)Robellino
トリニダードトバゴTerremoto (JAM)Domino Jack
トルコKavranhan (TUR)Bachelors Party
日本Special Week (JPN)Sunday Silence
ニュージーランドSo Casual (NZ)Casual Lies
ノルウェーBrown Ale (IRE)Shernazar
バルバドスChutney (BAR)Anidal
ハンガリーMenedzser (HUN)Horatio Luro
プエルトリコCaribbean Goddess (PR)Hail Bold King
ブラジルVernier (BRZ)Fort de France
フランスDream Well (FR)Sadlers Wells
ベネズエラMontezuma (VEN)Motatan
ペルーGrozny (PER)Privato
ポーランドArctic (FR)Arctic Tern
南アフリカKale (SAF)Elliodor
メキシコRace Not Run
ロシアMasshtab (RUS)Stimul


<1998年度 世界ダービー馬父系図>

Pharos 1920
 Nearco 1935
  Nasrullah 1940 ━━━ ナスルーラ系
  |Nashua 1952
  | Good Manners 1966
  |  Ahmad 1975
  |   Potrillazo 1982
  |    Potrizaris (ARG) 1995
  |     ・Gran Premio Nacional (ARG)
  |Bold Ruler 1954
  ||Bold Bidder 1962
  || Hail Bold King 1981
  ||  Caribbean Goddess (PR) 1995
  ||   ・Derby Puertorriqueno (PR)
  ||King of the Castle 1966
  |  Kasteel 1972
  |   Fort de France 1979
  |    Vernier (BRZ) 1994
  |     ・Gran Premio Cruzeiro do Sul (BRZ)
  |Red God 1954
  | Blushing Groom 1974
  | |Runaway Groom 1979
  | | Tupido 1988
  | |  Evaristo (PAN) 1995
  | |   ・Clasico del Caribe (Carib)
  | |Bachelor Party 1980
  |   Kavranhan (TUR) 1995
  |    ・Gazi Kosusu (TUR)
  |Never Bend 1960
   |Mill Reef 1968
   | Shirley Heights 1975
   | |Darshaan 1981
   | | Kyelid (IRE) 1995
   | |  ・Oesterreichisches Derby (AUT)
   | |*ハイエステイト High Estate 1986
   |   High-Rise (IRE) 1995
   |    ・Epsom Derby (GB)
   |Riverman 1969
     Mashkour 1983
      Mash One (CHI) 1994
       ・El Derby (CHI)

Nearco 1935
 Royal Charger 1942
  Turn-To 1951 ━━━ ターントゥ系
   Hail to Reason 1958
   |Halo 1969
   | *サンデーサイレンス Sunday Silence 1986
   |  Special Week (JPN) 1995
   |   ・Tokyo Yushun (JPN)
   |Roberto 1969
    |Robellino 1978
    | Robertico (GB) 1995
    |  ・Deutsches Derby (GER)
    |Lear Fan 1981
      Casual Lies 1989
       So Casual (NZ) 1994
        ・New Zealand Derby (NZ)

Nearco 1935
 Nearctic 1954
  Northern Dancer 1961 ━━━ ノーザンダンサー系
  |Nijinsky 1967
  | Caerleon 1980
  |  *ジェネラス Generous 1988
  |   Copeland (GB) 1995
  |    ・Swiss Derby (SWI)
  |Vice Regent 1967
  | Deputy Minister 1979
  |  Silver Deputy 1985
  |   Archers Bay (CAN) 1995
  |    ・Queen's Plate (CAN)
  |Lyphard 1969
  ||Elliodor 1977
  || Kale (SAF) 1994
  ||  ・South African Derby (SAF)
  ||Vacarme 1981
  |  Anidal 1987
  |   Chutney (BAR) 1995
  |    ・Barbados Derby (BAR)
  |Danzig 1977
  ||Privato 1985
  || Grozny (PER) 1995
  ||  ・Clasico Derby Nacional (PER)
  ||*デインヒル Danehill 1986
  |  Arena (AUS) 1995
  |   ・VRC Victoria Derby (AUS)
  |Dixieland Band 1980
  | Happy Jazz Band 1988
  |  Useung Yegam (KOR) 1995
  |   ・Korean Derby (KOR)
  |El Gran Senor 1981
  | Horatio Luro 1987
  |  Menedzser (HUN) 1995
  |   ・Magyar Derby (HUN)
  |Sadler's Wells 1981
  ||In the Wings 1986
  |||Central Park (IRE) 1995
  ||| ・Derby Italiano (ITY)
  |||Temirkanov (GB) 1995
  ||  ・Ceske Derby (CZE)
  ||  ・Slovenske Derby (SVK)
  ||Dream Well (FR) 1995
  |  ・Irish Derby (IRE)
  |  ・Prix du Jockey Club (FR)
  |Razeen 1987
    Star Supreme (IND) 1994
     ・Indian Derby (IND)

Unbreakable 1935
 Polynesian 1942
  Native Dancer 1950 ━━━ ネイティヴダンサー系
  |Dan Cupid 1956
  | Sea-Bird 1962
  |  Arctic Tern 1973
  |   Arctic (FR) 1995
  |    ・Nagroda Derby (POL)
  |Raise a Native 1961
    Mr. Prospector 1970
     Fappiano 1977
      Quiet American 1986
       Real Quiet (USA) 1995
        ・Kentucky Derby (USA)

Cyllene 1895
 Polymelus 1902
  Phalaris 1913 ━━━ ファラリス系
   Pharos 1920
    Nearco 1935
     Nearctic 1954
      Explodent 1969
       Exbourne 1986
        Exaltation (USA) 1995
         ・Svenskt Derby (SWE)

John o'Gaunt 1901
 Swynford 1907
  Blandford 1919 ━━━ ブランドフォード系
   Blenheim 1927
    Donatello 1934
     Crepello 1954
     |Busted 1963
     | Shernazar 1981
     |  Brown Ale (IRE) 1995
     |   ・Dansk Derby (DEN)
     |   ・Norsk Derby (NOR)
     |Trusted 1973
       Stimul 1986
        Masshtab (RUS) 1995
         ・Bolszoj Vserossijskij Priz (RUS)

Marco 1892
 Marcovil 1903
  Hurry On 1913 ━━━ ハリーオン系
   Precipitation 1933
    Sheshoon 1956
     Sassafras 1967
      Dom Alaric 1974
       Domino Jack 1986
        Terremoto (JAM) 1995
         ・Jamaica Derby (JAM)
         ・Trinidad Derby (TRI)

Vedette 1854
 Galopin 1872
  St. Simon 1881 ━━━ セントサイモン系
   Persimmon 1893
    Prince Palatine 1908
     Rose Prince 1919
      Prince Rose 1928
       Prince Chevalier 1943
        Arctic Prince 1948
         Snow Cat 1955
          Snow Cold 1965
           Motatan 1974
            Montezuma (VEN) 1995
             ・Clasico Republica Bolivariana de Venezuela (VEN)


ノーザンダンサー系*ドリームウェルが愛・仏ダービーを制覇し、年度代表馬にも輝いた。しかしGI勝利はこの2つだけで、引退後は社台SSで種牡馬入りしたものの、牝馬が集まらずフランスに再輸出された。Grozny はペルーが誇る名馬で、ペルー三冠を達成。四冠を目指した芝のアウグスト・B.レギーア賞は大敗したが、ダートでは7戦無敗だった。ただ種牡馬入り前に死亡している。オーストラリアの Arena はヴィクトリアダービーなどGI2勝をあげ、種牡馬としても複数のGI馬を送り出した。スイスダービーの Copeland は後に障害重賞を勝っている。

ナスルーラ系*ハイライズが英ダービーを制覇。しかしその後は鳴かず飛ばずで日本で種牡馬入りしたが、全く牝馬を集められず再輸出された。その父*ハイエステイトも日本で供用されており、当初は全く人気がなかったが*ハイライズのおかげで種付けが殺到、しかしそれも一時的ですぐに再輸出された。アルゼンチンの*ポトリザリスはダービー、オークスを制した活躍馬で、後に輸入されディアデラノビアを出して牝系を繋いでいる。チリの Mash One は後に北米でもGIを2勝した活躍馬で、引退後はチリに戻りダービー馬 Porfido を出した。Evaristo はパナマの三冠馬で、種牡馬としても三冠馬 Oxsai の父となった。

ターントゥ系スペシャルウィークが日本ダービーを勝利。年度代表馬の座こそ逃したが、後に春秋天皇賞やジャパンCも勝利する大競走馬となった。種牡馬としてもブエナビスタやシーザリオを出し、またシーザリオがエピファネイアやサートゥルナーリアの母となったことで日本競馬に欠かせない血となっている。Robertico は独ダービーの勝ち馬で、後に障害用種牡馬として供用された。

ネイティヴダンサー系のダービー馬は2頭だけだが、そのうちの1頭 Real Quiet はケンタッキーダービーとプリークネスSの二冠を含むGI5勝をあげた活躍馬で、種牡馬複数のGI馬を輩出しており、今でも父系を存続させている。ポーランドの Arctic は名馬 Sea-Bird の末裔で、ポーランド以外にもフランスでも勝ち星をあげたようだ。

ブランドフォード系Brown Ale はデンマークとノルウェーのダービーを制した馬で、ほかにノルウェーセントレジャーも勝った活躍馬である。ハリーオン系Terremoto はジャマイカ産2代目競走馬で、ジャマイカとトリニダードのダービーを勝っている。セントサイモン系Montezuma もヴェネズエラ産2代目で、ヴェネズエラで二冠を達成している。




この記事へのコメント

1. Posted by NUU 2022年06月29日 22:27
ハイライズの英ダービー制覇時の種牡馬事情が、ちょっとしたネタになっていた記憶があります。

ハイエステイト輸入

しかし不人気

輸入後にハイライズが英ダービー制覇

種付け依頼が殺到してちょっとした騒ぎに

冷めた頃にハイライズも輸入されるが、共に人気なく廃用へ

という流れだったかな。

2. Posted by 7743 2022年06月29日 23:30
廃用ではなくどっちも再輸出です。80年代のミルリーフブームの名残なんでしょうが、この親子の輸入は無駄過ぎる。
3. Posted by Heyden 2022年06月29日 23:47
20世紀末辺りのアメリカの二冠馬(orもしかしたら三冠馬)連打時代、最も惜しかった馬が出た年。
最も強かった馬は人に拠るし、血統価値は低いレベルで団栗の背比べ。
なお、個人的にこの辺で最も贔屓していたのは'95ベルモントS2着馬。
4. Posted by 774 2022年06月30日 07:49
ハイライズはJC3着で日本向きだと判断されたのでしょうかね
5. Posted by 微妙な人 2022年06月30日 07:52
この馬のおかげで日本の競馬から
「ニジンスキー→マルゼンスキー」
が血統表に残り続けるので個人的に敬意を表さずにはいられません。
6. Posted by あ 2022年06月30日 08:09
今にして思えば典型的エプソム適性だけで勝ったダービー馬でエルハーブの同類
尚且つ自分らが邪険にしている馬が父なのになんで引っかかってしまったのか
ドリームウェルなら新しい血統の模索と分かりますが…
7. Posted by poke 2022年06月30日 15:44
ハイライズは確かダーレーが持ってきてレックススタッドで繋養したんでしたか。
同時のダーレーの人はどんな思惑だったのか気になりますね
8. Posted by vx 2022年06月30日 18:28
ドイツのターントゥ系珍しくないですか。
父親のRoberticoはドイツダービー勝ってますが、生産国は(GB)みたいです。(JBISによると)

ドリームウェルは未勝利戦で追走すら出来ない馬が多かったですが、夏の小倉の最終週の未勝利戦を滑り込み勝ちしたアドマイヤモナークがその後出世して、ひょっとして気長に育てればもうちょっと走る馬が居たのではと思った思い出があります。
9. Posted by 7743 2022年06月30日 19:21
Robellinoは他にも英2000ギニーのMister Baileys等を出しているこの頃のロベルトの代表後継種牡馬の一頭です。ドイツはかなり独特な馬産をやっていて大レースが種牡馬選定競争になっておらず、外国産馬がダービー勝つ事自体は珍しくないのですが勝ち馬のほとんどはドイツで種牡馬入りすることがありません。
10. Posted by Organa 2022年06月30日 22:36
記事を訂正しました。ご指摘ありがとうございます。

そもそも英ダービー自体も、暗黒期ともいえる1990年代から、Galileo や Sea the Stars らを出した2000年代によく戻しましたね。最近はまたかなり怪しくなってきていますが。
11. Posted by ゆーな 2022年07月01日 12:15
勝馬よりもその父や父父の偉大さを感じていた時代

この記事にコメントする ※常識的なハンドルネームでお願いします。

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
サラブレッド血統入門
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一から始める! サラブレッド血統入門 [ 平出 貴昭 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/4/1時点)

当ブログ「父系馬鹿」が
紹介されています。
最新コメント
QRコード
QRコード