2011年02月02日

日記

今週は「豊吟社」締切(2/9)の作句と昨日きた「清風」締切(2/10)の作句および
「安富冠句会」の一月例会の上座症を入力など最低すべきことが増えてきている。

今のところ、やるべきことはギリギリでもどうにかこなしている。頑張らなっくちゃである。

organic_kanku at 21:48|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!日記 

2011年01月30日

日記

早や1月が終わろうとしている。

平成23年1月
 句会: 姫路冠句会・神戸港に出席
 投句: 豊吟社・芳流・やまざと・文芸塔・安富・あけぼの吟社に投句
 選 : 安富・神戸・やまざと・六百号記念などの選

いや、実に忙しかった月に終わりを告げ、節分の鬼が待つ2月へカウントダウン。

今度は日が短いので、その分、早めにしてゆこうと考えているところです。


organic_kanku at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!冠句 | 日記

2011年01月03日

平成二十三年初春冠句事始式

あけましておめでとうございます。

平成二十三年初春冠句事始式に参加します。初春冠句事始式(正風冠句)は初めて
ではありますが、同人に昇格したこともあり、思い切って参加することにしました。

1月5日(水)京都の真浄院にて午前11時より執り行われます。

冠題は祝題「道光る」「迅い音」「微笑返す」席題「寒昴」「紙を折る」です。

結果よりも新年の諸先輩の素敵な詩に触れたいと思います。

良い思い出となるように!貴重な一日を過ごせたらと思います。

2010年12月05日

日記

今日は豊吟社、清風の作句をして投句した。また、安富冠句会の上座抄も作成した。
また、やまざとの互選もして、ハガキで出した。

今日はこれくらいで止めにして、このブログに何を載せるか考えている。多分、各所に出している投句などの結果のすべてを載せるだろう。

冠句の仲間 直樹の詩は上座抄に乗っている作品を載せる。それ以外に選ばれた句もあるのでそれを含めたいと思う。

安富冠句会の例会などはそれぞれ、
冠句の仲間 安富冠句会
冠句の仲間 姫路冠句会

に載せているので、それが終わり次第、削除するつもりだ。冠句についての自由な記述を載せたいと思ったりしている。

まあ、大分、整理して、解り易くしたいと思う。

今日はこれくらいで。

organic_kanku at 21:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!冠句 | 日記

2010年12月02日

日記

冠句の投稿が目白押しだが、一向に作句意欲が湧かない。

色んなブログを立ち上げたのでそちらに少し、気が入っているようではある。

しかし、この日曜日位には豊吟社、国風新春号、姫路冠句会、清風(新たな投句)は最低しておきたいところだが...ちょっと難しいかもしれない。

また、安富の上座抄も作成するし、ひょっとしたら、12月の安富の選もしなければならないかもしれない。

などなどである。



organic_kanku at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!冠句 | 日記

2010年11月21日

安富冠句会11月例会の選

安富冠句会11月例会の選

昨日(11/20)の夜に629句の中より、42句を選んで、今日(11/21)の朝より、
短冊作り、巻作りに励み、やっと2時頃完成した。一安心である。いつものこと
ではあるが、「天」はどなたの句であろうかと想像をめぐらせて見る。検討が
付かない。選もいっぱい、良い句があるので、今回は特にばらけるのではないかと
思ったりしている。

昨日、整理のために、安富冠句会のブログを立ち上げたが、私の句をもう少し整理して紹介したいと思っている。(私の作品のブログを立ち上げる)
例えば、
<国風冠句>
 安富冠句会 上座抄以上、多選は3選以上のもの
 豊吟社   20内以上、多選は3選以上のもの、互選は掲載されたもの
 他投句   句集に載っているもの、多選は3選以上のもの

<正風>
 文芸塔   塔映集、海鱗抄は10位以内、その他は3才5客10秀
 神戸港   自由吟は10位以内、その他は3才5客10秀
 姫路冠句会 3才5客10秀
 やまざと  芳冠録は10位以内、その他は3才5客10秀、互選は10位以内
 芳流    芳映集、三題選は載ったもの、その他は3才5客10秀

こんな感じで載せようと思っています。

こうするとこのブログはどのようにするか?少しずつ、整理しながら、考えることにします。





organic_kanku at 19:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!安富冠句会 | 日記

2010年11月17日

ブログの使い分け

冠句ブログの使い分け

このブログは私の選ばれた句、安冨冠句会の上座抄など書いてきたけれども、あまりに手広くチャレンジしている昨今、少し、ごたごたとしてきたので以下のようにしていきたいと思います。

「オーガニックな感覚で楽しむ冠句」
 
 私の句(各所にて選ばれたもの)についての紹介など


オーガニックな感覚

 私の「天」の句などを紹介


冠句の仲間 安冨冠句会」・・・国風冠句

 安冨冠句会の上座抄などを紹介


冠句の仲間 姫路冠句会]・・・正風冠句

 姫路冠句会の作品などを紹介


今後ともよろしくお願いいたします。
 

organic_kanku at 23:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!冠句 | 日記

2010年11月08日

安富冠句会 平成22年3月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部

紫水杯  六選  
    
      泡銭 汗のない金羽根生える  (新一)

四選   連立が軋む与党の正念場  (純一)<折り句 レキシ>

      無尽蔵 汲めども尽きぬ親の慈悲  (千翔)

      霊前に清め手向ける四季の花  (直樹)<折り句 レキシ>

      春霞 大地が羽織る季のショール  (和憲)

三選   一苦労 惜しまぬ手間を菊は知る  (和憲)

      梅見頃 まだぎこちなき初音聴く (千翔)

      サンドイッチ 部下と上司の痛み分け  (雄飛)

      無尽蔵 愛の泉は測れない (雄飛)

      溜まってる 悩みストレス趣味が消す  (良春)

      怪気炎 勝てば官軍何時の世も  (恒男)

      住み慣れた今の田舎が理想郷  (豪人)<折り句 スイリ>

      巣立つ子をいとしく思う離別の日  (千翔)<折り句 スイリ>

      一苦労 農継ぐ息子嫁探し  (泉水)

      サンドイッチ 一つふとんで川と寝る  (恒男)

      鈴鳴らし出雲の神に良縁を  (直樹)<折り句 スイリ>

      体験談 熱く語ろう生き字引  (公三)

      公に 婚約発表薬指  (孝代)

      梅見頃 匂いに春を乗せてこい  (耕作)

      無尽蔵 夜空のダイヤ夢くれる  (和憲)
    

      以上 三選15章

多選 20章でした。多選が多く充実しました。



2010年11月07日

安富冠句会 平成22年3月上座抄(広岡和憲 雅伯選)

広岡和憲 雅伯選

天    泡銭 怠惰の花が根を這わす  (直樹)
(標目  心くすぐる見栄と快楽)
 追吟  根を這わす一夜の夢追う泡花

地    一苦労 未だ未だ越える山河あり  (雄飛)
(標目  あなたおまえで歩む人生)

人    雪中花長寿の糧となりし吟  (千翔)<読み込み 吟>
(標目  声は朗朗余生吟じる)

二    梅見頃 句箋が唸る峠茶屋  (直樹)

三    連立が軋む与党の正念場  (純一)<折り句 レキシ>

四    天の迷い子浮かれて踊る 季節外れの雪が降る  (純一)<送り句>

五    無尽蔵 余生安めり詩の海  (直樹)

六    怪気炎 自国の小旗冬五輪  (豪人)

七    泡銭 汗のない金羽生える  (新一)

八    一苦労 認知の母に手が足りぬ  (直樹)

九    梅見頃 春を待つ孫の初歩き  (孝代)

十    公に 笑いの消えた世の不正  (千翔)



2010年09月19日

豊吟社 平成22年9月 入選句(直樹)

豊吟社 四年目

9月は今年、諦めていた「天」を頂きました。本当に嬉しい。

早速、紹介させて頂きます。

直樹 9月入選句

    さようなら 知覧の空に振る翼  (9・6・6・4)

    好奇心 日々新しき十二文字   (4・2・2)

    我を通す 裏打ちありし自信作  (4)

    くつろいで 詩を余生に光りとす  (2)

            
今回は4冠題9章選ばれました。いつか、すべての冠題で

選ばれるようにと夢を捨てずに愛される句を目標に頑張ります。


 「天」の句

 さようなら 知覧の空に振る翼

 追吟

 振る翼 賄い母よありがとう



organic_kanku at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!豊吟社 | 9月入選句