IMG_5104



小宮山桂 写真展 「あらたし」

終わってしまいました。

IMG_5095IMG_5096


震災後からiPhoneで撮った枚数は2年間で2万枚超。 

そこから何度も写真をみて、チェックし、絞り込み、
今回の62点の展示に至りました。

能書きを言う前に、撮り続ける。
そんな姿勢が生んだ写真たち。
小宮山くんが写した日々の結晶。



写真 1-2IMG_5113



iPadを壁に設置しインスタグラムに
アップした写真も公開。


IMG_5091



8年前、小宮山くんが大学卒業して間もない、
プロになる直前に自主制作した写真集も展示しました。


写真 2

小宮山くんがまだ25歳のころの記録。
揺るがない軸と、変化し続けてきた表現。



写真 3

小宮山くんが撮影した典子の本。
右は8年前。小宮山くんがデビューして間もない頃の本。
スタイリングもすべて小宮山くん。左はつい最近出版した新刊。





「あらたし」

新しい、改めると同源である言葉。


過去を振り返るのではなく
新しい出発になる、そんな展になるように、という想いを込め
小宮山くんがつけた展のテーマです。



IMG_5090

展示の直前、小宮山くんに一つ質問しました。

「震災があったとき、写真という表現、自分の仕事に疑問や迷いは生まれなった?」

「それは一切ないです」

と即答。

一瞬、ドキッとしたけど、小宮山くんらしい。
彼はいつも「新しく」て「変わらない」 

IMG_5231

小宮山桂

34歳にして、三児の父。

はじめて出会ったとき、彼はまだ大学を卒業したばかり。
ベースカフェの場所にあった「Floor」というカフェで働きながら
プロを目指していました。

そのころ僕も妻もまだ20代。
オーガニックベースを立ち上げたばかり。
思えば毎日のようにFloorに通って、小宮山くんとこの空間から
前に進む勇気をもらっていたような気がします。

あれから10年。

写真 3-5

大好きな一枚。

「あらたし」

小宮山くん、ほんとうにありがとう。

あらためること、変わらないこと。
また、一から、新しい日々を生きたいと思います。