R0000038


ヒトトのスタッフを募集します


▽3月をもって、多くのスタッフが卒業します
妊娠・出産、あるいは独立へ向けて、あるいは新たな道へ。
この3月で今までヒトトを支えてくれたスタッフの多くが卒業します。
この春が僕らにとっても節目の季節です。
今までのベースは引き継ぎつつ、<新しい>店作りに挑戦してくれる方を募集します。


▽来年3月まで
ヒトトが入っているビルはいつ取り壊されるかわからないビル。
いまの契約は来年の3月まで。
古い建物の耐震化(のための取り壊し、改築)が進む現在、
2015年度中に建て直しが始まる可能性も高いのです。
僕自身、このビルあってのヒトトだと思っています。
そういう意味で、営業できることが確定している
来年の2016年3月まで働いてくれる方を、今回募集します。


▽このビルに愛着のある方に
築40年を越えるこのビル。ヒトトはその元キャバレーの控え室だった空間。
2000年から7年間「Floor!」があり、
2007年から僕らが引き継ぎ「base cafe」「ヒトト」と続いてきました。
大好きなこの場所だったからこそ、飲食店を始めたといっても過言ではありません。
この空間の醸す空気に愛着を感じて大事に思ってくださる方と、共に働きたいと思います。


▽来年の3月まで、様々な企画をともに
この古いビルの存在がはっきりしている来年の3月までは、
様々な企画を開催したいと思っています。

全国の様々な地域と吉祥寺を繋ぐ企画、
種市など農に関するイベント、
あるいは尊敬する写真家や画家の展覧会などです。
その一つ一つを、「自分ごと」として、共に楽しんでいただける方と
ともに働きたいと願います。
ヒトトでは、ただ何となく開催する企画は一つとしてありません。
全て本気で全員がコミットして企画をすすめていきます。
写真家さん、作家さん、農家の方etcetc、
様々な出会いと仕事がクロスオーバーするダイナミズムを、共に楽しめる方、
あるいは自身で企画をたて、進めていける好奇心のある方を募集です。

 ☆ヒトトで開催してきた企画展
  大橋弘写真展 「風がつくるもの」
  ヒトトと雲与橋
  タネから食べるを考える「秋の種市」
  藤川孝之展 「つどい、たのし」
  その他、過去の企画展はコチラ

 
▽小さくて美しいコミュニティと吉祥寺を繋ぐ場として
全国にいろんな、すばらしい場所があり、すばらしいコミュニティがあります。
僕はそうした美しいコミュニティと吉祥寺を繋げたい。
都市と地方、その相互作用の真ん中で、お互いの営みが繋がる場作りを
ヒトトでしていきたいと思います。


▽ 風と土を、食べて感じてもらう場として
たとえば、数百年つづく伝統的な製法でつくられた保存食。
あるいは何代も種どりされた力強い在来種の野菜。
ヒトトはそれら、各地域の風と土に育まれた食材を、
ダイレクトに感じてもらえる場でありたい。
作り手の息づかい、その土地の風土を料理を通じて感じてもらいたい。
この東京という街で。

食材や料理においても「マクロビオティック」をベースにしていますが、
カタチだけのそれはまったく意味がありません。
丁寧さ。素材を大事にすること。
そんな地道な「当たり前」の作業にロマンを感じてくれる方。
美味しくて力強い、そして優しい料理。
日々と季節は一日とて同じでなく、新しいこと。

そうした食の在り方に共感し
つくって人とわかちあいたいという情熱がある方を
一緒に新しい店をつくってくれる方を募集します。


****************************
 
▼募集人員
調理スタッフ2名
フロアスタッフ2名 
 
▼勤務開始
2015年3月より決まり次第
2016年3月まで
 
▼勤務時間
火曜日を除く週5日程度
10:00〜23:00でのシフト制
 
▼勤務地
東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目 吉祥寺駅より徒歩2分
ヒトト
 
▼採用に際して
・性別経験不問 
・土日祝日遅番(23:30前後終了)に出勤できる方歓迎
・土日祝日 出勤できる方歓迎
・吉祥寺近郊にお住まいの方 歓迎 
・ヒトトの在り方と空間に共感してくださる方 
 
▼待遇 時給900円〜(能力や経験により考慮、交通費支給 まかないアリ)
 
▼応募方法
お名前・ご住所・連絡先電話番号(連絡の取りやすい時間を明記)
職歴と志望動機を明記の上、
chikashi@organic-base.com 奥津までメールをください。
 ※志望動機は、しっかり書いていただけると有り難いです。
 ※2月中に店長面接とオーナー面接と2回させていただきます。


**************************** 

なんかすごく面白そうだな、と思われたら、ぜひ。
ご応募、心からお待ちしております。


R0000035