2012年06月15日

懐かしのあの曲(35) MANISH「煌めく瞬間に捕われて」

無題


こんにちは。kenです。
マイペース更新は継続します。
今回は、95年に発売されたMANISHの「煌めく瞬間に捕われて」です。

アニメ「スラムダンク」のエンディング曲だったので、
このアニメを見ていた人は知っていると思いますが、
それ以外の人はおそらく知らないでしょうね。
そもそも「MANISH」自体がそこまでメジャーではないでしょうから。

MANISHは、92年にシングル「恋人と呼べないDistance」でデビューした
ボーカル:高橋美鈴とキーボード:西本麻里の2人組ユニットです。
いきなりのデビュー曲名がダサすぎるという突っ込みはさておき、
(ZARDの「君とのDistance」を連想したのは僕だけでしょうか…)
割と有名なMANISHの曲は「声にならないほどに愛しい」「もう誰の目も気にしない」あたりでしょうか。
それにしても、このサビのフレーズと一致した長い曲名たちは時代を感じさせますね。

「煌めく瞬間に捕われて」は10枚目のシングルで、オリコン週間最高位6位。
彼女らにとって最大のセールスとなりました。

この曲、スラムダンクの主題歌の中でも個人的には一番好きです。
そこまでの派手さはないんですが、力んだ感じがない応援歌というのでしょうか。

MANISHの歌声は大黒摩季に近いものがあるのですが、大黒摩季よりもソフトでクール。
例えば、この曲を大黒摩季が歌うとちょっと暑苦しい感じになりそうだし、
ZARDが歌うとちょっとパワーが無さすぎる気がします。
この2人の中間に位置するMANISHが歌うのが非常に楽曲にマッチしていると思います。

アニメにもよく合っているんですよ。
「煌(キラ)めく瞬間(トキ)に捕われ  夢中でいたい」というのは
バスケに打ち込む選手たちのことと解釈できますし、
「後悔する 素敵じゃない 一人じゃないし」というのも
ケガをしてでも試合に賭ける赤木・桜木の様子を連想できます。
また、MANISHの2人の雰囲気は、湘北バスケ部のマネージャー:彩子に
似ているものがあって、彩子がバスケ部のメンバを応援しているようにも
感じられます。

この曲で最大のヒットを記録したものの、
MANISH自体の人気を獲得するには至らず、
その後はわずか2枚のシングルを残して活動休止してしまいます。
残念ですが、彼女らでしか表現できない個性というのはやや希薄だったかなと思います。
「煌めく瞬間に捕われて」も川島だりあの作曲で、
歌詞は高橋美鈴・川島だりあの共作なんですが、
歌詞の中身を見る限り、川島だりあ主体で書いたような気がします。
(そういえば川島だりが歌っても違和感がない曲だな…)
もっとMANISH2人が手掛けた曲をシングルA面で発表できれば良かったのに…と悔やまれます。
(レコード会社が許さなかったのかもしれませんが)

あとは、女性2人組ってアイドル(Wink、ピンクレディー)か実力派(Kiroro、花*花)に明確に分かれるので、
どちらの要素も持った2人はターゲットが明確にならなかったのではと思います。
※前回も書きましたが、「実力派」と呼ばれる人ってたいがいビジュアルがブ(以下略)

最近はMANISH、PAMELAH、DEEN、REV等懐かしのビーイングアーティストばかり聞いてます。
今度はMi-Keでもレビューしようかな(笑)

oriconstyle at 14:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 懐かしのあの曲 

2011年11月03日

懐かしのあの曲(34) 広瀬香美「ロマンスの神様」

51ibn9ooMZL__SL500_AA300_

こんにちは。kenです。
気付けば2ヶ月ぶりですが、まぁこんなペースで更新します。
(自分に余裕がある時だけ書きます)

今回は、1993年12月にリリースされた広瀬香美の「ロマンスの神様」です。
これは1994年オリコン年間シングルチャート2位の大ヒット曲ですから
有名ですよね。

この曲はなんといってもイタすぎる歌詞が魅力。
1番では「今夜 飲み会 期待している」と、合コンの出会いに期待し、
2番では「待っていました 合格ライン」と思いっきり上から目線でお相手を見つけます。
最後のサビでは「土曜日 遊園地 一年たったらハネムーン」と妄想が暴走しています。

この曲がヒットした当時はあまり歌詞は話題にならなかった気がしますが、
前向きというか勝気という勘違いというか…

この歌詞を、ビジュアル的に優れている女性歌手が歌うと嫌味っぽくなりますが、
歌っているのが広瀬香美なので、まだ苦笑いで済む気がします。
僕の中では、この曲のおかげで「広瀬香美=勝気なブス」(←失礼)という方程式が
完成しています。

「勝気なブス」というのはやや言い過ぎかと思いますが、
彼女は自己評価が高いんだと思います。
このシングルのジャケット(この記事の上)も思いっきりドヤ顔ですし。
PVの「Boy Meets Girl」「Fall In Love」でのダンスも謎です。
まぁ作詞作曲もできて歌も上手いんだから、
自分に自信を持つようになるのも仕方ない気もします。

彼女のような実力派(←醜悪な人に対する定番の形容)歌手は、
大黒摩季のようにテレビに出ないスタンスを取ったほうが
もっと売れた気がします(彼女は自己顕示欲の強いタイプなのでしょうが…)

それにしても、テレビでたまに彼女の姿を見ると、
ずいぶん昔と顔の印象が違っているように見えます。
整形したのでしょうか? 無駄な抵抗だと思いますが…

oriconstyle at 20:48|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 懐かしのあの曲 

2011年09月03日

懐かしのあの曲(33)  BAAD「君が好きだと叫びたい」

baad

こんにちは。kenです。
予告通り、個人的趣味全開の記事をアップします。

今回取り上げるのは、最近iPodでよく聴いているBAAD「君が好きだと叫びたい」です。
この曲は、4人組ロックバンドのBAADの3枚目シングルとして1993年12月1日リリース。

あ、BAADは「バード」と読むらしいです(自分は読めなかった…)。
「BAAD」は有名じゃないと思うんですが、
「君が好きだと叫びたい」は僕の同世代の人の中でも割と有名。
なんたって、アニメ「スラムダンク」のオープニング曲でしたから。
歌詞の内容も、ヒロイン・晴子に想いを寄せる主人公・桜木の心情をよく表現していると思います。
個人的にも、「スラムダンク」は、漫画を全巻買い揃えたくらい大好きでした(特にミッチーとメガネ君!)

曲はいいと思うのですが、
果たしてこれがBAADが歌う必要性があったか?
というのは疑問です。

BAADのボーカル(山田恭二)は若干歌い方にクセがあるというか、
多分意識的に歌詞が聞きとりやすいような発音をしていると思うんですが、
なんだか歌い方がとっても不自然(無機質に聞こえます)。
決して歌唱力が低いわけではないんですけどね。
それに、歌声にもそこまで個性がなく、
当時乱立していた他のビーイング系アーティスト(WANDS,T-BOLAN,ZYYG,REV等)と
区別がつけにくく、BAADの魅力というのがこの曲を聴くだけでは伝わりません。
そこらへんがその後のBAADが売れなかった原因かなぁと。

某動画サイトで、ミュージックステーションでこの曲を歌うBAADの動画も見たんですが、
山田恭二はやたら小刻みにクネクネしながら(B'zの稲葉さんを意識?)
原曲よりキーを下げて歌っている姿が残念でした。
何より、山田恭二のロン毛も世間的なウケが悪い気がします。
そして、最後の「I wanna cry for you」のタイミングを外すという失態…
典型的な「楽曲の魅力に本人たちが負けている」パターンですね。

タイアップに恵まれていたのに、オリコン週間チャートの最高順位16位というのも、
レコード会社の期待値には応えていない結果だと思います。
(これでも、BAADにとっては自己最高位ですが・・・)

なんとなくですが、この曲はWANDSのボーカル(上杉昇)が歌ったほうが
歌いこなせるような気がしました。

個人的にこの曲は好きですよ。よく聞いてます。
この曲が好きなので、BAADのファーストアルバムもレンタルしましたが、
この曲の完成度がずば抜けているので、他の曲を聴く気になれない
という事態に陥っています。

余談ですが、BAADのデビュー曲「どんな時でもHold Me Tight」
って、デビュー曲からいきなりイタすぎる曲名・・・(肝心の曲も残念な感じです)


oriconstyle at 14:20|PermalinkComments(0) 懐かしのあの曲 

2011年08月07日

3年ぶりの更新

ご無沙汰しています。kenです。

すっかりこのブログのことも忘れていたのですが、
仕事も大分落ち着いて、いろいろJ-POPについて
書きたい気分になったので、不定期に更新したいと思います。

ちなみに、この1年くらいのken的な音楽トピックは…

・2010/09/18に愛内里菜ラストライブ@大宮ソニックシティに参戦
・2011/03/31に宇徳敬子のライブ@渋谷に参加
・2011/05/27のZARD追悼ライブ@日本武道館に参戦
・2011/07/23のB.B.クイーンズ アルバムリリースイベント@イクスピアリに参加

…と、相変わらずBeing GIZAが好きなわけです。
そういえば、今年3月に倉木麻衣のライブ@東京国際フォーラムに行く予定が、
震災の影響で中止になったということもありました。

ちなみに最近はWANDSとMANISHをよく聴いています。
(最近のBeing GIZAに活気がないので、90年代にさかのぼってます)

今後はもう少し自分の個人的な趣味で記事を書く予定です。
(オリコンチャートレビューは多分やりません)

ではでは。

oriconstyle at 17:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ただの雑談 

2008年10月24日

しばらく更新お休みします

しばらく更新お休みします。

理由としては、仕事が忙しくなった(等々)です。

再開時期は未定です。
でも気が向いたらまた記事を書くつもりです。

このまま突然放置しておくのもどうかと思ったので、
いったん挨拶させていただきます。

では、また!

oriconstyle at 07:43|PermalinkComments(11)TrackBack(0) ただの雑談