フランソワ・ポンポンの可愛い「シロクマ」

image
Photo by Wikifrosch / CC-BY-SA-3.0

フランソワ・ポンポンのシロクマは真っ白でなんだか優しそうな雰囲気ですね。
可愛らしいけど堂々とした、王者の風格です。
テレビ東京の「美の巨人たち」でも特集されたので、夢中になった方も多いのではないでしょうか?

ポンポンは色んなサイズで「シロクマ」を製作しました。
ですので、同じではないですが似たようなのが複数個存在します。
この記事では、どの美術館に行けばシロクマに会えるのかまとめてみました!
グッズ販売についても紹介しています!

〜目次〜
1. 「シロクマ」に会える美術館
 ①オルセー美術館inパリ
 ②メトロポリタン美術館inニューヨーク
 ③群馬県立館林美術館in群馬
2. シロクマのグッズが欲しい!
 ①美術館公式オンラインショップ
 ②海外通販が嫌なら群馬に買いに行こう!
3. 日本で見られる他のポンポン作品
4. まとめ

image
Photo by filip / CC-BY-SA-3.0


「シロクマ」に会える美術館

オルセー美術館inパリ

image
わ〜おしゃれ!
全然気軽に行けな〜い♡


縦163cm、横251cmとほとんど本物のシロクマと同じサイズの彫刻はオルセー美術館にあります。
美の巨人たちで特集したのもこの作品です。
ポンポンが活躍したフランス、しかも美の中心オルセー美術館に住んでいます。

上に乗せた画像は2枚ともオルセー美術館のシロクマです。
のっそのっそと今にも動き出しそうな、というか動いているように感じられます。
表面がなめらかで徹底的に飾りを排除しているところが、余計に本物らしさを際立てています。
コロンとしていて愛らしいのも特徴ですね。

実は弊職もパリへ旅行に行ったことがあるのですが、オルセー美術館にも行っているのにも関わらず、この作品は見逃してきました…
当時はまだ彫刻に全然興味が無くて…
今ブログに書ける体験が何も無くて困ってるの(言い訳)

次にパリに行くときは絶対会いに行きます!

オルセー美術館コレクションHP「シロクマ」(英語)

メトロポリタン美術館inニューヨーク

image
わ〜別世界!
ここも気軽に行けな〜い♡


実はポンポンの作品にいち早く目をつけたのがメトロポリタン美術館なんだとか。
こちらのシロクマは、以前東京都美術館で開催された「メトロポリタン美術館展」で来日しているんですね。
ご覧になられた方が羨ましいです!

image

オルセーの作品と比べるとかなり小さめです。
縦27.9cm、横48.3cmなので、5分の1くらいのサイズです。

小さくなってもリアルな描写に狂いはありません。
こちらのミニチュア版にもしっかりとポンポンのサインが入っています。
image

ニューヨークは行ったことがないのですが、旅行の際は絶対に訪れたい美術館になりました!
皆さまもぜひ!

メトロポリタン美術館公式HP「シロクマ」(英語)

群馬県立館林美術館in群馬

image

急に田舎!
親しみやすい!!

日本で唯一シロクマを持っているのが群馬県立館林美術館です。
こちらもコンパクトな作品ですが、なんと他にもポンポンの作品を100点ほど持っているらしい…!
すごい…見直したぞ群馬!(失礼)

常設展でも作品を入れ替えているらしいです。
常にポンポン作品が目白押し!!
ですが、美術館に行く前にお目当の作品があるかどうか、公式HPで確認しておきましょうね!
群馬県立館林美術館出品リスト


シロクマのグッズが欲しい!

美術館公式オンラインショップ

大半の日本人にとって、群馬は異国レベルで遠いですよね!(失礼)
気軽に美術館に行けないなら、通販すれば良いじゃない!
という方のために、オルセーとメトロポリタンでは通販でグッズを販売しています!
シロクマのレプリカも売ってますよ!

オルセー美術館
大:25cm×48cm
  €498
小:13cm×28cm
  €190

メトロポリタン美術館
大:縦24cm×横47cm
  $295
小:縦11cm×横24cm
  $125

どちらのサイトも大小2つのサイズから選べます。
気になるのはお値段ですね!
2017年2月15日現在、1ドル=114円、1ユーロ121円ですので、

オルセーのシロクマ小→¥22,990
メトロポリタンのシロクマ小→¥14,250

…安いのか??

これを高いと思うか安いと思うかはポンポン愛次第ですが、大半の方は高いと思うでしょう。
これに送料が加わりますからね、しかも国外…

みなさん、ドルやユーロが大暴落するまで待ちましょう!

ご参考までにリンクを貼っておきます。

オルセー美術館オンラインショップ
メトロポリタン美術館オンラインショップ

海外通販が嫌なら群馬に買いに行こう!

とはいえ、海外通販は正直おすすめできません。
トラブルがつきものです。
やめておいた方が無難です。(ツッコミを承知で)

館林美術館は残念ながら通販を実施していないので、実際に現地に赴き、グッズを手に入れましょう。

ステーショナリー感覚のポンポン雑貨が手に入ります。
レプリカも手のひらサイズです。
これくらい小さいサイズだとダイニングテーブルに飾ることもできますし、手軽に楽しめて良いですね!

日本で見られる他のポンポン作品

コゼット、ほろほろ鳥、大黒豹など、館林美術館は代表的な作品を所有しています。

残念ながらポンポンが遺言で禁止していた死後鋳造の作品を多くコレクションしてしまったため、展示できるのは20点くらいでしょうか。
それでも、小さいシロクマやフクロウなど、可愛らしい作品を見ることができます。
(画像はぜひ館林美術館の公式HPで!)

宣伝みたいになってきましたが、美術館からお金を貰っているわけではないです。
でも、ポンポンの作品がこんなに沢山日本で見られるなんて凄くないですか?

しかも、絶版の写真集なども閲覧することができます!
館林美術館、今年中に絶対行って感想書きますね!
→行ってきました!
 フランソワ・ポンポンのシロクマを見てきました!

群馬県立館林美術館公式HP

まとめ

美の巨人で特集され、多数のファンを獲得したと思われるポンポンの「シロクマ」ですが、
グッズはおろか写真集もありません。

オルセーやメトロポリタンといった本場に行かなければ出会えない存在なんですね。

でも、群馬県立館林美術館ならいつでもポンポン作品が見られます!
グッズも写真集も本当に日本でここだけ…

これは群馬に行くしかないですね!
(繰り返すけど宣伝じゃない)


↓今おすすめの展覧会の感想
ティツィアーノとヴェネチア派展の感想と楽しみ方
オルセーのナビ派展の感想と楽しみ方


記事を読んでくださり、ありがとうございました!
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 美術ブログ いろいろな美術・アートへ
にほんブログ村