草間彌生 わが永遠の魂展には行きましたか?

この展覧会、草間彌生デザインのグッズがお目当の方も多いですよね?
六本木でグッズを買えるお店を紹介します!


展覧会公式グッズなら国立新美術館1F

わが永遠の魂のグッズが欲しいならここで。
展覧会の出口を出た所にあるので、チケットを持っていなくても入れます。

公式カタログ(¥2,800 税込)
image

カタログは展覧会の休憩スペースに置いてあるので、是非サンプルを見てみてくださいね!
全作品が網羅されていますし、作品を題材にした草間彌生の詩や、研究者の見解なども書いてあります。
とても貴重な一冊です。
草間彌生の人生すべてが詰まってますからね。
(画像は公式HPよりお借りしました)


リングノート(¥750 税込)
image
弊職が気に入ったのはこちらです!
わが永遠の魂シリーズの作品の一部を切り取るようにして、ノートの表紙になっています。
B6サイズです。
こうやって見るとめちゃめちゃインパクトありますね!
持っているだけでオシャレ上級者アイテムですよ。

中は普通の方眼ノート。
image
方眼が一番書きやすいですよね。
文字も書けるし図も描ける。うん。
弊職は展覧会の感想をザーッとメモし、ブログ記事をガーッと書くために使っています。
(美術が好きだからといっての高尚な表現力があるわけではない)

他には、メモブロックマスキングテープといった女子が好きそうな小物がたくさんありました。
手ぬぐいトランプなんて変わり種も面白いですね。

グッズの一部がHPに載っていますので、ぜひ見てみてくださいね!
ミュージアムショップの公式HP

ただ、グッズの充実度としては若干不十分な感じが否めません。
みなさんが大好きな水玉デザインのグッズが少ないんですよね。
ポストカードも種類が少なかったです。
現代作家なので著作権等色々あるのでしょうけど、もっと選択肢が欲しかったですね。

しかもレジが長蛇の列…
酷い時間帯は40分も並ぶそうです。


六本木ヒルズ アート & デザイン ストア

image
国立新美術館からは少し歩くのですが、六本木ヒルズのミュージアムショップがおすすめです。
ウエストウォーク3Fです。
森美術館の側です。

こちらの方が、草間彌生らしいイメージの雑貨が多いですよ!
ショーウィンドウにあるように、バッグやクッションなどファブリック系が充実しています。
かぼちゃデザインのボールペンなど、かわいい雑貨もたくさん置いてあります。
ボールペン欲しいなぁ。

image

正直、展覧会のミュージアムショップよりもこちらの方がおすすめです。
ステーショナリーが充実していますし、他のアーティストのかわいいグッズも選り取り見取りです。
(村上隆、奈良美智など)

また、国立新美術館のミュージアムショップは展覧会が開催されている間限定の特別ショップですが、
六本木ヒルズアート&デザインストアはいつでも草間彌生のグッズを販売しています!
会期が終わってからも買いに行けますよ!

ぜひ公式HPでチェックしてみてください!
六本木ヒルズ アート&ミュージアムストア
(ティーセットかわいいなぁ…けど高い…!)

他のアーティストのグッズもあるので、本当によりどりみどりです!
弊職としては村上隆のしゃちょうぬいぐるみが気になります。
ゆるくてかわいいです。
(美術が好きだからといってカワイイ以外の高尚な感想が言えるわけではない)

こちらのお店は混んでいたとしても常識的な待ち時間で済みますよ!


カタログだけなら国立新美術館B1F

順番が前後した感があるのですが、国立新美術館の地下1階にあるお店も忘れないでくださいね。

スーベニアフロムトーキョーです。
展覧会のフロアの1つ下の階です。

カタログだけならそちらで販売しているし空いているので、グッズが要らない方はそちらで買うと良いですよ!
お店が広くてお土産も個性的なのが置いてあるので、要チェックです。


最終手段アマゾン

ご存知のとおり、なんでも揃います!
マスキングテープもキーホルダーも、草間彌生の書籍も。
なんだって置いてあります!

アマゾン 草間彌生 検索結果

最初からアマゾンに頼るのは風情が無いかもしれませんが、
お家に帰ってから買い忘れたものに気づいたら、まずアマゾンをチェックしてみてくださいね。
(展覧会公式グッズは無いですが、似たようなグッズはあります)


まとめ

アマゾン最強!

というのは身も蓋もないですけど、まああまり国立新美術館のミュージアムショップに固執しないでも大丈夫ですのでね。
もちろん素敵なグッズが置いてありますが、好みのものが無かったら、他のお店で探してみるのもまた一興です。

六本木ヒルズのミュージアムショップは本当におすすめです!
おしゃれ雑貨が一通り揃いますよ!

しかしあれだなぁ、やっぱりもっとグッズが欲しい…
グッズのためだけに六本木に行ってしまいそうな勢いです。
リングノート、表紙違いであと2冊買っちゃおうかなぁ…


関連本情報

草間彌生の関連本の感想はこちら。
「水玉の履歴書」の感想文

帯の文に釘付けになります。最初っから草間彌生ワールド全開です。


「無限の網」の感想文

作品への見方が180度変わってしまうほど、生々しい自伝です。



芸術新潮で2017年開催のわが永遠の魂展覧会の特集が組まれています。
草間彌生のロングインタビューや書き下ろしの詩も載っていますし、
絵も沢山載っていて画集に負けないクオリティです。


ちなみに展覧会の感想はこちらです。
草間彌生 わが永遠の魂展の感想と楽しみ方



記事を読んでくださりありがとうございました!
良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 美術ブログ いろいろな美術・アートへ
にほんブログ村