レオナルド×ミケランジェロ展、行きましたか?

image
同時代を生きたレオナルドとミケランジェロの性格は正反対だった!
世界史の授業ではどちらも偉大な芸術家としか習いませんが、
レオは理系のオタク男子、ミケは喜怒哀楽の分かりやすい文系タイプだと分かりました!
2人の違いがハッキリする展覧会の感想です。


〜目次〜
1. 展覧会の基本情報
2. 例えばこんな作品がありました
 ①レオは女性が、ミケは男性が得意
 ②レオは馬オタク、ミケは甥っ子に首ったけ
 ③レオは理系、ミケは文系
 ④レオは上司、ミケは恋人
3. 逆に惜しかったところ
 ①フォトスポットが地味すぎる
4. まとめ
5. 関連情報


展覧会の基本情報

展覧会名:レオナルド×ミケランジェロ展
場所:三菱一号館美術館
最寄駅:東京駅
会期:2017/6/17〜9/24
作品数:約70点
所要時間:1時間
観覧料:一般は1700円(割引サービスはこちらで詳述)
ロッカー:あり(100円、使用後返金)



例えばこんな作品がありました

①レオは女性が、ミケは男性が得意

image
レオナルド・ダ・ヴィンチに基づく「レダと白鳥」(1505-1510年頃)
ウフィツィ美術館

モナリザで有名なレオは、他にも聖母マリアなど女性の絵がとても上手くて有名です。
ミケランジェロへの闘志なのか、筋肉モリモリの男性を描くこともありましたが、弊職的にはあんまり無理しないで…といったところ。
女性が上手い人なのです。

上の「レダと白鳥」は模写で、現物は残念ながら失われてしまっています。
しかしまあとりあえず、この模写が正確だったと仮定しましょう。

腕や腿がぷよぷよで、「お母さん」って感じの女性じゃないですか?
(やや腹筋の割れ方が気になりますが)
レオは肌の丸みを陰影で表現するのがとても上手いので、自然な女性の体です。
顔もミステリアスながら女性らしい表情ですよね。

一方、ミケの「レダと白鳥」がこちら。
image
失われたミケランジェロ作品に基づく「レダと白鳥」(1530年以降)
ナショナル・ギャラリー(ロンドン)
※本展で展示される模写とは異なるバージョンです。

こちらも模写ですが、どうしましょう、この体の厚み!
太ももの太さ…逞しいですね。
レダは女性のはずですが、これでは男性です。
男性が脚で白鳥を羽交い締めしているみたいです。

ミケの時代には、女性の絵を描く時にも男性のモデルを使うことがよくあったそうです。
そんなわけで、このレダも男性がモデルになったと言われています。
それで筋肉モリモリなのですね。
(展覧会では男性がモデルだと言える根拠も示されています)

ミケの代表作といえばダビデ像ですが、そちらも筋肉モリモリの男性です。
システィーナ礼拝堂の「最後の審判」のキリストも、筋肉モリモリです。

誰を描いても筋肉モリモリ
筋肉フェチなのです。(多分)

というわけで、同時代の天才芸術家として並列に語られることの多いレオナルドとミケランジェロですが、
女性が上手いレオと、男性が上手いミケとで、全く正反対の作風だったのです。
1つ賢くなりましたね!



②レオは馬オタク、ミケは甥っ子に首ったけ

image
レオナルド・ダ・ヴィンチによる馬の習作
※本展では異なる習作が展示されています。

本展覧会ではレオによるの素描を沢山見ることができます。
どうやらが大好きだったようで、躍動感のあるカッコいい馬を描くために練習したのでしょう。

現代でも少年は消防車やパトカーに夢中になったり、
鉄オタという言葉が一般的になったり、
電車好き・乗り物好きの男性は多いですよね。

レオナルドも同じような特性だったはず。
当時の乗り物であるにこんなに夢中になるなんて。
馬オタですね。
写真を撮るのが撮り鉄なら、レオは描き馬です。


image
ミケランジェロ・ブオナローティのポエム
※本展でも似たようなのが展示されています。

対するミケは、家族友人を大切にする情緒的な人でした。
家族への心配や仕事の愚痴を手紙に書いて送っていたそうです。
その手紙も数通、本展で展示されています。
ミケランジェロの手紙ってあまりお目にかかれることがないので、貴重な機会です!

弟の子供には特に愛情を注ぎます。
すぐお小遣いあげちゃう。
ちょろい叔父さんですよね。

大切な人にマメに手紙を書き、時には感情を込めたを贈るなんて、ミケったらロマンチック
オタクなレオロマンチストなミケ
また1つ正反対な所が見つかりました。



③レオは理系、ミケは文系

image
レオナルド・ダ・ヴィンチ「解剖手稿」(1511-1513年頃)
※本展ではコピーが展示されています。

レオナルドといえば万能の天才ですね。
彼は解剖学工学に長け、どんどん研究を進めては手稿に残していました。
その手稿は残っているだけでも8000ページ、元々はそのもあったと言われています。

自然を観察し、とにかくメモに残すメモ魔のレオは、確実に理系です。
自分のワクワクを追求する研究者タイプですね。
彼にとっての絵画は、愛する自然をより美しく見せるためのものだったと言えるでしょう。


image
ミケランジェロ・ブオナローティ「河神」(1525年頃)
By sailko
※本展ではこれによく似ているロウで出来た小さいバージョンが展示されます。

一方、ミケは文系です。
前述したように、友人に詩を贈るなんて理系には恥ずかしくてできないですよね。
彼の感覚的に対象を捉えるセンスが力強い筋肉表現に繋がっているのでしょう。

さらに、彼らの弟子の教育の違いにも文理の違いが如実に表れます。
例えば、弟子に沢山デッサンをして練習しなさい、と言うとき。

レオナルドなら、
上手い人のデッサンを模写しなさい
と具体的に指示をします。
確かに上達しそうですし、指示された弟子もすんなり納得したことでしょう。

一方ミケランジェロは弟子のアントニオに対し、
アントニオ、デッサンしなさい。デッサンだ、アントニオ!
と、松岡修造ばりに熱く感覚的な指導をします。

…あなたが弟子だったら、どちらに着いて行きたいかは明白ですね。



④レオは上司、ミケは恋人

image
レオナルド・ダ・ヴィンチ「聖アンナと聖母子」(1501-1513年)
※本展では模写バージョンが展示されています。

以上のことを踏まえると、レオナルドは理想の上司タイプです。
指示が明確ですし、部下を育てながら自分でも仕事をガンガンこなす、スーパー管理職になることでしょう。

その冷静な洞察力は、聖アンナと聖母子の絵にも表れています。
大人の膝の上に大人が乗り、羊と戯れる赤子に手を伸ばすという、訳のわからない構図ですが、
レオナルドのリアルすぎる人物描写と自然の再現によって、芸術に昇華しているのです。


image
ミケランジェロ・ブオナローティ「最後の審判」(1536-1541年)
システィーナ礼拝堂
※本展ではモノクロの模写が展示されます。
ちなみに右下の皮だけになってだらんとしているのがミケランジェロの自画像です。

一方、ミケランジェロはどうでしょうか。
彼が上司だったら…
企画書だ、明菜!明菜、企画書だ!
アバウトな指示を出されることでしょう。
ブラック企業一直線です。
困りますね。

しかし、ミケが恋人だったらどうでしょうか?
きっと情熱的なラブレターを送ってくれるに違いありません。
良いなぁ、イタリアっぽいなぁ。

それに、彼は女性を描くときも男性のモデルを見て描いていました。
ということは、女性モデルと浮気する心配もありませんね!
(ミケが男性好きだったかもしれないという説は今回はスルーします)

上司のレオナルド恋人のミケランジェロ
あなたはどっちが良い?

image

…そういうゲームも一定の需要があるような気がしてきました。
って、現実だったらどっちも願い下げですね!
基本的には両方とも天才肌で変わってるから苦労するよ!



逆に惜しかったところ

①フォトスポットが地味すぎる

SNS時代なのに致命的なミスだと思います…
館内で唯一撮影可能なフォトスポットがこちら。

image

展覧会名すら入っていない…
お客さんもみんな一応写真撮ってましたが、撮ってもどうしたら良いのかよく分からないパネルです。
本物は小さいので拡大したし、しかも写真も撮れるよ!ってことなのだろうか。

SNSでの拡散を狙うなら、もうちょっと楽しい感じのフォトスポットにして欲しかったです。
レダと白鳥の顔出しパネルにして欲しかった。

イマイチ何がしたいのか分からないスペースでした。



まとめ

あのレオナルドとミケランジェロとの距離が縮まりました!

今なお天才と崇められる2大巨匠ですが、比較してみると性格の違いが浮き彫りになりました。
性格に着目すると、2人とお近づきになれたような気がします。
500年の時を超えて、存在を身近に感じられるなんて凄い展覧会ですよ。

レオナルド×ミケランジェロ展、ぜひ行ってみてくださいね!



関連情報

本展でミケランジェロが好きになった方!
神のごときミケランジェロさんという伝記的な漫画がおすすめです!
「レダと白鳥」が1話目で出てくるんですよー!
しかも、筋肉モリモリの男性が好きな理由もなんとなく納得してしまいました。
ギャグ漫画っぽいので、楽しく学べます。
弊職もお気に入りで、何度も読み返しました。
展覧会の予習・復習にぴったりですよ!

神のごときミケランジェロさん (少年チャンピオン・コミックス・タップ!)

みのる 秋田書店 2015-02-06
売り上げランキング : 115755
by ヨメレバ



レオナルド×ミケランジェロ展 公式HP


他の美術館のおすすめはアルチンボルド展です。
レオナルドの素描が数点展示されています。
image


最新の展覧会情報はこちら。
今月の展覧会
今までに行った展覧会一覧


ツイッターでは更新情報をつぶやいています。



最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました!
良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 美術ブログ いろいろな美術・アートへ
にほんブログ村