静岡経営塾

良い会社を目指してオリジン・コーポレーション 代表 杉井保之が主宰している静岡経営塾。そこで学んでいる経営者の集い。 現在20名のメンバーが良い経営を目指し、切磋琢磨しながら、経営について、毎日、このブログに取り組み学んでいます。 また、毎月2日間集まり、経営について勉強しています。 メンバーの職種はさまざまで、三重・愛知・静岡・山梨・長野・富山・埼玉県などから集まっています。 私たちと毎月そして毎日一緒に学びたい方は、ご連絡ください。

【伴走型の教え方】

2020年1月22日
京丸園衫詭攜志
応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

みなさんコメントありがとうございます。
次の感謝のつどいの開催が夢となっています!

※昨日は、浜松建設的な生き方を学ぶ会ありがとうございました。
  次回2月17日月曜日19:00〜

私のスタートは30歳、杉井さんと出逢って経営を学び始めとお話させていただいています。
自分で言うのも変ですが25年もよく続いてますよね。
振り返ると小学校時代はオルガン、習字、そろばん、学習塾(4か所)、野球、サッカー、ソフト、水泳とあらゆるものに手を出しいち早くやめるという習性で継続が大の苦手の人間でした。
唯一の救いというか私の変な特性は、いち早くやめる時の理由付けにあります。

普通は、続かない自分を攻めたりするものですが私は、「教え方が悪い」と人のせいにしていました。
この理由付けのお陰で習い事へのチャレンジ意欲だけは失わずに来ることができたのです!!
こんな人間が25年経営塾に通い続けているということはどういうこと?
そうです「教え方が良い」のです。
※上から目線ですみません。

最初のころ私が杉井さんに憧れたのは、自分も社員さんを雇い会社を経営していたからです。
それも、不登校・暴走族系等々とても個性豊かな人達と共に会社を作る場面に同席させてもらい学ばさせていただきました。
現場を持たないコンサルタントの方々との大きな違いがありました。
良いことも、悪いことも丸見えでまさしくリアル経営で現場が学び場でした。

今もそうですが杉井さんが現場で一緒に汗を流しているのです。
私は、教壇に立つ先生からの教えでは学びにくいタイプのようです。
しいてこの教えを言葉にすると「伴走型」になると思います。
一緒に同じ道を走ってくれているのです。
これが実際の写真です。
サロマ湖 50km マラソン 2011年

2011年6月26日第26回サロマ湖ウルトラマラソン50kmの部
当時の経営塾は本格的な体育系でいい会社つくるにはMG・CL・はがき・掃除・100kmマラソン・トライアスロン・自転車耐久レースというお決まりごとがありました。
杉井さんはすべて自分でやって見せていただきました。
まさか経営塾で走って・泳いで・自転車を漕ぐとは思ってもいませんでした。
なんとか、ハーフのトライアスロンと自転車耐久レースはクリアしたのですが100kmはいまだに到達していない領域です。
サロマ100kmには3回エントリーしました。初回は、スタートして2時間後には女満別空港の待合室にいました。体が拒否反応を起こしたのか急に発熱しこれは一大事とすぐに帰り支度して空港へ。まさに負け犬です。
その後も、チャレンジはするものの20km程度でリタイアしていました。
経営塾の仲間たちは次々と100kmを完走していきます。
現役では海野さんが何度も100kmを走り切っています。
たぶん経営塾関連で10名以上が100kmを走りぬいたと思います。
あきらめかけていた私に杉井さんは、50km一緒に走ろうよと声を掛けてくれました。
練習も一緒に走っていただきました。浜松の勉強会の前に一緒に海まで走っていただいたことを思い出します。
そして、サロマの地を走りました。
一時も私から離れることなく伴走していただきました。
100km走れる人がスピードの遅い人に合わせて走るって逆に大変だと思うのです。人のペースに合わせ並走するのは自分が完走するより絶対難しいです。
時間を計りながら休憩を入れ話しかけ伴走していただいたお陰で無事完走することができました。
決してスピードは速くはなかったけれど完走です!
サロマ湖 50km マラソン 2011年

夢や目標の叶え方を実践で伴走型の教えを受けました。本当にありがとうございました。
サロマ50kmは、私の大事な思い出であり苦しい時の糧です。
そして、これから伴走型の教えができるようになりたいと思います。
DSC_2176


私たちの師匠、杉井先生のブログ     「杉井のひとこと」はこちらへ
たくさんの事を学ばせてくれる杉井先生のブログはこちらです!
  
  
  
  
人気ブログランキングへ
  

【感謝のつどい】

2020年1月21日
京丸園衫詭攜志
応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

みなさんコメントありがとうございます。
影絵の基の部分を大事にしていきたいと思います。

※本日、浜松建設的な生き方を学ぶ会です。19:00〜京丸園。よろしくお願いいたします。

今日は、1月12日の感謝のつどいについて書かせていただきます。
1月経営塾の貴重な一日をいただき感謝のつどいご参加ありがとうございました。
天皇杯が手元にあるうちにみなさんに見ていただきたいということで開催させていただきました。
日程を決めたもののその日は、3連休それも成人式。200名規模の会場を浜松のホテルすべてに電話してみましたが希望の日程を適えてくれる場所はありませんでした。
しかし、そこに手を差し伸べてくれた人がいました。
2002年中日農業賞をいただいた時、感謝のつどいをやらせていただいたホテルで当時担当して下さった鈴木さんから「なんとかしますからうちでやりませんか?」と。何組かのお客様に部屋の移動をお願いしていただいたようです。
平成14年2002中日農業賞

※2002年中日農業賞受賞感謝のつどい
18年前と同じホテルで当時を覚えていてくれる担当の鈴木さんによって開催できることとなりあらためて人の繋がり支えを感じました。
そして、和・洋・中の料理長が農園の野菜をそれぞれ利用し料理を作って下さいました。いつもとは違う料理をひと手間かけて作っていただき本当に嬉しかったです。
つどいの中で勤続表彰を入れさせていただきました。
DSC_2161

農園の中で最長勤続者が2名ちょうど20年、これもめぐりあわせでしょうか。
表彰状を作成しながら面接したこと、初日にはお互い緊張しギクシャクしてたことなどが昨日のことのように浮かんできました。
あっという間に20年、もっとも長い勤続は心耕部の山内さん障がいがありながらも遅刻することなく雨の日も風の日も高校を卒業し18歳から農園を支えてくれています。
山内さんの歩みは、京丸園の歴史と言っても過言ではありません。
定年まで22年山内さんの定年を一緒に祝えるのを楽しみにしています。
そして、勤続表彰といったら総本家辻さんですね。ブログで紹介していただいた感動を私も真似させていただきました。
このアイデアがなかったら勤続表彰の定型文のコピペをしていたと思います。
辻さん、ありがとうございました!
DSC_2157

そして、会社でもらった表彰状と天皇杯を組み合わせ全社員さんにひとりひとりの名前を入れ表彰させていただきました。
心耕部の親御さんからは、表彰状なんてもらったことがないのでと大変喜んでいただきました。
こうして、賞状に名前を入れたり勤続表彰の文章を考え作成している時が私にとっての至福の時でありこうしてお世話になっている方々とひと時を共にできたことが何よりもの幸せです。
みなさん本当にありがとうございました。
2020年感謝の集いサイズ小


私たちの師匠、杉井先生のブログ     「杉井のひとこと」はこちらへ


        
人気ブログランキングへ

【ワタシノタワシ】

2020年1月20日
京丸園衫詭攜志
応援クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

小林さんから襷受け取りました。一週間よろしくお願いします。
次週は、石川自動車石川社長準備体操お願いします。

令和2年が始まって20日、後半戦引き締めて進みたいと思いブログ立候補させていただきました。
まずは、経営塾賀詞交換では貴重な時間をいただき事例発表のチャンスをいただきありがとうございました。
経営塾に入って25年、55歳の大きな節目となりました。

今日は、事例発表させていただいて気付いたことを書かせていただきます。
天皇杯という大きな賞を受賞しせっかくなので実物を見ていただこうとステージに展示させていただきました。
菊の御紋の入った純銀製で日本に30個しかない杯です。
DSC_1673

この杯を前にここまでの歩みを
杉井さんとの出逢い
苦戦したMG
CLと障がい者雇用
ぅ肇ぅ豼歃とはがき
大きく4つのテーマに分けお話させていただきました。
みなさんはどの部分が印象に残りましたか?
懇親会の時にたくさんの方々が声をかけてくれましたがほとんどの方々が「タワシ凄いですね!」でした。
純銀製のピカピカに光った天皇杯じゃなくてどこにでもある「タワシ」が印象に残ったようです。
他にも売上だとか社員数だとか障がい者の人たちの人数などがある中で「タワシ」ですか?というのが私の感想です。
DSC_2066

みなさんの感想をお聞きしてあらためて「基と影絵」の話を思い出し「天皇杯は影」で「基はタワシ」だなと実感しました。
売上や天皇杯等の表彰を追うというよりは、その基となる自分自身のコントロールできることの積み重ねが大事なのだと。
そして、人は影ではなく基の部分に興味を持ったり共感するのだということを学びました。
「タワシかっこいいですね!!」という言葉が一番嬉しい言葉になりました。
てんびんの詩の小僧さんが「なべぶたが愛おしい」と言った場面が浮かんでいます。

私たちの師匠、杉井先生のブログ     「杉井のひとこと」はこちらへ
たくさんの事を学ばせてくれる杉井先生のブログはこちらです!
  
  
  
  
人気ブログランキングへ
  

あれから15年

1月19日(日)小林花卉の小林孝之です。
最終日よろしくお願いいたします。

まずは応援のクリックよろしくお願いします。   
人気ブログランキングへ



若いころは妻に命を懸けていました。今は妻に保険金をかけられています。

経営塾のおしどり夫婦はどなたでしょうかね。
先日の天皇杯受賞感謝の集いで見させていただいた厚志さん夫婦、天野さん夫婦、服部さん夫婦とても素敵な夫婦ですね。
いい夫婦部門では、この3組が吉本の舞台で発表を勝ち取るのではないかと思います。
お話を聞くだけですが伊村さん夫婦も私の中では古き良き時代の夫婦像に映り、また親しみがあります。
さて、私たち夫婦はどうでしょうか。

私の妻は小林花卉の経理をやってくれています。
パートさんたちのことも観てくれ、自分の言葉が足りないところをフォローしてくれたり、社員さんたちに手作りの料理を差し入れしてくれたりと小林花卉の中がうまく回るように気遣いをしてくれています。
家庭では中学生2年生を頭に小学2年生までの4人の子供の面倒を見てくれています。
地域の人との関係づくりも私よりしっかりやってくれており、地域の行事にも妻が出てくれています。私の両親とは私以上に仲良く、私の母親とも一緒に買い物に出かけたりすることもあり、私と両親の接着剤にもなってくれています。
妻は家で家庭を守ってくれているもの、子供中心の生活というのが当たり前の生活に感じてしまっておりました。
しかし、当たり前ではないですね。
仕事のこと、社員さんといい関係を作ることというのと同時に、家庭という大事にしていく基礎の部分を、自分が一番おろそかにしていたと思います。

私たち夫婦は今年結婚15年を迎えました。
1月30日は私たち夫婦の結婚記念日となっています。
改めてどんな夫婦像が理想かを考えて経営塾で見せてくれる3組のおしどり夫婦に割って入れるくらいの関係を築いていきたいと思います。
いてくれていることを当たり前と思わず、経営塾の中でもおしどり夫婦と思ってもらえるようになりたいと思います。


一週間ありがとうございました。
ブログ担当のタスキを石川さん、厚志さんが立候補いただきましたが、
今回石川さんが厚志さんに先を譲ってくれました。
厚志さんよろしくお願いいたします。

たくさんの事を学ばせてくれる杉井先生のブログはこちらです!
  
  
  
  
人気ブログランキングへ
  

ミスから学ぶ

1月18日(土)小林花卉の小林孝之です。
石川さん、厚志さんブログ担当の立候補ありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。


まずは応援のクリックよろしくお願いします。   
人気ブログランキングへ



先日、お付き合いさせていただいている卸屋さんから電話がかかってきました。
「先ほど納品されたお店の方からJANコードの違う商品が混ざっていると連絡がありました。どうなっているか、ご確認していただけますか。また、本日出荷するものは大丈夫ですか?」とのことでした。
JANコードとはバーコードと呼ばれているものでバーの太さとスペースの組合わせで商品情報を入れることができるものです。
このJANコードのついたシールを貼り、出荷をしているのですが、本日出荷する商品を確認すると、貼り間違えの事故が起こっていました。

 JANコード違いは、出荷先で登録されてない商品が届いたと認識されて、最悪廃棄処分になる恐れもあります。さらに納品されなかった部分に関しては補償問題になってしまう恐れのあることでした。
そこでパートさんを集めて、貼りなおす作業をすぐにしました。
何とか本日発送のものは正常なJANコードに直し発送を終了することができました。
 

 卸屋さんの社員さんが状況把握と今後の対策をするために、当日のうちにやってきてくれました。
そこで一緒に検証をしたのですが、確認をしていくと、実は同じ規格の商品でも出荷先により3種類のJANシールがあることがわかりました。
最近、卸屋さんが販売先を増やしていっておりJANコードが増えていたのです。
社員さんと事務員さんは認識していたようでしたが、自分が把握しておらず気にしていませんでした。
パートさんたちもJANシールを付けることまでは知っていましたが、3種類あることはわからず、作業場にちょっと置いてあったJANシールを使ってしまったようです。


 今後の対策として引き出しラックを買ってきて、その引き出し1段につき1品種ずつJANシールを入れて置き、ラベル置き場で保管することにしました。
使うときにはその引き出しごと作業場に持っていき使用し、使い終わったらベル置き場まで戻します。
これでJANシールが混ざることは理論的にはなくなりました。


 今回の事故は大変な事につながるものでしたが、卸屋さんの社員さんのおかげで、発生原因を認識し、今後の対策も取ることができました。
 大変な事態になるところでしたが、卸屋さんの社員さんたちは、感情的になるのではなく、やるべきことをやっていき今後発生しないことを目的に対応してくれました。
卸屋さんの社員さんたちから、責任の取り方ということを学ばせていただきました。

子育てセミナーのテキストの中には責任の取り方についての項目があります。
 1.現状を回復する
 2.再発防止の具体的な方法を用意する
 3.迷惑をかけた人に謝罪し、協力してくれた人にありがとうを伝える

 小林花卉の社員さんたちも、子育てセミナー基礎講座を受講しています。
せっかく学んだ講座を生かせるよう、今回社員さんたちと責任の取り方についてもう一度振り返る時間を取りました。
 学んだことを自分の生活や業務にも活かせるよう復習し、自分たちが成長できる会社を作っていきたいと思います。


たくさんの事を学ばせてくれる杉井先生のブログはこちらです!
  
  
  
  
人気ブログランキングへ

うれしい報告

1月17日(金)小林花卉の小林孝之です。
皆さん毎日応援ありがとうございます。
また来週のブログ担当してくれる方募集しています。
では今日もよろしくお願いします。


まずは応援のクリックよろしくお願いします。   
人気ブログランキングへ



 小林花卉では毎年年末に契約更新をしています。
例年通り、昨年末もパートさんたちと契約更新をしました。
パートさん一人一人の話を聞きながら、次年度も働きに来てもらえるようお願いしています。

 パートさんたちとは普段丁寧に話をする時間を作っていないため、この機会に話をしたいこともあったようです。
働く時間や、作業の進め方、備品の要望、忘年会の思い出、パートさん同士の気遣い、またこんな時誰に聞けばいいかという質問など多くの話が出ました。
話を聞いているうちに自分や社員さんたち聞きたいことや伝えたいことは日常でたくさんあるのだと思いました。

 パートさんたちが話を上げられる方法があればいいと思い、今年からパートさん達の声が聴けるように目安箱を設置しました。
どんなことでもいいので報告や提案をしてくださいと話していたのですが、パートさんの要望ばかりが書き出されるのではないかと心配していました。
 実際やり始めると、疑問点や改善提案などが書かれており、パートさんたちもお互いが働きやすい会社にしていこうとしてくれていました。
そしてその中には、こんなうれしい報告も書かれておりました。


 IMAG2249~2

男性スタッフの木村さんに宛てた手紙です。
トラックを使い、用土の移動から出荷物や資材やら台車を使うとはいえ重いものを扱っています。
父の代から20年以上勤めてくれており、男手として父の補佐をしてくれており、80歳を目前にしている今でもみんなの補佐をして現役で活躍してくれています。

多くの人が協力し合って小林花卉は運営できています。
ほかのパートさんからも感謝されるような働き方を年長者の木村さんがやってくれていることがありがたいことですし、相手のいいところを観てくれる方が小林花卉に働きにきてくれている事がありがたいです。

翌朝の朝礼の時、パートさんたちの前で読み上げさせていただきました。
働きに来てくれている人たちが、相手を思いやり感謝を表してくれるそんな文化の会社にしていきたいと思います。


たくさんの事を学ばせてくれる杉井先生のブログはこちらです!
  
  
  
  
人気ブログランキングへ

募金活動

1月16日(木)小林花卉の小林孝之です。
昨日は予約時間が間違っており、朝の時間にコメントいただいている方たちのスケジュールを狂わせてしまい申し訳ありませんでした。
 また、窪田さん、様子をうかがう暖かな連絡ありがとうございました。
今日からまたよろしくお願いいたします。
まずは応援のクリックよろしくお願いします。   
人気ブログランキングへ


 昨年の12月31日、小林の社員さんたちと年末募金活動を行いました。
今年で5年目となる活動で、深谷駅前で正午から一時間 募金活動をしました。
 初年度は社員さんが帰郷しやすいようにと12月27日の夜に行っていましたが、杉井さんから、
「一年間自分のために時間を使っているが、せめて一年の最後に一時間だけでも、自分の為ではなく人ために幸せを祈ることが、豊かな人生になりやすいのではないか」
「12月31日と日にちを固定することで、縁が遠くなってしまった人たちもかえってくる場所になる」
と教えていただき12月31日に行うようにしました。

 12月31日にやることにより、社員さんは休日になり募金活動には参加してくれないのではないか
という心配もありましたが、今年社員さんは全員参加してくれていました。
さらに今年は社員さんだけでなくパートさんの茂木さん親子、以前研修に来てくれていた小島君、
退職された山田君、林さんも駆けつけてくれて一緒に募金活動をやってくれました。
 駅前で募金活動をしている見ず知らずの私たちに募金をしてくれる人たちのやさしさに触れ、仕事外でも一緒に活動してくれている社員さんたちに触れ、応援にきてくれた仲間たち、家族、多くの人がご縁をつなげていてくれていることで自分が生きている事を改めて思いました。

12月31日12:00 深谷駅北口 ご縁を頂いた人たちと再び出会いやさしい気持ちをもらえる場所ができました。
多くの人に支えて頂いている事、応援して頂いていることを思い出す場所として大事に大事にしていきたいと思います。




たくさんの事を学ばせてくれる杉井先生のブログはこちらです!
  
  
  
  
人気ブログランキングへ

応援者

1月15日(水)小林花卉の小林孝之です。
今日も応援よろしくお願いします。

まずは応援のクリックよろしくお願いします。   
人気ブログランキングへ



 私たちは毎朝、始業前に有志で掃除を行っています。
社員さんにこの美化活動をやろうと言った時も、自分の意見に賛同し一緒に取り組んでくれているのですから、本当にありがたいです。

 道路の掃除をしたり庭の花壇の手入れをしたり、その一環で去年から自社で生産したお花を植えることにしました。
車通りの多い場所にある温室のわきの場所にちょうど花壇にできるくらいのスペースがありましたので、地域の方が花に親しんでもらえればと思って、そこに花を植えました。 

 その花壇の植え替え作業をしている時でした。
植え込みをしている時、信号待ちしていた車の中から私たちに向けて何かを言っている人がいました。
何事が起ったのかわからず、なにかやってしまったか・・・なんて思いながら聞いてみると、
「キレイにしてくれてありがとうございます。いつも楽しませて頂いています。」
と、声をかけてくれたのです。
まさか通勤している方から声をかけて頂けると思っていませんでしたので、びっくりしましたが、やっている事を観てくれていたと思うと、本当に嬉しい気持ちになりました。
その朝のひとことで、一日いい気持で働くことができました。

 嬉しい気持ちはちょっとした一言で頂けるものですね。
私も人が努力ややってくれていることをよく観て一言でも声をかけていきたいと思います。




たくさんの事を学ばせてくれる杉井先生のブログはこちらです!
  
  
  
  
人気ブログランキングへ
  

課題図書の検索はこちら↓
静岡経営塾推薦図書
静岡経営塾推薦図書
静岡経営塾推薦図書
ランキング参加中です。
1クリック応援してください。
人気ブログランキングへ
最新コメント
月別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ